【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180220150028.html
宇都宮市の女性の特徴

宇都宮市の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
宇都宮市の女性の特徴

栃木県の県庁所在地でもある宇都宮市。

のんびりした雰囲気もある一方で、なかなかに都市的なスポットでもあります。

そんな宇都宮市の女性に多い特徴や恋愛傾向とは、どういったものでしょうか。

  • 都会育ちっぽい人も多い
  • 雷に強い
  • 餃子が好きとは限らない
  • 言葉は比較的ソフトである
  • ルーツが多様である
  • 「栃木市」と間違われることを嫌う
  • 東京に通勤・通学している場合も多い
  • 地味でも内面の強さがある人が多い
  • まとめ

1. 都会育ちっぽい人も多い

都会育ちっぽい人も多い

栃木県と言えば田園地帯も多く、山間部も多く存在します。

宇都宮市にも田園地帯はありますが、その中心部は東京・横浜・さいたま市などと同等と思えるほど都会的でもあります。

そういった、宇都宮市の中心部で生まれ育った女性の場合では、田んぼや野山などに特に慣れ親しんでいない傾向も強く、「首都圏の女性」というイメージで接したほうが良いこともあります。

「栃木はのどかでいいね」などと安易に先入観を持って話しかけると、内心では「宇都宮はそんな田舎じゃないよ」と腹を立ててしまう女性もいます。

2. 雷に強い

雷に強い

非常に雷が多いのも、宇都宮の特徴です。

宇都宮市の女性では、かなり激しい落雷があっても全く動じないことが珍しくありません。

また、単に度胸があるといったことではなく、雷の際、本当に危険な行動を避ける知恵も持っています。

さほど気にかけなくても良い特徴ですが、「雷恐怖症」に近い男性と接すると、「情けない」と思われてしまうこともありますし、反対に「カワイイ」と思われることもあるでしょう。

3. 餃子が好きとは限らない

餃子が好きとは限らない

「宇都宮といえば餃子」のイメージも強いものですが、それについて「平成に入った頃から、意図的に作られた名物」とし、若干の違和感を持つ宇都宮市女性は少なくありません。

若い世代の場合、自身は「宇都宮名物は餃子」と思っていても、親はそう思っていないなど、複雑な事情もありえます。

こちらについても、「やはり餃子作りも上手いの?」とか「週に何回ぐらい餃子を食べるの?」だとか先入観を持って話してしまうと「え?そんなことないけど…」と思われてしまうことがあります。

4. 言葉は比較的ソフトである

言葉は比較的ソフトである

宇都宮の言葉は、東京弁に軽い東北弁を混ぜたようなイメージがあります。

両隣の茨城や群馬と比べると、ソフトで親しみやすいイメージです。

「きつい」と感じることもまず無いでしょう。

ただし、なまじ東京弁に近いだけに、東京弁を規準としてアクセントや訛りを指摘すると、機嫌を損ねてしまう女性もいます。

たとえば関西弁や本格的な東北弁では、東京弁と比較されることはありませんが、宇都宮市の女性は「東京の言葉に近いが訛っている」というように気にしていたり、人に言われて不愉快感を感じた経験を持つことが多いものです。

かなり親しい場合を除き、あまり言葉のことには触れないのも良いでしょう。

5. ルーツが多様である

ルーツが多様である

宇都宮周辺の田園地帯などでは、先祖代々農家であるなども珍しくありません。

しかし、宇都宮市やその周辺には大企業による「工業地域」も多く、その関係で両親や祖父母が宇都宮に引っ越してきたという女性もいます。

このため北海道、東北、関西、名古屋、四国、九州、東京など多様なルーツを持っていることが多いのも、宇都宮市女性の特徴です。

両親や祖父母のルーツもバラバラといったケースもあり、そうした女性の場合は複数の地域の特性を併せ持ち、人それぞれに多様な特徴をそなえています。

6. 「栃木市」と間違われることを嫌う

「栃木市」と間違われることを嫌う

宇都宮市の女性は、特に「栃木市」にライバル意識を持っているわけではありません。

しかし、「栃木の県庁所在地は、名前通り栃木市では?」と勘違いする他県の人も多いことは否めません。

これについては内心イラっとしてしまうのも彼女たちであり、たとえば交際をするなどであれば、「栃木の県庁所在地は宇都宮」と頭に入れておきましょう。

7. 東京に通勤・通学している場合も多い

東京に通勤・通学している場合も多い

宇都宮駅の近くに住んでいる場合では、在来線で2時間以内、新幹線では50分で東京に行くことができ、都内に引っ越したりせずに都内に通勤・通学している女性も多いものです。

この状況にある場合、「やはり不便で疲れるので、東京や埼玉に住みたい」と感じている女性もいれば、「少し面倒でも落ち着ける宇都宮に住みたい」と考える女性もいます。

8. 地味でも内面の強さがある人が多い

地味でも内面の強さがある人が多い

宇都宮は、一都六県の中では、やはり「東北」の色が最も強い地域でもあります。

両親や祖父母などが東北系のルーツであることも、やはり多く見られます。

このため、冬の厳しい寒さに耐えて春を待つなどの体験から、東北の女性特有の「内面の強さ」が見える人も多いものです。

話し方などにそれほど「きつさ」を感じずソフトな印象がある彼女たちですが、内面はかなり強いことが多く、結婚などをすれば夫を「尻に敷く」タイプが多い傾向となります。

しっかり者が多いのです。

まとめ

それほど大きな特徴がないのも、宇都宮市の女性です。

しかし、「意外と都会的である」という部分と、「冬は寒く、少し足を伸ばせば田園地帯である」という部分などは押さえたいところ。

工業地域の存在も見逃せません。

宇都宮の女性の場合、東北的色彩が強いケース、東京へのあこがれが強いケース、宇都宮そのものが好きなケース、そもそものルーツが栃木県でないケースなどいくつかのパターンがありますので、そうしたあたりも踏まえて接したいものです。

地味でもしっかりしたタイプが多く、真面目な交際や結婚相手として考えた場合でも、良いのではないでしょうか。

栃木県の県庁所在地でもある宇都宮市。

のんびりした雰囲気もある一方で、なかなかに都市的なスポットでもあります。

そんな宇都宮市の女性に多い特徴や恋愛傾向とは、どういったものでしょうか。


都会育ちっぽい人も多い

栃木県と言えば田園地帯も多く、山間部も多く存在します。

宇都宮市にも田園地帯はありますが、その中心部は東京・横浜・さいたま市などと同等と思えるほど都会的でもあります。

そういった、宇都宮市の中心部で生まれ育った女性の場合では、田んぼや野山などに特に慣れ親しんでいない傾向も強く、「首都圏の女性」というイメージで接したほうが良いこともあります。

「栃木はのどかでいいね」などと安易に先入観を持って話しかけると、内心では「宇都宮はそんな田舎じゃないよ」と腹を立ててしまう女性もいます。

雷に強い

非常に雷が多いのも、宇都宮の特徴です。

宇都宮市の女性では、かなり激しい落雷があっても全く動じないことが珍しくありません。

また、単に度胸があるといったことではなく、雷の際、本当に危険な行動を避ける知恵も持っています。

さほど気にかけなくても良い特徴ですが、「雷恐怖症」に近い男性と接すると、「情けない」と思われてしまうこともありますし、反対に「カワイイ」と思われることもあるでしょう。

餃子が好きとは限らない

「宇都宮といえば餃子」のイメージも強いものですが、それについて「平成に入った頃から、意図的に作られた名物」とし、若干の違和感を持つ宇都宮市女性は少なくありません。

若い世代の場合、自身は「宇都宮名物は餃子」と思っていても、親はそう思っていないなど、複雑な事情もありえます。

こちらについても、「やはり餃子作りも上手いの?」とか「週に何回ぐらい餃子を食べるの?」だとか先入観を持って話してしまうと「え?そんなことないけど…」と思われてしまうことがあります。

言葉は比較的ソフトである

宇都宮の言葉は、東京弁に軽い東北弁を混ぜたようなイメージがあります。

両隣の茨城や群馬と比べると、ソフトで親しみやすいイメージです。

「きつい」と感じることもまず無いでしょう。

ただし、なまじ東京弁に近いだけに、東京弁を規準としてアクセントや訛りを指摘すると、機嫌を損ねてしまう女性もいます。

たとえば関西弁や本格的な東北弁では、東京弁と比較されることはありませんが、宇都宮市の女性は「東京の言葉に近いが訛っている」というように気にしていたり、人に言われて不愉快感を感じた経験を持つことが多いものです。

かなり親しい場合を除き、あまり言葉のことには触れないのも良いでしょう。

ルーツが多様である

宇都宮周辺の田園地帯などでは、先祖代々農家であるなども珍しくありません。

しかし、宇都宮市やその周辺には大企業による「工業地域」も多く、その関係で両親や祖父母が宇都宮に引っ越してきたという女性もいます。

このため北海道、東北、関西、名古屋、四国、九州、東京など多様なルーツを持っていることが多いのも、宇都宮市女性の特徴です。

両親や祖父母のルーツもバラバラといったケースもあり、そうした女性の場合は複数の地域の特性を併せ持ち、人それぞれに多様な特徴をそなえています。

「栃木市」と間違われることを嫌う

宇都宮市の女性は、特に「栃木市」にライバル意識を持っているわけではありません。

しかし、「栃木の県庁所在地は、名前通り栃木市では?」と勘違いする他県の人も多いことは否めません。

これについては内心イラっとしてしまうのも彼女たちであり、たとえば交際をするなどであれば、「栃木の県庁所在地は宇都宮」と頭に入れておきましょう。

東京に通勤・通学している場合も多い

宇都宮駅の近くに住んでいる場合では、在来線で2時間以内、新幹線では50分で東京に行くことができ、都内に引っ越したりせずに都内に通勤・通学している女性も多いものです。

この状況にある場合、「やはり不便で疲れるので、東京や埼玉に住みたい」と感じている女性もいれば、「少し面倒でも落ち着ける宇都宮に住みたい」と考える女性もいます。

地味でも内面の強さがある人が多い

宇都宮は、一都六県の中では、やはり「東北」の色が最も強い地域でもあります。

両親や祖父母などが東北系のルーツであることも、やはり多く見られます。

このため、冬の厳しい寒さに耐えて春を待つなどの体験から、東北の女性特有の「内面の強さ」が見える人も多いものです。

話し方などにそれほど「きつさ」を感じずソフトな印象がある彼女たちですが、内面はかなり強いことが多く、結婚などをすれば夫を「尻に敷く」タイプが多い傾向となります。

しっかり者が多いのです。

それほど大きな特徴がないのも、宇都宮市の女性です。

しかし、「意外と都会的である」という部分と、「冬は寒く、少し足を伸ばせば田園地帯である」という部分などは押さえたいところ。

工業地域の存在も見逃せません。

宇都宮の女性の場合、東北的色彩が強いケース、東京へのあこがれが強いケース、宇都宮そのものが好きなケース、そもそものルーツが栃木県でないケースなどいくつかのパターンがありますので、そうしたあたりも踏まえて接したいものです。

地味でもしっかりしたタイプが多く、真面目な交際や結婚相手として考えた場合でも、良いのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-