【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115232.html
筋肉バカの男性と付き合って後悔すること

筋肉バカの男性と付き合って後悔すること | LADYCO

LADYCO
筋肉バカの男性と付き合って後悔すること

マッチョで筋肉ムキムキだけど、頭脳のほうはちょっと頼りないという男性と付き合う女性は少なくありません。

そういう筋肉バカと付き合った場合、どんなことに女性は後悔することになるのか見ていくことにしましょう。

  • ナルシストぶりが鼻につく
  • デートで恥ずかしい思いをすることがある
  • いざというときに頼りにならない
  • 話が通じないことが多い
  • 自分本位
  • まとめ

1. ナルシストぶりが鼻につく

ナルシストぶりが鼻につく

筋肉バカはほとんど場合、人一倍強い自己愛の持ち主です。

これは、身近にマッチョの男性がいる方は、実感としてわかるでしょう。

筋肉を鍛え上げている男性は、自分の姿を見ることが大好きです。

鏡に自分の体を映してうっとりしているのが、筋肉バカのイメージですが、実際に鏡に向かうことが筋肉バカは大好きです。

もともと、自分のことが大好きなため、自分の姿をより男性的にしようと考えて、筋肉を鍛えているのです。

その結果、自分の望む筋肉を手に入れたわけですから、その筋肉を自分で確認することによって、強い自己愛を満足させていると考えていいでしょう。

そういうことが日常的にありますから、付き合う女性はそのナルシストぶりにうんざりしてしまうに違いありません。

ナルシストぶりが鼻につくこと、これが筋肉バカと付き合って後悔することです。

2. デートで恥ずかしい思いをすることがある

デートで恥ずかしい思いをすることがある

デート中でも、筋肉バカは鏡やショーウィンドウなどに自分の姿を映してみます。

二人だけのシーンなら、まだいいですが、街中で彼氏がそんなことをすれば、女性のほうは人目を気にし、恥ずかしい思いをするに違いありません。

また、筋肉バカは露出の多い服を好みます。

真夏でなくてもタンクトップを着るなど、自分のムキムキぶりを人にアピールしようとする服装を好むのです。

これも、いっしょにデートしている女性にとって、恥ずかしいことでしょう。

周りの人から、「あの男性、あんな服を着てバカみたい」と思われているのではないかと考え、恥ずかしい気持ちになること、これも、筋肉バカと付き合った時に後悔することと言っていいでしょう。

3. いざというときに頼りにならない

いざというときに頼りにならない

筋肉バカにか「見かけ倒し」という特徴があります。

見た目は大変に男らしいけれど、中身はそうではないというケースが大変に多いのです。

ですから、交際していて、女性が「彼氏に守ってもらいたい」と思うようなシーンで、まったく頼りにならないということが少なくありません。

たとえば、デート中に人から因縁をつけられ、トラブルになったとしましょう。

女性としては、彼氏に毅然とした態度で相手に対処し、自分を守ってもらいたいと思うものですが、筋肉バカは守ってくれません。

こちらが悪くなくても、謝ってしまうのが、筋肉バカなのです。

いざというときに頼りにならないというのも、筋肉バカと付き合って後悔することです。

4. 話が通じないことが多い

話が通じないことが多い

理解力に乏しいところがあるのも、筋肉バカの特徴の一つです。

そのため、話をしていても、話が通じないことが少なくありません。

会話している時には、「わかった」と答えていても、実はわかっていなかったということがよくあるのです。

むずかしい哲学的な話ならともかく、ふつうの日常会話でさえ理解してもらえないというのは、女性にとって困ったことに違いありません。

話が通じない時に、「こんな筋肉バカと付き合わなければよかった」と後悔するのです。

5. 自分本位

自分本位

自分が大好きな筋肉バカな男性は、自分本位で物事を考え、自己中心的な言動をすることが少なくありません。

交際している彼女を優先して、「自分のためよりも、彼女のためになることをしてあげよう」と考えることをしないのです。

恋愛というものは、お互いに相手のことを優先して考えたほうが、うまくいくものですが、筋肉バカな男性にはそれができません。

自分本位で、女性に対する気づかいが欠けた言動をするというのも、筋肉バカと付き合って後悔することでしょう。

まとめ

女性が筋肉バカと付き合った時、どんなことに後悔するのか、5種類紹介しました。

交際しようか迷っている男性が筋肉バカなタイプだという方は参考になさってください。

マッチョで筋肉ムキムキだけど、頭脳のほうはちょっと頼りないという男性と付き合う女性は少なくありません。

そういう筋肉バカと付き合った場合、どんなことに女性は後悔することになるのか見ていくことにしましょう。


ナルシストぶりが鼻につく

筋肉バカはほとんど場合、人一倍強い自己愛の持ち主です。

これは、身近にマッチョの男性がいる方は、実感としてわかるでしょう。

筋肉を鍛え上げている男性は、自分の姿を見ることが大好きです。

鏡に自分の体を映してうっとりしているのが、筋肉バカのイメージですが、実際に鏡に向かうことが筋肉バカは大好きです。

もともと、自分のことが大好きなため、自分の姿をより男性的にしようと考えて、筋肉を鍛えているのです。

その結果、自分の望む筋肉を手に入れたわけですから、その筋肉を自分で確認することによって、強い自己愛を満足させていると考えていいでしょう。

そういうことが日常的にありますから、付き合う女性はそのナルシストぶりにうんざりしてしまうに違いありません。

ナルシストぶりが鼻につくこと、これが筋肉バカと付き合って後悔することです。

デートで恥ずかしい思いをすることがある

デート中でも、筋肉バカは鏡やショーウィンドウなどに自分の姿を映してみます。

二人だけのシーンなら、まだいいですが、街中で彼氏がそんなことをすれば、女性のほうは人目を気にし、恥ずかしい思いをするに違いありません。

また、筋肉バカは露出の多い服を好みます。

真夏でなくてもタンクトップを着るなど、自分のムキムキぶりを人にアピールしようとする服装を好むのです。

これも、いっしょにデートしている女性にとって、恥ずかしいことでしょう。

周りの人から、「あの男性、あんな服を着てバカみたい」と思われているのではないかと考え、恥ずかしい気持ちになること、これも、筋肉バカと付き合った時に後悔することと言っていいでしょう。

いざというときに頼りにならない

筋肉バカにか「見かけ倒し」という特徴があります。

見た目は大変に男らしいけれど、中身はそうではないというケースが大変に多いのです。

ですから、交際していて、女性が「彼氏に守ってもらいたい」と思うようなシーンで、まったく頼りにならないということが少なくありません。

たとえば、デート中に人から因縁をつけられ、トラブルになったとしましょう。

女性としては、彼氏に毅然とした態度で相手に対処し、自分を守ってもらいたいと思うものですが、筋肉バカは守ってくれません。

こちらが悪くなくても、謝ってしまうのが、筋肉バカなのです。

いざというときに頼りにならないというのも、筋肉バカと付き合って後悔することです。

話が通じないことが多い

理解力に乏しいところがあるのも、筋肉バカの特徴の一つです。

そのため、話をしていても、話が通じないことが少なくありません。

会話している時には、「わかった」と答えていても、実はわかっていなかったということがよくあるのです。

むずかしい哲学的な話ならともかく、ふつうの日常会話でさえ理解してもらえないというのは、女性にとって困ったことに違いありません。

話が通じない時に、「こんな筋肉バカと付き合わなければよかった」と後悔するのです。

自分本位

自分が大好きな筋肉バカな男性は、自分本位で物事を考え、自己中心的な言動をすることが少なくありません。

交際している彼女を優先して、「自分のためよりも、彼女のためになることをしてあげよう」と考えることをしないのです。

恋愛というものは、お互いに相手のことを優先して考えたほうが、うまくいくものですが、筋肉バカな男性にはそれができません。

自分本位で、女性に対する気づかいが欠けた言動をするというのも、筋肉バカと付き合って後悔することでしょう。

女性が筋肉バカと付き合った時、どんなことに後悔するのか、5種類紹介しました。

交際しようか迷っている男性が筋肉バカなタイプだという方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-