【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180114175215.html
茶色が大好きな女性の特徴

茶色が大好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
茶色が大好きな女性の特徴

茶色が似合う女性は落ち着いていて、どこか柔らかい雰囲気を漂わせています。

浮わついた感じは無いので信頼できるイメージがあります。

優等生で勉強が出来て賢そう。

ではそんな茶色が大好きな女性とは一体どのような特徴があるのでしょうか。

例に挙げて見ていきたいと思います。

  • ナチュラル思考である
  • 温暖色は安らぎを意味する
  • 上品である
  • 歴史や風習を重んじる傾向にある
  • 協調性がある
  • もともと「森がーる」「山ガール」だった
  • 慎重派
  • 口下手
  • あまり見栄を張らない
  • まとめ

1. ナチュラル思考である

ナチュラル思考である

オーガニックや無添加と言った商品が好きで、生活に密着したライフスタイルを送っています。

純粋な黒は自然界には存在しないため、無意識に避けている可能性もあります。

土や木を連想させるため、そういったモチーフを好んでいるのですね。

生活空間も白い壁に木の机といったように清潔で明るいもの。

自然を愛する心を持っていますので、動物を飼っています。

ガーデニングが好きで植物を育てている可能性も。

ハーブなどの薬草学を学んでいる場合もあり、アロマテラピーも勉強しています。

また、健康にも気を使ったお料理を研究しています。

おしゃれな人に多いですね。

2. 温暖色は安らぎを意味する

温暖色は安らぎを意味する

カラーセラピーでは茶色は温暖色。

落ち着きや安らぎを意味します。

ファッション業界では、アッシュや、淡い水色などと共にアースカラーなどと称される一つの色合いでもあります。

洋服に取り入れると癒されるので、癒し系だと異性に見られます。

モテ色の一つとも言えそうですね。

良い面と悪い面は表裏一体なので、その反面頑固な一面も。

性格的には穏和でも芯があるといった雰囲気です。

3. 上品である

上品である

ベージュも茶色のうち。

白とベージュにパールのネックレスは上品の王道スタイル。

これを好む女性は品が良いと言えます。

育ちも良く、人当たりも良いのが特徴です。

また、小学校の授業参観などでもママのスーツはベージュが多く、黒はお葬式と決まっています。

これは色が与えるイメージに大きく左右されているといった良い例です。

ピンクベージュなどでしたら女性らしさもアップ。

他にもイエローやオレンジなど、ベージュは温暖色同士での相性も抜群です。

4. 歴史や風習を重んじる傾向にある

歴史や風習を重んじる傾向にある

古い歴史や伝統的な事柄も茶色のイメージカラーです。

古風なものの考え方をする人が多くて責任感があるといったようにしっかり者ですね。

また、そういった気質から人が嫌がる事を進んでするといったボランティア精神も持ち合わせています。

こういった人は尊敬されるので、誰からも愛されています。

縁の下の力持ちタイプですね。

5. 協調性がある

協調性がある

ドイツの心理学者のイエンシュによると心理学的に茶色を好む人は協調性があると認められています。

人間関係を穏和に過ごしている人に多いのが特徴です。

争いを好まず、平和主義ですからそばにいても安心できますね。

仕事も円滑に行き、良好な人間関係を築いていけそうです。

こういった人とぜひ一緒に作業をしたいものです。

6. もともと「森がーる」「山ガール」だった

もともと「森がーる」「山ガール」だった

以前流行した「森ガール」「山ガール」は森と山が付くので分かりやすいのですが、自然大好きな意味合いが含まれています。

もちろんイメージカラーは土の茶色や葉の緑色。

そしてウサギや鳥モチーフ。

一時の流行は落ち着いたものの、人間の根本的な趣向は変わらないことが多いので、アイテムは変わっても色味の好みは変わりません。

7. 慎重派

慎重派

あまり派手な事は好まず、静かな人にも多いのが特徴です。

アピールも苦手。

ですから、恋愛においても積極的にアプローチする事が少ないので気に入った人を逃してしまう傾向もあります。

奥手な訳ですね。

ただ、男性から見て本命にしたい雰囲気を持ち合わせていますので、受け身でも異性に困ることはないかもしれません。

おしとやかな女性は特ですね。

8. 口下手

口下手

無口で繊細なタイプに多いのも特徴です。

あまりおしゃべりではないので誤解されてしまうことも。

落ち着いていて、あまり自己主張をしないので何を考えているのかわからないのです。

しかし内面は優しさを兼ね備えていますから、接しているうちに誤解は解けることが多いようです。

9. あまり見栄を張らない

あまり見栄を張らない

控えめで清楚なイメージがあるのも特徴です。

黒にゴールドや紫といったように、目立つ色合いとは違って見栄を感じさせません。

茶色のアイテムはそのイメージから派手でケバケバしいのとは無縁です。

特に日本人のように黄色人種は茶色は肌馴染みが良く、映える色合いです。

上手に活用すれば嫌みなくおしゃれの幅がぐんと広がります。

まとめ

子供の頃は茶色というと落ち着きすぎてしまう色味の為に、人気がありませんでした。

男の子に人気の戦隊ものにもあまり出てきませんので、見向きもされなかった事でしょう。

しかし、成人して仕事に携わると「落ち着いて行動できる雰囲気」を作る大切さがわかるようになってきます。

そんな時に利用したいのが「茶色」と「ベージュ」です。

社会人として場所をわきまえたファッションに取り組みたいものですね。

茶色が似合う女性は落ち着いていて、どこか柔らかい雰囲気を漂わせています。

浮わついた感じは無いので信頼できるイメージがあります。

優等生で勉強が出来て賢そう。

ではそんな茶色が大好きな女性とは一体どのような特徴があるのでしょうか。

例に挙げて見ていきたいと思います。


ナチュラル思考である

オーガニックや無添加と言った商品が好きで、生活に密着したライフスタイルを送っています。

純粋な黒は自然界には存在しないため、無意識に避けている可能性もあります。

土や木を連想させるため、そういったモチーフを好んでいるのですね。

生活空間も白い壁に木の机といったように清潔で明るいもの。

自然を愛する心を持っていますので、動物を飼っています。

ガーデニングが好きで植物を育てている可能性も。

ハーブなどの薬草学を学んでいる場合もあり、アロマテラピーも勉強しています。

また、健康にも気を使ったお料理を研究しています。

おしゃれな人に多いですね。

温暖色は安らぎを意味する

カラーセラピーでは茶色は温暖色。

落ち着きや安らぎを意味します。

ファッション業界では、アッシュや、淡い水色などと共にアースカラーなどと称される一つの色合いでもあります。

洋服に取り入れると癒されるので、癒し系だと異性に見られます。

モテ色の一つとも言えそうですね。

良い面と悪い面は表裏一体なので、その反面頑固な一面も。

性格的には穏和でも芯があるといった雰囲気です。

上品である

ベージュも茶色のうち。

白とベージュにパールのネックレスは上品の王道スタイル。

これを好む女性は品が良いと言えます。

育ちも良く、人当たりも良いのが特徴です。

また、小学校の授業参観などでもママのスーツはベージュが多く、黒はお葬式と決まっています。

これは色が与えるイメージに大きく左右されているといった良い例です。

ピンクベージュなどでしたら女性らしさもアップ。

他にもイエローやオレンジなど、ベージュは温暖色同士での相性も抜群です。

歴史や風習を重んじる傾向にある

古い歴史や伝統的な事柄も茶色のイメージカラーです。

古風なものの考え方をする人が多くて責任感があるといったようにしっかり者ですね。

また、そういった気質から人が嫌がる事を進んでするといったボランティア精神も持ち合わせています。

こういった人は尊敬されるので、誰からも愛されています。

縁の下の力持ちタイプですね。

協調性がある

ドイツの心理学者のイエンシュによると心理学的に茶色を好む人は協調性があると認められています。

人間関係を穏和に過ごしている人に多いのが特徴です。

争いを好まず、平和主義ですからそばにいても安心できますね。

仕事も円滑に行き、良好な人間関係を築いていけそうです。

こういった人とぜひ一緒に作業をしたいものです。

もともと「森がーる」「山ガール」だった

以前流行した「森ガール」「山ガール」は森と山が付くので分かりやすいのですが、自然大好きな意味合いが含まれています。

もちろんイメージカラーは土の茶色や葉の緑色。

そしてウサギや鳥モチーフ。

一時の流行は落ち着いたものの、人間の根本的な趣向は変わらないことが多いので、アイテムは変わっても色味の好みは変わりません。

慎重派

あまり派手な事は好まず、静かな人にも多いのが特徴です。

アピールも苦手。

ですから、恋愛においても積極的にアプローチする事が少ないので気に入った人を逃してしまう傾向もあります。

奥手な訳ですね。

ただ、男性から見て本命にしたい雰囲気を持ち合わせていますので、受け身でも異性に困ることはないかもしれません。

おしとやかな女性は特ですね。

口下手

無口で繊細なタイプに多いのも特徴です。

あまりおしゃべりではないので誤解されてしまうことも。

落ち着いていて、あまり自己主張をしないので何を考えているのかわからないのです。

しかし内面は優しさを兼ね備えていますから、接しているうちに誤解は解けることが多いようです。

あまり見栄を張らない

控えめで清楚なイメージがあるのも特徴です。

黒にゴールドや紫といったように、目立つ色合いとは違って見栄を感じさせません。

茶色のアイテムはそのイメージから派手でケバケバしいのとは無縁です。

特に日本人のように黄色人種は茶色は肌馴染みが良く、映える色合いです。

上手に活用すれば嫌みなくおしゃれの幅がぐんと広がります。

子供の頃は茶色というと落ち着きすぎてしまう色味の為に、人気がありませんでした。

男の子に人気の戦隊ものにもあまり出てきませんので、見向きもされなかった事でしょう。

しかし、成人して仕事に携わると「落ち着いて行動できる雰囲気」を作る大切さがわかるようになってきます。

そんな時に利用したいのが「茶色」と「ベージュ」です。

社会人として場所をわきまえたファッションに取り組みたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-