【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180210161748.html
栃木県女性に多い特徴・恋愛傾向

栃木県女性に多い特徴・恋愛傾向 | LADYCO

LADYCO
栃木県女性に多い特徴・恋愛傾向

栃木県は、関東地方一都六県で最も北方に位置します。

西に群馬、東に茨城があり、北は福島に接します。

東京から見れば埼玉を挟んで「一つ北」の県です。

日光や那須などの名所でも知られますが、そういった観光のみでは栃木女性の特徴までは深く知れませんね。

栃木県の女性の特徴、恋愛傾向とはどんなものが多いでしょうか。

  • 素朴である
  • 東京弁をベースとしつつ、東北訛りが強い
  • 自然が大好き
  • 母性的である
  • 車の運転ができることが多い
  • 「宇都宮は餃子が名物」とすることに違和感を持つ
  • 「日光」に詳しくないこともある
  • 芯の強い女性が多い
  • まとめ

1. 素朴である

素朴である

栃木は、観光地を除いては農村地帯が多く、田園風景もたいへんのどかな地域です。

また、本田技研の工場や研究所など、工業地域もかなりあります。

東京までも1時間40分ほどでアクセスでき、都内へ通勤している人もいますが、通勤圏と見なせるかは人によるところでもあり、良い意味での「田舎感」があり空気もきれいです。

北西部では山岳地帯となり、こうした地域では、太平洋側と日本海側を分ける奥羽山脈の南端を形成しています。

ともあれ田んぼが広がる地域も多く、大きな「屋敷」どうしの間隔もかなり離れています。

「プチ東北」というようなイメージもありますね。

基本的には気取りのない素朴な女性が多いのが特徴です。

2. 東京弁をベースとしつつ、東北訛りが強い

東京弁をベースとしつつ、東北訛りが強い

栃木弁は、文字にすると東京弁とさほど変わらないものです。

東京弁を基準にした場合では「聞き取れない・慣れるまで全く意味がわからない」というような言葉の違いはありません。

しかし、抑揚のなさや何ともいえない和める訛りがあり、もちろん東北由来です。

東京弁であるなら「この車は、もう買い換えないとダメだな」というようにキツく聞こえることも、「こーの車は、買い換えねっとだんめだなー」のような雰囲気になります。

この何とものんびりした雰囲気に魅了される東京や関西の男性も多いですし、東北系の男性にも親しみを感じさせます。

言葉そのものに母性があるとも表現できます。

お隣の群馬弁・茨城弁よりはソフトさが目立ちます。

気をつけたいのは、栃木の女性は東京弁を話すのも簡単にできますが、そこで東京の男性が「アクセントがおかしい」などと指摘してはならないということ。

機嫌を損ねてしまいます。

豆知識として、「なぜか福岡弁と間違われる」というものもあります。

3. 自然が大好き

自然が大好き

栃木は、都市化が比較的進んだ現代でも、関東としてはたいへん自然豊かな地域です。

小さな頃から虫や小動物に触れたりし、ヘビに噛まれたとか、川で泳いで遊んだなどの経験を持つ女性も多いものです。

栃木でも宇都宮や小山などにある都市部・住宅地のみで育った女性は別ですが、基本としては自然が好きな女性が多いものです。

都会的な生活にあこがれる部分を持つ一方で、やはりのどかな自然を好むのが栃木の女性です。

比較的都市部に位置する場所でも、流れ星などは普通に見えるため、都会に来ると寂しく思ったりもするものです。

どこ出身であれ自然を好む男性とは仲が良くなりやすい傾向です。

あまりに潔癖で、動物にさわれない、土に触りたくない、虫を見ただけで逃げ出してしまうなどの男性も世間にはいますね。

自然を好む栃木女性と親しくなりたいならば、そういった苦手意識を克服する必要があります。

4. 母性的である

母性的である

栃木女性では、親しくなった男性、あるいは家族を優しく静かに見守る傾向があります。

たいへんな強さと真面目さがあり、少々のことでは動じません。

ケガや病気などでも弱気な素振りなど見せない女性が多いです。

しかし、男性が浮気をする、遊びで借金を重ねるなど、ある一線を越えてしまった場合では、そういった男性は相手にされなくなります。

「男は遊び人なぐらいでいい」というような一部の江戸っ子女性であるとか、「女は一歩引いているぐらいでいい」と考えるような女性とは違うのです。

いわば包容力のある栃木女性ですが、その温かさにうつつを抜かし甘えていると、とんだところで捨てられてしまうことになるでしょう。

5. 車の運転ができることが多い

車の運転ができることが多い

東北本線こそ走るものの、基本的には車がないと生活しにくいのが栃木県です。

「最寄りのスーパーやコンビニに買物に行く」といったことでも、車を使うケースが多くなります。

本格的な雪国とは異なりますが、地域によっては積雪も多いので、タイヤチェーン取り付けなども簡単にできる女性がたくさんいます。

車といえば、本格的な国際レーシングコース「ツインリンクもてぎ」が鎮座するのも栃木県であり、男女を問わずこの話題から話が膨らむことも考えられます。

6. 「宇都宮は餃子が名物」とすることに違和感を持つ

「宇都宮は餃子が名物」とすることに違和感を持つ

昭和の時代から、栃木県内に餃子の名店が有ったことは事実ですが、「餃子を宇都宮名物とするのは、取ってつけたような感じがする。

平成からの、作られたブームでは」と考える栃木県民はかなりいます。

…現在のお子さんなどは違うでしょうけれどね。

「栃木といえば餃子だよね!」だとか決めつけたように言うと、内心では「かんぴょうとか、いちごの方が名物なんだけどなあ」と考える栃木女性も多いものです。

7. 「日光」に詳しくないこともある

「日光」に詳しくないこともある

栃木の名所といえばやはり日光が挙げられますね。

他地域の人では小学校あたりの修学旅行で訪ねた経験もあることでしょう。

しかし、栃木県の学校では、近場の日光ではなく、箱根や鎌倉などに修学旅行先を設定しています。

このため、「特に日光について詳しくない」とする栃木女性も案外いるものです。

「栃木=日光、那須、鬼怒川温泉」というようなステレオタイプで話をすすめるのではなく、栃木女性だけが知るようなことを聞くほうが、恋愛アプローチとしてもいいでしょう。

8. 芯の強い女性が多い

芯の強い女性が多い

重要な要素です。

「かかあ天下とからっ風」という言葉を知っていますでしょうか。

お隣、群馬県(古くは上野(こうずけ)の国)で言われる言葉ですが、これは絹産業などで働く妻のほうが、怠惰で博打ばかりの夫より「経済力」があったといわれる時代に由来するものです。

栃木県(古くは下野(しもつけ)国)の女性についてはそのような言い伝えはありません。

しかし言動など見かけの気の強さは特に目立たないものの、内面の強さがとてもある女性が多いです。

「からっ風」は群馬も栃木にも共通するもので、乾燥を伴う冬の厳しい寒さにも強い女性が多いです。

群馬女性と比べるとソフトで静かでも、内面ではよりがっちりと「夫を尻に敷ける」女性が多いのです。

恋愛においても、あまりにも男性がいきがってリードしすぎると、「何この男。

ばからしい」ということで静かに離れていってしまうのも栃木女性の傾向です。

真摯に誠実に接することが大事です。

見栄張りな男性は嫌われるか、内心でバカにされ捨てられるのがオチです。

お喋りでいかにも気が強そうな「大阪のおばちゃん」よりも遥かに怖いとも言え、「亭主関白」的なムードを希望する男性では、本格的に付き合うのは困難でしょう。

まとめ

喋り方からしてもソフトで素朴、優しく母性的な栃木女性。

魅力的ですね。

目立たないながら重要な特徴がかなりあります。

また、関東圏の女性としては自然豊かな地域、寒さ厳しい地域の人ですので、そこも気にかけたいところです。

お国訛りも強い「いかにもな東北女性」と比べると、一見して「普通の関東の女性」のようにも見えることがあるものの、彼女たちの持つ東北人的な内面の強さは、かなりのものがあります。

独特の特徴はつかみたいものですね。

栃木県は、関東地方一都六県で最も北方に位置します。

西に群馬、東に茨城があり、北は福島に接します。

東京から見れば埼玉を挟んで「一つ北」の県です。

日光や那須などの名所でも知られますが、そういった観光のみでは栃木女性の特徴までは深く知れませんね。

栃木県の女性の特徴、恋愛傾向とはどんなものが多いでしょうか。


素朴である

栃木は、観光地を除いては農村地帯が多く、田園風景もたいへんのどかな地域です。

また、本田技研の工場や研究所など、工業地域もかなりあります。

東京までも1時間40分ほどでアクセスでき、都内へ通勤している人もいますが、通勤圏と見なせるかは人によるところでもあり、良い意味での「田舎感」があり空気もきれいです。

北西部では山岳地帯となり、こうした地域では、太平洋側と日本海側を分ける奥羽山脈の南端を形成しています。

ともあれ田んぼが広がる地域も多く、大きな「屋敷」どうしの間隔もかなり離れています。

「プチ東北」というようなイメージもありますね。

基本的には気取りのない素朴な女性が多いのが特徴です。

東京弁をベースとしつつ、東北訛りが強い

栃木弁は、文字にすると東京弁とさほど変わらないものです。

東京弁を基準にした場合では「聞き取れない・慣れるまで全く意味がわからない」というような言葉の違いはありません。

しかし、抑揚のなさや何ともいえない和める訛りがあり、もちろん東北由来です。

東京弁であるなら「この車は、もう買い換えないとダメだな」というようにキツく聞こえることも、「こーの車は、買い換えねっとだんめだなー」のような雰囲気になります。

この何とものんびりした雰囲気に魅了される東京や関西の男性も多いですし、東北系の男性にも親しみを感じさせます。

言葉そのものに母性があるとも表現できます。

お隣の群馬弁・茨城弁よりはソフトさが目立ちます。

気をつけたいのは、栃木の女性は東京弁を話すのも簡単にできますが、そこで東京の男性が「アクセントがおかしい」などと指摘してはならないということ。

機嫌を損ねてしまいます。

豆知識として、「なぜか福岡弁と間違われる」というものもあります。

自然が大好き

栃木は、都市化が比較的進んだ現代でも、関東としてはたいへん自然豊かな地域です。

小さな頃から虫や小動物に触れたりし、ヘビに噛まれたとか、川で泳いで遊んだなどの経験を持つ女性も多いものです。

栃木でも宇都宮や小山などにある都市部・住宅地のみで育った女性は別ですが、基本としては自然が好きな女性が多いものです。

都会的な生活にあこがれる部分を持つ一方で、やはりのどかな自然を好むのが栃木の女性です。

比較的都市部に位置する場所でも、流れ星などは普通に見えるため、都会に来ると寂しく思ったりもするものです。

どこ出身であれ自然を好む男性とは仲が良くなりやすい傾向です。

あまりに潔癖で、動物にさわれない、土に触りたくない、虫を見ただけで逃げ出してしまうなどの男性も世間にはいますね。

自然を好む栃木女性と親しくなりたいならば、そういった苦手意識を克服する必要があります。

母性的である

栃木女性では、親しくなった男性、あるいは家族を優しく静かに見守る傾向があります。

たいへんな強さと真面目さがあり、少々のことでは動じません。

ケガや病気などでも弱気な素振りなど見せない女性が多いです。

しかし、男性が浮気をする、遊びで借金を重ねるなど、ある一線を越えてしまった場合では、そういった男性は相手にされなくなります。

「男は遊び人なぐらいでいい」というような一部の江戸っ子女性であるとか、「女は一歩引いているぐらいでいい」と考えるような女性とは違うのです。

いわば包容力のある栃木女性ですが、その温かさにうつつを抜かし甘えていると、とんだところで捨てられてしまうことになるでしょう。

車の運転ができることが多い

東北本線こそ走るものの、基本的には車がないと生活しにくいのが栃木県です。

「最寄りのスーパーやコンビニに買物に行く」といったことでも、車を使うケースが多くなります。

本格的な雪国とは異なりますが、地域によっては積雪も多いので、タイヤチェーン取り付けなども簡単にできる女性がたくさんいます。

車といえば、本格的な国際レーシングコース「ツインリンクもてぎ」が鎮座するのも栃木県であり、男女を問わずこの話題から話が膨らむことも考えられます。

「宇都宮は餃子が名物」とすることに違和感を持つ

昭和の時代から、栃木県内に餃子の名店が有ったことは事実ですが、「餃子を宇都宮名物とするのは、取ってつけたような感じがする。

平成からの、作られたブームでは」と考える栃木県民はかなりいます。

…現在のお子さんなどは違うでしょうけれどね。

「栃木といえば餃子だよね!」だとか決めつけたように言うと、内心では「かんぴょうとか、いちごの方が名物なんだけどなあ」と考える栃木女性も多いものです。

「日光」に詳しくないこともある

栃木の名所といえばやはり日光が挙げられますね。

他地域の人では小学校あたりの修学旅行で訪ねた経験もあることでしょう。

しかし、栃木県の学校では、近場の日光ではなく、箱根や鎌倉などに修学旅行先を設定しています。

このため、「特に日光について詳しくない」とする栃木女性も案外いるものです。

「栃木=日光、那須、鬼怒川温泉」というようなステレオタイプで話をすすめるのではなく、栃木女性だけが知るようなことを聞くほうが、恋愛アプローチとしてもいいでしょう。

芯の強い女性が多い

重要な要素です。

「かかあ天下とからっ風」という言葉を知っていますでしょうか。

お隣、群馬県(古くは上野(こうずけ)の国)で言われる言葉ですが、これは絹産業などで働く妻のほうが、怠惰で博打ばかりの夫より「経済力」があったといわれる時代に由来するものです。

栃木県(古くは下野(しもつけ)国)の女性についてはそのような言い伝えはありません。

しかし言動など見かけの気の強さは特に目立たないものの、内面の強さがとてもある女性が多いです。

「からっ風」は群馬も栃木にも共通するもので、乾燥を伴う冬の厳しい寒さにも強い女性が多いです。

群馬女性と比べるとソフトで静かでも、内面ではよりがっちりと「夫を尻に敷ける」女性が多いのです。

恋愛においても、あまりにも男性がいきがってリードしすぎると、「何この男。

ばからしい」ということで静かに離れていってしまうのも栃木女性の傾向です。

真摯に誠実に接することが大事です。

見栄張りな男性は嫌われるか、内心でバカにされ捨てられるのがオチです。

お喋りでいかにも気が強そうな「大阪のおばちゃん」よりも遥かに怖いとも言え、「亭主関白」的なムードを希望する男性では、本格的に付き合うのは困難でしょう。

喋り方からしてもソフトで素朴、優しく母性的な栃木女性。

魅力的ですね。

目立たないながら重要な特徴がかなりあります。

また、関東圏の女性としては自然豊かな地域、寒さ厳しい地域の人ですので、そこも気にかけたいところです。

お国訛りも強い「いかにもな東北女性」と比べると、一見して「普通の関東の女性」のようにも見えることがあるものの、彼女たちの持つ東北人的な内面の強さは、かなりのものがあります。

独特の特徴はつかみたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-