【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130250.html
女性が嫌がる、下品な男性の特徴

女性が嫌がる、下品な男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
女性が嫌がる、下品な男性の特徴

女性が一緒にいたくないと思う男性は、ずばり、下品な男性です。

では女性が下品とみなす男性とは、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 食事のマナーがなっていない
  • 過度の下ネタ
  • お酒の飲み方がスマートではない
  • 自慢と他人を貶すのがセット
  • 金額にやたらとこだわる
  • まとめ

1. 食事のマナーがなっていない

食事のマナーがなっていない

お見合いの席で、相手の箸使いにげんなりしたという話は、昔話ではありません。

食事は生活する上で決して欠くことの出来ないシーンですから、どのような躾をされてきたか、どのような意識でいるのか如実に態度に出てしまいます。

食事マナーは箸使いだけではありません。

口を閉じずに咀嚼するクチャラーや、爪楊枝シーシーは特に批判の的になっており、男性からも非常に嫌われるNGマナーです。

食事は楽しく食べるのが一番ですから、なにもフランス宮廷のテーブルマナーを身につけろとは言いません。

それでも、その辺のマナーブックに載っていることくらいは守ってほしいものです。

2. 過度の下ネタ

過度の下ネタ

若いうちはちょっとした下ネタも、場を盛り上げるツールとして使われるかもしれません。

しかし、明るく、軽めのものなら流せていた女性も、過度な下ネタになるとドン引きします。

ボディタッチなども混ぜてくると、それはもうセクハラの域に足を突っ込んでいます。

「明るく、軽め」の範囲が人により異なるのも判断が難しいところです。

男性慣れしていない、いわゆる「いいとこのお嬢さん」ほど、その範囲が狭い傾向にあり、本命相手として気を引こうとするならば最悪の手です。

また、女性は空気を読むのが得意なので、その場の雰囲気を壊さないようにニコニコしていても、内心は憤慨していることもありますので、要注意です。

3. お酒の飲み方がスマートではない

お酒の飲み方がスマートではない

お酒に弱い、あるいは一滴も飲めないのが悪いと言っているのではありません。

自分の限界を知らずにアルコールを飲み、潰れて周囲の人に迷惑を掛けるような飲み方をする人を指しています。

酔っ払いは声が大きく、騒がしくなりがちです。

また、千鳥足でふらつきながら歩くので、狭い路地ではすれ違う人の邪魔にもなります。

また、酔った上での失敗をアルコールのせいにしたり、記憶がないと言い張るのも大変見苦しいものです。

そのような状態を見るよりは、「飲めない体質なので」と言って断る方が何倍もスマートに見えます。

4. 自慢と他人を貶すのがセット

自慢と他人を貶すのがセット

自慢話というのは、他人が聞いていて必ずしも気分のいいものではありません。

確かに一目を置くような場面や、珍しい出来事に遭遇したなどの聞き手がもっと話をせがむような場合もあるでしょう。

ですが、自分を大きく見せるために他人と比較するのは感心しません。

女性はある意味その手の行動に敏感ですから、すぐに気付きます。

そして、「ああ、見栄っ張りで器の小さい人だな」とウォッチングの対象にされてしまいます。

5. 金額にやたらとこだわる

金額にやたらとこだわる

そもそも日本人は身に付けている者の値段などを、あまり口にしない傾向があります。

金額の過多を口にすることが良くないという文化背景からでしょう。

ただ、中には「それいいね」と言った後に「ねぇ、いくらだった?」と必ずと言っていいほど聞く人がいます。

そういう人は、自分持っているアイテムの値段を高い・安いに関わらず吹聴して回ります。

お金大好きなだけでは特に嫌なイメージは出にくいですが、守銭奴あるいは金の亡者という印象は決して品のよい男性が持つものではありません。

まとめ

以上が女性に嫌われやすい、下品な男性の特徴です。

振り返ってみると、女性ばかりか男性でも嫌がる人が多そうな点ばかりでもあると気付きます。

学生のうちなら「まだ若いから」で許されることかもしれませんが、30代以降になれば社会人として疑問視されかねない行動でもありますね。

ビジネスシーンでも、気にする人はいますので、もし該当する点に心当たりがあれば、今からでも改善してみませんか。

女性が一緒にいたくないと思う男性は、ずばり、下品な男性です。

では女性が下品とみなす男性とは、どのような特徴があるのでしょうか。


食事のマナーがなっていない

お見合いの席で、相手の箸使いにげんなりしたという話は、昔話ではありません。

食事は生活する上で決して欠くことの出来ないシーンですから、どのような躾をされてきたか、どのような意識でいるのか如実に態度に出てしまいます。

食事マナーは箸使いだけではありません。

口を閉じずに咀嚼するクチャラーや、爪楊枝シーシーは特に批判の的になっており、男性からも非常に嫌われるNGマナーです。

食事は楽しく食べるのが一番ですから、なにもフランス宮廷のテーブルマナーを身につけろとは言いません。

それでも、その辺のマナーブックに載っていることくらいは守ってほしいものです。

過度の下ネタ

若いうちはちょっとした下ネタも、場を盛り上げるツールとして使われるかもしれません。

しかし、明るく、軽めのものなら流せていた女性も、過度な下ネタになるとドン引きします。

ボディタッチなども混ぜてくると、それはもうセクハラの域に足を突っ込んでいます。

「明るく、軽め」の範囲が人により異なるのも判断が難しいところです。

男性慣れしていない、いわゆる「いいとこのお嬢さん」ほど、その範囲が狭い傾向にあり、本命相手として気を引こうとするならば最悪の手です。

また、女性は空気を読むのが得意なので、その場の雰囲気を壊さないようにニコニコしていても、内心は憤慨していることもありますので、要注意です。

お酒の飲み方がスマートではない

お酒に弱い、あるいは一滴も飲めないのが悪いと言っているのではありません。

自分の限界を知らずにアルコールを飲み、潰れて周囲の人に迷惑を掛けるような飲み方をする人を指しています。

酔っ払いは声が大きく、騒がしくなりがちです。

また、千鳥足でふらつきながら歩くので、狭い路地ではすれ違う人の邪魔にもなります。

また、酔った上での失敗をアルコールのせいにしたり、記憶がないと言い張るのも大変見苦しいものです。

そのような状態を見るよりは、「飲めない体質なので」と言って断る方が何倍もスマートに見えます。

自慢と他人を貶すのがセット

自慢話というのは、他人が聞いていて必ずしも気分のいいものではありません。

確かに一目を置くような場面や、珍しい出来事に遭遇したなどの聞き手がもっと話をせがむような場合もあるでしょう。

ですが、自分を大きく見せるために他人と比較するのは感心しません。

女性はある意味その手の行動に敏感ですから、すぐに気付きます。

そして、「ああ、見栄っ張りで器の小さい人だな」とウォッチングの対象にされてしまいます。

金額にやたらとこだわる

そもそも日本人は身に付けている者の値段などを、あまり口にしない傾向があります。

金額の過多を口にすることが良くないという文化背景からでしょう。

ただ、中には「それいいね」と言った後に「ねぇ、いくらだった?」と必ずと言っていいほど聞く人がいます。

そういう人は、自分持っているアイテムの値段を高い・安いに関わらず吹聴して回ります。

お金大好きなだけでは特に嫌なイメージは出にくいですが、守銭奴あるいは金の亡者という印象は決して品のよい男性が持つものではありません。

以上が女性に嫌われやすい、下品な男性の特徴です。

振り返ってみると、女性ばかりか男性でも嫌がる人が多そうな点ばかりでもあると気付きます。

学生のうちなら「まだ若いから」で許されることかもしれませんが、30代以降になれば社会人として疑問視されかねない行動でもありますね。

ビジネスシーンでも、気にする人はいますので、もし該当する点に心当たりがあれば、今からでも改善してみませんか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-