【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180114175141.html
辛いもの好きの女性の特徴

辛いもの好きの女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
辛いもの好きの女性の特徴

辛いものの代表である唐辛子のカプサイシンはダイエット効果もあり女性にも人気ですが、ダイエット目的ではなく、普段から辛いものを好む人はどういった性格をしているのでしょう。

辛いもの好きの女性の性格や特徴をクローズアップしていきます。

  • 刺激を求めている野心家
  • リスクに不安を感じず危険な恋愛にハマりがち
  • 最後まで人の話を聞かない
  • 自分を追い込むのが好き
  • かまってちゃんで恋人や友達を振り回すこともある
  • 努力を続けられるアスリート気質
  • 常に改革を求めるリーダータイプ
  • まとめ

1. 刺激を求めている野心家

刺激を求めている野心家

辛いものは人を選びやすく、辛いのが苦手という人もいます。

そんな中で味付けに唐辛子を使ったり辛いスナックを積極的にとっている女性は、刺激を求めている野心家だという傾向があります。

辛いものが好きということはそれだけ刺激的なことへの興味関心が強いということです。

つまり、辛いものを食べることで快感を覚え満足感を得ているのです。

辛いもの好きの女性は新しい物好きのため流行のブランドを持っていたり、ゴシップネタなど、自分以外でも他人の刺激的な話題が大好きなのです。

2. リスクに不安を感じず危険な恋愛にハマりがち

リスクに不安を感じず危険な恋愛にハマりがち

新しいものにすぐ飛びついてしまうという傾向は辛いもの好きの女性の恋愛観にも当てはまります。

リスクを恐れずに、まわりかにしてみればリスクがありそうな異性と付き合ってしまう、付き合ってしまった経験も多いでしょう。

辛いもの好きの女性にとってリスクは過小評価されているので、不安を感じにくいのです。

ただ恋愛ではリスクがある恋愛を好んでいるため、長続きしない、いい恋愛ができないなど恋愛の量は多くても質に恵まれないこともあります。

ただ失恋直後であっても新しい恋愛へすぐ意欲的になれるので、恋人がいない時期は結果として短いのです。

3. 最後まで人の話を聞かない

最後まで人の話を聞かない

短気は損気といいますが、辛いもの好きの女性は人の話をあまり聞かないという特徴があります。

もちろんまったく聞いていないわけではないのですが、新しい物好き、興味関心が移ろいやすいので、女性同士によくありがちな長話が苦手ということもあるでしょう。

そのため電話よりメール、メールよるチャットを日頃はよく使用しています。

またチャットでは最後まで人の話を聞かない性格から、やりとりの途中で既読がつかなくなった、返事がなくなったなど既読スルー率が高いのです。

4. 自分を追い込むのが好き

自分を追い込むのが好き

辛いものは脳にとって痛みという信号になるため、それを繰り返すことで快感を得て辛いもの好きが加速していきます。

つまり辛いもの好きの女性は痛みに対して喜びを覚えてしまう才能があるということなのです。

そのためダイエットや仕事、恋愛や家庭などの問題を抱えた時に、まわりが心配になるほど自分一人を追い込んでしまうこともあるのです。

精神的に負荷をかけることに慣れているため、何もかも自分で解決できると自信を持っているのです。

辛いもの好きの女性は前向きなので、自信がなくて困ったという経験はほぼありません。

5. かまってちゃんで恋人や友達を振り回すこともある

かまってちゃんで恋人や友達を振り回すこともある

友人関係は浅く広くのタイプです。

一人の友人や恋人と深く長く付き合うよりも、その時々で楽しいと思える相手と一緒に過ごしたいと考えています。

そのため自分が飽きてしまえば友人や恋人にさよならを告げて、新しい友人関係を築いたり新しい恋人をゲットしているなんてこともあります。

そのためまわりからしてみれば少しでも放っておくとどこかに行ってしまうため、かまってちゃんだと思われているでしょう。

実際はかまってちゃんというよりも関心が余所に移っただけなので、例え頑張ってかまっていても離れていく時は離れていきます。

6. 努力を続けられるアスリート気質

努力を続けられるアスリート気質

リスクを選ぶ決断力がある、自分を追い込むことができるタフさがあるという気質はアスリートと類似しています。

そのため辛いもの好きの女性の性格はアスリート向きといえるでしょう。

また努力すると決めたら目標まで努力を続けられる芯の強さを持っていますが、ナーバスになりすぎない部分もあり、ストレスに強いのです。

不安を感じる度合いが少ないことで、能力を遺憾なく発揮できるのです。

大舞台に強いタイプとして表舞台に出ることも多いでしょう。

他の人が苦手とすることでも平気で引き受けてくれるので、頼りがいがあるのです。

7. 常に改革を求めるリーダータイプ

常に改革を求めるリーダータイプ

表舞台に出ることを躊躇わない精神力は、リーダーとして組織やグループのまとめ役に抜擢される可能性を秘めています。

リーダーになったら安定感を求めるタイプではありません。

常にリスクとチャレンジし続けていく姿勢で改革をしていくタイプです。

例えリスクが高かったとしても膠着状態を打破してくれる頼もしい女性という印象をまわりに与えています。

ただリスクを見誤った場合など一気に英雄から転落することもあり、評価が分かれやすい一癖ある性格でもあります。

まとめ

辛いもの好きの女性は興味関心が強く向上心があるため、目立ちやすく大きな成功や幸せを仕事で得やすい性格そして特徴があります。

けれどその反面恋愛面では相手を取っかえ引っかえと魔性の女タイプになりやすいのです。

辛いものの代表である唐辛子のカプサイシンはダイエット効果もあり女性にも人気ですが、ダイエット目的ではなく、普段から辛いものを好む人はどういった性格をしているのでしょう。

辛いもの好きの女性の性格や特徴をクローズアップしていきます。


刺激を求めている野心家

辛いものは人を選びやすく、辛いのが苦手という人もいます。

そんな中で味付けに唐辛子を使ったり辛いスナックを積極的にとっている女性は、刺激を求めている野心家だという傾向があります。

辛いものが好きということはそれだけ刺激的なことへの興味関心が強いということです。

つまり、辛いものを食べることで快感を覚え満足感を得ているのです。

辛いもの好きの女性は新しい物好きのため流行のブランドを持っていたり、ゴシップネタなど、自分以外でも他人の刺激的な話題が大好きなのです。

リスクに不安を感じず危険な恋愛にハマりがち

新しいものにすぐ飛びついてしまうという傾向は辛いもの好きの女性の恋愛観にも当てはまります。

リスクを恐れずに、まわりかにしてみればリスクがありそうな異性と付き合ってしまう、付き合ってしまった経験も多いでしょう。

辛いもの好きの女性にとってリスクは過小評価されているので、不安を感じにくいのです。

ただ恋愛ではリスクがある恋愛を好んでいるため、長続きしない、いい恋愛ができないなど恋愛の量は多くても質に恵まれないこともあります。

ただ失恋直後であっても新しい恋愛へすぐ意欲的になれるので、恋人がいない時期は結果として短いのです。

最後まで人の話を聞かない

短気は損気といいますが、辛いもの好きの女性は人の話をあまり聞かないという特徴があります。

もちろんまったく聞いていないわけではないのですが、新しい物好き、興味関心が移ろいやすいので、女性同士によくありがちな長話が苦手ということもあるでしょう。

そのため電話よりメール、メールよるチャットを日頃はよく使用しています。

またチャットでは最後まで人の話を聞かない性格から、やりとりの途中で既読がつかなくなった、返事がなくなったなど既読スルー率が高いのです。

自分を追い込むのが好き

辛いものは脳にとって痛みという信号になるため、それを繰り返すことで快感を得て辛いもの好きが加速していきます。

つまり辛いもの好きの女性は痛みに対して喜びを覚えてしまう才能があるということなのです。

そのためダイエットや仕事、恋愛や家庭などの問題を抱えた時に、まわりが心配になるほど自分一人を追い込んでしまうこともあるのです。

精神的に負荷をかけることに慣れているため、何もかも自分で解決できると自信を持っているのです。

辛いもの好きの女性は前向きなので、自信がなくて困ったという経験はほぼありません。

かまってちゃんで恋人や友達を振り回すこともある

友人関係は浅く広くのタイプです。

一人の友人や恋人と深く長く付き合うよりも、その時々で楽しいと思える相手と一緒に過ごしたいと考えています。

そのため自分が飽きてしまえば友人や恋人にさよならを告げて、新しい友人関係を築いたり新しい恋人をゲットしているなんてこともあります。

そのためまわりからしてみれば少しでも放っておくとどこかに行ってしまうため、かまってちゃんだと思われているでしょう。

実際はかまってちゃんというよりも関心が余所に移っただけなので、例え頑張ってかまっていても離れていく時は離れていきます。

努力を続けられるアスリート気質

リスクを選ぶ決断力がある、自分を追い込むことができるタフさがあるという気質はアスリートと類似しています。

そのため辛いもの好きの女性の性格はアスリート向きといえるでしょう。

また努力すると決めたら目標まで努力を続けられる芯の強さを持っていますが、ナーバスになりすぎない部分もあり、ストレスに強いのです。

不安を感じる度合いが少ないことで、能力を遺憾なく発揮できるのです。

大舞台に強いタイプとして表舞台に出ることも多いでしょう。

他の人が苦手とすることでも平気で引き受けてくれるので、頼りがいがあるのです。

常に改革を求めるリーダータイプ

表舞台に出ることを躊躇わない精神力は、リーダーとして組織やグループのまとめ役に抜擢される可能性を秘めています。

リーダーになったら安定感を求めるタイプではありません。

常にリスクとチャレンジし続けていく姿勢で改革をしていくタイプです。

例えリスクが高かったとしても膠着状態を打破してくれる頼もしい女性という印象をまわりに与えています。

ただリスクを見誤った場合など一気に英雄から転落することもあり、評価が分かれやすい一癖ある性格でもあります。

辛いもの好きの女性は興味関心が強く向上心があるため、目立ちやすく大きな成功や幸せを仕事で得やすい性格そして特徴があります。

けれどその反面恋愛面では相手を取っかえ引っかえと魔性の女タイプになりやすいのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-