【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180113135639.html
若見えするかどうかは自分次第?年齢より若く見える女性の特徴

若見えするかどうかは自分次第?年齢より若く見える女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
若見えするかどうかは自分次第?年齢より若く見える女性の特徴

あなたの周りにもいませんか?

なぜか実際の年齢よりも若く見える女性。

若く見られる女性に共通する8つの特徴についてみていきましょう。

  • 肌が綺麗
  • 法令線がない
  • スタイルをキープしている
  • 姿勢がいい
  • フェイスラインが引き締まっている
  • 髪に艶がある
  • 年齢相応のファッション
  • 表情がいきいきとしている
  • まとめ

1. 肌が綺麗

肌が綺麗

若く見える女性の特徴で一番外せないこと言えば、肌が綺麗だということでしょう。

肌には年齢サインが出やすいもの。

その肌がまるで赤ちゃんのようにキメ細かく綺麗な女性は、それだけで実際の年齢よりもずっと若く見られるはずです。

シワやシミの無いハリと潤いに満ちた肌は、若さの象徴ともいえます。

また、毛穴の存在を感じないような陶器肌をしている女性は、いくつになっても若く見えるでしょう。

日頃のスキンケアも大きく関係してきますが、極上の肌の綺麗さというものは、その人が生まれ持ったものなのかもしれません。

2. 法令線がない

法令線がない

顔の中パーツの中で、年齢を感じる部分が目元と口元です。

その中でも特に見た目年齢に大きく関わってくるのが、実は法令線なのです。

よく「マスク美人」という言葉を耳にしますが、これはマスクによって年齢の出やすい口元がカバーされ、実際よりも若く綺麗に見えるということを指す言葉です。

それほど、口元に深く入った法令線というのは、女性を一気に老けさせます。

この法令線が全くない人は、実年齢よりも若く見えるでしょう。

法令線ができるかどうかは、肌の乾燥や骨格上の問題、スキンケアの方法など、様々な要素が関係してきます。

セルフマッサージやスキンケアで対処できることはやっておきましょう。

3. スタイルをキープしている

スタイルをキープしている

若く見える女性は、いくつになってもスタイルをキープしています。

20代の頃と3サイズが変わらないという女性もいますが、そういった女性はみんな若く見えます。

特に、中年と言われる30代半ばの年代に入ってくると、女性も中年太りをする人が増えてきます。

どんな美人な人であっても中年太りをすると、見た目年齢は一気に上がるでしょう。

一度ついた贅肉は、ダイエットをしても若い頃のようには簡単には落ちません。

そうならない為に、食事制限や適度な運動などを取り入れスタイルをキープしている女性は、若く見えるのです。

4. 姿勢がいい

姿勢がいい

立ち姿が凛としていて、いつも姿勢のいい女性は若く見えます。

加齢とともに腹筋や背筋などの筋力が低下してくると、綺麗な姿勢を保つことができなくなってきます。

その為、どんどん背筋が丸くなり、年齢を感じるようになってくるのです。

80代でも背筋の伸びた姿勢のいい女性は、それだけで10歳は若く見えます。

いくら肌が綺麗だったとしても、姿勢が悪ければ見た目年齢は上がります。

若く見える為には、姿勢がとても重要なのです。

日頃の運動不足を感じている人は、全身の筋力が衰えています。

軽いストレッチやウォーキングなどをして、適度に筋力を鍛えておきましょう。

5. フェイスラインが引き締まっている

フェイスラインが引き締まっている

誰しも加齢とともに地球の重力には逆らえず、フェイスラインにもたるみが出てきます。

たるみが出てくると顔全体の輪郭がぼやけてしまい、なんとなく老けた印象に。

たるみが出ることで、若いころよりも顔自体が大きくなってしまうこともあります。

しかし若く見える女性にはたるみはなく、フェイスラインがキュッと引き締まっています。

たとえ年齢を重ねていたとしても、スッキリとしたフェイスラインには若々しさが感じられるでしょう。

自分でできる簡単なエクササイズなどを取り入れ、ケアしている可能性もあるでしょう。

6. 髪に艶がある

髪に艶がある

見た目年齢は、肌だけではなく髪の毛にも大きく関係しています。

子供のようにダメージのない艶のある健康な髪の毛は、若さの象徴とも言えます。

大人になっても潤いに満ちた髪の毛を持っている女性は、実際の年齢よりも若く見えるでしょう。

いくら肌が綺麗な状態でも、ダメージを受けたボサボサの髪の毛では台無しです。

毎日のヘアケアをしっかりとしている女性は、年齢を重ねても美しい髪をキープし、実年齢よりも若く見られているのです。

7. 年齢相応のファッション

年齢相応のファッション

若く見える女性と若作りをしている女性は、全くの正反対にいるということを忘れてはいけません。

「若く見える女性=若いファッションをしている女性」ではないということです。

それどころか、年齢に合っていない若作りファッションをしている女性は、周囲から見ると逆に老けて見えるものです。

本当に若く見える女性は、自分の年齢に合ったファッションをうまく着こなし、決して無理はしていません。

年齢に合った似合うものをきちんと選択することで、最大限に自分の魅力を引き出しているのです。

8. 表情がいきいきとしている

表情がいきいきとしている

若く見える女性は、笑顔や話をする時の表情がとてもいきいきとしています。

何か夢中になって打ち込めるものを持っていたり、目標を持って取り組んでいることがあったりと、きっと毎日が充実しているのでしょう。

人の心は顔や表情に出てくるものです。

毎日をただなんとなく過ごしている人はその生活ぶりが表情にも表れ、周囲からは老けて見られることも多いはずです。

まとめ

年齢よりも若く見える女性は、生まれ持った要素はもちろんのこと、高い美意識と内面から出る輝きを兼ね備えているのです。

いつまでも若々しくいられるかどうかは、自分次第ということが大きいのかもしれません。

あなたの周りにもいませんか?

なぜか実際の年齢よりも若く見える女性。

若く見られる女性に共通する8つの特徴についてみていきましょう。


肌が綺麗

若く見える女性の特徴で一番外せないこと言えば、肌が綺麗だということでしょう。

肌には年齢サインが出やすいもの。

その肌がまるで赤ちゃんのようにキメ細かく綺麗な女性は、それだけで実際の年齢よりもずっと若く見られるはずです。

シワやシミの無いハリと潤いに満ちた肌は、若さの象徴ともいえます。

また、毛穴の存在を感じないような陶器肌をしている女性は、いくつになっても若く見えるでしょう。

日頃のスキンケアも大きく関係してきますが、極上の肌の綺麗さというものは、その人が生まれ持ったものなのかもしれません。

法令線がない

顔の中パーツの中で、年齢を感じる部分が目元と口元です。

その中でも特に見た目年齢に大きく関わってくるのが、実は法令線なのです。

よく「マスク美人」という言葉を耳にしますが、これはマスクによって年齢の出やすい口元がカバーされ、実際よりも若く綺麗に見えるということを指す言葉です。

それほど、口元に深く入った法令線というのは、女性を一気に老けさせます。

この法令線が全くない人は、実年齢よりも若く見えるでしょう。

法令線ができるかどうかは、肌の乾燥や骨格上の問題、スキンケアの方法など、様々な要素が関係してきます。

セルフマッサージやスキンケアで対処できることはやっておきましょう。

スタイルをキープしている

若く見える女性は、いくつになってもスタイルをキープしています。

20代の頃と3サイズが変わらないという女性もいますが、そういった女性はみんな若く見えます。

特に、中年と言われる30代半ばの年代に入ってくると、女性も中年太りをする人が増えてきます。

どんな美人な人であっても中年太りをすると、見た目年齢は一気に上がるでしょう。

一度ついた贅肉は、ダイエットをしても若い頃のようには簡単には落ちません。

そうならない為に、食事制限や適度な運動などを取り入れスタイルをキープしている女性は、若く見えるのです。

姿勢がいい

立ち姿が凛としていて、いつも姿勢のいい女性は若く見えます。

加齢とともに腹筋や背筋などの筋力が低下してくると、綺麗な姿勢を保つことができなくなってきます。

その為、どんどん背筋が丸くなり、年齢を感じるようになってくるのです。

80代でも背筋の伸びた姿勢のいい女性は、それだけで10歳は若く見えます。

いくら肌が綺麗だったとしても、姿勢が悪ければ見た目年齢は上がります。

若く見える為には、姿勢がとても重要なのです。

日頃の運動不足を感じている人は、全身の筋力が衰えています。

軽いストレッチやウォーキングなどをして、適度に筋力を鍛えておきましょう。

フェイスラインが引き締まっている

誰しも加齢とともに地球の重力には逆らえず、フェイスラインにもたるみが出てきます。

たるみが出てくると顔全体の輪郭がぼやけてしまい、なんとなく老けた印象に。

たるみが出ることで、若いころよりも顔自体が大きくなってしまうこともあります。

しかし若く見える女性にはたるみはなく、フェイスラインがキュッと引き締まっています。

たとえ年齢を重ねていたとしても、スッキリとしたフェイスラインには若々しさが感じられるでしょう。

自分でできる簡単なエクササイズなどを取り入れ、ケアしている可能性もあるでしょう。

髪に艶がある

見た目年齢は、肌だけではなく髪の毛にも大きく関係しています。

子供のようにダメージのない艶のある健康な髪の毛は、若さの象徴とも言えます。

大人になっても潤いに満ちた髪の毛を持っている女性は、実際の年齢よりも若く見えるでしょう。

いくら肌が綺麗な状態でも、ダメージを受けたボサボサの髪の毛では台無しです。

毎日のヘアケアをしっかりとしている女性は、年齢を重ねても美しい髪をキープし、実年齢よりも若く見られているのです。

年齢相応のファッション

若く見える女性と若作りをしている女性は、全くの正反対にいるということを忘れてはいけません。

「若く見える女性=若いファッションをしている女性」ではないということです。

それどころか、年齢に合っていない若作りファッションをしている女性は、周囲から見ると逆に老けて見えるものです。

本当に若く見える女性は、自分の年齢に合ったファッションをうまく着こなし、決して無理はしていません。

年齢に合った似合うものをきちんと選択することで、最大限に自分の魅力を引き出しているのです。

表情がいきいきとしている

若く見える女性は、笑顔や話をする時の表情がとてもいきいきとしています。

何か夢中になって打ち込めるものを持っていたり、目標を持って取り組んでいることがあったりと、きっと毎日が充実しているのでしょう。

人の心は顔や表情に出てくるものです。

毎日をただなんとなく過ごしている人はその生活ぶりが表情にも表れ、周囲からは老けて見られることも多いはずです。

年齢よりも若く見える女性は、生まれ持った要素はもちろんのこと、高い美意識と内面から出る輝きを兼ね備えているのです。

いつまでも若々しくいられるかどうかは、自分次第ということが大きいのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-