【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180112115109.html
苦い経験をすることが多い人の特徴

苦い経験をすることが多い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
苦い経験をすることが多い人の特徴

毎日ハッピーな気分で生きている人もいれば苦い経験ばかりをしているような人もいます。

苦い経験を多くする人というのはどこかに問題があるのでしょうか。

次の7つのポイントを考察してみましょう。

  • チャレンジ精神がある
  • 計画性がない
  • 人と違うことがしたい
  • 海外旅行大好きの冒険家
  • 感情で動く人と一緒に行動する
  • ルールを守ろうとしない
  • ケチる人
  • まとめ

1. チャレンジ精神がある

チャレンジ精神がある

未知の領域に果敢に挑戦するチャレンジ精神を持っている人というのは夢があり大きな目標を持っています。

新しいことをすることで強い刺激を受けるし、それは楽しくわくわくすることでしょう。

ですが大きな壁にぶつかることが多く、時には苦い経験をしてしまうことを避けることは難しいものです。

試行錯誤であるゆえの結果であり、そうした苦い経験や失敗、上手くいかないことから教訓を学んで、今後に活かすことができるのでありそれは無駄ではありませんが、その苦い経験は程度によってはかなりの挫折を味わうことになるかもしれません。

2. 計画性がない

計画性がない

苦い経験をしてしまうのは、計画性のない行動をしてしまうからです。

朝出かける前にちょっと天気予報をチェックしておけば、今日は午後から雨が降るということがわかり傘を持っていくことができますが、そうした意識が全くないと帰宅の時には傘がなくて雨に濡れてしまうことでしょう。

身近な苦い経験はいろいろなことを想定したり、危険を察知する能力も関係してきますが、計画的に行動できる人は苦い経験をしなくて済むことが多いのに対して、後先をあまり考えずになんでも行動してしまう人は苦い経験、時には笑えないような苦しみを経験してしまうかもしれません。

3. 人と違うことがしたい

人と違うことがしたい

単調な生活が嫌でなにか人と違うことをしてそれを自分の個性としたいと考えている人は発想が奇抜だったり、普通の人がしないようなことをするので刺激はあるとはいえ苦い経験をすることは少なくないでしょう。

人と同じことをする生活パターンは確かに苦い経験をしないかもしれず無理をしないのですが、人と違うことというのは、やはり経験することも普通ではないことが多いものです。

4. 海外旅行大好きの冒険家

海外旅行大好きの冒険家

異文化大好きの海外旅行好きな人はバックパック1つでいろいろな国を旅行して楽しむかもしれませんが、そのようなエリアでは日本での常識は全く通用しないことが多く、コミュニケーションが上手く取れないことでパニックになってしまうことさえあります。

貴重品を落とすとか、インターネットがつながるところがない、ホテルが汚い、病気になってしまった、誘拐されそうになったなど、海外旅行では何が起きるかわかりません。

万全の備えをすることが重要ですが、それだけ準備をしていてもトラブルに見舞われることはあり、苦い経験をしてしまうかもしれません。

5. 感情で動く人と一緒に行動する

感情で動く人と一緒に行動する

感情で動き気分屋なところのある人と一緒に行動すると振り回されて苦い経験をすることがあります。

急に計画を変更したり、わがままを言ったりすることが多く、楽しいはずのお出かけがその人の乱す行動によって台無しになってしまうのです。

気分がコロコロ変わり、あれをしたいとかあれをしたくないなど、自分勝手に振舞う人と行動をするとろくなことがなく、苦い経験をさせられてしまうでしょう。

6. ルールを守ろうとしない

ルールを守ろうとしない

ルールというのはマナーであり、またそれは法律だったりしますが、それがあることで秩序が守られているところがあります。

ですがそうしたものを無視して守ろうとしない人というのは苦い経験をすることが多いでしょう。

誰も見ていないからと信号を無視したり、またゴミをそこらに平気でポイ捨てをするなどのことを繰り返していると、遅かれ早かれそうした悪い行動の実を刈り取ることになり、痛い思いをしてしまうものです。

ルールを守ろうとせずに自分の都合のように行動する人は、それが生活のいろいろな部分に表れて失敗してしまうことでしょう。

7. ケチる人

ケチる人

ケチる人も苦い経験をすることが多いです。

ちょっとケチって見た目はあまり変わらない商品の安い方を選ぶと、すぐに故障してしまったり、安物ばかりに飛びつく傾向のある人は、結局クオリティの良くないものを選び、質の良くないもので我慢することになりかねません。

近くはない距離をケチって歩くことをすれば疲れてその後の動きがつらくなったり、節約し過ぎてろくに栄養のあるものを食べることをしなければ体調不良になってしまうことさえあるでしょう。

お金を使うべきところに使うことをしないと苦い経験をすることになりやすいのです。

まとめ

苦い経験をしてしまう人は、後先を考えないとか自分勝手に振舞ってしまう、また新しいことにチャレンジするゆえにそうした経験をすることがあります。

とはいえ苦い経験を無駄にしないためにも、どこがいけなかったのかということを分析して今後の教訓として活かすことができれば、それはその人の成長につながることであり、次回は同じ失敗をしないような知恵を身に着けることになります。

人生は勉強であり苦い経験をしないとわからないことは多々あります。

毎日ハッピーな気分で生きている人もいれば苦い経験ばかりをしているような人もいます。

苦い経験を多くする人というのはどこかに問題があるのでしょうか。

次の7つのポイントを考察してみましょう。


チャレンジ精神がある

未知の領域に果敢に挑戦するチャレンジ精神を持っている人というのは夢があり大きな目標を持っています。

新しいことをすることで強い刺激を受けるし、それは楽しくわくわくすることでしょう。

ですが大きな壁にぶつかることが多く、時には苦い経験をしてしまうことを避けることは難しいものです。

試行錯誤であるゆえの結果であり、そうした苦い経験や失敗、上手くいかないことから教訓を学んで、今後に活かすことができるのでありそれは無駄ではありませんが、その苦い経験は程度によってはかなりの挫折を味わうことになるかもしれません。

計画性がない

苦い経験をしてしまうのは、計画性のない行動をしてしまうからです。

朝出かける前にちょっと天気予報をチェックしておけば、今日は午後から雨が降るということがわかり傘を持っていくことができますが、そうした意識が全くないと帰宅の時には傘がなくて雨に濡れてしまうことでしょう。

身近な苦い経験はいろいろなことを想定したり、危険を察知する能力も関係してきますが、計画的に行動できる人は苦い経験をしなくて済むことが多いのに対して、後先をあまり考えずになんでも行動してしまう人は苦い経験、時には笑えないような苦しみを経験してしまうかもしれません。

人と違うことがしたい

単調な生活が嫌でなにか人と違うことをしてそれを自分の個性としたいと考えている人は発想が奇抜だったり、普通の人がしないようなことをするので刺激はあるとはいえ苦い経験をすることは少なくないでしょう。

人と同じことをする生活パターンは確かに苦い経験をしないかもしれず無理をしないのですが、人と違うことというのは、やはり経験することも普通ではないことが多いものです。

海外旅行大好きの冒険家

異文化大好きの海外旅行好きな人はバックパック1つでいろいろな国を旅行して楽しむかもしれませんが、そのようなエリアでは日本での常識は全く通用しないことが多く、コミュニケーションが上手く取れないことでパニックになってしまうことさえあります。

貴重品を落とすとか、インターネットがつながるところがない、ホテルが汚い、病気になってしまった、誘拐されそうになったなど、海外旅行では何が起きるかわかりません。

万全の備えをすることが重要ですが、それだけ準備をしていてもトラブルに見舞われることはあり、苦い経験をしてしまうかもしれません。

感情で動く人と一緒に行動する

感情で動き気分屋なところのある人と一緒に行動すると振り回されて苦い経験をすることがあります。

急に計画を変更したり、わがままを言ったりすることが多く、楽しいはずのお出かけがその人の乱す行動によって台無しになってしまうのです。

気分がコロコロ変わり、あれをしたいとかあれをしたくないなど、自分勝手に振舞う人と行動をするとろくなことがなく、苦い経験をさせられてしまうでしょう。

ルールを守ろうとしない

ルールというのはマナーであり、またそれは法律だったりしますが、それがあることで秩序が守られているところがあります。

ですがそうしたものを無視して守ろうとしない人というのは苦い経験をすることが多いでしょう。

誰も見ていないからと信号を無視したり、またゴミをそこらに平気でポイ捨てをするなどのことを繰り返していると、遅かれ早かれそうした悪い行動の実を刈り取ることになり、痛い思いをしてしまうものです。

ルールを守ろうとせずに自分の都合のように行動する人は、それが生活のいろいろな部分に表れて失敗してしまうことでしょう。

ケチる人

ケチる人も苦い経験をすることが多いです。

ちょっとケチって見た目はあまり変わらない商品の安い方を選ぶと、すぐに故障してしまったり、安物ばかりに飛びつく傾向のある人は、結局クオリティの良くないものを選び、質の良くないもので我慢することになりかねません。

近くはない距離をケチって歩くことをすれば疲れてその後の動きがつらくなったり、節約し過ぎてろくに栄養のあるものを食べることをしなければ体調不良になってしまうことさえあるでしょう。

お金を使うべきところに使うことをしないと苦い経験をすることになりやすいのです。

苦い経験をしてしまう人は、後先を考えないとか自分勝手に振舞ってしまう、また新しいことにチャレンジするゆえにそうした経験をすることがあります。

とはいえ苦い経験を無駄にしないためにも、どこがいけなかったのかということを分析して今後の教訓として活かすことができれば、それはその人の成長につながることであり、次回は同じ失敗をしないような知恵を身に着けることになります。

人生は勉強であり苦い経験をしないとわからないことは多々あります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-