【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132616.html
無駄な話が多い男性の特徴

無駄な話が多い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
無駄な話が多い男性の特徴

あなたの職場には、「無駄に話が長い上司」「どうでもいい話ばかりしてくる同僚」っていませんか。

そこで今回は「無駄な話が多い男性の特徴」についていくつかご紹介していきます。

  • ただ単におしゃべりが好き
  • 話をまとめるのが苦手
  • 理屈っぽく話す事で優越感に浸っている
  • 女性的な心を持っている
  • 記憶力が乏しい
  • 何か遠回しに伝えようとしている
  • 仕事をしたくない
  • まとめ

1. ただ単におしゃべりが好き

ただ単におしゃべりが好き

無駄な話が多い人の中には、ただ単に「だれかとおしゃべりすることが好き」という人が多いです。

そういった方は、特に内容が無い話であっても、誰かと話をしているだけでも楽しく感じるのです。

付き合わされる方はたまったものではありませんが、このタイプの方は悪い人ではありません。

相手が楽しんでいるならと、広い心で対応してあげましょう。

2. 話をまとめるのが苦手

話をまとめるのが苦手

話をまとめるのが苦手なために、伝えたい事だけを短く的確に伝えることが出来ずに、結果的に話が長くなってしまう人がいます。

そのような人は、周りからすると「無駄な話が多いな」と思われてしまうのです。

本人に悪気はないので、温かい心できちんと話を聞いてあげるようにしましょう。

そのような方の話はわかりにくい事が多いので、要件を把握することも難しいので注意が必要です。

3. 理屈っぽく話す事で優越感に浸っている

理屈っぽく話す事で優越感に浸っている

特に上司に多いのがこのタイプなのですが、簡単な話なのにわざと難しい用語を交えて話してみたり、理屈っぽく話してみたりすることで、優越感に浸ろうとするタイプです。

大した内容の話ではないのに、無駄に時間がかかってしまうので、聞いてる側からすると迷惑ですよね。

4. 女性的な心を持っている

女性的な心を持っている

無駄話が好きなのは女性に多い事が特徴です。

つまり、無駄な話が多い男性は、女性的な感性を持っている事が少なくありません。

特に芸能系のゴシップネタや、会社内の噂話が好きな男性は、もしかしたら女性的な感性を持っているのかもしれませんね。

このような男性は、職場でも女性方とのコミュニケーションに困りません。

5. 記憶力が乏しい

記憶力が乏しい

同じ話を何度も繰り返してしまい「無駄な話」だと思われてしまう方は、記憶力が乏しくなっている可能性が高いです。

年齢的なものである場合も多いので、時間の無駄だと思わずに、優しい心で聞いてあげるようにしましょう。

「この間も同じ話してましたよね」などとストレートに伝えてしまうと、相手を傷つけてしまう場合もあるので、注意が必要です。

6. 何か遠回しに伝えようとしている

何か遠回しに伝えようとしている

とても言いにくい事を伝えるときに、ストレートに言葉に出す事ができずに、まわりくどい話し方になってしまうパターンです。

要件とはまったく違う事を話してしまうことが多いので「無駄な話」だと思われてしまいがちです。

オブラートに包んで、オブラートの部分が長すぎるということですね。

気を使っている証拠なので、相手に悪気はありません。

7. 仕事をしたくない

仕事をしたくない

職場で多いのが、仕事上での会話を引き延ばしたがるタイプの男性です。

会話を引き延ばして時間を稼ぐことから、仕事をしたくないという気持ちが表れています。

勤務時間中にこのような行いをする男性は少し信頼できませんよね。

一緒になって無駄話に付き合わないように、ある程度の距離を置いておく必要があります。

あなたも無駄話をしていると周りからの信頼も下がってしまいますよ。

まとめ

今回は「無駄な話が多い男性の特徴」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

無駄な話が多いからといって、その理由は人それぞれで、全てが悪い理由ではありません。

無駄な話が多い男性と話をするのは、すこしストレスに感じてしまいますが、広い心をもって対応できるようになりましょう。

また、あなたも無駄な話がついつい多くなっていないか、普段から注意して気をつけておきましょう。

職場で快適な時間を過ごすためにも、無駄な時間はなるべく減らしたいですね。

あなたの職場には、「無駄に話が長い上司」「どうでもいい話ばかりしてくる同僚」っていませんか。

そこで今回は「無駄な話が多い男性の特徴」についていくつかご紹介していきます。


ただ単におしゃべりが好き

無駄な話が多い人の中には、ただ単に「だれかとおしゃべりすることが好き」という人が多いです。

そういった方は、特に内容が無い話であっても、誰かと話をしているだけでも楽しく感じるのです。

付き合わされる方はたまったものではありませんが、このタイプの方は悪い人ではありません。

相手が楽しんでいるならと、広い心で対応してあげましょう。

話をまとめるのが苦手

話をまとめるのが苦手なために、伝えたい事だけを短く的確に伝えることが出来ずに、結果的に話が長くなってしまう人がいます。

そのような人は、周りからすると「無駄な話が多いな」と思われてしまうのです。

本人に悪気はないので、温かい心できちんと話を聞いてあげるようにしましょう。

そのような方の話はわかりにくい事が多いので、要件を把握することも難しいので注意が必要です。

理屈っぽく話す事で優越感に浸っている

特に上司に多いのがこのタイプなのですが、簡単な話なのにわざと難しい用語を交えて話してみたり、理屈っぽく話してみたりすることで、優越感に浸ろうとするタイプです。

大した内容の話ではないのに、無駄に時間がかかってしまうので、聞いてる側からすると迷惑ですよね。

女性的な心を持っている

無駄話が好きなのは女性に多い事が特徴です。

つまり、無駄な話が多い男性は、女性的な感性を持っている事が少なくありません。

特に芸能系のゴシップネタや、会社内の噂話が好きな男性は、もしかしたら女性的な感性を持っているのかもしれませんね。

このような男性は、職場でも女性方とのコミュニケーションに困りません。

記憶力が乏しい

同じ話を何度も繰り返してしまい「無駄な話」だと思われてしまう方は、記憶力が乏しくなっている可能性が高いです。

年齢的なものである場合も多いので、時間の無駄だと思わずに、優しい心で聞いてあげるようにしましょう。

「この間も同じ話してましたよね」などとストレートに伝えてしまうと、相手を傷つけてしまう場合もあるので、注意が必要です。

何か遠回しに伝えようとしている

とても言いにくい事を伝えるときに、ストレートに言葉に出す事ができずに、まわりくどい話し方になってしまうパターンです。

要件とはまったく違う事を話してしまうことが多いので「無駄な話」だと思われてしまいがちです。

オブラートに包んで、オブラートの部分が長すぎるということですね。

気を使っている証拠なので、相手に悪気はありません。

仕事をしたくない

職場で多いのが、仕事上での会話を引き延ばしたがるタイプの男性です。

会話を引き延ばして時間を稼ぐことから、仕事をしたくないという気持ちが表れています。

勤務時間中にこのような行いをする男性は少し信頼できませんよね。

一緒になって無駄話に付き合わないように、ある程度の距離を置いておく必要があります。

あなたも無駄話をしていると周りからの信頼も下がってしまいますよ。

今回は「無駄な話が多い男性の特徴」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

無駄な話が多いからといって、その理由は人それぞれで、全てが悪い理由ではありません。

無駄な話が多い男性と話をするのは、すこしストレスに感じてしまいますが、広い心をもって対応できるようになりましょう。

また、あなたも無駄な話がついつい多くなっていないか、普段から注意して気をつけておきましょう。

職場で快適な時間を過ごすためにも、無駄な時間はなるべく減らしたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-