【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115205.html
説明書を読まない男性の特徴

説明書を読まない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
説明書を読まない男性の特徴

どういうわけか、電化製品などの説明書を全く読まない男性がいます。

このような男性は一体どういう考えを持ち、どのような特徴があるのでしょうか。

せっかく用意されているのだから、少しは目を通しても良さそうなものですが…。

  • 単なる面倒くさがりである
  • 感覚で操作することに慣れてしまっている
  • 説明書を読まずに使える製品が、優れていると思っている
  • とにかく製品に触れたい気持ちが強い
  • 格好をつけたい
  • 模型などを作ったことがない
  • オークション・中古品などで説明書なしに慣れている
  • 注意書きを読むのが怖い
  • 自分に挑戦している
  • まとめ

1. 単なる面倒くさがりである

単なる面倒くさがりである

説明書を読むのが単に面倒くさいとする男性もいます。

こういったタイプでは、他のさまざまなことについても、やや無鉄砲に行動したり、重要事項を確認せずに物事を始めてしまうなどの傾向も考えられます。

2. 感覚で操作することに慣れてしまっている

感覚で操作することに慣れてしまっている

電化製品などでも、たとえば目覚まし時計や扇風機などシンプルなものでは、実際のところ説明書を読まなくても操作は可能であったりします。

説明書を読まずに操作することに慣れた結果、エアコンやテレビなど、複雑なものでも「感覚的に操作できるだろう」と思い込んでいる男性がいるのです。

しかし、このような男性の場合「ボタンの同時押し」など製品に触れていても気づかない機能について、知らないまま使っている場合もあります。

3. 説明書を読まずに使える製品が、優れていると思っている

説明書を読まずに使える製品が、優れていると思っている

真にユーザビリティの高い製品では、たとえ複雑なものであっても、あまり説明書を参照せずに操作できるものが存在します。

「そのような製品こそ優れている」と考える男性では、ひとまず説明書を見ずに操作し、それで操作がスムーズにできれば、良い製品であると判断します。

本当に何か困ったときにおいては、説明書を見るスタンスを取るケースがあります。

その場合、「あまり優れた製品ではない」と判断する男性もいます。

実際に何か商品やサービスの開発に関わっている男性でも、ときに見られる傾向です。

4. とにかく製品に触れたい気持ちが強い

とにかく製品に触れたい気持ちが強い

ちょっと子どもっぽい心理がこれです。

小学生ぐらいの子どもでは、プレゼントされたおもちゃなどについて、説明書になど目もくれず、とにかく触って遊ぼうとする傾向が見られます。

さほどおかしなことではないものの、大人となれば万が一の危険性などを考え、ひとまず説明書は読むほうが好ましいですし、子どもに玩具を与える場合なども、子どもが触れる前に軽く説明書を読んだほうが賢明といえるでしょう。

しかし、それでも衝動を抑えきれないのが彼らです。

こういった男性では、地図を見ずにとりあえず知らない街を歩く、何を買うか大まかに決めることもせずショッピングセンターに入るなどの行動も出がちです。

5. 格好をつけたい

格好をつけたい

説明書を見ることなく、すぐに製品を使いこなす姿は、見ようによってはスマートかもしれません。

あるいは「ワイルド感がある」と思う男性も。

こうした様子を恋人や友人に見せて格好つけたいとする男性もいます。

しかし、もし上手く行かずに慌てて説明書を見るようでは、大変不格好にもなってしまいますね。

6. 模型などを作ったことがない

模型などを作ったことがない

一定年齢の男の子では、プラモデルやラジコンカーなどを組み立てた経験があるケースも多いものです。

こういった商品では組立説明書を見ないで完成させることはほぼ不可能です。

こういった経験を持つ男性は、「とりあえず説明書を見る」習慣があることが多く、それ自体を楽しんでいることもあります。

説明書を読まない男性は、あまり複雑な組み立て式玩具などに触れた経験が少ない可能性があります。

7. オークション・中古品などで説明書なしに慣れている

オークション・中古品などで説明書なしに慣れている

ネットオークションや中古ショップでUSED品を買うと、説明書がないことは珍しくないものです。

こういった買い物に慣れている男性では、説明書があっても、半ば無意識で読まないクセがついている場合があります。

8. 注意書きを読むのが怖い

注意書きを読むのが怖い

なんということのない電化製品でも、発火や感電の恐れがあるとか、電池が破裂する場合があるとか、怪我の可能性があるとか、念のための注意書きは沢山あるものです。

説明書の冒頭や巻末、あるいは裏に記載されている注意書きを読むのを怖がる男性は思いのほか多く、女性に比べても過剰に怖がる人が案外といるものです。

見たくないため、説明書そのものを読まなくなってしまうこともあります。

数ボルトなどわずかな電力しか使わないものでも、「電気」関係の注意全般についてやけに怖がる男性などもいます。

9. 自分に挑戦している

自分に挑戦している

説明書を一度通読してしまえば、品物のおおよその使い方はほぼわかりますね。

さて、説明書を読んでいない状態は、ある製品については一度しか味わえません。

これを「チャンス」と考え、自分がどこまで説明書無しで操作できるか、いわば自分に対しチャレンジする男性がいます。

遊び感覚の行動であり、良くも悪くも男性らしい、ちょっと少年のような姿勢といえますね。

まとめ

説明書を読まない男性では、それぞれに心理があり、他の行動でも同じような心理が影響することがあります。

一般には、単なる面倒くさがりとも思われがちで、実際そういう男性もいますが、個々の事情を見ると意外な背景があったりもするのですね。

製品と説明書とどう接するかという思わぬところから、その男性の隠れた性格や面白さなどが見えてきたりもします。

どういうわけか、電化製品などの説明書を全く読まない男性がいます。

このような男性は一体どういう考えを持ち、どのような特徴があるのでしょうか。

せっかく用意されているのだから、少しは目を通しても良さそうなものですが…。


単なる面倒くさがりである

説明書を読むのが単に面倒くさいとする男性もいます。

こういったタイプでは、他のさまざまなことについても、やや無鉄砲に行動したり、重要事項を確認せずに物事を始めてしまうなどの傾向も考えられます。

感覚で操作することに慣れてしまっている

電化製品などでも、たとえば目覚まし時計や扇風機などシンプルなものでは、実際のところ説明書を読まなくても操作は可能であったりします。

説明書を読まずに操作することに慣れた結果、エアコンやテレビなど、複雑なものでも「感覚的に操作できるだろう」と思い込んでいる男性がいるのです。

しかし、このような男性の場合「ボタンの同時押し」など製品に触れていても気づかない機能について、知らないまま使っている場合もあります。

説明書を読まずに使える製品が、優れていると思っている

真にユーザビリティの高い製品では、たとえ複雑なものであっても、あまり説明書を参照せずに操作できるものが存在します。

「そのような製品こそ優れている」と考える男性では、ひとまず説明書を見ずに操作し、それで操作がスムーズにできれば、良い製品であると判断します。

本当に何か困ったときにおいては、説明書を見るスタンスを取るケースがあります。

その場合、「あまり優れた製品ではない」と判断する男性もいます。

実際に何か商品やサービスの開発に関わっている男性でも、ときに見られる傾向です。

とにかく製品に触れたい気持ちが強い

ちょっと子どもっぽい心理がこれです。

小学生ぐらいの子どもでは、プレゼントされたおもちゃなどについて、説明書になど目もくれず、とにかく触って遊ぼうとする傾向が見られます。

さほどおかしなことではないものの、大人となれば万が一の危険性などを考え、ひとまず説明書は読むほうが好ましいですし、子どもに玩具を与える場合なども、子どもが触れる前に軽く説明書を読んだほうが賢明といえるでしょう。

しかし、それでも衝動を抑えきれないのが彼らです。

こういった男性では、地図を見ずにとりあえず知らない街を歩く、何を買うか大まかに決めることもせずショッピングセンターに入るなどの行動も出がちです。

格好をつけたい

説明書を見ることなく、すぐに製品を使いこなす姿は、見ようによってはスマートかもしれません。

あるいは「ワイルド感がある」と思う男性も。

こうした様子を恋人や友人に見せて格好つけたいとする男性もいます。

しかし、もし上手く行かずに慌てて説明書を見るようでは、大変不格好にもなってしまいますね。

模型などを作ったことがない

一定年齢の男の子では、プラモデルやラジコンカーなどを組み立てた経験があるケースも多いものです。

こういった商品では組立説明書を見ないで完成させることはほぼ不可能です。

こういった経験を持つ男性は、「とりあえず説明書を見る」習慣があることが多く、それ自体を楽しんでいることもあります。

説明書を読まない男性は、あまり複雑な組み立て式玩具などに触れた経験が少ない可能性があります。

オークション・中古品などで説明書なしに慣れている

ネットオークションや中古ショップでUSED品を買うと、説明書がないことは珍しくないものです。

こういった買い物に慣れている男性では、説明書があっても、半ば無意識で読まないクセがついている場合があります。

注意書きを読むのが怖い

なんということのない電化製品でも、発火や感電の恐れがあるとか、電池が破裂する場合があるとか、怪我の可能性があるとか、念のための注意書きは沢山あるものです。

説明書の冒頭や巻末、あるいは裏に記載されている注意書きを読むのを怖がる男性は思いのほか多く、女性に比べても過剰に怖がる人が案外といるものです。

見たくないため、説明書そのものを読まなくなってしまうこともあります。

数ボルトなどわずかな電力しか使わないものでも、「電気」関係の注意全般についてやけに怖がる男性などもいます。

自分に挑戦している

説明書を一度通読してしまえば、品物のおおよその使い方はほぼわかりますね。

さて、説明書を読んでいない状態は、ある製品については一度しか味わえません。

これを「チャンス」と考え、自分がどこまで説明書無しで操作できるか、いわば自分に対しチャレンジする男性がいます。

遊び感覚の行動であり、良くも悪くも男性らしい、ちょっと少年のような姿勢といえますね。

説明書を読まない男性では、それぞれに心理があり、他の行動でも同じような心理が影響することがあります。

一般には、単なる面倒くさがりとも思われがちで、実際そういう男性もいますが、個々の事情を見ると意外な背景があったりもするのですね。

製品と説明書とどう接するかという思わぬところから、その男性の隠れた性格や面白さなどが見えてきたりもします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-