【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115117.html
なんでも雑な男子の特徴

なんでも雑な男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
なんでも雑な男子の特徴

物を雑に扱う性格の男性がいますね。

そういった人は全てを雑にしているように見えます。

仕事も恋愛も適当にされてしまいそうですが、このような男性は一体どのような特徴があるのでしょうか。

例に挙げて見ていきたいと思います。

  • おおらか。
  • 乱暴
  • 字が汚い
  • 言葉遣いが汚い
  • 掃除嫌いで部屋が汚い
  • 人に対して気配り出来ない
  • モテない
  • わがまま
  • 服装が乱れている
  • まとめ

1. おおらか。

おおらか。

良く言えばおおらかな面があるでしょう。

雑に物を扱っても気にならない訳ですから、ざっくばらんなところがあります。

「形あるものはいずれ壊れる」と言うように、大切にしているものを、あやまって壊してしまっても許してくれそうです。

あまり高価な品物ですと、そうはいかないかもしれませんが、心が広い所がありそうです。

2. 乱暴

乱暴

ドアを閉めるとき、コップを置くとき、廊下を歩くとき。

音がしないように気を使える人と、そうでない人がいます。

雑な性格の人は、立ち居振舞いも粗雑です。

周囲が静かなのに一人だけ騒がしく物音を立てても平気なので、相当な乱暴者です。

物を乱暴に扱う人は性格まで攻撃的ですから、このような人には近づかない方が得策ですね。

3. 字が汚い

字が汚い

「殴り書き」と言うように、字が乱雑な人も性格が雑です。

字は人を表しますから心が乱れていて、だいぶ荒れている可能性もあります。

きれいに書こうという「気遣いできる心のゆとり」がないのでしょう。

個人的なノートや、急いでメモしなければならないといった状況でしたら理解もできますが、公的な文章や他人へのメモ書きなどは配慮が必要です。

字の練習も必要だと言えそうですね。

4. 言葉遣いが汚い

言葉遣いが汚い

性格が雑な人は、考えている事にまとまりがありません。

ですから言葉遣いが汚いと言うことになります。

言葉が汚いと、社会人として恥ずかしいだけでなく、信頼問題にも影響してきます。

もちろん女性にも嫌われてしまいますから、気を付けたいものですね。

5. 掃除嫌いで部屋が汚い

掃除嫌いで部屋が汚い

「雑」には乱雑、だらしない、ぞんざいといった意味が含まれています。

ですから、生活空間である自室が非常に汚い可能性があります。

あまり潔癖性でも困り者ですが、汚いのも不衛生です。

不健康で病気の原因にもなりますので清潔を心がけたいものです。

6. 人に対して気配り出来ない

人に対して気配り出来ない

お世話になった人への気遣いなど、気が利かない人も多いでしょう。

「細かい気配り」とは無縁な「雑な人」ですから、お中元やお歳暮などの行事ごとにも疎い可能性があります。

会社の人間関係などお世話になった上司にあたる人に、節目でお礼をする場面などの時には失礼が無いように気をつけたいものです。

7. モテない

モテない

もちろん女性も丁寧に扱えないのでモテません。

女性だけではありませんが、人は自分をぞんざいに扱ってくるような人を好んだりしないのです。

モテない男性はストレスがたまって心が荒れます。

するとまた余計にモテません。

心が乱れてまた雑になるという悪循環です。

8. わがまま

わがまま

基本的にわがままです。

わがままだからこそ雑な態度が出来るのです。

まわりにどう思われても良い訳ですから。

9. 服装が乱れている

服装が乱れている

自前の服装でさえ雑に扱うので、ほころびやボタンの掛け違いにも気づきません。

よっていつも服装が乱れている可能性が高いわけです。

着衣の乱れは心の乱れ。

出掛ける前に、鏡で全身をチェックするゆとりが欲しいものですね。

まとめ

何でも雑な男子は粗雑な所が目に付いてしまって、一緒にいてこちらが疲れそうです。

もしかしたら、そういった気質の人は似た者同士で仲の良い可能性もありそうです。

「人の振り見て我が振り直せ」とは良くいったものですが、自分も知らないうちに様々な事が雑になってしまって他人に不快な思いをさせていないか?

注意を払いたいものですね。

では。

物を雑に扱う性格の男性がいますね。

そういった人は全てを雑にしているように見えます。

仕事も恋愛も適当にされてしまいそうですが、このような男性は一体どのような特徴があるのでしょうか。

例に挙げて見ていきたいと思います。


おおらか。

良く言えばおおらかな面があるでしょう。

雑に物を扱っても気にならない訳ですから、ざっくばらんなところがあります。

「形あるものはいずれ壊れる」と言うように、大切にしているものを、あやまって壊してしまっても許してくれそうです。

あまり高価な品物ですと、そうはいかないかもしれませんが、心が広い所がありそうです。

乱暴

ドアを閉めるとき、コップを置くとき、廊下を歩くとき。

音がしないように気を使える人と、そうでない人がいます。

雑な性格の人は、立ち居振舞いも粗雑です。

周囲が静かなのに一人だけ騒がしく物音を立てても平気なので、相当な乱暴者です。

物を乱暴に扱う人は性格まで攻撃的ですから、このような人には近づかない方が得策ですね。

字が汚い

「殴り書き」と言うように、字が乱雑な人も性格が雑です。

字は人を表しますから心が乱れていて、だいぶ荒れている可能性もあります。

きれいに書こうという「気遣いできる心のゆとり」がないのでしょう。

個人的なノートや、急いでメモしなければならないといった状況でしたら理解もできますが、公的な文章や他人へのメモ書きなどは配慮が必要です。

字の練習も必要だと言えそうですね。

言葉遣いが汚い

性格が雑な人は、考えている事にまとまりがありません。

ですから言葉遣いが汚いと言うことになります。

言葉が汚いと、社会人として恥ずかしいだけでなく、信頼問題にも影響してきます。

もちろん女性にも嫌われてしまいますから、気を付けたいものですね。

掃除嫌いで部屋が汚い

「雑」には乱雑、だらしない、ぞんざいといった意味が含まれています。

ですから、生活空間である自室が非常に汚い可能性があります。

あまり潔癖性でも困り者ですが、汚いのも不衛生です。

不健康で病気の原因にもなりますので清潔を心がけたいものです。

人に対して気配り出来ない

お世話になった人への気遣いなど、気が利かない人も多いでしょう。

「細かい気配り」とは無縁な「雑な人」ですから、お中元やお歳暮などの行事ごとにも疎い可能性があります。

会社の人間関係などお世話になった上司にあたる人に、節目でお礼をする場面などの時には失礼が無いように気をつけたいものです。

モテない

もちろん女性も丁寧に扱えないのでモテません。

女性だけではありませんが、人は自分をぞんざいに扱ってくるような人を好んだりしないのです。

モテない男性はストレスがたまって心が荒れます。

するとまた余計にモテません。

心が乱れてまた雑になるという悪循環です。

わがまま

基本的にわがままです。

わがままだからこそ雑な態度が出来るのです。

まわりにどう思われても良い訳ですから。

服装が乱れている

自前の服装でさえ雑に扱うので、ほころびやボタンの掛け違いにも気づきません。

よっていつも服装が乱れている可能性が高いわけです。

着衣の乱れは心の乱れ。

出掛ける前に、鏡で全身をチェックするゆとりが欲しいものですね。

何でも雑な男子は粗雑な所が目に付いてしまって、一緒にいてこちらが疲れそうです。

もしかしたら、そういった気質の人は似た者同士で仲の良い可能性もありそうです。

「人の振り見て我が振り直せ」とは良くいったものですが、自分も知らないうちに様々な事が雑になってしまって他人に不快な思いをさせていないか?

注意を払いたいものですね。

では。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-