【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180112173305.html
将来老け顔になる人の特徴

将来老け顔になる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
将来老け顔になる人の特徴

実際の年齢よりも上に見られてしまう顔立ちのことを「老け顔」といいます。

将来老け顔に見られてしまう可能性がある人の特徴には、どういったものがあるのでしょうか。

7つの特徴についてみていきましょう。

  • 頬骨が出ている
  • 目が大きい
  • 大きく口を開けて笑う
  • 煙草を吸っている
  • 紫外線対策を怠っている
  • 面長である
  • 髪の毛が少ない
  • まとめ

1. 頬骨が出ている

頬骨が出ている

将来老け顔になる人の特徴には、顔の骨格が関係しています。

頬骨が前に出ている骨格の人は、もともと大人っぽい印象を持っているのですが、若い頃はしっかりと顔に脂肪がついている為、それほど骨っぽさは気になりません。

しかし、年齢を重ねていくにつれて、顔についていた脂肪がどんどん落ちてくると、様子が違ってくるので注意が必要です。

脂肪が落ちたことで頬骨の高さが一層際立ち、頬だけがこけてきてしまいます。

周囲にはどこかげっそりとした印象を与え、一気に老け顔へとなってしまうのです。

2. 目が大きい

目が大きい

目がパッチリと大きいというのは、女性であれば誰もが憧れを持つ顔立ちの一つではないでしょうか。

若い頃はその大きな目が印象的で大きな魅力になるのですが、年齢を重ねてくると注意が必要です。

目元は口元と並んで年齢が出やすい部分の一つです。

大きな目の人は、加齢によって目元にシワやクマができやすく、実際の年齢よりも上に見えてしまう可能性が高くなります。

大きな目はチャームポイントですが、若いうちから対策をしておかなければ、逆に老け顔ポイントとなってしまうでしょう。

3. 大きく口を開けて笑う

大きく口を開けて笑う

顔の中でも、よく動かす目元と口元には年齢が出やすいものです。

笑う時に大きく口を開け、思いっきり笑う人は注意が必要です。

若い頃はその笑顔が太陽のように眩しく、多くの人を惹きつける魅力となっているのですが、年を重ねてくると、その笑顔が深い法令線を作る原因に!法令線は年齢サインの大きな指標なので、口元に法令線があるのと無いのとでは、全くその人に対する印象が違ってくるのです。

年齢を重ねている女優さんでも、法令線が目立たない人はとても若々しく見えますよね。

笑うことは決して悪いことではありませんが、早めにそれなりのケアをしておかなければ、将来後悔することになるでしょう。

4. 煙草を吸っている

煙草を吸っている

若い頃からヘビースモーカーとして煙草を吸っている人は、将来老け顔になる可能性が高いです。

というのも、喫煙は肌にとても大きなダメージを与えるからです。

海外では、喫煙が肌に与える影響の検証も行われており、喫煙が顔のシワやたるみ、深い法令線、色素沈着といった肌トラブルに繋がることが分かっています。

肌は顔を作っているいわば生地のようなもの。

その生地がシワシワで汚くなってしまえば、顔そのものが老けた印象になるのも当然のことです。

また、自分が煙草を吸わなくても、身近に吸っている人がいる場合には、受動喫煙の影響を受けてしまうので注意しましょう。

5. 紫外線対策を怠っている

紫外線対策を怠っている

若い頃から紫外線対策などには無頓着で、暑い日差しの中たっぷりと紫外線を浴びてきたという人は、将来老け顔になるでしょう。

紫外線が肌に及ぼす悪影響は周知の通りですが、日焼け止めを塗っているから安心というわけでもありません。

マウスを使った紫外線が肌に及ぼす実験結果では、なんと目から入った紫外線によって、他の皮膚も日焼けをしてしまうということが分かってきました。

紫外線カット効果のあるサングラスやコンタクトレンズなどを使って、目から入る紫外線にもしっかりと対策をしておくことが重要です。

紫外線対策を怠れば将来の肌はボロボロになり、老け顔になってしまうでしょう。

6. 面長である

面長である

もともと面長の人は大人びた印象を持っているので、若い頃から年齢が上に見られることも多いかもしれません。

しかし、加齢とともに顔にも重力が働くことで、頬の位置は下がり面長に拍車がかかってくるのです。

そうなると、更に老け顔が加速してしまうでしょう。

顔にもたくさんの筋肉があるので、その筋肉を鍛えることによって、顔のたるみを予防し、キュッと上がったフェイスラインを保つことは可能です。

若いうちから顔のエクササイズなどをして、今以上に面長に見えないように気を付けましょう。

7. 髪の毛が少ない

髪の毛が少ない

将来老け顔に見える特徴として挙げられるのは、なにも顔のことだけではありません。

髪の毛の量も、見た目年齢には大きく関わってくるのです。

フサフサとした髪の毛は、若々しさの象徴でもあります。

しかし残念ながら、加齢とともに髪の毛のボリュームは減ってくる人がほとんどです。

その為、もともと若いうちから髪の毛が細く量が少ないという人は、将来更にボリュームダウンしてしまい、実際の年齢よりも老けて見られることが多くなるでしょう。

薄毛や抜け毛などが気になっている人は、症状に合ったケアをしておきましょう。

まとめ

将来老け顔に見られてしまう人の特徴についてみてきましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

予防できそうなことがあれば、今のうちに早めに取り組んでおくことをおすすめします。

実際の年齢よりも上に見られてしまう顔立ちのことを「老け顔」といいます。

将来老け顔に見られてしまう可能性がある人の特徴には、どういったものがあるのでしょうか。

7つの特徴についてみていきましょう。


頬骨が出ている

将来老け顔になる人の特徴には、顔の骨格が関係しています。

頬骨が前に出ている骨格の人は、もともと大人っぽい印象を持っているのですが、若い頃はしっかりと顔に脂肪がついている為、それほど骨っぽさは気になりません。

しかし、年齢を重ねていくにつれて、顔についていた脂肪がどんどん落ちてくると、様子が違ってくるので注意が必要です。

脂肪が落ちたことで頬骨の高さが一層際立ち、頬だけがこけてきてしまいます。

周囲にはどこかげっそりとした印象を与え、一気に老け顔へとなってしまうのです。

目が大きい

目がパッチリと大きいというのは、女性であれば誰もが憧れを持つ顔立ちの一つではないでしょうか。

若い頃はその大きな目が印象的で大きな魅力になるのですが、年齢を重ねてくると注意が必要です。

目元は口元と並んで年齢が出やすい部分の一つです。

大きな目の人は、加齢によって目元にシワやクマができやすく、実際の年齢よりも上に見えてしまう可能性が高くなります。

大きな目はチャームポイントですが、若いうちから対策をしておかなければ、逆に老け顔ポイントとなってしまうでしょう。

大きく口を開けて笑う

顔の中でも、よく動かす目元と口元には年齢が出やすいものです。

笑う時に大きく口を開け、思いっきり笑う人は注意が必要です。

若い頃はその笑顔が太陽のように眩しく、多くの人を惹きつける魅力となっているのですが、年を重ねてくると、その笑顔が深い法令線を作る原因に!法令線は年齢サインの大きな指標なので、口元に法令線があるのと無いのとでは、全くその人に対する印象が違ってくるのです。

年齢を重ねている女優さんでも、法令線が目立たない人はとても若々しく見えますよね。

笑うことは決して悪いことではありませんが、早めにそれなりのケアをしておかなければ、将来後悔することになるでしょう。

煙草を吸っている

若い頃からヘビースモーカーとして煙草を吸っている人は、将来老け顔になる可能性が高いです。

というのも、喫煙は肌にとても大きなダメージを与えるからです。

海外では、喫煙が肌に与える影響の検証も行われており、喫煙が顔のシワやたるみ、深い法令線、色素沈着といった肌トラブルに繋がることが分かっています。

肌は顔を作っているいわば生地のようなもの。

その生地がシワシワで汚くなってしまえば、顔そのものが老けた印象になるのも当然のことです。

また、自分が煙草を吸わなくても、身近に吸っている人がいる場合には、受動喫煙の影響を受けてしまうので注意しましょう。

紫外線対策を怠っている

若い頃から紫外線対策などには無頓着で、暑い日差しの中たっぷりと紫外線を浴びてきたという人は、将来老け顔になるでしょう。

紫外線が肌に及ぼす悪影響は周知の通りですが、日焼け止めを塗っているから安心というわけでもありません。

マウスを使った紫外線が肌に及ぼす実験結果では、なんと目から入った紫外線によって、他の皮膚も日焼けをしてしまうということが分かってきました。

紫外線カット効果のあるサングラスやコンタクトレンズなどを使って、目から入る紫外線にもしっかりと対策をしておくことが重要です。

紫外線対策を怠れば将来の肌はボロボロになり、老け顔になってしまうでしょう。

面長である

もともと面長の人は大人びた印象を持っているので、若い頃から年齢が上に見られることも多いかもしれません。

しかし、加齢とともに顔にも重力が働くことで、頬の位置は下がり面長に拍車がかかってくるのです。

そうなると、更に老け顔が加速してしまうでしょう。

顔にもたくさんの筋肉があるので、その筋肉を鍛えることによって、顔のたるみを予防し、キュッと上がったフェイスラインを保つことは可能です。

若いうちから顔のエクササイズなどをして、今以上に面長に見えないように気を付けましょう。

髪の毛が少ない

将来老け顔に見える特徴として挙げられるのは、なにも顔のことだけではありません。

髪の毛の量も、見た目年齢には大きく関わってくるのです。

フサフサとした髪の毛は、若々しさの象徴でもあります。

しかし残念ながら、加齢とともに髪の毛のボリュームは減ってくる人がほとんどです。

その為、もともと若いうちから髪の毛が細く量が少ないという人は、将来更にボリュームダウンしてしまい、実際の年齢よりも老けて見られることが多くなるでしょう。

薄毛や抜け毛などが気になっている人は、症状に合ったケアをしておきましょう。

将来老け顔に見られてしまう人の特徴についてみてきましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

予防できそうなことがあれば、今のうちに早めに取り組んでおくことをおすすめします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-