【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134628.html
おらニャンになりやすい男性の特徴

おらニャンになりやすい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
おらニャンになりやすい男性の特徴

おらニャンの男性は近頃増えてきましたが、どういった行動を取るのがおらニャン系なのかその特徴をご紹介します。

  • 根は優しい
  • 強く見せたい
  • 体が大きい
  • 中身は女の子
  • 勉強が嫌い
  • 酒癖が悪い
  • 巻き舌が得意
  • 女性に甘えたい
  • 前世が女性
  • 育ちは母子家庭
  • まとめ

1. 根は優しい

根は優しい

おらニャンは気分の高揚が激しい人に見られる傾向にあり、怒ってはいけないと分かっていてもついイライラして激高してしまいます。

おらおらと威嚇はするけれども根は優しいので相手が怯えたのを確認すると、ニャンとなってなだめようとします。

短期な性格な男性に見られます。

2. 強く見せたい

強く見せたい

自分より弱い人間に対してはおらおらとなりますが、強い人間や目上の人に対しては猫のように背中を丸くして大人しくなってしまいます。

気が弱い男性ほどおらニャンの傾向が強く現れます。

大勢の女性がいる前だと威勢よくおらつきますが、女性が一人になると急にニャンとした態度になります。

3. 体が大きい

体が大きい

大きい男性は必然的におらついているように見えます。

歩いている姿を見ているだけでおらついているように見えてくるので人は避けるようになってきます。

自分は怖い人ではないんだよというアピールをするために、猫のように可愛い仕草をすることがあります。

身長が高くて太っている人ほどおらニャンする傾向が強いです。

4. 中身は女の子

中身は女の子

体は立派な成人な男性でヒゲを生やしていたりするのに、心が女の子だと周囲にナメられることがあります。

そうなったとき、おらついてガンを飛ばすようになりますが、実際の心は乙女なので、逆に迫られると大人しくなってしまいます。

おネエ系キャラによくいるタイプで、見た目は怖いけれど親しみやすいです。

5. 勉強が嫌い

勉強が嫌い

あまり勉強をしなかったような人は学力のある男性から馬鹿にされるようなことがあります。

おらついていることで何も言わせないとする威圧感を見せてくるので、相手を黙らせようとしてきます。

しかし頭のいい女性だとニャンとした態度になることもあります。

6. 酒癖が悪い

酒癖が悪い

お酒を飲むと急変してしまうようなときは、飲み始めると目つきが変わっておらつくようになってきます。

シラフでいるときは猫のように大人しくて可愛らしい男性でも、酒を飲むとおらつく場合は、女性に暴力を振ることもあるので注意が必要です

7. 巻き舌が得意

巻き舌が得意

しゃべっているときに巻き舌になりやすい人は、喧嘩をしたときや嫌な相手としゃべるときに、舌を巻いて威嚇してきます。

舌が長い人は自然とおらつくようになり、日頃から巻き舌の練習をしている男性もいます。

基本的におらつくのはネタでやっているので、ヤバくなるとニャンとなって闘う意志がないことを相手に伝えます。

8. 女性に甘えたい

女性に甘えたい

母性本能をくすぐるにはニャンとなって可愛らしくするのが一番です。

しかし女性は強い男性が好きなので、おらついて自分を大きく見せようとしてきます。

メリハリを付けてカッコイイ男性に見られたいときに、おらニャンを武器として使ってきます。

女性は外見が強そうに見える男性でも実はおらニャンだったという人を好みます。

9. 前世が女性

前世が女性

今世はガタイのいい怖そうな男性だけれども前世が女性だと、おらついていてもニャンとする可愛らしいスタイルを取ろうとします。

比率でいえば、おらおらの部分が約八割、ニャンの部分が二割ほど入り交じる男性になっていきます。

しゃべり方も女性っぽくなりますが、普段はおらついているので見た感じでは怖そうな男性に見えます。

10. 育ちは母子家庭

育ちは母子家庭

母子家庭で育った男性はどこかマザコン体質になっているので、普段は怒りっぽい人でもニャンとしてしまうことがあります。

母子家庭の男性は大人になっても父親に育てられなかったというコンプレックスがありますから、表向きはオラついていることがあります。

母親のような甘えられる女性の前だと猫のように好かれようとします。

まとめ

おらニャンの男性は別名ツンデレとも言われていますが、見た目は体が大きくて怖そうだけれど実際は優しい男性が多いです。

おらニャンの男性は近頃増えてきましたが、どういった行動を取るのがおらニャン系なのかその特徴をご紹介します。


根は優しい

おらニャンは気分の高揚が激しい人に見られる傾向にあり、怒ってはいけないと分かっていてもついイライラして激高してしまいます。

おらおらと威嚇はするけれども根は優しいので相手が怯えたのを確認すると、ニャンとなってなだめようとします。

短期な性格な男性に見られます。

強く見せたい

自分より弱い人間に対してはおらおらとなりますが、強い人間や目上の人に対しては猫のように背中を丸くして大人しくなってしまいます。

気が弱い男性ほどおらニャンの傾向が強く現れます。

大勢の女性がいる前だと威勢よくおらつきますが、女性が一人になると急にニャンとした態度になります。

体が大きい

大きい男性は必然的におらついているように見えます。

歩いている姿を見ているだけでおらついているように見えてくるので人は避けるようになってきます。

自分は怖い人ではないんだよというアピールをするために、猫のように可愛い仕草をすることがあります。

身長が高くて太っている人ほどおらニャンする傾向が強いです。

中身は女の子

体は立派な成人な男性でヒゲを生やしていたりするのに、心が女の子だと周囲にナメられることがあります。

そうなったとき、おらついてガンを飛ばすようになりますが、実際の心は乙女なので、逆に迫られると大人しくなってしまいます。

おネエ系キャラによくいるタイプで、見た目は怖いけれど親しみやすいです。

勉強が嫌い

あまり勉強をしなかったような人は学力のある男性から馬鹿にされるようなことがあります。

おらついていることで何も言わせないとする威圧感を見せてくるので、相手を黙らせようとしてきます。

しかし頭のいい女性だとニャンとした態度になることもあります。

酒癖が悪い

お酒を飲むと急変してしまうようなときは、飲み始めると目つきが変わっておらつくようになってきます。

シラフでいるときは猫のように大人しくて可愛らしい男性でも、酒を飲むとおらつく場合は、女性に暴力を振ることもあるので注意が必要です

巻き舌が得意

しゃべっているときに巻き舌になりやすい人は、喧嘩をしたときや嫌な相手としゃべるときに、舌を巻いて威嚇してきます。

舌が長い人は自然とおらつくようになり、日頃から巻き舌の練習をしている男性もいます。

基本的におらつくのはネタでやっているので、ヤバくなるとニャンとなって闘う意志がないことを相手に伝えます。

女性に甘えたい

母性本能をくすぐるにはニャンとなって可愛らしくするのが一番です。

しかし女性は強い男性が好きなので、おらついて自分を大きく見せようとしてきます。

メリハリを付けてカッコイイ男性に見られたいときに、おらニャンを武器として使ってきます。

女性は外見が強そうに見える男性でも実はおらニャンだったという人を好みます。

前世が女性

今世はガタイのいい怖そうな男性だけれども前世が女性だと、おらついていてもニャンとする可愛らしいスタイルを取ろうとします。

比率でいえば、おらおらの部分が約八割、ニャンの部分が二割ほど入り交じる男性になっていきます。

しゃべり方も女性っぽくなりますが、普段はおらついているので見た感じでは怖そうな男性に見えます。

育ちは母子家庭

母子家庭で育った男性はどこかマザコン体質になっているので、普段は怒りっぽい人でもニャンとしてしまうことがあります。

母子家庭の男性は大人になっても父親に育てられなかったというコンプレックスがありますから、表向きはオラついていることがあります。

母親のような甘えられる女性の前だと猫のように好かれようとします。

おらニャンの男性は別名ツンデレとも言われていますが、見た目は体が大きくて怖そうだけれど実際は優しい男性が多いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-