【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160630.html
吐くように嘘をつく男性の特徴

吐くように嘘をつく男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
吐くように嘘をつく男性の特徴

あれもこれも嘘?吐くように嘘をつく男性の存在。

彼らは何故そこまで嘘にまみれてしまうのでしょうか。

  • ひとつとは限らない、派生していく嘘の数々
  • 嘘は武器であり自信を守る盾
  • 優しさ故の嘘の場合も
  • 認めてほしい、願いを込められた嘘
  • 嘘は外見に表れる?表れない?
  • 嘘が上手い人ほど頭の回転が速い
  • 社交性があるからこそ嘘にまみれる
  • まとめ

1. ひとつとは限らない、派生していく嘘の数々

ひとつとは限らない、派生していく嘘の数々

嘘といってもその種類はいい嘘、悪い嘘様々な嘘があります。

息を吐くように嘘をつく彼らの場合はどんな嘘なのでしょう。

嘘をつく男性に多くみられるものとしては「自分をよく見せたい」ために嘘をつくということが多くあります。

人を傷つけるためのものではないものの、例えば「優れた男性であると思わせたい」というときにその手段を嘘にしてしまうことで 今までの経歴や人間関係など様々な嘘に派生してしまいます。

吐くように嘘をつく男性はこのパターンが多いかもしれません。

2. 嘘は武器であり自信を守る盾

嘘は武器であり自信を守る盾

自己顕示欲から来る嘘は、逆に言えば嘘で塗り固められていない状態の自分に自信がないとも取ることができます。

他者からの視線はどうあれ、自分が優れていないと感じてしまうことで理想の自分を作り、その嘘を身に着けて自分を守るのです。

身を守るという行為自体は本能的なものであるためか、そんなつもりはなかったのに嘘をついてしまうという人もいるようです。

3. 優しさ故の嘘の場合も

優しさ故の嘘の場合も

世の中には知らなければよかった、ということも溢れています。

その何かを知ると悲しい思いをする人がいたりした場合などは その人がそれを知らないようにと様々な嘘をつき続けることが出来ます。

ずっとそうやって誰かの悲しみを遠ざけてきた故に、 結果として息を吐くように嘘をついて生きている男性も存在します。

4. 認めてほしい、願いを込められた嘘

認めてほしい、願いを込められた嘘

自己顕示欲や優しさの他に、構ってほしかったり、自身の存在を他者に認めてもらいたいための嘘ということもあります。

例えば学校のクラスで夏休みが明けたあとなど、少し大げさな話をして話題を集める男子などがそうなります。

そうすることで周囲の心を掴み、自分という存在を強くアピールし続けているのです。

5. 嘘は外見に表れる?表れない?

嘘は外見に表れる?表れない?

男性より女性のほうが嘘が上手いとよく言われたりもしますが彼らの嘘はわかりやすく外見に表れたりするのでしょうか。

そんなことはありません。

嘘をつきつづけてきた彼らはとてもスムーズに嘘をつくことができるためあまりボロを出すこともないのです。

勿論一概にそうとは言えませんが、非の打ちどころがない完璧な男性のほうがうまく嘘をついた結果の完成した姿かもしれません。

6. 嘘が上手い人ほど頭の回転が速い

嘘が上手い人ほど頭の回転が速い

息を吐くように嘘をつく、ということはそれほどの知識を自分の周囲のことに変換できる能力を持っている、ということにもなります。

用意していた嘘の他にも会話の中でとっさにつく嘘などを考える必要があり、その嘘に信憑性を持たせるセンスも必要になることも。

そういったことを続けてきた彼らは話すことや聞くことも自然と上手くなっていったり、頭の回転が速い人も多いのです。

7. 社交性があるからこそ嘘にまみれる

社交性があるからこそ嘘にまみれる

嘘をつく、ということは相手がいてこそ成立するものです。

自分自身に嘘をつくこともありますが、息を吐くように嘘をつく人はそういうわけではありません。

必ず見せたい相手や話している相手がいるため、そういった面でのコミュニケーション能力には長けています。

そのため交友関係が広い人も多いです。

まとめ

息を吐くように嘘をつく男性のそばには常に対象の誰かがいるようです。

その誰かに認めてもらいたくて理想の自分を作る嘘をつき続けることはもはや特技といってもいいのかもしれません。

彼らに人を傷つける意図などはなく、対象が自分であろうと他者であろうと守るための嘘をついてしまう彼らは とても深い優しさを持った存在なのでしょう。

あれもこれも嘘?吐くように嘘をつく男性の存在。

彼らは何故そこまで嘘にまみれてしまうのでしょうか。


ひとつとは限らない、派生していく嘘の数々

嘘といってもその種類はいい嘘、悪い嘘様々な嘘があります。

息を吐くように嘘をつく彼らの場合はどんな嘘なのでしょう。

嘘をつく男性に多くみられるものとしては「自分をよく見せたい」ために嘘をつくということが多くあります。

人を傷つけるためのものではないものの、例えば「優れた男性であると思わせたい」というときにその手段を嘘にしてしまうことで 今までの経歴や人間関係など様々な嘘に派生してしまいます。

吐くように嘘をつく男性はこのパターンが多いかもしれません。

嘘は武器であり自信を守る盾

自己顕示欲から来る嘘は、逆に言えば嘘で塗り固められていない状態の自分に自信がないとも取ることができます。

他者からの視線はどうあれ、自分が優れていないと感じてしまうことで理想の自分を作り、その嘘を身に着けて自分を守るのです。

身を守るという行為自体は本能的なものであるためか、そんなつもりはなかったのに嘘をついてしまうという人もいるようです。

優しさ故の嘘の場合も

世の中には知らなければよかった、ということも溢れています。

その何かを知ると悲しい思いをする人がいたりした場合などは その人がそれを知らないようにと様々な嘘をつき続けることが出来ます。

ずっとそうやって誰かの悲しみを遠ざけてきた故に、 結果として息を吐くように嘘をついて生きている男性も存在します。

認めてほしい、願いを込められた嘘

自己顕示欲や優しさの他に、構ってほしかったり、自身の存在を他者に認めてもらいたいための嘘ということもあります。

例えば学校のクラスで夏休みが明けたあとなど、少し大げさな話をして話題を集める男子などがそうなります。

そうすることで周囲の心を掴み、自分という存在を強くアピールし続けているのです。

嘘は外見に表れる?表れない?

男性より女性のほうが嘘が上手いとよく言われたりもしますが彼らの嘘はわかりやすく外見に表れたりするのでしょうか。

そんなことはありません。

嘘をつきつづけてきた彼らはとてもスムーズに嘘をつくことができるためあまりボロを出すこともないのです。

勿論一概にそうとは言えませんが、非の打ちどころがない完璧な男性のほうがうまく嘘をついた結果の完成した姿かもしれません。

嘘が上手い人ほど頭の回転が速い

息を吐くように嘘をつく、ということはそれほどの知識を自分の周囲のことに変換できる能力を持っている、ということにもなります。

用意していた嘘の他にも会話の中でとっさにつく嘘などを考える必要があり、その嘘に信憑性を持たせるセンスも必要になることも。

そういったことを続けてきた彼らは話すことや聞くことも自然と上手くなっていったり、頭の回転が速い人も多いのです。

社交性があるからこそ嘘にまみれる

嘘をつく、ということは相手がいてこそ成立するものです。

自分自身に嘘をつくこともありますが、息を吐くように嘘をつく人はそういうわけではありません。

必ず見せたい相手や話している相手がいるため、そういった面でのコミュニケーション能力には長けています。

そのため交友関係が広い人も多いです。

息を吐くように嘘をつく男性のそばには常に対象の誰かがいるようです。

その誰かに認めてもらいたくて理想の自分を作る嘘をつき続けることはもはや特技といってもいいのかもしれません。

彼らに人を傷つける意図などはなく、対象が自分であろうと他者であろうと守るための嘘をついてしまう彼らは とても深い優しさを持った存在なのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-