【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115144.html
レディーファーストを出来ない男性の特徴

レディーファーストを出来ない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
レディーファーストを出来ない男性の特徴

女性への気遣いが出来る男性は、心に余裕があって素敵で女性からモテるでしょう。

レディーファーストな行動が出来ない男性の特徴をまとめてみました。

  • 自己中心的な性格
  • 照れ屋
  • 女性慣れしていない
  • せっかちな性格
  • 現実主義
  • 自分が1番偉いと思っている
  • 古風な考えを持っている
  • まとめ

1. 自己中心的な性格

自己中心的な性格

自分の価値観を最も優先する人は、周りに対する気遣いが足りません。

普段から自己中心的な振る舞いをしているので、いざ好きな女性とデートをするときに、気を引き締めているつもりでいても、普段の行いは、随所に表れてしまいます。

周囲への気配りの心が習慣になっていないと、とっさにレディーファーストな行動は出来ないものなのです。

2. 照れ屋

照れ屋

日本の男性は、海外の男性に比べて恥ずかしがり屋な性格です。

スマートに女性をエスコートして、レディーファーストを実践出来ればカッコイイだろうな、と憧れの気持ちはありますが、キザな男のような気がして、恥ずかしいのです。

もっと自分に自身が持てれば、スマートにレディーファーストが出来るようになるでしょう。

女性の前で照れてしまっているうちは、レディーファーストは難しいのです。

3. 女性慣れしていない

女性慣れしていない

恋愛経験の少ない男性や、男ばかりの兄弟の中で育ったり、男子校だったりと、女性に触れ合う機会が少なかった男性は、女性の気持ちをなかなか想像出来ません。

どんな行動を取ったら女性が喜ぶのか、まだ理解出来ていないのです。

女性と触れ合うきっかけを増やして、女性の生態が掴めてきたら、女性に喜ばれる行動が取れるようになってきます。

4. せっかちな性格

せっかちな性格

女性は、メイクやヘアセットなどお出かけ前には時間がかかるものです。

ショッピングだって、心ゆくままにゆっくりまんきつしたいのです。

いつもせかせかしているせっかちな男性は、女性のゆっくりとした行動に苛立ちを隠せません。

そのせかせかした雰囲気が、女性は居心地悪く感じてしまいます。

心にゆとりのない男性はレディーファーストには程遠いでしょう。

5. 現実主義

現実主義

男性よりも女性の方が圧倒的に現実主義者が多いのですが、男性の現実主義者は、女性よりもシビアに現実を捉える傾向があります。

何事も計画を立ててキビキビと行動出来る、頼もしさがありますが、女性が憧れる甘い時間には付き合ってくれません。

基本的に、理由やメリットが無い行動をしたがらないので、女性の心はトキメキません。

柔軟な発想が出来たら、王子様のようにレディーファーストな振る舞いが出来るはずです。

6. 自分が1番偉いと思っている

自分が1番偉いと思っている

自分は特別な人間だと心の中で思っている人は、自分が与える事よりも、与えてもらう事が当たり前という感覚を持っています。

レディーファーストどころか、お付き合いしていくとモラハラ男の顔を覗かせることがあるでしょう。

女性が自分の都合よく動いてくれないと、すぐに不機嫌になり、精神的に追い詰めてくるのです。

このタイプの男性と親しくするのは危険です。

女性を信用させる為に、初めだけレディーファーストな事をしてみせる事もあるので、見抜く事が難しいかも知れません。

7. 古風な考えを持っている

古風な考えを持っている

昔ながらの日本男児の心を持っている男性は、女性の為にドアを開けてあげたり、女性のカバンを持ってあげる事は、かっこ悪い事だと思っています。

また自分で出来ることにあえて手を貸してしまうのも、甘やかして女性をダメにしてしまうという思いもあるのです。

その代わり、女性が本当に困っている時は、全力で守ってくれる、熱い心を持った人なのです。

「女は男の3歩下がってついていく」の言葉の本当の意味は、男性を立てるように生きる事を進めているのではなく、何かあった時に男性が女性を守る為、3歩下がって歩きなさいという意味だそうです。

まとめ

強さだけではなく、気遣いのできる優しさがある男性は、女性を幸せな気持ちにしてくれます。

女性もたくさんの幸せをくれる男性の前では素直でいられるので、そんな男性をパートナーに選べばお付き合いが長続きするでしょう。

恥ずかしがり屋の男性も、好きな女性の為、自分の殻を破って、レディーファーストな行動をしてみましょう。

女性への気遣いが出来る男性は、心に余裕があって素敵で女性からモテるでしょう。

レディーファーストな行動が出来ない男性の特徴をまとめてみました。


自己中心的な性格

自分の価値観を最も優先する人は、周りに対する気遣いが足りません。

普段から自己中心的な振る舞いをしているので、いざ好きな女性とデートをするときに、気を引き締めているつもりでいても、普段の行いは、随所に表れてしまいます。

周囲への気配りの心が習慣になっていないと、とっさにレディーファーストな行動は出来ないものなのです。

照れ屋

日本の男性は、海外の男性に比べて恥ずかしがり屋な性格です。

スマートに女性をエスコートして、レディーファーストを実践出来ればカッコイイだろうな、と憧れの気持ちはありますが、キザな男のような気がして、恥ずかしいのです。

もっと自分に自身が持てれば、スマートにレディーファーストが出来るようになるでしょう。

女性の前で照れてしまっているうちは、レディーファーストは難しいのです。

女性慣れしていない

恋愛経験の少ない男性や、男ばかりの兄弟の中で育ったり、男子校だったりと、女性に触れ合う機会が少なかった男性は、女性の気持ちをなかなか想像出来ません。

どんな行動を取ったら女性が喜ぶのか、まだ理解出来ていないのです。

女性と触れ合うきっかけを増やして、女性の生態が掴めてきたら、女性に喜ばれる行動が取れるようになってきます。

せっかちな性格

女性は、メイクやヘアセットなどお出かけ前には時間がかかるものです。

ショッピングだって、心ゆくままにゆっくりまんきつしたいのです。

いつもせかせかしているせっかちな男性は、女性のゆっくりとした行動に苛立ちを隠せません。

そのせかせかした雰囲気が、女性は居心地悪く感じてしまいます。

心にゆとりのない男性はレディーファーストには程遠いでしょう。

現実主義

男性よりも女性の方が圧倒的に現実主義者が多いのですが、男性の現実主義者は、女性よりもシビアに現実を捉える傾向があります。

何事も計画を立ててキビキビと行動出来る、頼もしさがありますが、女性が憧れる甘い時間には付き合ってくれません。

基本的に、理由やメリットが無い行動をしたがらないので、女性の心はトキメキません。

柔軟な発想が出来たら、王子様のようにレディーファーストな振る舞いが出来るはずです。

自分が1番偉いと思っている

自分は特別な人間だと心の中で思っている人は、自分が与える事よりも、与えてもらう事が当たり前という感覚を持っています。

レディーファーストどころか、お付き合いしていくとモラハラ男の顔を覗かせることがあるでしょう。

女性が自分の都合よく動いてくれないと、すぐに不機嫌になり、精神的に追い詰めてくるのです。

このタイプの男性と親しくするのは危険です。

女性を信用させる為に、初めだけレディーファーストな事をしてみせる事もあるので、見抜く事が難しいかも知れません。

古風な考えを持っている

昔ながらの日本男児の心を持っている男性は、女性の為にドアを開けてあげたり、女性のカバンを持ってあげる事は、かっこ悪い事だと思っています。

また自分で出来ることにあえて手を貸してしまうのも、甘やかして女性をダメにしてしまうという思いもあるのです。

その代わり、女性が本当に困っている時は、全力で守ってくれる、熱い心を持った人なのです。

「女は男の3歩下がってついていく」の言葉の本当の意味は、男性を立てるように生きる事を進めているのではなく、何かあった時に男性が女性を守る為、3歩下がって歩きなさいという意味だそうです。

強さだけではなく、気遣いのできる優しさがある男性は、女性を幸せな気持ちにしてくれます。

女性もたくさんの幸せをくれる男性の前では素直でいられるので、そんな男性をパートナーに選べばお付き合いが長続きするでしょう。

恥ずかしがり屋の男性も、好きな女性の為、自分の殻を破って、レディーファーストな行動をしてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-