【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132604.html
本当にそれができるの?理想主義の男性の特徴

本当にそれができるの?理想主義の男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
本当にそれができるの?理想主義の男性の特徴

理想を持つことは、ズバリ良いことでしょう。

何の理想もなく漫然と生きるよりは、輝いて見えるものです。

しかし、理想主義が強い男性では、その「理想」が必ずしもプラスに作用するとは限りません。

良い面、そうでない面を含め、どんな特徴があるのでしょうか。

  • 現実の生活をきちんと見つめない
  • 「自分は失敗した」と思いやすい
  • 友人としては人気が高いことがある
  • 物事を決められないところがある
  • 周囲に考えを押し付けるケースがある
  • 今現在の自分、今現在の生活を大事にできない
  • 配偶者や恋人についての理想も高いことがある
  • まとめ

1. 現実の生活をきちんと見つめない

現実の生活をきちんと見つめない

「理想」の対義といえば、ざっくり考えれば「現実」ですね。

強い理想主義の男性では、自分に最もふさわしい仕事を探そうとするあまり、当座の仕事や学業、家庭生活をおざなりにするなど、困った傾向が見られることもあります。

「理想は理想、現実は現実」としてきちんと分けて考えられる理想主義男性なら問題ありませんが、分けられないタイプでは、真剣な交際や結婚に際してはやや注意が必要です。

2. 「自分は失敗した」と思いやすい

「自分は失敗した」と思いやすい

それほど理想主義でない男性では、「だいたい、平穏に暮らせればそれで良い。

たまにラッキーなことがあれば良い」などと考えていたりします。

とすると、仕事や家庭において少々上手く行かないことがあっても「それも仕方がない」とのんびり構えられるのです。

理想主義の男性では、「必ずこの資格を取る」とか「この仕事を立派に終えてこそ自分である」などと大きく考えがちで、一度それらが失敗すると「自分は失敗してしまった」と落ち込み、ときに投げやりな態度になってしまったりします。

3. 友人としては人気が高いことがある

友人としては人気が高いことがある

ごく普通の意見、平凡な話ばかりする人は、ステディな相手としては好ましいかもしれませんが、どこか刺激に欠けることがあります。

理想主義の男性は、深く付き合うとなるとリスクがあるものの、ちょっとした友人、あるいは結婚などまで考えない気軽な交際相手としてなら良いものです。

彼らの語る言葉には刺激があり、夢を語る顔は輝いていることも多く、色々な人を楽しませる魅力を持っています。

4. 物事を決められないところがある

物事を決められないところがある

理想主義の男性では、たとえばマンションを購入するにしても、Aという物件、Bという物件どちらがより良いのか、考えすぎてしまうことがあります。

結果として買わないという結論になり、周りが振り回される結果にも。

そうした大きな買い物なら誰でも多少は迷って当然ですが、もっと理想主義が強いとどうなるでしょう。

日帰りの旅行先について、どれが楽しいか考えすぎて決められない、理想的な食事を求めるあまりレストラン選びにもいちいち迷う、といったことではただの「優柔不断」な男性にもなってしまうのです。

「理想は高いが頼りない」というのでは異性にもあまり魅力がありませんし、同性もイライラしてしまったりします。

5. 周囲に考えを押し付けるケースがある

周囲に考えを押し付けるケースがある

人間の生き方などについて、深く考え高い理想を持つのは、良いことでしょう。

しかし、「人間とはこのように生きてこそ、人間である」などと考えがあまりに崇高になってくると、「人に考えを押し付ける」傾向も現れてきます。

もちろん、自分の考えを他人に説くことが悪いわけではなく、自分が良いと思うことを伝える姿勢も好ましいものです。

しかし度合いが過ぎてしまうと「うるさい人」「面倒な人」ともすれば「傍若無人な人」ともなってしまうので注意です。

恋人などにも、押し付けがましい言動をとる場合があります。

6. 今現在の自分、今現在の生活を大事にできない

今現在の自分、今現在の生活を大事にできない

理想主義の男性は、ある意味において常に「途上」にあります。

特定の大きな仕事を成し遂げてこそ自分、理想的なシェイプアップができてこそ自分、理想とする社会が訪れてこそ自分の人生、といった考えに包まれているからです。

一概に悪いわけではなく、何の理想もないよりは魅力があると考えられますが、「いま」の自分を常に中途半端な「途上」の存在と考えてしまうのは、ちょっと問題でもあります。

ありのままの自分、日々の自分をなかなか愛せない・大事にできないのも、彼らの特徴です。

7. 配偶者や恋人についての理想も高いことがある

配偶者や恋人についての理想も高いことがある

これは、必ずしもすべての理想主義男性には当てはまりません。

しかし一部の理想主義男性では、あくまでも自分の理想といえる異性と出会うまで、なかなか安定した交際ができない場合もあります。

まして結婚となると慎重になりすぎ、結局誰も見つけられないということも。

相手を「選んで」いるだけならばそれほど害はありませんが、交際相手を理想的な人に「変えよう」とする、支配欲のある理想主義男性は要注意です。

まとめ

理想主義の男性には、魅力も沢山あるのですが、現実社会での適応においてやや問題を起こす面も持っています。

基本的には真面目な人が多いため、友人や恋人などにも真摯な気持ちをぶつけますが、「行き過ぎ」が色々な厄介さを生じさせてしまうのです。

「この人はちょっと理想主義なところがあるな」と思った場合、良いところだけを見られるような関係に留めるとリスクは少ないです。

しかし結婚や長期交際など深い間柄になった場合は、ある程度の覚悟も必要になってきます。

理想を持つことは、ズバリ良いことでしょう。

何の理想もなく漫然と生きるよりは、輝いて見えるものです。

しかし、理想主義が強い男性では、その「理想」が必ずしもプラスに作用するとは限りません。

良い面、そうでない面を含め、どんな特徴があるのでしょうか。


現実の生活をきちんと見つめない

「理想」の対義といえば、ざっくり考えれば「現実」ですね。

強い理想主義の男性では、自分に最もふさわしい仕事を探そうとするあまり、当座の仕事や学業、家庭生活をおざなりにするなど、困った傾向が見られることもあります。

「理想は理想、現実は現実」としてきちんと分けて考えられる理想主義男性なら問題ありませんが、分けられないタイプでは、真剣な交際や結婚に際してはやや注意が必要です。

「自分は失敗した」と思いやすい

それほど理想主義でない男性では、「だいたい、平穏に暮らせればそれで良い。

たまにラッキーなことがあれば良い」などと考えていたりします。

とすると、仕事や家庭において少々上手く行かないことがあっても「それも仕方がない」とのんびり構えられるのです。

理想主義の男性では、「必ずこの資格を取る」とか「この仕事を立派に終えてこそ自分である」などと大きく考えがちで、一度それらが失敗すると「自分は失敗してしまった」と落ち込み、ときに投げやりな態度になってしまったりします。

友人としては人気が高いことがある

ごく普通の意見、平凡な話ばかりする人は、ステディな相手としては好ましいかもしれませんが、どこか刺激に欠けることがあります。

理想主義の男性は、深く付き合うとなるとリスクがあるものの、ちょっとした友人、あるいは結婚などまで考えない気軽な交際相手としてなら良いものです。

彼らの語る言葉には刺激があり、夢を語る顔は輝いていることも多く、色々な人を楽しませる魅力を持っています。

物事を決められないところがある

理想主義の男性では、たとえばマンションを購入するにしても、Aという物件、Bという物件どちらがより良いのか、考えすぎてしまうことがあります。

結果として買わないという結論になり、周りが振り回される結果にも。

そうした大きな買い物なら誰でも多少は迷って当然ですが、もっと理想主義が強いとどうなるでしょう。

日帰りの旅行先について、どれが楽しいか考えすぎて決められない、理想的な食事を求めるあまりレストラン選びにもいちいち迷う、といったことではただの「優柔不断」な男性にもなってしまうのです。

「理想は高いが頼りない」というのでは異性にもあまり魅力がありませんし、同性もイライラしてしまったりします。

周囲に考えを押し付けるケースがある

人間の生き方などについて、深く考え高い理想を持つのは、良いことでしょう。

しかし、「人間とはこのように生きてこそ、人間である」などと考えがあまりに崇高になってくると、「人に考えを押し付ける」傾向も現れてきます。

もちろん、自分の考えを他人に説くことが悪いわけではなく、自分が良いと思うことを伝える姿勢も好ましいものです。

しかし度合いが過ぎてしまうと「うるさい人」「面倒な人」ともすれば「傍若無人な人」ともなってしまうので注意です。

恋人などにも、押し付けがましい言動をとる場合があります。

今現在の自分、今現在の生活を大事にできない

理想主義の男性は、ある意味において常に「途上」にあります。

特定の大きな仕事を成し遂げてこそ自分、理想的なシェイプアップができてこそ自分、理想とする社会が訪れてこそ自分の人生、といった考えに包まれているからです。

一概に悪いわけではなく、何の理想もないよりは魅力があると考えられますが、「いま」の自分を常に中途半端な「途上」の存在と考えてしまうのは、ちょっと問題でもあります。

ありのままの自分、日々の自分をなかなか愛せない・大事にできないのも、彼らの特徴です。

配偶者や恋人についての理想も高いことがある

これは、必ずしもすべての理想主義男性には当てはまりません。

しかし一部の理想主義男性では、あくまでも自分の理想といえる異性と出会うまで、なかなか安定した交際ができない場合もあります。

まして結婚となると慎重になりすぎ、結局誰も見つけられないということも。

相手を「選んで」いるだけならばそれほど害はありませんが、交際相手を理想的な人に「変えよう」とする、支配欲のある理想主義男性は要注意です。

理想主義の男性には、魅力も沢山あるのですが、現実社会での適応においてやや問題を起こす面も持っています。

基本的には真面目な人が多いため、友人や恋人などにも真摯な気持ちをぶつけますが、「行き過ぎ」が色々な厄介さを生じさせてしまうのです。

「この人はちょっと理想主義なところがあるな」と思った場合、良いところだけを見られるような関係に留めるとリスクは少ないです。

しかし結婚や長期交際など深い間柄になった場合は、ある程度の覚悟も必要になってきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-