【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180215155258.html
ぶりっこぶってるブスの特徴

ぶりっこぶってるブスの特徴 | LADYCO

LADYCO
ぶりっこぶってるブスの特徴

「ぶりっこぶってるブス」と記せば、なんだか最悪な印象もありますね。

どのような人がブスなのかは個人の価値観にもよりますが、時代・地域によってどういう顔が好まれるかは、統計を取れば出てしまうものでもあります。

また、ぶりっこは一般的には、少なくとも恋人などとしては敬遠されがちですね。

  • ぶりっこするしか、モテる方法がないと思っている
  • 「ブスが好き」な男性にモテない
  • 「いじらしい」と高評価になることも
  • ぶりっことしての完成度が今ひとつ
  • 同性から本格的に嫌われてしまうことがある
  • 接客業や営業職で成功する場合がある
  • まとめ

1. ぶりっこするしか、モテる方法がないと思っている

ぶりっこするしか、モテる方法がないと思っている

やはり男性は、女性の外見にまず惹かれるところがあるのは否めません。

その部分で勝負できない「ブス」では、話し方や態度、優しさ、考え方などで男性を惹きつけるしかありません。

ぶりっこ以外にも、優しさや真面目さを磨き、それをアピールするなど方法はあるはずですが、「ぶりっこをするしか、男性を振り向かせる方法がない」と思ってしまっているのも、「ぶりっこぶってるブス」の特徴です。

2. 「ブスが好き」な男性にモテない

「ブスが好き」な男性にモテない

「ブスが好き」とする男性も一定数います。

彼らの考え方としては、「外見に自信のない女性は、性格が地味だったり、控えめだったりして良い」といったものも多く見られます。

こういう男性の場合では、当然「ぶりっこぶってるブス」は恋愛対象外となります。

「ブス好きの男性」にも見放されることがあるのが、彼女たちなのです。

3. 「いじらしい」と高評価になることも

「いじらしい」と高評価になることも

人柄が暖かいなど、他の要素がある程度良いことも条件ですが「外見的にコンプレックスもありそうなのに、頑張っていていじらしい」という見方をされることもあるのが彼女たちです。

たとえば、決して顔が良くなくても好感度の高い女性芸能人などもいますが、そういった方と似た評価ですね。

4. ぶりっことしての完成度が今ひとつ

ぶりっことしての完成度が今ひとつ

ルックスがある程度良いぶりっこでは、「ブリブリすぎて、恋人としては無理だなあ」などと思いつつも、「それはともかく、案外カワイイと思う」とする男性も多いものです。

実際、ぶりっこキャラの美形タレントなども一定の人気を持っていますね。

さて、そういったルックスの良いぶりっこでは、会話などでも男性の反応は良くなります。

ぶりっこだとしても、カワイらしい仕草や、魅力的な表情を見せれば、男性も鏡のように良い表情になるものです。

すると無意識にも、女性はその仕草や表情をするクセがつきます。

この繰り返しにより、仕草や口調、表情などがぶりっこなりに洗練されてくるのです。

「ぶりっこぶってるブス」では男性はこのような反応をしにくいため、「ぶりっこなりに洗練された話し方や仕草」が身につかず、チグハグな感じになってしまうのも彼女たちなのです。

5. 同性から本格的に嫌われてしまうことがある

同性から本格的に嫌われてしまうことがある

ルックスが平均的~美形なぶりっこでは、「媚びている」などと同性から嫌われることもあるものの、どちらかと言えば「いじられキャラ」「おもしろキャラ」のように扱われることも多くなります。

好かれないとしても、本格的に嫌われているのとは異なるのです。

ところが「ぶりっこぶってるブス」となると話は違います。

「あのルックスなのに、何なのあの態度!」などと陰口を叩かれ、本当に嫌われてしまうこともあるのです。

厳しいですが、起きうる状況ですね。

6. 接客業や営業職で成功する場合がある

接客業や営業職で成功する場合がある

接客においては、一般に愛想の良さや笑顔が大事ですね。

営業なども同様です。

また、お客が劣等感・引け目を感じるほどの美人よりは、やや「ブスめ」なルックスのほうが好感を持たれる場合もあります。

愛想が良いことや笑顔は、「ぶりっこ」ともやや通じる要素であり、地味で大人しい女性よりはぶりっこ系のほうが向く面が大きいのです。

また、友人になるとか交際するとかいうこととは全く別の関係性ですので、「友だちにはなれないな」と思われたところで問題ではありません。

こういった職業をパート等でも良いので経験すると、お客などから良い反応をされることで性格的にも洗練され、「ブスだけど魅力があるぶりっこ」になっていくことも十分に考えられます。

まとめ

「ぶりっこぶってるブス」では、やはり厳しい経験をすることも多くなります。

ぶりっこが完全にクセになっていると、自分では控えめな感じにしたくても無理なこともありますね。

けれど、恋愛でうまくいったり、同性から嫌われない存在になることももちろん可能です。

自分自身が「ぶりっこぶってるブス」に該当すると感じる場合でも、今回挙げたようなポイントを意識し、どのような点を気にかけたら良いか考えてみると、様々な意味で好結果が期待できます。

「ぶりっこぶってるブス」と記せば、なんだか最悪な印象もありますね。

どのような人がブスなのかは個人の価値観にもよりますが、時代・地域によってどういう顔が好まれるかは、統計を取れば出てしまうものでもあります。

また、ぶりっこは一般的には、少なくとも恋人などとしては敬遠されがちですね。


ぶりっこするしか、モテる方法がないと思っている

やはり男性は、女性の外見にまず惹かれるところがあるのは否めません。

その部分で勝負できない「ブス」では、話し方や態度、優しさ、考え方などで男性を惹きつけるしかありません。

ぶりっこ以外にも、優しさや真面目さを磨き、それをアピールするなど方法はあるはずですが、「ぶりっこをするしか、男性を振り向かせる方法がない」と思ってしまっているのも、「ぶりっこぶってるブス」の特徴です。

「ブスが好き」な男性にモテない

「ブスが好き」とする男性も一定数います。

彼らの考え方としては、「外見に自信のない女性は、性格が地味だったり、控えめだったりして良い」といったものも多く見られます。

こういう男性の場合では、当然「ぶりっこぶってるブス」は恋愛対象外となります。

「ブス好きの男性」にも見放されることがあるのが、彼女たちなのです。

「いじらしい」と高評価になることも

人柄が暖かいなど、他の要素がある程度良いことも条件ですが「外見的にコンプレックスもありそうなのに、頑張っていていじらしい」という見方をされることもあるのが彼女たちです。

たとえば、決して顔が良くなくても好感度の高い女性芸能人などもいますが、そういった方と似た評価ですね。

ぶりっことしての完成度が今ひとつ

ルックスがある程度良いぶりっこでは、「ブリブリすぎて、恋人としては無理だなあ」などと思いつつも、「それはともかく、案外カワイイと思う」とする男性も多いものです。

実際、ぶりっこキャラの美形タレントなども一定の人気を持っていますね。

さて、そういったルックスの良いぶりっこでは、会話などでも男性の反応は良くなります。

ぶりっこだとしても、カワイらしい仕草や、魅力的な表情を見せれば、男性も鏡のように良い表情になるものです。

すると無意識にも、女性はその仕草や表情をするクセがつきます。

この繰り返しにより、仕草や口調、表情などがぶりっこなりに洗練されてくるのです。

「ぶりっこぶってるブス」では男性はこのような反応をしにくいため、「ぶりっこなりに洗練された話し方や仕草」が身につかず、チグハグな感じになってしまうのも彼女たちなのです。

同性から本格的に嫌われてしまうことがある

ルックスが平均的~美形なぶりっこでは、「媚びている」などと同性から嫌われることもあるものの、どちらかと言えば「いじられキャラ」「おもしろキャラ」のように扱われることも多くなります。

好かれないとしても、本格的に嫌われているのとは異なるのです。

ところが「ぶりっこぶってるブス」となると話は違います。

「あのルックスなのに、何なのあの態度!」などと陰口を叩かれ、本当に嫌われてしまうこともあるのです。

厳しいですが、起きうる状況ですね。

接客業や営業職で成功する場合がある

接客においては、一般に愛想の良さや笑顔が大事ですね。

営業なども同様です。

また、お客が劣等感・引け目を感じるほどの美人よりは、やや「ブスめ」なルックスのほうが好感を持たれる場合もあります。

愛想が良いことや笑顔は、「ぶりっこ」ともやや通じる要素であり、地味で大人しい女性よりはぶりっこ系のほうが向く面が大きいのです。

また、友人になるとか交際するとかいうこととは全く別の関係性ですので、「友だちにはなれないな」と思われたところで問題ではありません。

こういった職業をパート等でも良いので経験すると、お客などから良い反応をされることで性格的にも洗練され、「ブスだけど魅力があるぶりっこ」になっていくことも十分に考えられます。

「ぶりっこぶってるブス」では、やはり厳しい経験をすることも多くなります。

ぶりっこが完全にクセになっていると、自分では控えめな感じにしたくても無理なこともありますね。

けれど、恋愛でうまくいったり、同性から嫌われない存在になることももちろん可能です。

自分自身が「ぶりっこぶってるブス」に該当すると感じる場合でも、今回挙げたようなポイントを意識し、どのような点を気にかけたら良いか考えてみると、様々な意味で好結果が期待できます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-