【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180118174111.html
ピンク色を好む女性の特徴

ピンク色を好む女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ピンク色を好む女性の特徴

ファッションに興味があってもなくても、気がつけば同じ系統の色合いのものばかりがクローゼットの中に増えているということはないでしょうか。

または、ピンク色のような“暖色"を好む時期と、青色のような“寒色"を好む時期というように何故だか、趣向が変わることもあるでしょう。

人はそれぞれ好む色合いというものがあります。

それは、無意識に選んでいる場合もあれば、意識的に選んでいるという場合もあります。

この2つの観点から、身につける色に選ぶということに、どのようなよってどのような根拠や心理があるのか考えていきます。

特に今回は、「女性らしい色」の代表でもある“ピンク色"に注目します。

テーマは「ピンク色の洋服を好む女性の特徴」についてです。

  • 女性らしさをアピールしたいとき
  • 排卵日が近い女性
  • 世話好きな女性
  • 傷つきやすい
  • 寂しがり屋
  • まとめ

1. 女性らしさをアピールしたいとき

女性らしさをアピールしたいとき

ピンク色のものを身につけるということは、女性らしさをアピールしたいという心理が働いているということが多いです。

それはピンク色が“恋愛‘の象徴的な色であるからということも根拠のひとつです。

それはたとえば、合コンといような場面などにおいて顕著です。

合コンのような、異性と知り合うためのシーンにおいて「ピンク色」の洋服をチョイスするということは、意識的にしろ無意識にしろ“本気“であるといえるでしょう。

また、そのピンク色の濃度によっても細かい心理までも分かってしまいます。

少し薄めのパステル系のピンク色であれば、「女性らしさ」というよりもも「女の子らしさ」を強調したいのです。

パステル系の色は、相手に「柔らかい」印象を与えます。

ですので、濃いめのピンク色が“大人の女性の美しさ“というものを醸し出すのに比べて、パステル系ピンク色は"少女のような可愛らしさ“を印象付けたいのです。

2. 排卵日が近い女性

排卵日が近い女性

女性は約1ヶ月の間に、より女性ホルモンが活発になり分泌する時期があります。

その時期には、無意識に女性らしいファッションを選んでしまうという傾向があります。

つまり、普段よりもピンク色を無意識に好むのです。

“無意識に“といえる理由として、ピンク色は女性ホルモンを刺激する色だということを本能で分かっているからということが挙げられます。

これは、女性が生物的に持っている「生殖本能」にもつながるといえます。

3. 世話好きな女性

世話好きな女性

ピンク色を「カタチ」で想像すると、たくさんの人が‘“ハート“を思い浮かべるでしょう。

また、ピンク色は“平和的な色“とも言われており、人に対しての愛情が深いという特徴があります。

ですので、他人の面倒をみたりお世話をしたりすることに対して、大変に喜びを感じるといいます。

こういったことから、他者から悩みを相談されたりすると、「頼られている」ということを実感できるようです。

つまり、女性としての母性本能や保護本能が、他の人に比べると強いということです。

それだけ他者の悩みや抱えている問題を、自分自身のこととして感じ共感するほど“愛情深い"女性であるのです。

4. 傷つきやすい

傷つきやすい

ピンク色を好む女性は人に優しく、世話好きというのと同時に、その人自身のハートも繊細でナイーブであるということがいえます。

それは、「人との心理的キョリ感が近い」ということです。

ですので、他の人からの影響を受けやすいのです。

そうして、そういった人たちからの自分に対して投げかけられる言葉にも“敏感“です。

何気ない言葉でも、真に受けて傷つくということは多いようです。

5. 寂しがり屋

寂しがり屋

人に対する愛情が深いということは、他者へ愛情を“与える“ことに喜びを感じるのと同じように、自分自身も他者からの愛情を受けたいという"愛情を欲する“という面も持っています。

人とのつながりを感じたいのです。

人から向けられる愛情といっても特に、“女性として“愛されることにとても喜びを感じます。

それは先にも述べましたがピンク色が、「女性らしさ」を強調する色であるからです。

もしかしたら、寂しがり屋が過ぎて彼氏がいても、他の男性から求められると断れずに「浮気」をしてしまう可能性も高い可能性があります。

それを防ぐためには、ピンク色が好きだという女性はその色の特徴をしっかり理解することです。

そして、自分がきちんとピンク色が好きということと、ピンク色について意識していれば「浮気」という結果は避けやすいでしょう。

まとめ

このようにピンク色が好きな女性というのは、女性らしさを持ち合わせており他者に対する愛情も深いという特徴があります。

しかしその反面、心がナイーブで寂しがり屋で、常に人とつながっていたいという“欲求が人よりも強いようです。

また、生物学的な観点から、ピンク色を好む周期もあるようです。

それは、女性ホルモンが活発になり分泌するために「ピンク色」が作用するためです。

女性がどのような色を好むかによって、その女性自身をより理解するために参考にするのも良いかもしれません。

または女性自身が、今の自分自身を把握するために参考にするということも良いでしょう。

ファッションに興味があってもなくても、気がつけば同じ系統の色合いのものばかりがクローゼットの中に増えているということはないでしょうか。

または、ピンク色のような“暖色"を好む時期と、青色のような“寒色"を好む時期というように何故だか、趣向が変わることもあるでしょう。

人はそれぞれ好む色合いというものがあります。

それは、無意識に選んでいる場合もあれば、意識的に選んでいるという場合もあります。

この2つの観点から、身につける色に選ぶということに、どのようなよってどのような根拠や心理があるのか考えていきます。

特に今回は、「女性らしい色」の代表でもある“ピンク色"に注目します。

テーマは「ピンク色の洋服を好む女性の特徴」についてです。


女性らしさをアピールしたいとき

ピンク色のものを身につけるということは、女性らしさをアピールしたいという心理が働いているということが多いです。

それはピンク色が“恋愛‘の象徴的な色であるからということも根拠のひとつです。

それはたとえば、合コンといような場面などにおいて顕著です。

合コンのような、異性と知り合うためのシーンにおいて「ピンク色」の洋服をチョイスするということは、意識的にしろ無意識にしろ“本気“であるといえるでしょう。

また、そのピンク色の濃度によっても細かい心理までも分かってしまいます。

少し薄めのパステル系のピンク色であれば、「女性らしさ」というよりもも「女の子らしさ」を強調したいのです。

パステル系の色は、相手に「柔らかい」印象を与えます。

ですので、濃いめのピンク色が“大人の女性の美しさ“というものを醸し出すのに比べて、パステル系ピンク色は"少女のような可愛らしさ“を印象付けたいのです。

排卵日が近い女性

女性は約1ヶ月の間に、より女性ホルモンが活発になり分泌する時期があります。

その時期には、無意識に女性らしいファッションを選んでしまうという傾向があります。

つまり、普段よりもピンク色を無意識に好むのです。

“無意識に“といえる理由として、ピンク色は女性ホルモンを刺激する色だということを本能で分かっているからということが挙げられます。

これは、女性が生物的に持っている「生殖本能」にもつながるといえます。

世話好きな女性

ピンク色を「カタチ」で想像すると、たくさんの人が‘“ハート“を思い浮かべるでしょう。

また、ピンク色は“平和的な色“とも言われており、人に対しての愛情が深いという特徴があります。

ですので、他人の面倒をみたりお世話をしたりすることに対して、大変に喜びを感じるといいます。

こういったことから、他者から悩みを相談されたりすると、「頼られている」ということを実感できるようです。

つまり、女性としての母性本能や保護本能が、他の人に比べると強いということです。

それだけ他者の悩みや抱えている問題を、自分自身のこととして感じ共感するほど“愛情深い"女性であるのです。

傷つきやすい

ピンク色を好む女性は人に優しく、世話好きというのと同時に、その人自身のハートも繊細でナイーブであるということがいえます。

それは、「人との心理的キョリ感が近い」ということです。

ですので、他の人からの影響を受けやすいのです。

そうして、そういった人たちからの自分に対して投げかけられる言葉にも“敏感“です。

何気ない言葉でも、真に受けて傷つくということは多いようです。

寂しがり屋

人に対する愛情が深いということは、他者へ愛情を“与える“ことに喜びを感じるのと同じように、自分自身も他者からの愛情を受けたいという"愛情を欲する“という面も持っています。

人とのつながりを感じたいのです。

人から向けられる愛情といっても特に、“女性として“愛されることにとても喜びを感じます。

それは先にも述べましたがピンク色が、「女性らしさ」を強調する色であるからです。

もしかしたら、寂しがり屋が過ぎて彼氏がいても、他の男性から求められると断れずに「浮気」をしてしまう可能性も高い可能性があります。

それを防ぐためには、ピンク色が好きだという女性はその色の特徴をしっかり理解することです。

そして、自分がきちんとピンク色が好きということと、ピンク色について意識していれば「浮気」という結果は避けやすいでしょう。

このようにピンク色が好きな女性というのは、女性らしさを持ち合わせており他者に対する愛情も深いという特徴があります。

しかしその反面、心がナイーブで寂しがり屋で、常に人とつながっていたいという“欲求が人よりも強いようです。

また、生物学的な観点から、ピンク色を好む周期もあるようです。

それは、女性ホルモンが活発になり分泌するために「ピンク色」が作用するためです。

女性がどのような色を好むかによって、その女性自身をより理解するために参考にするのも良いかもしれません。

または女性自身が、今の自分自身を把握するために参考にするということも良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-