【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401130241.html
自分のことばかり話す男性の特徴

自分のことばかり話す男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分のことばかり話す男性の特徴

人と会話をするとき、自分のことばかり話す男性が少なくありません。

そういう男性にはどういう特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 自信家で自慢話が多い
  • 話題が少ない
  • 話がウケていると勘違いしている
  • 自信がなく、グチが多い
  • ストレスがたまっている
  • 相手に対する興味や関心が薄い
  • まとめ

1. 自信家で自慢話が多い

自信家で自慢話が多い

自分のことばかり話す男性には自分に自信があるという特徴があります。

自分に自信があるため、優れた自分のことを人にアピールしようとするのです。

「自分はこんなすばらしい経歴がある」「こんな特技を持っている」「こんなに女性にモテる」「これだけの財力がある」などなど、自慢話ばかりをするのです。

そこには、自分のことが大好きというナルシストの心理があると考えていいでしょう。

自分のことを愛しているために、その愛すべき自分をアピールし、相手にその素晴らしさを知らしめようとしているわけです。

つまり、自分をプレゼンするために自分の話をしているわけですが、その結果、自慢話ばかりになってしまうというのが、自分のことばかり話す男性の特徴ということになるでしょう。

2. 話題が少ない

話題が少ない

自分のことばかり話す男性はおしゃべり好きではありますが、実は話題がそれほど豊富ではありません。

たとえば、教養があったり、知識が豊富だったり、興味の対象が多岐にわたっていたりすれば、話題は自然に豊かになります。

日ごろからニュースに関心を持っていれば、時事ネタなど、ニュースに関する話をすることもできるでしょう。

知識量が豊富であれば、相手が興味を持てそうなジャンルのことについて、話をすることもできるに違いありません 自分のことばかり話す男性には、そうした豊富な知識がないのです。

そのため、人と話すとき、どうしても自分の話が多くなってしまうと考えていいでしょう。

どんな人でも、自分に関することであれば、それなりに話すことは持っているものです。

ほかの話題がないために、どうしても自分の話ばかりになってしまうわけです。

3. 話がウケていると勘違いしている

話がウケていると勘違いしている

人と会話をするとき、相手が自分の話ばかりしていると、会話はつまらなく感じられるに違いありません。

自分のことばかり話す男性は、つまり、会話している相手につまらない思いをさせているわけです。

しかし、残念ながら、当人はそのことに気づいていません。

会話している相手が、多くの場合話に合わせてくれ、時にはお世辞でほめたりしてくれているため、「自分の話はウケている」と思い込んでいるのです。

人の心を読むことができず、相手が迷惑な思いをしたり、たいくつに感じているとは夢にも思わないというのが、自分の話ばかりする男性の特徴ということになるでしょう。

4. 自信がなく、グチが多い

自信がなく、グチが多い

最初の項目で、「自分に自信がある」という特徴を紹介しましたが、反対に、自分に自信がないというタイプの男性も少なくありません。

このタイプの男性は、口を開けば自分に関するグチばかり言います。

「また、上司に叱られた」とか、「仕事でミスした」「自分はいつもついていない」というようなネガティブな話ばかりするのです。

そこにあるのは、「人に慰めてほしい」「人から励ましてもらいたい」という心理と考えていいでしょう。

グチを聞いた相手に同情してもらいたいがために、自分に関するグチばかり口にするのです。

5. ストレスがたまっている

ストレスがたまっている

ストレス解消のために、自分のことばかり話す男性もいます。

おしゃべり好きな人にとって、人とおしゃべりすることはストレス解消になりますが、ストレス解消をするためには、人の話を聞くよりも、自分が話すことを多くする必要があるでしょう。

人の話ばかりを聞かされては、かえってストレスを感じることになってしまいかねません。

ですから、自分が話す機会をできるだけ増やしたほうがストレス解消につながるのですが、特に、自分に関する話をたくさんすると、日ごろのストレスは軽減できるものなのです。

経験上、それを知っていて、ストレス解消したいがために、自分のことばかり話す男性も少なくありません。

6. 相手に対する興味や関心が薄い

相手に対する興味や関心が薄い

自分のことばかり話す男性は、話している相手に対する関心が薄いという傾向があります。

会話している相手に対し、興味や関心をもっていれば、自然に相手の話を聞きたいと思うものでしょう、たとえば、「休日はどんなことをしてるんですか?

とか、「趣味は何ですか?

というような質問をし、相手のことを知りたいと思うに違いありません。

たとえば、好意を寄せている女性と話をするときには、自分から積極的にそうした質問をし、相手の話を促すものでしょう。

自分のことばかり話す男性は、相手のことを聞こうとはしないものですが、それは、その相手に対して興味や関心を抱いていないからにほかなりません。

人間、興味のないものについては、知識をえようという気にはならないものです。

相手に対して関心がないために、自分のことばかり話すと考えていいでしょう。

まとめ

自分のことばかり話す男性の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その男性の心理を知るための参考になさってください。

人と会話をするとき、自分のことばかり話す男性が少なくありません。

そういう男性にはどういう特徴があるのか見ていくことにしましょう。


自信家で自慢話が多い

自分のことばかり話す男性には自分に自信があるという特徴があります。

自分に自信があるため、優れた自分のことを人にアピールしようとするのです。

「自分はこんなすばらしい経歴がある」「こんな特技を持っている」「こんなに女性にモテる」「これだけの財力がある」などなど、自慢話ばかりをするのです。

そこには、自分のことが大好きというナルシストの心理があると考えていいでしょう。

自分のことを愛しているために、その愛すべき自分をアピールし、相手にその素晴らしさを知らしめようとしているわけです。

つまり、自分をプレゼンするために自分の話をしているわけですが、その結果、自慢話ばかりになってしまうというのが、自分のことばかり話す男性の特徴ということになるでしょう。

話題が少ない

自分のことばかり話す男性はおしゃべり好きではありますが、実は話題がそれほど豊富ではありません。

たとえば、教養があったり、知識が豊富だったり、興味の対象が多岐にわたっていたりすれば、話題は自然に豊かになります。

日ごろからニュースに関心を持っていれば、時事ネタなど、ニュースに関する話をすることもできるでしょう。

知識量が豊富であれば、相手が興味を持てそうなジャンルのことについて、話をすることもできるに違いありません 自分のことばかり話す男性には、そうした豊富な知識がないのです。

そのため、人と話すとき、どうしても自分の話が多くなってしまうと考えていいでしょう。

どんな人でも、自分に関することであれば、それなりに話すことは持っているものです。

ほかの話題がないために、どうしても自分の話ばかりになってしまうわけです。

話がウケていると勘違いしている

人と会話をするとき、相手が自分の話ばかりしていると、会話はつまらなく感じられるに違いありません。

自分のことばかり話す男性は、つまり、会話している相手につまらない思いをさせているわけです。

しかし、残念ながら、当人はそのことに気づいていません。

会話している相手が、多くの場合話に合わせてくれ、時にはお世辞でほめたりしてくれているため、「自分の話はウケている」と思い込んでいるのです。

人の心を読むことができず、相手が迷惑な思いをしたり、たいくつに感じているとは夢にも思わないというのが、自分の話ばかりする男性の特徴ということになるでしょう。

自信がなく、グチが多い

最初の項目で、「自分に自信がある」という特徴を紹介しましたが、反対に、自分に自信がないというタイプの男性も少なくありません。

このタイプの男性は、口を開けば自分に関するグチばかり言います。

「また、上司に叱られた」とか、「仕事でミスした」「自分はいつもついていない」というようなネガティブな話ばかりするのです。

そこにあるのは、「人に慰めてほしい」「人から励ましてもらいたい」という心理と考えていいでしょう。

グチを聞いた相手に同情してもらいたいがために、自分に関するグチばかり口にするのです。

ストレスがたまっている

ストレス解消のために、自分のことばかり話す男性もいます。

おしゃべり好きな人にとって、人とおしゃべりすることはストレス解消になりますが、ストレス解消をするためには、人の話を聞くよりも、自分が話すことを多くする必要があるでしょう。

人の話ばかりを聞かされては、かえってストレスを感じることになってしまいかねません。

ですから、自分が話す機会をできるだけ増やしたほうがストレス解消につながるのですが、特に、自分に関する話をたくさんすると、日ごろのストレスは軽減できるものなのです。

経験上、それを知っていて、ストレス解消したいがために、自分のことばかり話す男性も少なくありません。

相手に対する興味や関心が薄い

自分のことばかり話す男性は、話している相手に対する関心が薄いという傾向があります。

会話している相手に対し、興味や関心をもっていれば、自然に相手の話を聞きたいと思うものでしょう、たとえば、「休日はどんなことをしてるんですか?

とか、「趣味は何ですか?

というような質問をし、相手のことを知りたいと思うに違いありません。

たとえば、好意を寄せている女性と話をするときには、自分から積極的にそうした質問をし、相手の話を促すものでしょう。

自分のことばかり話す男性は、相手のことを聞こうとはしないものですが、それは、その相手に対して興味や関心を抱いていないからにほかなりません。

人間、興味のないものについては、知識をえようという気にはならないものです。

相手に対して関心がないために、自分のことばかり話すと考えていいでしょう。

自分のことばかり話す男性の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その男性の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-