【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180125174704.html
青い服が大好きな女性の特徴

青い服が大好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
青い服が大好きな女性の特徴

「青い服が好きなんです」という女性、青い服をいつも着こなしている女性、まわりにいらっしゃいますか。

たまにいるかもしれません。

それでも少数派ですよね。

「青」といってもいろんなトーンの青がありますが、実は「青い服」というのは日本人の私たちが子どもの頃から慣れ親しんだものになります。

というのも例えば「暗い青」=「紺」は学生服の色としてよく使われています。

「ど真ん中の青」はスポーツのときの体操服やユニフォームに使われています。

そして大人になってからも制服や作業着で目にする、着用する機会の多い服の色です。

そのせいか、普段のファッションに「青」を取り入れることは難しいと感じている女性も多いのです。

しかし時には「この人、青い服が多いな」「青を素敵に着こなしているな」など気づくことがあるかもしれません。

今回はそんなレアな「青の服が大好きな女性」について掘り下げてみました。

まず身につけたい服のカラーは心理的なものが影響します。

青を好きで身につけたい…そんな女性の心理についてです。

  • 無邪気な部分を表現したい
  • クリーンな自分を表現したい
  • ボーダーレスでありたい
  • 普段が黒とかグレーが多い
  • オシャレとして青(濃紺・ネイビー)を取り入れている
  • アクセサリーとしての「青」
  • まとめ

1. 無邪気な部分を表現したい

無邪気な部分を表現したい

青といえば自然界でも私たちが目にする色、スカイブルーやエメラルドブルーなど澄みきったイメージがあります。

やや幼さからの脱却の時期に特にその女性が何らかの形で成長しているときに「着たくなる」といいます。

そのときにいい意味での無邪気さは残していたいという気持ちが働くのですがそれを表現する色として青のファッションは取り入れられるケースも多いでしょう。

2. クリーンな自分を表現したい

クリーンな自分を表現したい

ブルーというのは空や海と同じように自浄作用のあるクリーンなイメージを女性は持っています。

「自分を正しく見せたい」「いま何かに真摯に打ち込んでいる」という心理状態のときはややしっかりした濃い目のブルーを着たくなります。

実際そんな気持ちで青を着たときの気分は爽快感があります。

男性でもスーツのネクタイを自身の思いやジンクスをこめて色を選ぶことがありますがそれと似た感覚になります。

3. ボーダーレスでありたい

ボーダーレスでありたい

小さい頃を思い出してください。

小さい女の子はピンクか赤、男の子は青か黒の服を着ていませんでしたか。

そのようなこども服作りであることもありますが「なぜ女の子はピンクとか赤なんだろう」と疑問に思っていた女性も多いはず。

そこから密かにジェンダーという「ボーダー」に対しての密かな抵抗をしていくのです。

生まれながらに中立でありたい心理がブルーファッションへの憧れとなるのです。

性別だけに関わらず様々な分野での「ボーダーレス」でありたい女性は洋服を見てもブルーで立ち止まることが多いのです。

次に普段着ているファッションからの影響もあります。

4. 普段が黒とかグレーが多い

普段が黒とかグレーが多い

普段からモノトーン系の服を着ている女性がそれに飽きて次に検討するのが「青の服」

青にもいろいろあるなかでここでの女性の傾向はくっきりとした青です。

ネイビーまではいかずやや鮮やかさもあるくらいのブルーやナス紺に近いロイヤルブルーなどは着た時に黒と同じ要素を持ちます。

スッキリ見えて引き締まった印象と肌移りのよさです。

しかし残念ながらもともとモノトーン系の女性はすぐにモノトーンに戻ります。

気晴らしやイメチェンでブルーを着用しているということも多いです。

5. オシャレとして青(濃紺・ネイビー)を取り入れている

オシャレとして青(濃紺・ネイビー)を取り入れている

最初に説明したように紺は制服のイメージが強いです。

だからこれもオシャレとして着こなせる女性が少数であることは間違いがありません。

しかし最近のトレンドの傾向として「ネイビーを知的にスタイリッシュにまとめる」というのがファッショニスタの間で「いかにセンスがあるか」ということのキーポイントとなっています。

ネイビーを着ている女性は「無難だから」というわけではなく、よく観察してみてください。

完全に洗練されたものになっていませんか。

そういう女性は女性の中でもトップクラスのファッションセンスをもっています。

6. アクセサリーとしての「青」

アクセサリーとしての「青」

アクセサリーで「青」を取り入れる女性もいます。

天然石でサファイアやターコイズなど「青」のものがあります。

こういった青もトーンによって様々な肌うつりをします。

ナチュラル志向でありながらも自分の個性をアピールしたい女性は青い石のアクセサリーを身につけています。

またエキゾチックな雰囲気の女性にもよくみられます。

まとめ

「青」自体は好きな女性が多いのも確かです。

またその青い服を選ぶ要素としても本能的なものや内面的なものが大きく影響されています。

それは自然界に存在する青空や澄み切った海などクリーンで果てしないという永久性をイメージをさせるからです。

それに対しての憧れは尽きることはないでしょう。

しかしそれを身につけたりコーディネートするには至難の業。

正直せっかく買ったのに「この青、きれい過ぎて今の自分がくすんで見える」なんてことも実際起きていたりします。

それは憧れの青に対し自分の内面が合っていないと思い込んでしまうのでしょうか。

「ブルーって難しいよね」と話す女性も多いのです。

そういうこともありますので思い切って「今日のその青い服、すごく似合っているね」とか「すごくセンスいいね」と一言声をかけてあげるのもいいかもしれませんね。

「青い服が好きなんです」という女性、青い服をいつも着こなしている女性、まわりにいらっしゃいますか。

たまにいるかもしれません。

それでも少数派ですよね。

「青」といってもいろんなトーンの青がありますが、実は「青い服」というのは日本人の私たちが子どもの頃から慣れ親しんだものになります。

というのも例えば「暗い青」=「紺」は学生服の色としてよく使われています。

「ど真ん中の青」はスポーツのときの体操服やユニフォームに使われています。

そして大人になってからも制服や作業着で目にする、着用する機会の多い服の色です。

そのせいか、普段のファッションに「青」を取り入れることは難しいと感じている女性も多いのです。

しかし時には「この人、青い服が多いな」「青を素敵に着こなしているな」など気づくことがあるかもしれません。

今回はそんなレアな「青の服が大好きな女性」について掘り下げてみました。

まず身につけたい服のカラーは心理的なものが影響します。

青を好きで身につけたい…そんな女性の心理についてです。


無邪気な部分を表現したい

青といえば自然界でも私たちが目にする色、スカイブルーやエメラルドブルーなど澄みきったイメージがあります。

やや幼さからの脱却の時期に特にその女性が何らかの形で成長しているときに「着たくなる」といいます。

そのときにいい意味での無邪気さは残していたいという気持ちが働くのですがそれを表現する色として青のファッションは取り入れられるケースも多いでしょう。

クリーンな自分を表現したい

ブルーというのは空や海と同じように自浄作用のあるクリーンなイメージを女性は持っています。

「自分を正しく見せたい」「いま何かに真摯に打ち込んでいる」という心理状態のときはややしっかりした濃い目のブルーを着たくなります。

実際そんな気持ちで青を着たときの気分は爽快感があります。

男性でもスーツのネクタイを自身の思いやジンクスをこめて色を選ぶことがありますがそれと似た感覚になります。

ボーダーレスでありたい

小さい頃を思い出してください。

小さい女の子はピンクか赤、男の子は青か黒の服を着ていませんでしたか。

そのようなこども服作りであることもありますが「なぜ女の子はピンクとか赤なんだろう」と疑問に思っていた女性も多いはず。

そこから密かにジェンダーという「ボーダー」に対しての密かな抵抗をしていくのです。

生まれながらに中立でありたい心理がブルーファッションへの憧れとなるのです。

性別だけに関わらず様々な分野での「ボーダーレス」でありたい女性は洋服を見てもブルーで立ち止まることが多いのです。

次に普段着ているファッションからの影響もあります。

普段が黒とかグレーが多い

普段からモノトーン系の服を着ている女性がそれに飽きて次に検討するのが「青の服」

青にもいろいろあるなかでここでの女性の傾向はくっきりとした青です。

ネイビーまではいかずやや鮮やかさもあるくらいのブルーやナス紺に近いロイヤルブルーなどは着た時に黒と同じ要素を持ちます。

スッキリ見えて引き締まった印象と肌移りのよさです。

しかし残念ながらもともとモノトーン系の女性はすぐにモノトーンに戻ります。

気晴らしやイメチェンでブルーを着用しているということも多いです。

オシャレとして青(濃紺・ネイビー)を取り入れている

最初に説明したように紺は制服のイメージが強いです。

だからこれもオシャレとして着こなせる女性が少数であることは間違いがありません。

しかし最近のトレンドの傾向として「ネイビーを知的にスタイリッシュにまとめる」というのがファッショニスタの間で「いかにセンスがあるか」ということのキーポイントとなっています。

ネイビーを着ている女性は「無難だから」というわけではなく、よく観察してみてください。

完全に洗練されたものになっていませんか。

そういう女性は女性の中でもトップクラスのファッションセンスをもっています。

アクセサリーとしての「青」

アクセサリーで「青」を取り入れる女性もいます。

天然石でサファイアやターコイズなど「青」のものがあります。

こういった青もトーンによって様々な肌うつりをします。

ナチュラル志向でありながらも自分の個性をアピールしたい女性は青い石のアクセサリーを身につけています。

またエキゾチックな雰囲気の女性にもよくみられます。

「青」自体は好きな女性が多いのも確かです。

またその青い服を選ぶ要素としても本能的なものや内面的なものが大きく影響されています。

それは自然界に存在する青空や澄み切った海などクリーンで果てしないという永久性をイメージをさせるからです。

それに対しての憧れは尽きることはないでしょう。

しかしそれを身につけたりコーディネートするには至難の業。

正直せっかく買ったのに「この青、きれい過ぎて今の自分がくすんで見える」なんてことも実際起きていたりします。

それは憧れの青に対し自分の内面が合っていないと思い込んでしまうのでしょうか。

「ブルーって難しいよね」と話す女性も多いのです。

そういうこともありますので思い切って「今日のその青い服、すごく似合っているね」とか「すごくセンスいいね」と一言声をかけてあげるのもいいかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-