【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180222164134.html
男性を骨抜きにする女性の特徴

男性を骨抜きにする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男性を骨抜きにする女性の特徴

とにかくルックスが良いなどの女性にも、ひとまず惹かれてしまうことが多い男性ですが、そうしたわかりやすい表面的魅力だけでは、「男性を骨抜きにする」とまでは至りません。

男性が「どうしても離れられない」「たとえ身を持ち崩すことがあっても、この人とは別れられない」となってしまうような女性の特徴とは、どういったものでしょう。

  • 甘え上手である
  • 男性を立てることができる
  • 多少の天然感がある
  • 手料理が上手い
  • 魅力を小出しにする技術がある
  • 印象に残る言葉を、適切なタイミングで言う
  • ある程度の外見的魅力もある
  • 自分の主張も適度にできる
  • 相手に「何かをさせる」ことが上手い
  • 表現不可能な魅力を持つ
  • まとめ

1. 甘え上手である

甘え上手である

男性は、女性に甘えられた場合、さほど嫌な気はせず、むしろ良い気分になるものですね。

しかし、程度問題でもあります。

とても応じられないほどあれこれと甘えてくれば、「いい加減にして欲しい」と思うのも男性ですし、「わざとらしさ」を感じれば、「バカバカしい」と思ってしまうのも男性です。

かといって、「自分のことは自分でやるから放っておいて」といった「甘えない」ニュアンスが強い女性では、「俺がいなくても良いのかな」などと思ってしまうのも、また男性。

男性を虜にし、骨抜きにしてしまう女性では、「適度に甘える」ことが非常に上手いケースが多いものです。

2. 男性を立てることができる

男性を立てることができる

前提として男女はあくまで平等です。

しかし、見かけ上はある程度男性を立てて、男性の成すことを基本的には肯定する女性は、やはり男性を惹きつける力に長けています。

世間的には大したことでなくても「こういう仕事ができるって凄い!」といった褒めセリフを適度に言い、「やっぱり○○クンのような男性は、どこを探してもいないよ」などの言葉も適度に投げかけます。

もっとも、これについても「わざとらしさ」を感じてしまえば、「本当はそんな気持ちはないのに、くだらない」だとか思ってしまうのも男性です。

適度であること、自然であることがポイントになりますね。

3. 多少の天然感がある

多少の天然感がある

表面的魅力が高くても、平素から言動・行動があまりにもしっかりしており抜け目ない女性では、男性に「俺がいないとダメだな」といった気持ちを起こすことができません。

多少なり「天然」要素を持ち、たとえば、たまにはデートに遅刻してしまう、人の名前やものごとの名を言い間違える、忘れ物をする、などの状況があると、男性の「守ってあげたい」といった気持ちを引き起こし、継続させることができます。

もちろんこの「天然感」も、作為的な雰囲気が見えてしまったのでは逆効果です。

4. 手料理が上手い

手料理が上手い

料理が上手い女性は、男性がそれと気づかぬうちに、いわば無意識的に男性を虜にしてしまいます。

何もプロ級であるとかの必要はなく、一般的な家庭料理、それも相手男性の好むものを地道でもしっかり提供できることが、ここでいう「上手さ」です。

器用に自炊をする「料理男子」も増えている昨今ですが、そういった男性であっても、料理の上手い女性にはやはりどこか、強く惹かれてしまうのです。

「食」という人間の基本になる要素を押さえているためと考えられます。

5. 魅力を小出しにする技術がある

魅力を小出しにする技術がある

外見的魅力が非常に高い女性では、特に何も工夫しなくても一旦男性を惹きつける能力があります。

しかし、交際が始まって以降など、「意外に嫌な面がある」とか「性格的に馴染めないところがある」などと、男性がネガティブな側面を発見していってしまうことがあるのです。

男性を骨抜きにする女性では、デートのたびに何かしら新しい魅力を感じさせます。

「こんな面もあったんだ」「え?意外と真面目なんだな」などと、男性は徐々に女性の魅力に気づき、「知っていくこと」にハマってしまうのです。

6. 印象に残る言葉を、適切なタイミングで言う

印象に残る言葉を、適切なタイミングで言う

やたらと男性を褒めてばかりの女性では、「どうせ上っ面で言っているだけで、内心ではどうとも思っていないんだろう」などの男性心理を引き起こしがちです。

このことは性別を問わないともいえますね。

「やっぱり○○クンしかいない」とか「大好き」「一緒にいられて、私しあわせだな」などのセリフを、時々、適切なタイミングで言える女性は男性を骨抜きにできます。

それこそ、男性に僅かな浮気心が芽生えた場合などでも、そういった印象的な言葉が思い起こされ、よからぬ行動には出られなくなってしまうのです。

7. ある程度の外見的魅力もある

ある程度の外見的魅力もある

長期交際などにおいて「人間は見た目ではない」と考える男性も多いものですが、「そうは言っても、もし同じ中身なら、カワイイ彼女が良い」などと相反する気持ちを持ってしまう部分もあります。

特別に人目を引くような美形とか、妬まれるようなルックスではなくても、ある程度の外見的魅力を持つことが多いのも、彼女たちの特徴です。

ファッションセンスを磨く、必要に応じてダイエットをするなど、努力で得られる範囲の話です。

「男性は、きっかけとしては女性の外見にひかれやすい面もある」、ということは、ルックスがある程度良い女性と付き合っていると「他の男性にとられてしまっては困る」との男性心理を、無意識的にも引き起こせるのです。

「声」「口調」などもここでいう外見的魅力に含まれます。

8. 自分の主張も適度にできる

自分の主張も適度にできる

「なんでも自分の言いなりになってしまう」といったように感じさせる女性では、男性から見て何か物足りなさを感じてしまうものです。

「うーん、その考え方も素敵だけど、私はちょっと違う考えもあって…」だとか、自己主張すべき場面では、適度にできるのも男性を骨抜きにできる女性の特徴です。

「あの言葉は、やはり無視できない。

厳密にはどういう意味なんだろう」などと「考える」時間を男性に与えることで、男性に「自分について考えさせてしまう」のが、彼女たちの特徴です。

9. 相手に「何かをさせる」ことが上手い

相手に「何かをさせる」ことが上手い

人は、何かをしてくれた相手より、自分が何か相手にしてあげたときに相手を好きになってしまう傾向があります。

男女逆でも同様で、やたらとプレゼントをする男性よりは、女性にプレゼントを「させてしまう」技術を持つ男性の方が、モテる傾向にもあります。

デートや旅行のプランを完全に委ねる、スマホの上手な使い方を教えてもらう、無理のない範囲でものを買ってもらうなど、「何かをさせる」ことが上手い女性は、男性を骨抜きにできる特性を持っています。

「甘える」とも関連していますね。

10. 表現不可能な魅力を持つ

表現不可能な魅力を持つ

「やさしい女性」は魅力的ですが、その表現が当てはまる女性なら他にもいることでしょう。

「可愛げのある女性」「真面目な女性」なども同様です。

男性を骨抜きにできる女性では、「何がどうというわけではないが、この人には、言葉であらわせない魅力がある」と感じさせる力を持っています。

まとめ

男性をこれでもかというほど惹きつけ「骨抜き」にしてしまうには、一見してわかる魅力、1-2時間程度話して感じる魅力などでは物足りません。

もちろん、そういった魅力がゼロでは、そもそも男性を惹きつけられません。

ある程度わかりやすい魅力も備えた上で、いくつかの特徴で男性を離れられなくしてしまうのが、彼女たち「男性を骨抜きにできる女性」なのです。

とにかくルックスが良いなどの女性にも、ひとまず惹かれてしまうことが多い男性ですが、そうしたわかりやすい表面的魅力だけでは、「男性を骨抜きにする」とまでは至りません。

男性が「どうしても離れられない」「たとえ身を持ち崩すことがあっても、この人とは別れられない」となってしまうような女性の特徴とは、どういったものでしょう。


甘え上手である

男性は、女性に甘えられた場合、さほど嫌な気はせず、むしろ良い気分になるものですね。

しかし、程度問題でもあります。

とても応じられないほどあれこれと甘えてくれば、「いい加減にして欲しい」と思うのも男性ですし、「わざとらしさ」を感じれば、「バカバカしい」と思ってしまうのも男性です。

かといって、「自分のことは自分でやるから放っておいて」といった「甘えない」ニュアンスが強い女性では、「俺がいなくても良いのかな」などと思ってしまうのも、また男性。

男性を虜にし、骨抜きにしてしまう女性では、「適度に甘える」ことが非常に上手いケースが多いものです。

男性を立てることができる

前提として男女はあくまで平等です。

しかし、見かけ上はある程度男性を立てて、男性の成すことを基本的には肯定する女性は、やはり男性を惹きつける力に長けています。

世間的には大したことでなくても「こういう仕事ができるって凄い!」といった褒めセリフを適度に言い、「やっぱり○○クンのような男性は、どこを探してもいないよ」などの言葉も適度に投げかけます。

もっとも、これについても「わざとらしさ」を感じてしまえば、「本当はそんな気持ちはないのに、くだらない」だとか思ってしまうのも男性です。

適度であること、自然であることがポイントになりますね。

多少の天然感がある

表面的魅力が高くても、平素から言動・行動があまりにもしっかりしており抜け目ない女性では、男性に「俺がいないとダメだな」といった気持ちを起こすことができません。

多少なり「天然」要素を持ち、たとえば、たまにはデートに遅刻してしまう、人の名前やものごとの名を言い間違える、忘れ物をする、などの状況があると、男性の「守ってあげたい」といった気持ちを引き起こし、継続させることができます。

もちろんこの「天然感」も、作為的な雰囲気が見えてしまったのでは逆効果です。

手料理が上手い

料理が上手い女性は、男性がそれと気づかぬうちに、いわば無意識的に男性を虜にしてしまいます。

何もプロ級であるとかの必要はなく、一般的な家庭料理、それも相手男性の好むものを地道でもしっかり提供できることが、ここでいう「上手さ」です。

器用に自炊をする「料理男子」も増えている昨今ですが、そういった男性であっても、料理の上手い女性にはやはりどこか、強く惹かれてしまうのです。

「食」という人間の基本になる要素を押さえているためと考えられます。

魅力を小出しにする技術がある

外見的魅力が非常に高い女性では、特に何も工夫しなくても一旦男性を惹きつける能力があります。

しかし、交際が始まって以降など、「意外に嫌な面がある」とか「性格的に馴染めないところがある」などと、男性がネガティブな側面を発見していってしまうことがあるのです。

男性を骨抜きにする女性では、デートのたびに何かしら新しい魅力を感じさせます。

「こんな面もあったんだ」「え?意外と真面目なんだな」などと、男性は徐々に女性の魅力に気づき、「知っていくこと」にハマってしまうのです。

印象に残る言葉を、適切なタイミングで言う

やたらと男性を褒めてばかりの女性では、「どうせ上っ面で言っているだけで、内心ではどうとも思っていないんだろう」などの男性心理を引き起こしがちです。

このことは性別を問わないともいえますね。

「やっぱり○○クンしかいない」とか「大好き」「一緒にいられて、私しあわせだな」などのセリフを、時々、適切なタイミングで言える女性は男性を骨抜きにできます。

それこそ、男性に僅かな浮気心が芽生えた場合などでも、そういった印象的な言葉が思い起こされ、よからぬ行動には出られなくなってしまうのです。

ある程度の外見的魅力もある

長期交際などにおいて「人間は見た目ではない」と考える男性も多いものですが、「そうは言っても、もし同じ中身なら、カワイイ彼女が良い」などと相反する気持ちを持ってしまう部分もあります。

特別に人目を引くような美形とか、妬まれるようなルックスではなくても、ある程度の外見的魅力を持つことが多いのも、彼女たちの特徴です。

ファッションセンスを磨く、必要に応じてダイエットをするなど、努力で得られる範囲の話です。

「男性は、きっかけとしては女性の外見にひかれやすい面もある」、ということは、ルックスがある程度良い女性と付き合っていると「他の男性にとられてしまっては困る」との男性心理を、無意識的にも引き起こせるのです。

「声」「口調」などもここでいう外見的魅力に含まれます。

自分の主張も適度にできる

「なんでも自分の言いなりになってしまう」といったように感じさせる女性では、男性から見て何か物足りなさを感じてしまうものです。

「うーん、その考え方も素敵だけど、私はちょっと違う考えもあって…」だとか、自己主張すべき場面では、適度にできるのも男性を骨抜きにできる女性の特徴です。

「あの言葉は、やはり無視できない。

厳密にはどういう意味なんだろう」などと「考える」時間を男性に与えることで、男性に「自分について考えさせてしまう」のが、彼女たちの特徴です。

相手に「何かをさせる」ことが上手い

人は、何かをしてくれた相手より、自分が何か相手にしてあげたときに相手を好きになってしまう傾向があります。

男女逆でも同様で、やたらとプレゼントをする男性よりは、女性にプレゼントを「させてしまう」技術を持つ男性の方が、モテる傾向にもあります。

デートや旅行のプランを完全に委ねる、スマホの上手な使い方を教えてもらう、無理のない範囲でものを買ってもらうなど、「何かをさせる」ことが上手い女性は、男性を骨抜きにできる特性を持っています。

「甘える」とも関連していますね。

表現不可能な魅力を持つ

「やさしい女性」は魅力的ですが、その表現が当てはまる女性なら他にもいることでしょう。

「可愛げのある女性」「真面目な女性」なども同様です。

男性を骨抜きにできる女性では、「何がどうというわけではないが、この人には、言葉であらわせない魅力がある」と感じさせる力を持っています。

男性をこれでもかというほど惹きつけ「骨抜き」にしてしまうには、一見してわかる魅力、1-2時間程度話して感じる魅力などでは物足りません。

もちろん、そういった魅力がゼロでは、そもそも男性を惹きつけられません。

ある程度わかりやすい魅力も備えた上で、いくつかの特徴で男性を離れられなくしてしまうのが、彼女たち「男性を骨抜きにできる女性」なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-