【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401160610.html
食べるのが遅い男性の性格

食べるのが遅い男性の性格 | LADYCO

LADYCO
食べるのが遅い男性の性格

男性で食べるのが遅いのには性格的な理由もあります。

ただ食が細いのだと思っていたなら相手の性格を考えてみると理解できるでしょうか。

  • 食べるのが遅くても自分の自由だと思って特に気にしない
  • バイキングなどで少しでも元を取りたいセコい性格である
  • しゃべりたいという時はそっちに集中したい
  • 少しずつ食べて健康的な食事をというポリシーがある
  • 周りが気になって食べることに集中できない
  • 次の予定がなかなか決められずだらだら食事を続けてしまう
  • まとめ

1. 食べるのが遅くても自分の自由だと思って特に気にしない

食べるのが遅くても自分の自由だと思って特に気にしない

食べるのが遅い男性はそれを指摘されても自分の自由だと思っているので特に気にしません。

自分本位であるため、早かろうと遅かろうと放っておいてくれと思っており、相手にも同じように求めたりはしないでしょう。

ですから、食べるのが遅い時もあれば好きなメニューや腹ペコの時は早すぎる時もあります。

食事のペースだけではなく歩く早さやしゃべる早さも人に合わせることをしないような、自由でちょっとわがままな男性です。

2. バイキングなどで少しでも元を取りたいセコい性格である

バイキングなどで少しでも元を取りたいセコい性格である

バイキングなどで食べるのが遅い男性をよく見かけますが、それは少しでも元を取りたいというセコい性格の男性だからです。

良く言うなら節約志向の男性と言えますが、悪く言うならセコいとか貧乏臭いとなってしまいます。

貧乏な男性はわりとこうなりやすいのも仕方ないですが、お金に困っていなくてももったいない精神を持っている男性は時間ギリギリまで少しでもおなかに詰め込もうとして一緒に来店した相手を待たせてしまいます。

3. しゃべりたいという時はそっちに集中したい

しゃべりたいという時はそっちに集中したい

とにかくしゃべりたい気分の時は食事の手が止まってでもしゃべることに集中したいのでしょう。

久しぶりに会った友達や恋人にテンションが上がってしまい、食事はもはやどうでもよくなってしまっています。

こんな男性との食事は食べ物を口に運ぶ隙がないので相手も思うように食べ進めることができないで苦労します。

嬉しそうな男性の様子を見ていると食べたくても遠慮してしまう人も多く、相手にとっては食べたい気持ちを抑えながらなのでおしゃべりにこそ集中できません。

4. 少しずつ食べて健康的な食事をというポリシーがある

少しずつ食べて健康的な食事をというポリシーがある

食べるのが遅い男性はポリシーを貫き通したいタイプなのです。

ですから、「少しずつ良く噛んで食べて健康的な食事を」という考えを曲げることをせず食事が遅くなることもあります。

正しいことをしていると思っているため、指摘しても逆に説教されたりがっかりされたりするほどです。

食事へのこだわりの強さから食に対する知識も豊富でうんちくを聞かされる被害を受けることもあります。

5. 周りが気になって食べることに集中できない

周りが気になって食べることに集中できない

人の目ばかり気になるような男性なら外食先で周りが気になり食べることに集中することができません。

みんなが自分達を見ているように感じて落ち着かず、やましいことをしているわけでもないのに好奇の目に晒されているのではないかと常にびくびくしています。

終始周りをきょろきょろ見渡したり隠れるように食べる様子も見られます。

食べ方やメニュー選びも人の目を気にすれば早くなんて無理です。

6. 次の予定がなかなか決められずだらだら食事を続けてしまう

次の予定がなかなか決められずだらだら食事を続けてしまう

次の予定がなかなか決められない優柔不断な男性との食事は長くなります。

なぜなら、食べ終わってしまうと次に移動しなくてはいけないので、どうにか先延ばしにしようとゆっくり食べられてしまうからです。

それをわかっている時はこちらから提案さえしてしまえばぱっと食べ終えてくれることもあります。

ただ、優柔不断なくせに不満の多い男性の場合はああだこうだ揉め始めてやっぱり時間がかかります。

まとめ

食べるのが遅い男性は早く食べようと思えば食べられるのに性格がそれを許さないという場合があります。

しかし、ゆっくり食べることで満足できている部分も多いため、時間が許すならちょっとくらい寛大に見守ってあげたい部分でもあります。

食事は食べるだけではなくおしゃべりや雰囲気も楽しむものですから、ゆっくり食べることでその時間を長く共有できると考えてみてはどうでしょうか。

男性で食べるのが遅いのには性格的な理由もあります。

ただ食が細いのだと思っていたなら相手の性格を考えてみると理解できるでしょうか。


食べるのが遅くても自分の自由だと思って特に気にしない

食べるのが遅い男性はそれを指摘されても自分の自由だと思っているので特に気にしません。

自分本位であるため、早かろうと遅かろうと放っておいてくれと思っており、相手にも同じように求めたりはしないでしょう。

ですから、食べるのが遅い時もあれば好きなメニューや腹ペコの時は早すぎる時もあります。

食事のペースだけではなく歩く早さやしゃべる早さも人に合わせることをしないような、自由でちょっとわがままな男性です。

バイキングなどで少しでも元を取りたいセコい性格である

バイキングなどで食べるのが遅い男性をよく見かけますが、それは少しでも元を取りたいというセコい性格の男性だからです。

良く言うなら節約志向の男性と言えますが、悪く言うならセコいとか貧乏臭いとなってしまいます。

貧乏な男性はわりとこうなりやすいのも仕方ないですが、お金に困っていなくてももったいない精神を持っている男性は時間ギリギリまで少しでもおなかに詰め込もうとして一緒に来店した相手を待たせてしまいます。

しゃべりたいという時はそっちに集中したい

とにかくしゃべりたい気分の時は食事の手が止まってでもしゃべることに集中したいのでしょう。

久しぶりに会った友達や恋人にテンションが上がってしまい、食事はもはやどうでもよくなってしまっています。

こんな男性との食事は食べ物を口に運ぶ隙がないので相手も思うように食べ進めることができないで苦労します。

嬉しそうな男性の様子を見ていると食べたくても遠慮してしまう人も多く、相手にとっては食べたい気持ちを抑えながらなのでおしゃべりにこそ集中できません。

少しずつ食べて健康的な食事をというポリシーがある

食べるのが遅い男性はポリシーを貫き通したいタイプなのです。

ですから、「少しずつ良く噛んで食べて健康的な食事を」という考えを曲げることをせず食事が遅くなることもあります。

正しいことをしていると思っているため、指摘しても逆に説教されたりがっかりされたりするほどです。

食事へのこだわりの強さから食に対する知識も豊富でうんちくを聞かされる被害を受けることもあります。

周りが気になって食べることに集中できない

人の目ばかり気になるような男性なら外食先で周りが気になり食べることに集中することができません。

みんなが自分達を見ているように感じて落ち着かず、やましいことをしているわけでもないのに好奇の目に晒されているのではないかと常にびくびくしています。

終始周りをきょろきょろ見渡したり隠れるように食べる様子も見られます。

食べ方やメニュー選びも人の目を気にすれば早くなんて無理です。

次の予定がなかなか決められずだらだら食事を続けてしまう

次の予定がなかなか決められない優柔不断な男性との食事は長くなります。

なぜなら、食べ終わってしまうと次に移動しなくてはいけないので、どうにか先延ばしにしようとゆっくり食べられてしまうからです。

それをわかっている時はこちらから提案さえしてしまえばぱっと食べ終えてくれることもあります。

ただ、優柔不断なくせに不満の多い男性の場合はああだこうだ揉め始めてやっぱり時間がかかります。

食べるのが遅い男性は早く食べようと思えば食べられるのに性格がそれを許さないという場合があります。

しかし、ゆっくり食べることで満足できている部分も多いため、時間が許すならちょっとくらい寛大に見守ってあげたい部分でもあります。

食事は食べるだけではなくおしゃべりや雰囲気も楽しむものですから、ゆっくり食べることでその時間を長く共有できると考えてみてはどうでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-