【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180114175048.html
「派手な服」が大好きな女性の特徴

「派手な服」が大好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
「派手な服」が大好きな女性の特徴

派手な服を好む女性にはどんな特徴があるのか、派手な服に隠れている心理についても合わせてご紹介致します。

  • 口下手、無口で自己アピールが苦手
  • 寂しがり屋
  • 型にはまることを嫌う
  • おしゃれアピール
  • こだわりが強い
  • 自分を認めてほしいと思っている
  • キラキラした感情を持っていたい
  • まとめ
1. 自分に自信がない 派手な服を好んで着ている人は、洋服の力を借りて自分を大きく見せたいと心の中で願っている場合があります。

また、自分に自信がない為周りから見下されることを懸念し、派手な服で周囲を威嚇しているとも考えられるでしょう。

このタイプの女性は、派手な洋服を身にまとうことで体だけでなく弱い自分の心も守っているのです。

自分に自信がある人だけが派手な洋服を好むと思っている人も多いのですが、自分に自信がある人は洋服にこだわる必要などないのです。

2. 口下手、無口で自己アピールが苦手

口下手、無口で自己アピールが苦手

口下手な女性は、自分の気持ちや存在を人にアピールすることが苦手とも言えます。

その為、無意識的に派手な洋服で自分の気持ちや感情を相手に伝えようとしているのです。

口下手な人や無口な人は、第一印象で「根暗、生真面目、つまらない人、コミュ障」などというレッテルを貼られやすいですが、派手な服を着ることで「私は派手な人間関係を持っている明る人間です」ということをアピールしているのです。

3. 目立ちたがり屋 派手な服を着ている人は、周りから「目立ちたがり屋」と見られることが多いです。

しかしそれはあながち間違っていません。

周りから注目されたくない、自分を見て欲しくないという人であれば、派手な洋服を着るなどはいわば自殺行為です。

シャイな人であっても派手な洋服を好むのは、「目立ちたい、みんなから賞賛されたい」という深層心理の表れとも言えるでしょう。

4. 寂しがり屋

寂しがり屋

派手な洋服を好む人は、寂しがり屋であるということが多いです。

人混みで溢れている街の中から誰か自分を選んでほしい、見つけてほしいという欲求の表れでもあるでしょう。

また派手な服を着ることで、気分まで明るくなることから寂しさに目を背けようとしている場合もあります。

寂しがりやの人ほど、なんとかして寂しさを紛らわそうとするのですが、そのひとつの手段が派手な洋服を身にまとうことなのです。

5. 型にはまることを嫌う

型にはまることを嫌う

派手な服を嫌うという人は、みんなと同じ型にはまることを嫌います。

学生の頃から、「なぜみんなで同じ制服を着なければいけないのか?」などと違和感を感じていたタイプの人にも多いでしょう。

十人十色ということを重要視しており、洋服が誰かとかぶっただけで自分の個性を潰されたような感覚に陥ってしまうのです。

派手な洋服を着て、周りから驚きの目で見られることに快感を感じたり、安心感を得ることが出来るのです。

6. おしゃれアピール

おしゃれアピール

派手な洋服を着る女性に多いのが、派手な洋服を着ることが「最強のおしゃれコーディネート」だと思っているタイプです。

「こんなに派手で奇抜な洋服も着こなせちゃう私どう?」と言わんばかりに、あえてみんなが手を出さないような派手な洋服を使ったコーディネートを身にまとい優越感に浸っているのです。

しかし、このタイプの女性ほど、ただ派手な洋服を着ているだけで洋服に着られている状況に陥りやすいのです。

7. こだわりが強い

こだわりが強い

派手な洋服が大好きで、クローゼットの中は派手な洋服しかないという女性に共通して言えるのが「こだわりが強い」ということです。

自分のこだわりは誰に何を言われても曲げたくないという女性が多く、洋服以外でも自分のライフスタイルにはこだわりを持っているという女性が多いでしょう。

こだわりが強いということは、言い換えれば頑固であるということです。

周りの意見よりも自分の意見を優先し引かない性格の人が多いでしょう。

8. 自分を認めてほしいと思っている

自分を認めてほしいと思っている

派手な洋服が大好きで派手な洋服を着るということは、いわば自分の好みや嗜好を前面に押し出して周りに見せつけているようなものです。

派手な洋服を着ていても一緒にいてくれる友人や恋人がいることで、まるで自分を認めてもらったような感覚に陥ることが出来るのです。

初対面でも派手な洋服を着てたり派手な洋服が大好きなことをアピールする女性は、自分の価値観を相手に認めさせた上で関係を築いていきたいという心理の表れでもあるのです。

9. キラキラした感情を持っていたい

キラキラした感情を持っていたい

人は「勇気」や「愛」「恋愛」などというキラキラした言葉を聞いた時、恐らく地味な色ではなく明るい派手な色を連想することが多いでしょう。

そんな特徴を活かして、派手な色のものを選ぶことで自分にキラキラしたプラスの感情を生み出そうとしている人も多いのです。

黒や茶色などの暗い地味な服は時に気持ちをマイナス思考にさせてしまう時もあるのです。

派手な色の服を好きな女性は、洋服を使って自分のモチベーションをあげようとしている場合もあるのです。

まとめ

派手な服が好きという女性は、そんな好みやこだわりに隠れた心理に自分自身でも気づいていない人が多いのです。

しかし、そんな自分の心理に向き合うことで派手な洋服を自分のライフスタイルにより上手く取り入れられるようになることは間違いありません。

また、派手な洋服が好きという女性を否定したり拒絶しているような人も、一度派手な洋服を着てみると派手な洋服の魅力に取り憑かれてしまうということも十分にあり得るのことなのです。

派手な服を好む女性にはどんな特徴があるのか、派手な服に隠れている心理についても合わせてご紹介致します。


1. 自分に自信がない 派手な服を好んで着ている人は、洋服の力を借りて自分を大きく見せたいと心の中で願っている場合があります。

また、自分に自信がない為周りから見下されることを懸念し、派手な服で周囲を威嚇しているとも考えられるでしょう。

このタイプの女性は、派手な洋服を身にまとうことで体だけでなく弱い自分の心も守っているのです。

自分に自信がある人だけが派手な洋服を好むと思っている人も多いのですが、自分に自信がある人は洋服にこだわる必要などないのです。

口下手、無口で自己アピールが苦手

口下手な女性は、自分の気持ちや存在を人にアピールすることが苦手とも言えます。

その為、無意識的に派手な洋服で自分の気持ちや感情を相手に伝えようとしているのです。

口下手な人や無口な人は、第一印象で「根暗、生真面目、つまらない人、コミュ障」などというレッテルを貼られやすいですが、派手な服を着ることで「私は派手な人間関係を持っている明る人間です」ということをアピールしているのです。

3. 目立ちたがり屋 派手な服を着ている人は、周りから「目立ちたがり屋」と見られることが多いです。

しかしそれはあながち間違っていません。

周りから注目されたくない、自分を見て欲しくないという人であれば、派手な洋服を着るなどはいわば自殺行為です。

シャイな人であっても派手な洋服を好むのは、「目立ちたい、みんなから賞賛されたい」という深層心理の表れとも言えるでしょう。

寂しがり屋

派手な洋服を好む人は、寂しがり屋であるということが多いです。

人混みで溢れている街の中から誰か自分を選んでほしい、見つけてほしいという欲求の表れでもあるでしょう。

また派手な服を着ることで、気分まで明るくなることから寂しさに目を背けようとしている場合もあります。

寂しがりやの人ほど、なんとかして寂しさを紛らわそうとするのですが、そのひとつの手段が派手な洋服を身にまとうことなのです。

型にはまることを嫌う

派手な服を嫌うという人は、みんなと同じ型にはまることを嫌います。

学生の頃から、「なぜみんなで同じ制服を着なければいけないのか?」などと違和感を感じていたタイプの人にも多いでしょう。

十人十色ということを重要視しており、洋服が誰かとかぶっただけで自分の個性を潰されたような感覚に陥ってしまうのです。

派手な洋服を着て、周りから驚きの目で見られることに快感を感じたり、安心感を得ることが出来るのです。

おしゃれアピール

派手な洋服を着る女性に多いのが、派手な洋服を着ることが「最強のおしゃれコーディネート」だと思っているタイプです。

「こんなに派手で奇抜な洋服も着こなせちゃう私どう?」と言わんばかりに、あえてみんなが手を出さないような派手な洋服を使ったコーディネートを身にまとい優越感に浸っているのです。

しかし、このタイプの女性ほど、ただ派手な洋服を着ているだけで洋服に着られている状況に陥りやすいのです。

こだわりが強い

派手な洋服が大好きで、クローゼットの中は派手な洋服しかないという女性に共通して言えるのが「こだわりが強い」ということです。

自分のこだわりは誰に何を言われても曲げたくないという女性が多く、洋服以外でも自分のライフスタイルにはこだわりを持っているという女性が多いでしょう。

こだわりが強いということは、言い換えれば頑固であるということです。

周りの意見よりも自分の意見を優先し引かない性格の人が多いでしょう。

自分を認めてほしいと思っている

派手な洋服が大好きで派手な洋服を着るということは、いわば自分の好みや嗜好を前面に押し出して周りに見せつけているようなものです。

派手な洋服を着ていても一緒にいてくれる友人や恋人がいることで、まるで自分を認めてもらったような感覚に陥ることが出来るのです。

初対面でも派手な洋服を着てたり派手な洋服が大好きなことをアピールする女性は、自分の価値観を相手に認めさせた上で関係を築いていきたいという心理の表れでもあるのです。

キラキラした感情を持っていたい

人は「勇気」や「愛」「恋愛」などというキラキラした言葉を聞いた時、恐らく地味な色ではなく明るい派手な色を連想することが多いでしょう。

そんな特徴を活かして、派手な色のものを選ぶことで自分にキラキラしたプラスの感情を生み出そうとしている人も多いのです。

黒や茶色などの暗い地味な服は時に気持ちをマイナス思考にさせてしまう時もあるのです。

派手な色の服を好きな女性は、洋服を使って自分のモチベーションをあげようとしている場合もあるのです。

派手な服が好きという女性は、そんな好みやこだわりに隠れた心理に自分自身でも気づいていない人が多いのです。

しかし、そんな自分の心理に向き合うことで派手な洋服を自分のライフスタイルにより上手く取り入れられるようになることは間違いありません。

また、派手な洋服が好きという女性を否定したり拒絶しているような人も、一度派手な洋服を着てみると派手な洋服の魅力に取り憑かれてしまうということも十分にあり得るのことなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-