【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180114115731.html
感情の起伏が激しい女性の特徴

感情の起伏が激しい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
感情の起伏が激しい女性の特徴

なぜ女性は感情の起伏が激しいのか、感情の起伏が激しい女性に共通する特徴とはどんなことなのかをご紹介致します。

  • PMSの症状のひとつ
  • 悲劇のヒロイン症候群
  • 育った環境に何らかの問題があった
  • 女王様気質
  • 愛されたいという願望が強い
  • 優位的立場を維持する為
  • コミュ障
  • こだわりが強く、神経質
  • まとめ

1. PMSの症状のひとつ

PMSの症状のひとつ

PMS(月経前症候群)とは、女性が生理前2週間前で起こる心身の不調のことです。

PMSの発症には個人差がありますが、ホルモンの乱れなどから多くの女性が生理前から整理中にかけて体調を崩すだけでなくイライラしたり情緒不安定になったりします。

個人差はありますが3週間から4週間毎に訪れる生理が原因で、周りから感情の起伏が激しい人と思われる女性がも多いのです。

毎月だいたい同じ時期にイライラしていたり、怒りっぽくなっているPMSを患っていると確信を持ってもいいでしょう。

2. 悲劇のヒロイン症候群

悲劇のヒロイン症候群

悲劇のヒロイン症候群とは、周りに可哀想な自分をアピールし人から心配されることで喜びや安心を得る人のことです。

悲劇のヒロイン症候群の女性は、いわゆる『かまってちゃんタイプ』で、常に周りから自分が注目されていないと機嫌が悪くなります。

また、可哀想な自分をアピールするためにいきなり泣き出したり、誰もが気づくような作り笑顔をしてみたりと感情の起伏がどんどん激しくなっていくことがあるのです。

3. 育った環境に何らかの問題があった

育った環境に何らかの問題があった

大人になっても感情の起伏を抑えきれないという女性は、育った環境や両親の教育に問題があったという場合があります。

子どもの時に抱えたトラウマや不安が大人になっても改善されなかった場合、ふとした出来事で急にフラッシュバックのように子どもの頃と同じ感情に苛まれるのです。

また、幼い頃に虐待を受けていた女性は、暴力と優しさは交互にやってくるものだと思っている為、人から優しくされると震え上がったり怯えるなどの人とは違う感情の起伏を見せることもあります。

4. 女王様気質

女王様気質

感情の起伏が激しい女性というのは、自分の感情に合わせて自分を取り巻く人たちが行動するのが当たり前だと思い込んでいます。

その為、まるで女王様のように威張った態度をとることもあるのです。

自分の思う通りに家来たちが動かないと怒り狂ったり、自分を否定されるとまるで公開処刑にしてやると言わんばりに復讐に燃えたりします。

自分が可愛くて仕方のない女性に多い特徴です。

このタイプの女性は、感情の起伏を表面に出すことでストレス解消になっている場合があります。

5. 愛されたいという願望が強い

愛されたいという願望が強い

恋愛においても感情の起伏が激しい女性は、愛に飢えていて「愛されたい」という気持ちが抑えきれない状況にあるはずです。

彼氏や旦那からすると、あまりの感情の起伏の激しさに敬遠してしまうこともあるかもしれませんが、男性側も女性に十分に愛を与えてあげられていない場合も多いのです。

このタイプの女性は、パートナーを激しく束縛したり、別れを告げられるのではないかといつもビクビクしていることが多いです。

6. 優位的立場を維持する為

優位的立場を維持する為

感情の起伏が激しい女性の中には、自分が優位的立場で物事を進めていくために計算して感情の起伏の激しさを周りにアピールしている人もいます。

「私を怒らせると、こうなるのよ」「私の感情を何よりも優先してくれないと、周りに敵が増えるわよ」と言わんばかりに、感情を表に出すことで勝負に勝とうとしたり、人に圧力を与えたりするのです。

このタイプの女性は、管理職についている女性や、マウンティングをしがちな女性に多いと言えるでしょう。

7. コミュ障

コミュ障

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略語です。

コミュニケーションを周りの人ととるのが苦手な人は自分の感情を相手に口に出して伝えることが苦手な人が多く、その分我慢の限界がきたときは激しく表情や態度に出してしまいます。

嫌なことや不満なことは口に出すだけでもストレス解消になりますが、それができないコミュ障の人はストレスの限界値がくるのが早くキレやすくなったりすると考えられるのです。

8. こだわりが強く、神経質

こだわりが強く、神経質

こだわりが強い女性や感受性豊かな人は、些細なことにも神経質になってしまいます。

そのため、周りの人は気にも留めないようなことで気分が悪くなってしまったり、逆にほんの些細なことでハイテンションになったりもするのです。

本人には、れっきとした感情の起伏を左右する根拠があるのですが周りからすと「感情の起伏がただ激しい人」と思われてしまがちです。

このタイプの女性は気が利く人が多く、素敵な女性だと思って付き合ってみたら性格が豹変してびっくりしたという男性も多いのが現実です。

まとめ

女性の感情の起伏の激しさには、心理的理由が隠れていることが圧倒的に多いです。

感情の起伏の激しさは、周りの人が気を使うだけでなく、当の本人も精神的にも体力的にもとても疲れてしまうことなのです。

感情の起伏が激しい女性の中には、知らず識らずのうちに精神的病に侵されている人などもいるので異変を感じたらプロのもとでカウンセリングや診断を受けることをお勧めします。

なぜ女性は感情の起伏が激しいのか、感情の起伏が激しい女性に共通する特徴とはどんなことなのかをご紹介致します。


PMSの症状のひとつ

PMS(月経前症候群)とは、女性が生理前2週間前で起こる心身の不調のことです。

PMSの発症には個人差がありますが、ホルモンの乱れなどから多くの女性が生理前から整理中にかけて体調を崩すだけでなくイライラしたり情緒不安定になったりします。

個人差はありますが3週間から4週間毎に訪れる生理が原因で、周りから感情の起伏が激しい人と思われる女性がも多いのです。

毎月だいたい同じ時期にイライラしていたり、怒りっぽくなっているPMSを患っていると確信を持ってもいいでしょう。

悲劇のヒロイン症候群

悲劇のヒロイン症候群とは、周りに可哀想な自分をアピールし人から心配されることで喜びや安心を得る人のことです。

悲劇のヒロイン症候群の女性は、いわゆる『かまってちゃんタイプ』で、常に周りから自分が注目されていないと機嫌が悪くなります。

また、可哀想な自分をアピールするためにいきなり泣き出したり、誰もが気づくような作り笑顔をしてみたりと感情の起伏がどんどん激しくなっていくことがあるのです。

育った環境に何らかの問題があった

大人になっても感情の起伏を抑えきれないという女性は、育った環境や両親の教育に問題があったという場合があります。

子どもの時に抱えたトラウマや不安が大人になっても改善されなかった場合、ふとした出来事で急にフラッシュバックのように子どもの頃と同じ感情に苛まれるのです。

また、幼い頃に虐待を受けていた女性は、暴力と優しさは交互にやってくるものだと思っている為、人から優しくされると震え上がったり怯えるなどの人とは違う感情の起伏を見せることもあります。

女王様気質

感情の起伏が激しい女性というのは、自分の感情に合わせて自分を取り巻く人たちが行動するのが当たり前だと思い込んでいます。

その為、まるで女王様のように威張った態度をとることもあるのです。

自分の思う通りに家来たちが動かないと怒り狂ったり、自分を否定されるとまるで公開処刑にしてやると言わんばりに復讐に燃えたりします。

自分が可愛くて仕方のない女性に多い特徴です。

このタイプの女性は、感情の起伏を表面に出すことでストレス解消になっている場合があります。

愛されたいという願望が強い

恋愛においても感情の起伏が激しい女性は、愛に飢えていて「愛されたい」という気持ちが抑えきれない状況にあるはずです。

彼氏や旦那からすると、あまりの感情の起伏の激しさに敬遠してしまうこともあるかもしれませんが、男性側も女性に十分に愛を与えてあげられていない場合も多いのです。

このタイプの女性は、パートナーを激しく束縛したり、別れを告げられるのではないかといつもビクビクしていることが多いです。

優位的立場を維持する為

感情の起伏が激しい女性の中には、自分が優位的立場で物事を進めていくために計算して感情の起伏の激しさを周りにアピールしている人もいます。

「私を怒らせると、こうなるのよ」「私の感情を何よりも優先してくれないと、周りに敵が増えるわよ」と言わんばかりに、感情を表に出すことで勝負に勝とうとしたり、人に圧力を与えたりするのです。

このタイプの女性は、管理職についている女性や、マウンティングをしがちな女性に多いと言えるでしょう。

コミュ障

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略語です。

コミュニケーションを周りの人ととるのが苦手な人は自分の感情を相手に口に出して伝えることが苦手な人が多く、その分我慢の限界がきたときは激しく表情や態度に出してしまいます。

嫌なことや不満なことは口に出すだけでもストレス解消になりますが、それができないコミュ障の人はストレスの限界値がくるのが早くキレやすくなったりすると考えられるのです。

こだわりが強く、神経質

こだわりが強い女性や感受性豊かな人は、些細なことにも神経質になってしまいます。

そのため、周りの人は気にも留めないようなことで気分が悪くなってしまったり、逆にほんの些細なことでハイテンションになったりもするのです。

本人には、れっきとした感情の起伏を左右する根拠があるのですが周りからすと「感情の起伏がただ激しい人」と思われてしまがちです。

このタイプの女性は気が利く人が多く、素敵な女性だと思って付き合ってみたら性格が豹変してびっくりしたという男性も多いのが現実です。

女性の感情の起伏の激しさには、心理的理由が隠れていることが圧倒的に多いです。

感情の起伏の激しさは、周りの人が気を使うだけでなく、当の本人も精神的にも体力的にもとても疲れてしまうことなのです。

感情の起伏が激しい女性の中には、知らず識らずのうちに精神的病に侵されている人などもいるので異変を感じたらプロのもとでカウンセリングや診断を受けることをお勧めします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-