【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180215155109.html
わかりやすいものが多いけれど、意外なものも?ぶりっこ女性の特徴

わかりやすいものが多いけれど、意外なものも?ぶりっこ女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
わかりやすいものが多いけれど、意外なものも?ぶりっこ女性の特徴

ぶりっこな女性といえば、とにかくぶりぶりとした言動で目立ちますが、特徴はそれだけではありません。

なかには、少々意外なものなどもあり、先入観だけで考えず、接触してみることでわかることも多いものです。

  • 自分のことを、自分の名前で呼ぶ
  • うつむき加減で、上目遣いをする
  • 自分らしい口調で話さない
  • 男性に対して、意外と構えない
  • 女性アイドルのファンであることも多い
  • 「イケボ」な男性に敏感である
  • アニメキャラの男性が理想であるケースも
  • 笑顔が多い
  • 「ドジっ子」を演じることがある
  • 個性的だが、服装や髪型、メイクに気を配っている
  • どうしても、同性から嫌われやすい
  • まとめ

1. 自分のことを、自分の名前で呼ぶ

自分のことを、自分の名前で呼ぶ

「エリナは~」とか「マユは~」だとか、一人称が自分の名前であることも、ぶりっこ女性に多い特徴です。

「タカハシはこう思うんだけど」だとか、名字を使うことも多く見られます。

友人や恋人に対してならそれでも問題はありませんが、職場や学校でも乱発するようだと、嫌われてしまうことも。

2. うつむき加減で、上目遣いをする

うつむき加減で、上目遣いをする

やや下を向き、うつむいたような表情で上目遣いをするのも、ぶりっこ女性に多く見られます。

特に身長が低い場合、自然に上目遣いになりやすいことともあいまって、この傾向が強くなります。

「カワイイ」と感じる人もいる一方で、「作っている」「うざったい」「媚びている」などと感じてしまう人もいます。

3. 自分らしい口調で話さない

自分らしい口調で話さない

ぶりっこであることそのものが、その女性らしさともいえます。

しかし、何か作り込んだような、アニメのような喋り方しかしない女性もいます。

こうしたぶりっこ女性と接していると、「自分らしく話せよ」と感じる男性も少なくありません。

4. 男性に対して、意外と構えない

男性に対して、意外と構えない

ぶりっこ女性は、ある意味ではとても女性らしいキャラともいえますが、男性に対してそれほど警戒心を抱かないところがあります。

これは必ずしも「男性が好き」なのではなく、あまり性別を考えず、好感を持つ人とは友人になりたいという気持ちから生じていることも多い現象です。

5. 女性アイドルのファンであることも多い

女性アイドルのファンであることも多い

女性アイドルのファンであったり、女性アイドル全般に非常に詳しいことが多いのも、特徴です。

またその対象となるアイドルも、ぶりっこ系統であることが多いものです。

一般に「アイドルオタク」を公言する男性はあまりモテない傾向といっても仕方ないと思われますが、こういったタイプのぶりっこ女性が相手の場合、それは当てはまりません。

アイドル話をきっかけとして友人になったり、交際に発展することもあります。

6. 「イケボ」な男性に敏感である

「イケボ」な男性に敏感である

女性は、一般に良い声を持つ男性、いわゆる「イケボ男性」に惹かれる面があります。

ぶりっこ女性でもそこは同様です。

しかし、低く甘い声など一般に魅力的とされるものだけでなく、アニメキャラに見られるような声を好むぶりっこ女性もいるのが特徴です。

また、必ずしも「異性として魅力を感じ、付き合えるものなら付き合いたい」といったことではなしに、声そのものを楽しむ傾向もあります。

美声を持つ友人男性に、アニメなどの決め台詞を言わせようとして、男性が困惑してしまうことなども…。

7. アニメキャラの男性が理想であるケースも

アニメキャラの男性が理想であるケースも

「○○クンとは友達だけど、私の理想の男子って□□って漫画の△△クンなんだよねー」などと発言するのも、ぶりっこ女性に時折見られるものです。

徹底したアニメ好き・漫画好きを兼ねていることも多いので、そうした思いも持ちやすいのでしょう。

ただ単にアニメ好き・漫画好きの女性にも見られる傾向ですが、そういった趣味の女性が全てぶりっこなわけではありません。

地味で静かなタイプもいます。

8. 笑顔が多い

笑顔が多い

ぶりっこ女性は、明るく話し、笑顔も多いものです。

女性の笑顔を好む男性は多いものですから、「ぶりっこと付き合いたいとかは全然思わないけど、職場や学校で会うのは、別にいやじゃない」と感じる男性も決して少なくはありません。

9. 「ドジっ子」を演じることがある

「ドジっ子」を演じることがある

「昨日もまた電車、乗り過ごしちゃったー」とか、「よく転んじゃうんです私~」などと、「ドジな女性」を演じるのも、ぶりっこ女性で多く見られます。

本当はドジではないのに演じるわけですから、なかなかしたたかでもあります。

ただし、必ずしも男性ウケを狙っているわけではなくて、そのような自分を演じることそのものを楽しんでいるケースも多数です。

もちろん、実際にドジなぶりっこ女性や、ただ単にドジなだけでぶりっこではない女性もいます。

10. 個性的だが、服装や髪型、メイクに気を配っている

個性的だが、服装や髪型、メイクに気を配っている

ぶりっこ女性では、フリルの多いワンピースや、リボンを付けて派手にした髪型なども好みます。

やや派手目なメイクなども好みがちです。

見た目の個性も強いため同性から苦手とされたり、男性にもウケない場合は少なくありませんが、トータルなルックスとして神経が行き届いており清潔感があるとはいえます。

問題としては、TPOをわきまえず、就職の面接で個性的過ぎる格好をしたり、職場にそぐわない服装をしてしまうケースです。

ただしこの切替はできるぶりっこ女性もいます。

11. どうしても、同性から嫌われやすい

どうしても、同性から嫌われやすい

やはり、避けがたい特徴がこちらです。

ぶりっこ女性はその言動や口調、ファッションなどから同性に嫌われやすいものです。

「男性に媚びている」というような印象を、どうしても与えてしまうのです。

しかし、性格的に悪いということではありませんので、深刻な意味で憎しみを持たれたりすることは、そう多くはないもの。

「あの子はちょっと苦手だけど、別に悪い子じゃないと思うよ」などとする非・ぶりっこ女性も案外と多いものです。

まとめ

ぶりっこ女性の特徴はかなり多く、目立つ存在です。

敬遠されやすい面もありますが、笑顔が多いなど人間的に付き合いやすい一面もかなりあるため、最初から苦手と決めつけるのも勿体無いものです。

仮に、交際相手や、深い友人としては苦手だとしても、軽い関係性で付き合いをしてみると、思わぬ側面も見られることでしょう。

ぶりっこな女性といえば、とにかくぶりぶりとした言動で目立ちますが、特徴はそれだけではありません。

なかには、少々意外なものなどもあり、先入観だけで考えず、接触してみることでわかることも多いものです。


自分のことを、自分の名前で呼ぶ

「エリナは~」とか「マユは~」だとか、一人称が自分の名前であることも、ぶりっこ女性に多い特徴です。

「タカハシはこう思うんだけど」だとか、名字を使うことも多く見られます。

友人や恋人に対してならそれでも問題はありませんが、職場や学校でも乱発するようだと、嫌われてしまうことも。

うつむき加減で、上目遣いをする

やや下を向き、うつむいたような表情で上目遣いをするのも、ぶりっこ女性に多く見られます。

特に身長が低い場合、自然に上目遣いになりやすいことともあいまって、この傾向が強くなります。

「カワイイ」と感じる人もいる一方で、「作っている」「うざったい」「媚びている」などと感じてしまう人もいます。

自分らしい口調で話さない

ぶりっこであることそのものが、その女性らしさともいえます。

しかし、何か作り込んだような、アニメのような喋り方しかしない女性もいます。

こうしたぶりっこ女性と接していると、「自分らしく話せよ」と感じる男性も少なくありません。

男性に対して、意外と構えない

ぶりっこ女性は、ある意味ではとても女性らしいキャラともいえますが、男性に対してそれほど警戒心を抱かないところがあります。

これは必ずしも「男性が好き」なのではなく、あまり性別を考えず、好感を持つ人とは友人になりたいという気持ちから生じていることも多い現象です。

女性アイドルのファンであることも多い

女性アイドルのファンであったり、女性アイドル全般に非常に詳しいことが多いのも、特徴です。

またその対象となるアイドルも、ぶりっこ系統であることが多いものです。

一般に「アイドルオタク」を公言する男性はあまりモテない傾向といっても仕方ないと思われますが、こういったタイプのぶりっこ女性が相手の場合、それは当てはまりません。

アイドル話をきっかけとして友人になったり、交際に発展することもあります。

「イケボ」な男性に敏感である

女性は、一般に良い声を持つ男性、いわゆる「イケボ男性」に惹かれる面があります。

ぶりっこ女性でもそこは同様です。

しかし、低く甘い声など一般に魅力的とされるものだけでなく、アニメキャラに見られるような声を好むぶりっこ女性もいるのが特徴です。

また、必ずしも「異性として魅力を感じ、付き合えるものなら付き合いたい」といったことではなしに、声そのものを楽しむ傾向もあります。

美声を持つ友人男性に、アニメなどの決め台詞を言わせようとして、男性が困惑してしまうことなども…。

アニメキャラの男性が理想であるケースも

「○○クンとは友達だけど、私の理想の男子って□□って漫画の△△クンなんだよねー」などと発言するのも、ぶりっこ女性に時折見られるものです。

徹底したアニメ好き・漫画好きを兼ねていることも多いので、そうした思いも持ちやすいのでしょう。

ただ単にアニメ好き・漫画好きの女性にも見られる傾向ですが、そういった趣味の女性が全てぶりっこなわけではありません。

地味で静かなタイプもいます。

笑顔が多い

ぶりっこ女性は、明るく話し、笑顔も多いものです。

女性の笑顔を好む男性は多いものですから、「ぶりっこと付き合いたいとかは全然思わないけど、職場や学校で会うのは、別にいやじゃない」と感じる男性も決して少なくはありません。

「ドジっ子」を演じることがある

「昨日もまた電車、乗り過ごしちゃったー」とか、「よく転んじゃうんです私~」などと、「ドジな女性」を演じるのも、ぶりっこ女性で多く見られます。

本当はドジではないのに演じるわけですから、なかなかしたたかでもあります。

ただし、必ずしも男性ウケを狙っているわけではなくて、そのような自分を演じることそのものを楽しんでいるケースも多数です。

もちろん、実際にドジなぶりっこ女性や、ただ単にドジなだけでぶりっこではない女性もいます。

個性的だが、服装や髪型、メイクに気を配っている

ぶりっこ女性では、フリルの多いワンピースや、リボンを付けて派手にした髪型なども好みます。

やや派手目なメイクなども好みがちです。

見た目の個性も強いため同性から苦手とされたり、男性にもウケない場合は少なくありませんが、トータルなルックスとして神経が行き届いており清潔感があるとはいえます。

問題としては、TPOをわきまえず、就職の面接で個性的過ぎる格好をしたり、職場にそぐわない服装をしてしまうケースです。

ただしこの切替はできるぶりっこ女性もいます。

どうしても、同性から嫌われやすい

やはり、避けがたい特徴がこちらです。

ぶりっこ女性はその言動や口調、ファッションなどから同性に嫌われやすいものです。

「男性に媚びている」というような印象を、どうしても与えてしまうのです。

しかし、性格的に悪いということではありませんので、深刻な意味で憎しみを持たれたりすることは、そう多くはないもの。

「あの子はちょっと苦手だけど、別に悪い子じゃないと思うよ」などとする非・ぶりっこ女性も案外と多いものです。

ぶりっこ女性の特徴はかなり多く、目立つ存在です。

敬遠されやすい面もありますが、笑顔が多いなど人間的に付き合いやすい一面もかなりあるため、最初から苦手と決めつけるのも勿体無いものです。

仮に、交際相手や、深い友人としては苦手だとしても、軽い関係性で付き合いをしてみると、思わぬ側面も見られることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-