【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143302.html
めんどくさがり屋の男性の特徴

めんどくさがり屋の男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
めんどくさがり屋の男性の特徴

めんどくさがり屋の男性かどうかを知るにはこんなところを見て判断してください。

わかりやすい特徴をいくつかまとめました。

  • 洗濯物を干したままそこから着る服を選ぶ
  • 部屋に調理器具や調味料を揃えない
  • 枕元にリモコンや携帯などが置いてある
  • 部屋選びはあえて狭いところをチョイスする
  • ギリギリになるまで行動できないので遅刻も多い
  • 髪を切るのが面倒なので思いっきり短髪かロン毛
  • まとめ

1. 洗濯物を干したままそこから着る服を選ぶ

洗濯物を干したままそこから着る服を選ぶ

めんどくさがり屋の男性は洗濯物をたたんでタンスにしまうことが苦痛です。

また、たたんでしまうとシワになったりしますが、アイロンをかけようなどという頭もありません。

そのうち洗濯物を干したままそこから次に着る服を選ぶようになっていきます。

その方がシワにもならず便利だと考え、合理的で素晴らしいと自画自賛して喜んだりもします。

しかし、周りからすればただズボラなだけにも見えているものです。

2. 部屋に調理器具や調味料を揃えない

部屋に調理器具や調味料を揃えない

めんどくさがり屋の男性が部屋に調理器具や調味料を揃えないのは最初から自炊をする気がないからです。

どうせ自炊をしないなら揃える必要がありませんし、あると使わないともったいないと思ってしまうのであえて揃えないようにするという男性もいるかもしれません。

何もないと諦めがつき、食事を買って用意するのが当たり前となります。

お金はかかりますが一から用意する手間も時間もかからないので料理に興味がなければこういう発想になる男性も多いのではないでしょうか。

3. 枕元にリモコンや携帯などが置いてある

枕元にリモコンや携帯などが置いてある

枕元にリモコンや携帯などが置いてある男性の部屋を見た時、ここに住んでいる男性はめんどくさがり屋なんだと想像ができてしまいます。

めんどくさがり屋の人は手の届くところに使う頻度の多いアイテムを揃えようと思うからです。

それが多少散らかっているように見えても便利なら気にしません。

たまに張り切って掃除をして置き場所を変えてみたりもしますが、けっきょく暮らしているうちに元に戻ってしまいます。

4. 部屋選びはあえて狭いところをチョイスする

部屋選びはあえて狭いところをチョイスする

部屋選びはあえて狭いところをチョイスする、こんな男性は一見倹約家のように思えますが実はめんどくさがり屋なだけという場合があります。

それは、狭い部屋の方が使いたい時にすぐにものを取ることができますし、こだわって部屋を選ぶのも面倒なのでだったら安いところでいいやと考えているからなんです。

めんどくさがりな人は動くことも考えることも最低限で済ませようとするということがわかります。

5. ギリギリになるまで行動できないので遅刻も多い

ギリギリになるまで行動できないので遅刻も多い

めんどくさがり屋な人は身支度が面倒なので早めに起きてもけっきょくギリギリになってバタバタします。

その結果遅刻も多いですし、反省してはまた繰り返します。

めんどくさがり屋な自分にうんざりしても弱い自分に負けてしまうことが多いので、よほど厳しく叱られるか生活スタイルを変えるしかないのかもしれません。

めんどくさがりによって会社からの評価が下がったり彼女に嫌われてしまうのは悲しいことです。

6. 髪を切るのが面倒なので思いっきり短髪かロン毛

髪を切るのが面倒なので思いっきり短髪かロン毛

めんどくさがりな男性は床屋に行くのが億劫に感じ、行く頻度を少しでも減らそうと思いっきり短髪にしてもらうことがあります。

逆にロン毛なら少しくらい伸びても気づかれないだろうと思い、あえて伸ばすという男性もいます。

どちらかに極端な長さだと感じる髪の男性を見た時はめんどくさがりな男性なのかもしれないと考えてみましょう。

さらにめんどくさがりなら自分でバリカンを使ってカットすることもあるので、よく見るとまばらな切り方になっていることもあります。

まとめ

めんどくさがり屋の男性こそ世話したくなるという女性もいますが、甘やかしてしまうといつまでも本人のためにはなりません。

本当に好きな相手なら改善できるようにアドバイスしたりあえて手を貸しすぎないようにしてあげることも優しさではないでしょうか。

自覚がある男性はめんどくさいことから逃げずにやれた時の爽快感を知ってみようとするといいでしょう。

めんどくさがり屋の男性かどうかを知るにはこんなところを見て判断してください。

わかりやすい特徴をいくつかまとめました。


洗濯物を干したままそこから着る服を選ぶ

めんどくさがり屋の男性は洗濯物をたたんでタンスにしまうことが苦痛です。

また、たたんでしまうとシワになったりしますが、アイロンをかけようなどという頭もありません。

そのうち洗濯物を干したままそこから次に着る服を選ぶようになっていきます。

その方がシワにもならず便利だと考え、合理的で素晴らしいと自画自賛して喜んだりもします。

しかし、周りからすればただズボラなだけにも見えているものです。

部屋に調理器具や調味料を揃えない

めんどくさがり屋の男性が部屋に調理器具や調味料を揃えないのは最初から自炊をする気がないからです。

どうせ自炊をしないなら揃える必要がありませんし、あると使わないともったいないと思ってしまうのであえて揃えないようにするという男性もいるかもしれません。

何もないと諦めがつき、食事を買って用意するのが当たり前となります。

お金はかかりますが一から用意する手間も時間もかからないので料理に興味がなければこういう発想になる男性も多いのではないでしょうか。

枕元にリモコンや携帯などが置いてある

枕元にリモコンや携帯などが置いてある男性の部屋を見た時、ここに住んでいる男性はめんどくさがり屋なんだと想像ができてしまいます。

めんどくさがり屋の人は手の届くところに使う頻度の多いアイテムを揃えようと思うからです。

それが多少散らかっているように見えても便利なら気にしません。

たまに張り切って掃除をして置き場所を変えてみたりもしますが、けっきょく暮らしているうちに元に戻ってしまいます。

部屋選びはあえて狭いところをチョイスする

部屋選びはあえて狭いところをチョイスする、こんな男性は一見倹約家のように思えますが実はめんどくさがり屋なだけという場合があります。

それは、狭い部屋の方が使いたい時にすぐにものを取ることができますし、こだわって部屋を選ぶのも面倒なのでだったら安いところでいいやと考えているからなんです。

めんどくさがりな人は動くことも考えることも最低限で済ませようとするということがわかります。

ギリギリになるまで行動できないので遅刻も多い

めんどくさがり屋な人は身支度が面倒なので早めに起きてもけっきょくギリギリになってバタバタします。

その結果遅刻も多いですし、反省してはまた繰り返します。

めんどくさがり屋な自分にうんざりしても弱い自分に負けてしまうことが多いので、よほど厳しく叱られるか生活スタイルを変えるしかないのかもしれません。

めんどくさがりによって会社からの評価が下がったり彼女に嫌われてしまうのは悲しいことです。

髪を切るのが面倒なので思いっきり短髪かロン毛

めんどくさがりな男性は床屋に行くのが億劫に感じ、行く頻度を少しでも減らそうと思いっきり短髪にしてもらうことがあります。

逆にロン毛なら少しくらい伸びても気づかれないだろうと思い、あえて伸ばすという男性もいます。

どちらかに極端な長さだと感じる髪の男性を見た時はめんどくさがりな男性なのかもしれないと考えてみましょう。

さらにめんどくさがりなら自分でバリカンを使ってカットすることもあるので、よく見るとまばらな切り方になっていることもあります。

めんどくさがり屋の男性こそ世話したくなるという女性もいますが、甘やかしてしまうといつまでも本人のためにはなりません。

本当に好きな相手なら改善できるようにアドバイスしたりあえて手を貸しすぎないようにしてあげることも優しさではないでしょうか。

自覚がある男性はめんどくさいことから逃げずにやれた時の爽快感を知ってみようとするといいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-