【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180222164107.html
絶対付き合わないほうがいい女性の特徴

絶対付き合わないほうがいい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
絶対付き合わないほうがいい女性の特徴

いくら見た目が魅力的でタイプだとしても、付き合わないほうがいい女性がいます。

ここでは、絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴を見ていくことにしましょう。

  • おごられて当然という態度をする
  • 食事のマナーが最悪
  • 感情の起伏が激しすぎる
  • バッグの中がぐちゃぐちゃ
  • ドタキャンする
  • まとめ

1. おごられて当然という態度をする

おごられて当然という態度をする

女性といっしょに食事をしたとしましょう。

男女が二人で食事をすれば、多くの場合、男性がおごることになります。

その際、全く自分では支払いをしようとはせず、男性におごられて当然という顔や態度を見せる女性とは、付き合ってはいけません。

交際していて、いつも男性がおごる関係であるならともかく、初めて男性を二人で食事して、おごられて当然という顔をしている女性は、「男は女に貢ぐもの」という考え方をする傾向が強いのです。

こういう女性と付き合うと、誕生日やクリスマスなどに高価なプレゼントをおねだりされることになるでしょう。

また、デートで行く店なども、グレードが高くないと満足しない傾向があります。

「こんな安っぽい店じゃいや」というようなことを言われるかもしれません。

ですから、おごられて当然という態度を取る女性とは付き合わないほうがいいのです。

2. 食事のマナーが最悪

食事のマナーが最悪

マナーがなっていない女性と付き合うと、デートをした時に恥ずかしい思いをすることになるので、絶対に付き合わないほうがいいでしょう。

特に食事のマナーが身についていない女性は避けるべきです。

食事をするときに足を組んだり、スープやパスタをずるずる音を立ててすすったり、ナイフやホークをかちゃかちゃ言わせたりする女性はNG。

バイキングで料理を取りすぎて残してしまうような女性も避けたほうが賢明ですが、中でも最悪なのはくちゃくちゃ咀嚼音を立てながら食べる女性。

いわゆる「クチャラー」ですが、こういう女性と食事をすると、自分が不快になるだけでなく、恥ずかしい思いをしなければなりません。

友達に彼女を紹介して、いっしょに食事をするような機会があれば、友達に対して恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

こういうタイプの女性はほかのマナーもなっていないもの。

付き合うべきではありません。

3. 感情の起伏が激しすぎる

感情の起伏が激しすぎる

感情表現が豊かというのはけっこうなことですが、あまりに感情の起伏が激しい女性とは、絶対付き合わないほうがいいでしょう。

こういう女性は感情のコントロールができないため、自分の気持ちをストレートに表に出してしまいます。

また、情緒不安定になる傾向があるため、こういう女性と交際すると、常に彼女の機嫌を伺うようになり、また、彼女の感情に振り回されることにもなりかねません。

デート中に機嫌を損ねた彼女が、人前で突然怒り出したり、時には泣き出したりすることもあるのです。

こんな女性と付き合ったら、早い段階で精神的にくたびれ果ててしまうに違いありません。

4. バッグの中がぐちゃぐちゃ

バッグの中がぐちゃぐちゃ

「片付けられない」というのも、絶対に付き合わないほうがいい女の特徴の一つと言っていいでしょう。

その女性が職場の同僚なら、デスクの様子を見て判断できますが、そうでなければ、片付けられない女かどうか判断するのは難しいかもしれません。

「部屋へ行ったら、汚部屋だった」というケースもあるでしょうが、付き合ってもいない段階で、彼女の部屋を見ることはそうはないはずです。

そこでおすすめしたいのが、その女性がバッグを開けた時に、さりげなくその中身をチェックするという方法。

バッグの中が全く整理されておらず、ぐちゃぐちゃな状態になっているなら、片付けられない女と判断していいでしょう。

こういう女性はすべてにだらしないため、男性関係もだらしなくなってしまいます。

5. ドタキャンする

ドタキャンする

やむをえない理由がある場合は別ですが、そうではないのに約束をドタキャンするというのも、絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴です。

こういう女性はようするに自己中心的。

相手のことを考えずに行動しますから、付き合うようになっても、たびたびデートをドタキャンされたり、自分の気分次第で、急に「会いたい」と言ってくることが少なくありません。

こちらが仕事で忙しい時でもおかまいなしでそういうことを言ってくるのです。

まとめ

絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴を5種類紹介しました。

見た目が気に入って交際して、後悔するようなことがないよう、男性の方は参考になさってください。

いくら見た目が魅力的でタイプだとしても、付き合わないほうがいい女性がいます。

ここでは、絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴を見ていくことにしましょう。


おごられて当然という態度をする

女性といっしょに食事をしたとしましょう。

男女が二人で食事をすれば、多くの場合、男性がおごることになります。

その際、全く自分では支払いをしようとはせず、男性におごられて当然という顔や態度を見せる女性とは、付き合ってはいけません。

交際していて、いつも男性がおごる関係であるならともかく、初めて男性を二人で食事して、おごられて当然という顔をしている女性は、「男は女に貢ぐもの」という考え方をする傾向が強いのです。

こういう女性と付き合うと、誕生日やクリスマスなどに高価なプレゼントをおねだりされることになるでしょう。

また、デートで行く店なども、グレードが高くないと満足しない傾向があります。

「こんな安っぽい店じゃいや」というようなことを言われるかもしれません。

ですから、おごられて当然という態度を取る女性とは付き合わないほうがいいのです。

食事のマナーが最悪

マナーがなっていない女性と付き合うと、デートをした時に恥ずかしい思いをすることになるので、絶対に付き合わないほうがいいでしょう。

特に食事のマナーが身についていない女性は避けるべきです。

食事をするときに足を組んだり、スープやパスタをずるずる音を立ててすすったり、ナイフやホークをかちゃかちゃ言わせたりする女性はNG。

バイキングで料理を取りすぎて残してしまうような女性も避けたほうが賢明ですが、中でも最悪なのはくちゃくちゃ咀嚼音を立てながら食べる女性。

いわゆる「クチャラー」ですが、こういう女性と食事をすると、自分が不快になるだけでなく、恥ずかしい思いをしなければなりません。

友達に彼女を紹介して、いっしょに食事をするような機会があれば、友達に対して恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

こういうタイプの女性はほかのマナーもなっていないもの。

付き合うべきではありません。

感情の起伏が激しすぎる

感情表現が豊かというのはけっこうなことですが、あまりに感情の起伏が激しい女性とは、絶対付き合わないほうがいいでしょう。

こういう女性は感情のコントロールができないため、自分の気持ちをストレートに表に出してしまいます。

また、情緒不安定になる傾向があるため、こういう女性と交際すると、常に彼女の機嫌を伺うようになり、また、彼女の感情に振り回されることにもなりかねません。

デート中に機嫌を損ねた彼女が、人前で突然怒り出したり、時には泣き出したりすることもあるのです。

こんな女性と付き合ったら、早い段階で精神的にくたびれ果ててしまうに違いありません。

バッグの中がぐちゃぐちゃ

「片付けられない」というのも、絶対に付き合わないほうがいい女の特徴の一つと言っていいでしょう。

その女性が職場の同僚なら、デスクの様子を見て判断できますが、そうでなければ、片付けられない女かどうか判断するのは難しいかもしれません。

「部屋へ行ったら、汚部屋だった」というケースもあるでしょうが、付き合ってもいない段階で、彼女の部屋を見ることはそうはないはずです。

そこでおすすめしたいのが、その女性がバッグを開けた時に、さりげなくその中身をチェックするという方法。

バッグの中が全く整理されておらず、ぐちゃぐちゃな状態になっているなら、片付けられない女と判断していいでしょう。

こういう女性はすべてにだらしないため、男性関係もだらしなくなってしまいます。

ドタキャンする

やむをえない理由がある場合は別ですが、そうではないのに約束をドタキャンするというのも、絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴です。

こういう女性はようするに自己中心的。

相手のことを考えずに行動しますから、付き合うようになっても、たびたびデートをドタキャンされたり、自分の気分次第で、急に「会いたい」と言ってくることが少なくありません。

こちらが仕事で忙しい時でもおかまいなしでそういうことを言ってくるのです。

絶対に付き合わないほうがいい女性の特徴を5種類紹介しました。

見た目が気に入って交際して、後悔するようなことがないよう、男性の方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-