【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180217145011.html
オランダ人女性の特徴

オランダ人女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
オランダ人女性の特徴

それぞれの国にはそれぞれの国民性があります。

ここでは風車とチューリップの国オランダに注目し、オランダ人の女性にはどんな特徴や恋愛傾向があるのか見ていくことにしましょう。

  • 合理的な倹約家
  • オープンで感情を偽らない
  • 束縛されるのもするのも嫌い
  • 男性とはフィフティフィフティの交際を望む
  • 言葉のコミュニケーションを大事にする
  • まとめ

1. 合理的な倹約家

合理的な倹約家

オランダ人というと「ケチ」というイメージを持つ人が少なくありません。

たしかに、オランダ人は気前のよい浪費家ではありませんし、割り勘が当たり前という国民性はもっていますが、単純に「ケチ」と考えるのは正確な評価とは言えないでしょう。

たとえば、積極的に募金をするのもオランダ人の特徴です。

つまり、「必要なもの、社会的に好ましいことにはお金を使うが、不必要なもの、贅沢と感じられることにはお金を使わない」というのが、オランダ人の合理的な金銭感覚なのです。

ですから、オランダ人女性は高価なブランド品で身を固めるようなことは好みません。

ヨーロッパの女性の中ではかなり質素で、ブランド品に対する関心が薄いのが、スペイン人の女性の特徴と言っていいでしょう。

ですから、男性と交際している時でも、デートやプレゼントに大金を使うことは好みません。

質素でカジュアルなデートで満足するのです。

2. オープンで感情を偽らない

オープンで感情を偽らない

オランダ人の女性は大変にオープンな性格の持ち主です。

正直でストレートですので、ありのままの自分を人に見せることができます。

それは初対面の相手でも同じ。

初めて会う人にも、等身大の自分で接することができますので、相手はにとっては親しみやすいということができるでしょう。

また、感情表現もストレート。

表情と心の中が違うというようなことはありません。

恋愛感情においても同様ですから、好きな男性の前ではうれしそうにふるまい、嫌いな男性に対してはそっけない態度を見せます。

思わせぶりな態度をとるということもありません。

オープンで正直、感情を偽らないというのが、オランダ人女性の特徴と言うことになるでしょう。

3. 束縛されるのもするのも嫌い

束縛されるのもするのも嫌い

恋愛に関しては、彼氏に束縛されるのも、逆に彼氏を束縛することも嫌うのが、オランダ人女性の特徴です。

そのもとになっているのが、オランダ人の個人主義にあると考えていいでしょう。

オランダ人は「個人」をなによりも大切にします。

自分の「個」を尊重されたいと思うと同時に、相手の「個」も尊重しようとするのです。

ですから、彼氏に束縛され、「個」が尊重されていないと感じると、彼氏への愛情は冷めてしまいます。

また、彼氏の「個」を尊重するため、彼氏を束縛するということもありません。

お互いに相手のことをじゅうぶんに尊重した交際を好むというのが、オランダ人女性の恋愛傾向と言っていいでしょう。

4. 男性とはフィフティフィフティの交際を望む

男性とはフィフティフィフティの交際を望む

男女平等の精神が強いのも、オランダ人の特徴です。

そのため、オランダ人女性は男性と対等に扱われないと気がすみません。

男性より女性が下に見られたり、男性に女性が従属するような関係になることを嫌うのです。

ですから、恋愛においても、彼氏と対等の交際をしようとします。

彼氏にリードされるまま、それに従うということはありませんし、物心両面で彼氏とフィフティフィフティの交際をしようとするのです。

5. 言葉のコミュニケーションを大事にする

言葉のコミュニケーションを大事にする

オランダ人の女性は話をすることが大好き。

女友達と長時間おしゃべりすることは日常茶飯事ですし、何事においても言葉によるコミュニケーションを大事にするのです。

恋愛においても同様です。

彼氏との言葉のコミュニケーションを大事にしますから、恋愛感情も言葉で表現します。

彼氏からも、はっきり言葉で愛情表現してもらうことを好むのが、オランダ人女性の特徴と言うことになるでしょう。

まとめ

オランダ人女性の特徴や恋愛傾向を5種類紹介しました。

身近にオランダ人女性がいるという方、オランダ人女性との交際を考えているという方は参考になさってください。

それぞれの国にはそれぞれの国民性があります。

ここでは風車とチューリップの国オランダに注目し、オランダ人の女性にはどんな特徴や恋愛傾向があるのか見ていくことにしましょう。


合理的な倹約家

オランダ人というと「ケチ」というイメージを持つ人が少なくありません。

たしかに、オランダ人は気前のよい浪費家ではありませんし、割り勘が当たり前という国民性はもっていますが、単純に「ケチ」と考えるのは正確な評価とは言えないでしょう。

たとえば、積極的に募金をするのもオランダ人の特徴です。

つまり、「必要なもの、社会的に好ましいことにはお金を使うが、不必要なもの、贅沢と感じられることにはお金を使わない」というのが、オランダ人の合理的な金銭感覚なのです。

ですから、オランダ人女性は高価なブランド品で身を固めるようなことは好みません。

ヨーロッパの女性の中ではかなり質素で、ブランド品に対する関心が薄いのが、スペイン人の女性の特徴と言っていいでしょう。

ですから、男性と交際している時でも、デートやプレゼントに大金を使うことは好みません。

質素でカジュアルなデートで満足するのです。

オープンで感情を偽らない

オランダ人の女性は大変にオープンな性格の持ち主です。

正直でストレートですので、ありのままの自分を人に見せることができます。

それは初対面の相手でも同じ。

初めて会う人にも、等身大の自分で接することができますので、相手はにとっては親しみやすいということができるでしょう。

また、感情表現もストレート。

表情と心の中が違うというようなことはありません。

恋愛感情においても同様ですから、好きな男性の前ではうれしそうにふるまい、嫌いな男性に対してはそっけない態度を見せます。

思わせぶりな態度をとるということもありません。

オープンで正直、感情を偽らないというのが、オランダ人女性の特徴と言うことになるでしょう。

束縛されるのもするのも嫌い

恋愛に関しては、彼氏に束縛されるのも、逆に彼氏を束縛することも嫌うのが、オランダ人女性の特徴です。

そのもとになっているのが、オランダ人の個人主義にあると考えていいでしょう。

オランダ人は「個人」をなによりも大切にします。

自分の「個」を尊重されたいと思うと同時に、相手の「個」も尊重しようとするのです。

ですから、彼氏に束縛され、「個」が尊重されていないと感じると、彼氏への愛情は冷めてしまいます。

また、彼氏の「個」を尊重するため、彼氏を束縛するということもありません。

お互いに相手のことをじゅうぶんに尊重した交際を好むというのが、オランダ人女性の恋愛傾向と言っていいでしょう。

男性とはフィフティフィフティの交際を望む

男女平等の精神が強いのも、オランダ人の特徴です。

そのため、オランダ人女性は男性と対等に扱われないと気がすみません。

男性より女性が下に見られたり、男性に女性が従属するような関係になることを嫌うのです。

ですから、恋愛においても、彼氏と対等の交際をしようとします。

彼氏にリードされるまま、それに従うということはありませんし、物心両面で彼氏とフィフティフィフティの交際をしようとするのです。

言葉のコミュニケーションを大事にする

オランダ人の女性は話をすることが大好き。

女友達と長時間おしゃべりすることは日常茶飯事ですし、何事においても言葉によるコミュニケーションを大事にするのです。

恋愛においても同様です。

彼氏との言葉のコミュニケーションを大事にしますから、恋愛感情も言葉で表現します。

彼氏からも、はっきり言葉で愛情表現してもらうことを好むのが、オランダ人女性の特徴と言うことになるでしょう。

オランダ人女性の特徴や恋愛傾向を5種類紹介しました。

身近にオランダ人女性がいるという方、オランダ人女性との交際を考えているという方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-