【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115123.html
ネット弁慶の男性の性格や特徴

ネット弁慶の男性の性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
ネット弁慶の男性の性格や特徴

インターネットは広く他人の意見を共有することができて便利ですが、その反面、顔の見えない世界だからこそ過激な言葉を突きつけられることもあります。

共感することでストレスを発散できる女性に比べると、意見を戦わせたり、相手を説得することに楽しみを覚えるのは男性が多いようです。

今回はそんなインターネットに潜むネット弁慶の性格や特徴を紹介します。

  • 理詰めで話すのが得意
  • 相手を説得することに喜びを覚ええる
  • 普段はおとなしいタイプ1
  • 普段はおとなしいタイプ2
  • 自分に自信がない
  • まとめ

1. 理詰めで話すのが得意

理詰めで話すのが得意

感覚や感情を述べることを得意とする女性に比べ、男性の多くは理論に重点を置き理詰めで話すことを好みます。

そのため、インターネット上で理由や根拠がはっきりしていない意見を見つけると納得ができず、理詰めで説明し相手の考え方の欠点を指摘して間違いを正そうとする男性がいます。

日常生活であれば、自分の関係のない話題にわざわざ介入することがないのですが、掲示板やSNSなど誰にでも開かれた場所ではそうした男性を阻むものがないのです。

2. 相手を説得することに喜びを覚ええる

相手を説得することに喜びを覚ええる

インターネットは不特定打数の人同士が、誰でも誰に対しても意見することができます。

そのため、人を説得することに喜びを覚えるタイプの男性は、自分の得意分野に関する内容で意見の違う相手を見つけると説得のチャンスとばかりに持論を展開します。

相手が同意するか否かは別として、そうすることで、満足感を得てストレスを発散していると言えます。

3. 普段はおとなしいタイプ1

普段はおとなしいタイプ1

ネット弁慶といっても、必ずしも他人の意見にぶつかって行ったり、求めてもいないアドバイスをする人だけではありません。

自分のブログやSNS上では思ったことを自由に述べているだけで、他人に絡んでいかないタイプのネット弁慶もいます。

実際に被害を受けなくても、SNSなどでの尖った意見が目に留まると気分を害す人もいるかもしれませんが、このタイプは普段はおとなしい傾向にあります。

このタイプは日頃、学校や職場では周囲に気を使って自分の言いたいことを我慢していることから、知り合いのいないインターネット上では自由に振舞いたいと考えています。

4. 普段はおとなしいタイプ2

普段はおとなしいタイプ2

ネット弁慶の中で普段はおとなしいという人は多いかと思いますが、中でも、周囲に自分の意見を相手にされていない、言ってもまともに取り合ってもらえないタイプは、①の人と比べると自ら進んで我慢しているわけではなく、聞いてもらえないため我慢せざるをえなくなったタイプであるため、インターネット上ではその分を取り返すかのように他人に対して攻撃的になる場合があります。

この場合、普段自分は軽んじられているのだからと、インターネット上で見つけた気に入らない他人に対して、上から目線で意見をしたり、暴言を投げかけるタイプになることがあります。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分の生活に満足していて、自信のある人であれば、他人の動向や意見などいちいち気になりません。

しかし、自分に自信のない人は些細な意見の食い違いでも自分という存在をないがしろにされ傷つけられたと感じやすいため、むきになって戦い自分の尊厳を取り戻そうとします。

しかし自信がないため、実生活で面と向かって人と対立する勇気はありません。

その結果、ネット弁慶となり他人と張り合ったり他人を貶めることを書き込むようになります。

まとめ

一言にネット弁慶といっても、可視化しやすい他人に突っかかりあえて炎上を引き起こすようなタイプと、自分の世界だけで自分の主張を繰り広げるタイプがいます。

後者は他人に危害を加えるようなタイプではなく、むしろ普段気を使って、腹を立てずもめ事を起こさず神経をすり減らしている人ではないでしょうか。

いわれのない誹謗中傷は許していいものではありませんので、もしもネット弁慶の被害にあった場合は、本記事が役立てばと思います。

インターネットは広く他人の意見を共有することができて便利ですが、その反面、顔の見えない世界だからこそ過激な言葉を突きつけられることもあります。

共感することでストレスを発散できる女性に比べると、意見を戦わせたり、相手を説得することに楽しみを覚えるのは男性が多いようです。

今回はそんなインターネットに潜むネット弁慶の性格や特徴を紹介します。


理詰めで話すのが得意

感覚や感情を述べることを得意とする女性に比べ、男性の多くは理論に重点を置き理詰めで話すことを好みます。

そのため、インターネット上で理由や根拠がはっきりしていない意見を見つけると納得ができず、理詰めで説明し相手の考え方の欠点を指摘して間違いを正そうとする男性がいます。

日常生活であれば、自分の関係のない話題にわざわざ介入することがないのですが、掲示板やSNSなど誰にでも開かれた場所ではそうした男性を阻むものがないのです。

相手を説得することに喜びを覚ええる

インターネットは不特定打数の人同士が、誰でも誰に対しても意見することができます。

そのため、人を説得することに喜びを覚えるタイプの男性は、自分の得意分野に関する内容で意見の違う相手を見つけると説得のチャンスとばかりに持論を展開します。

相手が同意するか否かは別として、そうすることで、満足感を得てストレスを発散していると言えます。

普段はおとなしいタイプ1

ネット弁慶といっても、必ずしも他人の意見にぶつかって行ったり、求めてもいないアドバイスをする人だけではありません。

自分のブログやSNS上では思ったことを自由に述べているだけで、他人に絡んでいかないタイプのネット弁慶もいます。

実際に被害を受けなくても、SNSなどでの尖った意見が目に留まると気分を害す人もいるかもしれませんが、このタイプは普段はおとなしい傾向にあります。

このタイプは日頃、学校や職場では周囲に気を使って自分の言いたいことを我慢していることから、知り合いのいないインターネット上では自由に振舞いたいと考えています。

普段はおとなしいタイプ2

ネット弁慶の中で普段はおとなしいという人は多いかと思いますが、中でも、周囲に自分の意見を相手にされていない、言ってもまともに取り合ってもらえないタイプは、①の人と比べると自ら進んで我慢しているわけではなく、聞いてもらえないため我慢せざるをえなくなったタイプであるため、インターネット上ではその分を取り返すかのように他人に対して攻撃的になる場合があります。

この場合、普段自分は軽んじられているのだからと、インターネット上で見つけた気に入らない他人に対して、上から目線で意見をしたり、暴言を投げかけるタイプになることがあります。

自分に自信がない

自分の生活に満足していて、自信のある人であれば、他人の動向や意見などいちいち気になりません。

しかし、自分に自信のない人は些細な意見の食い違いでも自分という存在をないがしろにされ傷つけられたと感じやすいため、むきになって戦い自分の尊厳を取り戻そうとします。

しかし自信がないため、実生活で面と向かって人と対立する勇気はありません。

その結果、ネット弁慶となり他人と張り合ったり他人を貶めることを書き込むようになります。

一言にネット弁慶といっても、可視化しやすい他人に突っかかりあえて炎上を引き起こすようなタイプと、自分の世界だけで自分の主張を繰り広げるタイプがいます。

後者は他人に危害を加えるようなタイプではなく、むしろ普段気を使って、腹を立てずもめ事を起こさず神経をすり減らしている人ではないでしょうか。

いわれのない誹謗中傷は許していいものではありませんので、もしもネット弁慶の被害にあった場合は、本記事が役立てばと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-