【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180210161547.html
埼玉県の女性の特徴

埼玉県の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
埼玉県の女性の特徴

東京の北に隣接する埼玉県。

それほど大きな特徴がないようにも思えますが、細かく見てみると他県と異なる部分があります。

そんな埼玉県の女性に多い特徴・恋愛傾向とは?

  • やや言葉がきつい
  • 言葉に、栃木・群馬の言葉や東北弁が微妙に混じっていることがある
  • 上野駅や池袋駅周辺にいると安心する
  • 車の運転が上手い・免許を持っている確率が高い
  • 男性の出身地の好みが、3つに分かれる
  • サッカーファン、自転車ファンが多い
  • マイルドヤンキー性を持つ場合がある
  • 自虐ネタを多く言う
  • 「東京」にあこがれる一方、慣れてもいる
  • 海に対するあこがれが強い
  • 気取りがない
  • まとめ

1. やや言葉がきつい

やや言葉がきつい

東京都下や神奈川の女性と比べると、やや言葉がきつい傾向にあるのも埼玉県の女性です。

学校で男子を名字で呼び捨てにするなども、一般に良く見られます。

特に公立で顕著です。

たとえば東京の女子生徒なら「ヨシダくん、ありがとう」と言うところを、「ありがとうな、ヨシダ」などと言ったりします。

大学生~大人になれば変わるとはいえ、どこかきつさが残ります。

しかし見方を変えれば、気取りのない話し方をするともいえます。

あるいはまた、どんなタイプの女性でも少しツンデレ傾向があるともとらえられます。

2. 言葉に、栃木・群馬の言葉や東北弁が微妙に混じっていることがある

言葉に、栃木・群馬の言葉や東北弁が微妙に混じっていることがある

さいたまは東京に近い特性があり、全国各地出身の人が集まってもいます。

ベッドタウン性もあるため、東京出身で、住宅を埼玉に買って住んでいる人もいます。

しかし、しいて言えば東京の北側であるため、より北にある栃木・群馬や東北各地にルーツを持つ人も多いものです。

栃木弁がやや混ざっているとソフトさが出て、群馬弁が入るとややきつくなります。

東北弁がかなり強く出ている人も珍しくありません。

西側の山間部では山梨・長野にも接しており、東部では千葉・茨城とつながりの強い女性もいますから、細かく見れば言葉のムードも実に多様です。

3. 上野駅や池袋駅周辺にいると安心する

上野駅や池袋駅周辺にいると安心する

今では電車網が発達し、渋谷駅や東京駅、あるいは横浜方面にも簡単にアクセスできますが、やはり埼玉と東京をつなぐターミナル駅と言えば上野や池袋です。

東京に通勤・通学している女性では、六本木や麻布、もしくは下北沢や自由が丘などに行くのは好んでも、そうした地にあまり遅くまでいると「電車がなくなってしまう」との不安で楽しめなくなってしまいます。

東京南部や横浜でのデートも好む一方で、普段の気軽な遊び・デートなら商業地としても発達している池袋が良いという傾向を持つのも、彼女たちです。

4. 車の運転が上手い・免許を持っている確率が高い

車の運転が上手い・免許を持っている確率が高い

埼玉県は、東京や神奈川に比べると、電車網が発達していません。

自然と車を使う生活も多くなります。

電車の便が良いさいたま市や川口市などではそうでもありませんが、それらから少し離れた場所では車が有用です。

このため、若いうちから車の免許を持ち、運転に慣れている女性も多い傾向となります。

車に乗れる女性が乗れない男性と付き合うの、やはりいささかバランスが悪いところもあり、埼玉の女性と付き合うならば車に慣れたいところです。

5. 男性の出身地の好みが、3つに分かれる

男性の出身地の好みが、3つに分かれる

埼玉の女性では、東京の山の手や横浜出身の男性のことは「上品だけど、とっつきにくい」としてあまり好かないこともあります。

しかし一方では、「埼玉は垢抜けない。

山の手などの男性に憧れる」
という解釈をする女性もかなりいます。

東京といっても、いわゆる下町出身の男性は気さくなイメージが強く、そちらのほうが「親しみやすくて好き」とする女性もいます。

同じ埼玉の男性についても「親しみやすい」と感じる人は多数です。

しかし「似ていて新鮮味がない」という捉え方をする女性もいて、面白いところです。

もう一つは、栃木・群馬や東北など、より北部の男性を好むタイプです。

より一層の親しみやすさや気さくさ、良い意味での田舎っぽさを好むのです。

全国各地どこの男性にも、波長さえ合えば魅力を感じるのは言うまでもありません。

6. サッカーファン、自転車ファンが多い

サッカーファン、自転車ファンが多い

埼玉県といえば、浦和レッズが有名ですね。

レッズファン女性は熱いことで有名であり、このことで話が合えばどこの男性ともひとまず仲良くなれます。

反対に、男性が別チームの熱心なファンであると、厄介なことになりがちですから、気にかけたいところ。

当然ながらレッズファンでない女性もいますし、大宮アルディージャファンはレッズファンほど強烈な熱さはないので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

サッカーに興味がなく、プロ野球などのほうが好きな女性ももちろんいます。

埼玉の女性の場合、特にライオンズファンが多い・熱いという傾向はありません。

また、自転車の利用やサイクルスポーツを県として推進しているのも特徴であり、ロードバイクなどを持っている女性もかなりいます。

サイクリングデートなどを考えてみるのも面白いでしょう。

7. マイルドヤンキー性を持つ場合がある

マイルドヤンキー性を持つ場合がある

埼玉はベッドタウンでもあり、親、あるいは祖父母が埼玉に建てた家、買ったマンションなどで育ち、学校や就職においても、そのまま埼玉に留まる女性もいます。

こうしたルーツであると、いわゆる「マイルドヤンキー性」を持つ人も一定数おり、埼玉に一緒に住んで暮らせる男性を求める傾向があります。

一方で「埼玉はつまらない」として東京や全国各地、あるいは世界中に目を向けていく女性も多数いて、そうしたタイプでは、求める男性像も多様になります。

8. 自虐ネタを多く言う

自虐ネタを多く言う

どうしても「平坦な台地でつまらない」「歴史的な名所があまりない」などで、「つまらない・ださい」などのイメージもつきがちな埼玉県。

西には秩父の美しい山々や渓流もありますし、小江戸・川越などもあるんですけどね…。

ところが、これは面白い傾向を呼び、埼玉の女性は「私は埼玉育ちだから、品が良すぎてごめんね」とか「やっぱり私みたいな埼玉人ってオシャレ過ぎて付き合いにくい?」など、自虐的ギャグを楽しんで言う女性もいます。

これに対する「返し」も恋愛においては案外大事かもしれませんよ。

9. 「東京」にあこがれる一方、慣れてもいる

「東京」にあこがれる一方、慣れてもいる

埼玉女性は、ずっと埼玉で育っている場合、どこか東京での生活にあこがれたりもします。

しかし、幼少期から何度も東京に足を運んでいるケースが多く、本人が思うより「東京っぽい」面を持っています。

このため、たとえば大学で初めて東京に通学しても、あまりオドオドしたり、右も左も分からないというような態度は見せません。

東京出身の男子学生が「東京の名所について教えてあげるよ」といったような態度を見せると「え?一通り知ってるから別にいいよ」なんて言われてしまうことも。

地方出身の男子学生であれば、むしろ埼玉から通学の女子学生に、東京について聞くアプローチの方が良いですね。

10. 海に対するあこがれが強い

海に対するあこがれが強い

世界地図で見れば、埼玉は海にほど近い地域です。

しかし「海無し県である」という意識がどうしても強く、何かと海に行きたがるのも埼玉女性の特徴です。

オシャレ感のある横浜や湘南の海、親しみやすい千葉や茨城の海、いずれを好むかは女性によります。

またこの延長で、水族館デートを好む女性も多いもので、頭に入れておきたいところです。

海沿いの街に住んでいる男性と本格的に交際し、海沿いに一緒に住みたいという願望を持つ女性もいます。

11. 気取りがない

気取りがない

埼玉女性の魅力とは、やはり「気取りのなさ」に尽きるともいえます。

家庭的な女性、気を使わずに付き合える女性などを求める男性と、合う傾向も見られます。

アプローチの仕方、デートスタイルなどにそう頭を悩ませなくていい、とも考えられますが、やはりそこは女性。

一定の気遣いは忘れないようにしたいものです。

まとめ

埼玉県の女性は、やはり、それほど大きな特徴がないのです。

しかしそれだけに、挙げたような部分に気を配ってみると、恋愛でもチャンスが増すことでしょう。

何かと平均的な土地であるため、色々な地でのデートや、遠方への旅行、さらには転地などに意欲的な人も多いです。

このあたりも恋愛ではキーになりますね。

東京の北に隣接する埼玉県。

それほど大きな特徴がないようにも思えますが、細かく見てみると他県と異なる部分があります。

そんな埼玉県の女性に多い特徴・恋愛傾向とは?


やや言葉がきつい

東京都下や神奈川の女性と比べると、やや言葉がきつい傾向にあるのも埼玉県の女性です。

学校で男子を名字で呼び捨てにするなども、一般に良く見られます。

特に公立で顕著です。

たとえば東京の女子生徒なら「ヨシダくん、ありがとう」と言うところを、「ありがとうな、ヨシダ」などと言ったりします。

大学生~大人になれば変わるとはいえ、どこかきつさが残ります。

しかし見方を変えれば、気取りのない話し方をするともいえます。

あるいはまた、どんなタイプの女性でも少しツンデレ傾向があるともとらえられます。

言葉に、栃木・群馬の言葉や東北弁が微妙に混じっていることがある

さいたまは東京に近い特性があり、全国各地出身の人が集まってもいます。

ベッドタウン性もあるため、東京出身で、住宅を埼玉に買って住んでいる人もいます。

しかし、しいて言えば東京の北側であるため、より北にある栃木・群馬や東北各地にルーツを持つ人も多いものです。

栃木弁がやや混ざっているとソフトさが出て、群馬弁が入るとややきつくなります。

東北弁がかなり強く出ている人も珍しくありません。

西側の山間部では山梨・長野にも接しており、東部では千葉・茨城とつながりの強い女性もいますから、細かく見れば言葉のムードも実に多様です。

上野駅や池袋駅周辺にいると安心する

今では電車網が発達し、渋谷駅や東京駅、あるいは横浜方面にも簡単にアクセスできますが、やはり埼玉と東京をつなぐターミナル駅と言えば上野や池袋です。

東京に通勤・通学している女性では、六本木や麻布、もしくは下北沢や自由が丘などに行くのは好んでも、そうした地にあまり遅くまでいると「電車がなくなってしまう」との不安で楽しめなくなってしまいます。

東京南部や横浜でのデートも好む一方で、普段の気軽な遊び・デートなら商業地としても発達している池袋が良いという傾向を持つのも、彼女たちです。

車の運転が上手い・免許を持っている確率が高い

埼玉県は、東京や神奈川に比べると、電車網が発達していません。

自然と車を使う生活も多くなります。

電車の便が良いさいたま市や川口市などではそうでもありませんが、それらから少し離れた場所では車が有用です。

このため、若いうちから車の免許を持ち、運転に慣れている女性も多い傾向となります。

車に乗れる女性が乗れない男性と付き合うの、やはりいささかバランスが悪いところもあり、埼玉の女性と付き合うならば車に慣れたいところです。

男性の出身地の好みが、3つに分かれる

埼玉の女性では、東京の山の手や横浜出身の男性のことは「上品だけど、とっつきにくい」としてあまり好かないこともあります。

しかし一方では、「埼玉は垢抜けない。

山の手などの男性に憧れる」
という解釈をする女性もかなりいます。

東京といっても、いわゆる下町出身の男性は気さくなイメージが強く、そちらのほうが「親しみやすくて好き」とする女性もいます。

同じ埼玉の男性についても「親しみやすい」と感じる人は多数です。

しかし「似ていて新鮮味がない」という捉え方をする女性もいて、面白いところです。

もう一つは、栃木・群馬や東北など、より北部の男性を好むタイプです。

より一層の親しみやすさや気さくさ、良い意味での田舎っぽさを好むのです。

全国各地どこの男性にも、波長さえ合えば魅力を感じるのは言うまでもありません。

サッカーファン、自転車ファンが多い

埼玉県といえば、浦和レッズが有名ですね。

レッズファン女性は熱いことで有名であり、このことで話が合えばどこの男性ともひとまず仲良くなれます。

反対に、男性が別チームの熱心なファンであると、厄介なことになりがちですから、気にかけたいところ。

当然ながらレッズファンでない女性もいますし、大宮アルディージャファンはレッズファンほど強烈な熱さはないので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

サッカーに興味がなく、プロ野球などのほうが好きな女性ももちろんいます。

埼玉の女性の場合、特にライオンズファンが多い・熱いという傾向はありません。

また、自転車の利用やサイクルスポーツを県として推進しているのも特徴であり、ロードバイクなどを持っている女性もかなりいます。

サイクリングデートなどを考えてみるのも面白いでしょう。

マイルドヤンキー性を持つ場合がある

埼玉はベッドタウンでもあり、親、あるいは祖父母が埼玉に建てた家、買ったマンションなどで育ち、学校や就職においても、そのまま埼玉に留まる女性もいます。

こうしたルーツであると、いわゆる「マイルドヤンキー性」を持つ人も一定数おり、埼玉に一緒に住んで暮らせる男性を求める傾向があります。

一方で「埼玉はつまらない」として東京や全国各地、あるいは世界中に目を向けていく女性も多数いて、そうしたタイプでは、求める男性像も多様になります。

自虐ネタを多く言う

どうしても「平坦な台地でつまらない」「歴史的な名所があまりない」などで、「つまらない・ださい」などのイメージもつきがちな埼玉県。

西には秩父の美しい山々や渓流もありますし、小江戸・川越などもあるんですけどね…。

ところが、これは面白い傾向を呼び、埼玉の女性は「私は埼玉育ちだから、品が良すぎてごめんね」とか「やっぱり私みたいな埼玉人ってオシャレ過ぎて付き合いにくい?」など、自虐的ギャグを楽しんで言う女性もいます。

これに対する「返し」も恋愛においては案外大事かもしれませんよ。

「東京」にあこがれる一方、慣れてもいる

埼玉女性は、ずっと埼玉で育っている場合、どこか東京での生活にあこがれたりもします。

しかし、幼少期から何度も東京に足を運んでいるケースが多く、本人が思うより「東京っぽい」面を持っています。

このため、たとえば大学で初めて東京に通学しても、あまりオドオドしたり、右も左も分からないというような態度は見せません。

東京出身の男子学生が「東京の名所について教えてあげるよ」といったような態度を見せると「え?一通り知ってるから別にいいよ」なんて言われてしまうことも。

地方出身の男子学生であれば、むしろ埼玉から通学の女子学生に、東京について聞くアプローチの方が良いですね。

海に対するあこがれが強い

世界地図で見れば、埼玉は海にほど近い地域です。

しかし「海無し県である」という意識がどうしても強く、何かと海に行きたがるのも埼玉女性の特徴です。

オシャレ感のある横浜や湘南の海、親しみやすい千葉や茨城の海、いずれを好むかは女性によります。

またこの延長で、水族館デートを好む女性も多いもので、頭に入れておきたいところです。

海沿いの街に住んでいる男性と本格的に交際し、海沿いに一緒に住みたいという願望を持つ女性もいます。

気取りがない

埼玉女性の魅力とは、やはり「気取りのなさ」に尽きるともいえます。

家庭的な女性、気を使わずに付き合える女性などを求める男性と、合う傾向も見られます。

アプローチの仕方、デートスタイルなどにそう頭を悩ませなくていい、とも考えられますが、やはりそこは女性。

一定の気遣いは忘れないようにしたいものです。

埼玉県の女性は、やはり、それほど大きな特徴がないのです。

しかしそれだけに、挙げたような部分に気を配ってみると、恋愛でもチャンスが増すことでしょう。

何かと平均的な土地であるため、色々な地でのデートや、遠方への旅行、さらには転地などに意欲的な人も多いです。

このあたりも恋愛ではキーになりますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-