【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180118174156.html
黒い服が大好きな女性の特徴

黒い服が大好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
黒い服が大好きな女性の特徴

環境の変化や年齢によって、服の好みに変化が出ることから、黒い服が大好きな女性には複数の特徴があるのです。

  • 彼氏が黒い服ばかり着ている
  • 好きなアーチストが黒い服ばかり着ている
  • 黒い色が好き
  • 小悪魔になりたい願望がある
  • 黒がオシャレだと思っている
  • 細い体型に見せたい
  • 個性的だと思われたい願望がある
  • 他の人に染まりたくないという意思がある
  • 闇に染まりたい願望がある
  • まとめ

1. 彼氏が黒い服ばかり着ている

彼氏が黒い服ばかり着ている

異性と付き合いますと性格によっては、好みや趣味など好きな人に合わせることがあります。

今まではカジュアルな洋服が好きだったのに、好きな人が黒い服ばかり着ていますと、自分も同じような感じの色合いやデザインのものばかり着るようになってきます。

一時期同じような黒い服ばかり着ていますが、別れたり違う人と付き合うようになれば、服の好みも変わってしまいます。

2. 好きなアーチストが黒い服ばかり着ている

好きなアーチストが黒い服ばかり着ている

好きなアーチストや芸能人が黒い服ばかり着ていますと、同じような格好をしたいことから、自分も黒い服を探して着こなすことがあります。

これもファン歴が長かったりしますと長い間黒い服ばかり着ていますが、アーチストの洋服の好みが変わってしまったり、ファンではなくなりますと急に洋服の趣味も変わってしまいますので、本当に黒い服が好きという訳ではないです。

3. 黒い色が好き

黒い色が好き

彼氏や芸能人の洋服の好みをマネした訳ではなく、普段から黒い服を着ている女性は元々黒い色が大好きなのです。

黒でもレースや刺繍が入ったデザインもありますし、差し色として赤やピンクなどの原色や柄が入った洋服もあります。

また上下黒を選んでいても、小物で白や黄色を使うことで印象も変わってきますし、着こなし方によってはオシャレになります。

その為、黒ずくめに近いけど、全身真っ黒の服装している女性は少ないです。

4. 小悪魔になりたい願望がある

小悪魔になりたい願望がある

東京・原宿にある竹下通り界隈を歩きますと、全身黒っぽいけどレースやリボンが付いたロリータ系のファッションをしている女性を見かけることがあります。

お姫様になりたい願望がある女性は、薄めのピンクや白など淡い感じの色合いを好まれます。

小悪魔に見せたい願望がある場合には、全身黒もしくは黒と白を組み合わせることによって、同じようなデザインでも印象を変えることができます。

ただ服装によって自己主張が強い分、自分が納得できるまで追求することから、節約志向だったり手先な器用な女性も含まれているのです。

5. 黒がオシャレだと思っている

黒がオシャレだと思っている

ファッションにこだわりがある人や将来ファッション業界へと進みたい人の中には、黒イコールオシャレだと思っている人がいます。

ファッションで自分の個性を主張したい場合には、普段の服装を自分なりにアレンジすることによって、黒い服でもオシャレに見せることができます。

しかし既製品だけで着こなしていたり、普段から黒い服ばかり着ているけど、自分がデザインしたり製作した洋服は他の色も使っているということもあります。

その場合は、表面ではオシャレだと思っていても、心の片隅ではそこまでオシャレだと思っていないのです。

6. 細い体型に見せたい

細い体型に見せたい

自分で太っているなと感じても、人に指摘されたくなかったりしますと、見た目だけでも細く見せたいと思ってしまいます。

黒は薄明りの中では見えづらく、夜の外出だとスリムに見えることから、とくに好きな人や彼氏の前では細く見せようと、黒い服ばかり着るようになっています。

確かに夜の外出時では細く見えますが、逆に夏場は重い印象もあります。

その為、季節によっては暑苦しく感じますので、着こなし方にも注意が必要です。

7. 個性的だと思われたい願望がある

個性的だと思われたい願望がある

夜の外出だと黒は目立ちませんが、昼間に外出しますと場所によっては原色よりも目立ってしまいます。

全身黒で統一した服装だとそうでもないですが、差し色として原色が入りますと、その色が目の中に入りやすいことから、服装の組み合わせによっては個性が強くなってきます。

また特定の場所の中だけ全身黒い服に統一しますと、他の人と待ち合わせする時には分かり易かったりします。

他の人とは違った個性を見せたいほど、黒い服を選び着こなします。

8. 他の人に染まりたくないという意思がある

他の人に染まりたくないという意思がある

黒イコール、他の色に染まらないというイメージがあります。

黒い色の洋服を着ることによって、街中や集団の中にいてもその中に染まらないという強い意思があれば、外出する時には黒い服を選ぶこともあります。

黒い服を着る女性の中には、他の人の意見や集団に染まりたくないという人もいて、1人でいることを好む生活をします。

その為、デザインもシンプルなものが多く、女性らしさも感じさせないです。

9. 闇に染まりたい願望がある

闇に染まりたい願望がある

人の前に出たくなかったり人の目線が気になっているなど、心に闇を抱えている場合には、派手な色合いの洋服を避けて黒い服を選ぶことが多いです。

心の闇が強いほど昼間の外出は避けてしまい、夕方になって日が暮れたころになって外出します。

その為、自然と夜の景色に溶け込みたいと、黒い色の洋服ばかり選びます。

原因は人によって違いますが、思春期など年齢が若いほどその意識が強いです。

しかし大人になりますと、生活パターンや環境によって外に出る機会が増えてくることから、徐々に願望が薄れてしまいます。

まとめ

年齢や趣向によって同じような色合いやデザインばかり着ているように見えますが、洋服の好みは年齢や環境によって変化が出てきます。

また、体型の変化によって着られなくなってしまったというケースもあることから、一時的なことと思って温かい目で見守りましょう。

環境の変化や年齢によって、服の好みに変化が出ることから、黒い服が大好きな女性には複数の特徴があるのです。


彼氏が黒い服ばかり着ている

異性と付き合いますと性格によっては、好みや趣味など好きな人に合わせることがあります。

今まではカジュアルな洋服が好きだったのに、好きな人が黒い服ばかり着ていますと、自分も同じような感じの色合いやデザインのものばかり着るようになってきます。

一時期同じような黒い服ばかり着ていますが、別れたり違う人と付き合うようになれば、服の好みも変わってしまいます。

好きなアーチストが黒い服ばかり着ている

好きなアーチストや芸能人が黒い服ばかり着ていますと、同じような格好をしたいことから、自分も黒い服を探して着こなすことがあります。

これもファン歴が長かったりしますと長い間黒い服ばかり着ていますが、アーチストの洋服の好みが変わってしまったり、ファンではなくなりますと急に洋服の趣味も変わってしまいますので、本当に黒い服が好きという訳ではないです。

黒い色が好き

彼氏や芸能人の洋服の好みをマネした訳ではなく、普段から黒い服を着ている女性は元々黒い色が大好きなのです。

黒でもレースや刺繍が入ったデザインもありますし、差し色として赤やピンクなどの原色や柄が入った洋服もあります。

また上下黒を選んでいても、小物で白や黄色を使うことで印象も変わってきますし、着こなし方によってはオシャレになります。

その為、黒ずくめに近いけど、全身真っ黒の服装している女性は少ないです。

小悪魔になりたい願望がある

東京・原宿にある竹下通り界隈を歩きますと、全身黒っぽいけどレースやリボンが付いたロリータ系のファッションをしている女性を見かけることがあります。

お姫様になりたい願望がある女性は、薄めのピンクや白など淡い感じの色合いを好まれます。

小悪魔に見せたい願望がある場合には、全身黒もしくは黒と白を組み合わせることによって、同じようなデザインでも印象を変えることができます。

ただ服装によって自己主張が強い分、自分が納得できるまで追求することから、節約志向だったり手先な器用な女性も含まれているのです。

黒がオシャレだと思っている

ファッションにこだわりがある人や将来ファッション業界へと進みたい人の中には、黒イコールオシャレだと思っている人がいます。

ファッションで自分の個性を主張したい場合には、普段の服装を自分なりにアレンジすることによって、黒い服でもオシャレに見せることができます。

しかし既製品だけで着こなしていたり、普段から黒い服ばかり着ているけど、自分がデザインしたり製作した洋服は他の色も使っているということもあります。

その場合は、表面ではオシャレだと思っていても、心の片隅ではそこまでオシャレだと思っていないのです。

細い体型に見せたい

自分で太っているなと感じても、人に指摘されたくなかったりしますと、見た目だけでも細く見せたいと思ってしまいます。

黒は薄明りの中では見えづらく、夜の外出だとスリムに見えることから、とくに好きな人や彼氏の前では細く見せようと、黒い服ばかり着るようになっています。

確かに夜の外出時では細く見えますが、逆に夏場は重い印象もあります。

その為、季節によっては暑苦しく感じますので、着こなし方にも注意が必要です。

個性的だと思われたい願望がある

夜の外出だと黒は目立ちませんが、昼間に外出しますと場所によっては原色よりも目立ってしまいます。

全身黒で統一した服装だとそうでもないですが、差し色として原色が入りますと、その色が目の中に入りやすいことから、服装の組み合わせによっては個性が強くなってきます。

また特定の場所の中だけ全身黒い服に統一しますと、他の人と待ち合わせする時には分かり易かったりします。

他の人とは違った個性を見せたいほど、黒い服を選び着こなします。

他の人に染まりたくないという意思がある

黒イコール、他の色に染まらないというイメージがあります。

黒い色の洋服を着ることによって、街中や集団の中にいてもその中に染まらないという強い意思があれば、外出する時には黒い服を選ぶこともあります。

黒い服を着る女性の中には、他の人の意見や集団に染まりたくないという人もいて、1人でいることを好む生活をします。

その為、デザインもシンプルなものが多く、女性らしさも感じさせないです。

闇に染まりたい願望がある

人の前に出たくなかったり人の目線が気になっているなど、心に闇を抱えている場合には、派手な色合いの洋服を避けて黒い服を選ぶことが多いです。

心の闇が強いほど昼間の外出は避けてしまい、夕方になって日が暮れたころになって外出します。

その為、自然と夜の景色に溶け込みたいと、黒い色の洋服ばかり選びます。

原因は人によって違いますが、思春期など年齢が若いほどその意識が強いです。

しかし大人になりますと、生活パターンや環境によって外に出る機会が増えてくることから、徐々に願望が薄れてしまいます。

年齢や趣向によって同じような色合いやデザインばかり着ているように見えますが、洋服の好みは年齢や環境によって変化が出てきます。

また、体型の変化によって着られなくなってしまったというケースもあることから、一時的なことと思って温かい目で見守りましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-