【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180111164915.html
気分の浮き沈みが激しい人の特徴

気分の浮き沈みが激しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
気分の浮き沈みが激しい人の特徴

身近な人で浮き沈みの激しい家族や友人はいませんか?

ストレスなどから精神が安定せずに、気分の浮き沈みが激しい人は少なくありません。

今回はそんな浮き沈みが激しい人の特徴をみていきます。

  • すごくネガティブな人
  • テンションが高い時と低い時の差がすごい人
  • 感情表現豊かな人
  • ヒステリックな人
  • 忍耐力がない人
  • ストレスを感じやすい人
  • 自己中心的な人
  • つねに誰かに気にかけて欲しい願望がある人
  • まとめ

1. すごくネガティブな人

すごくネガティブな人

気分の浮き沈みの激しい人の特徴として、第一にあげられるのはすごくネガティブな人です。

何をするにしてもマイナスなことしか言わず、物事が少しでも上手くいかないと自分のせいだと究極に落ち込み、立ち直るのに時間がかかります。

普通に接してると感じなくても、うまくいかないことが起こるとネガティブな人は、テンションがどん底まで落ちてしまい、浮き沈みが激しいです。

フォローを入れたところで、自分が納得するまでに時間がかかるのでそっとしておくのが一番。

落ち込んだ時の取り扱いは要注意です。

2. テンションが高い時と低い時の差がすごい人

テンションが高い時と低い時の差がすごい人

楽しい時はものすごくハイテンションになり、周りを盛り上げてくれるのですが、反対にテンションが落ちると極端に気分の浮き沈みが激しくなる高低差が激しい人があげられます。

テンションが極端に変わるのでわかりやすいのですが、気分が沈んでしまうと通常のテンションに戻すのがなかなか大変です。

3. 感情表現豊かな人

感情表現豊かな人

感情表現豊かな人は、気分がその時その時でコロコロ変わり、気分の浮き沈みが激しいです。

しかし、これまで2つほど特徴を上げてきたタイプと違って立ち直りは早いです。

感情がコロコロ変わり、目まぐるしく変わるので何を考えているか読み取りにくいですが、表情などをみるとすぐに機嫌がわかります。

言葉の通り、感情表現が豊かなので嬉しい時はすごく喜び、気分が沈んだ時はとことん落ち込みます。

しかし、後に引きずらないタイプなのでさぼど気に止めなくても大丈夫なタイプです。

4. ヒステリックな人

ヒステリックな人

感情の浮き沈みの激しい人は、ヒステリックな人も多いです。

怒ると感情をむき出しにして人の制止を聞かずして、相手に言いたいことを何も考えずにどんどん言っていきます。

そして、我に帰った時にとても落ち込んだら反省したりします。

ヒステリックを起こす人はストレスからくることが多く、自分の感情をコントロールできずに起こってしまいます。

気分の浮き沈みも激しく、落ち着かせることが大切です。

5. 忍耐力がない人

忍耐力がない人

感情の浮き沈みが激しい人は、我慢が苦手です。

忍耐力がなく、我慢することにストレスを感じ、次第に自分の感情を抑えることが難しくなり、気分の浮き沈みが激しくなります。

忍耐力がある人は、自分の感情を上手にコントロールすることができるので、気分が沈んでたとしても他人に見せることはありません。

しかし、我慢が苦手で忍耐力のない人は感情が表に出てしまい、気分の浮き沈みが明らみになってしまいます。

6. ストレスを感じやすい人

ストレスを感じやすい人

仕事やプライベート、様々なストレスが考えられますが、ストレスを感じやすい人は気分の浮き沈みが激しいです。

ストレスを感じると気持ちのコントロールが難しくなり、イライラしがちになります。

ストレスが溜まっていくと、自分では意識していなくても気分がどんどん沈んでいき、どん底までさがっていきます。

ストレスを我慢していくと精神病にも関わってくるので、気分の浮き沈みが激しくなってきたら要注意です。

7. 自己中心的な人

自己中心的な人

気分の浮き沈みが激しい人の特徴として次にあげられるのが、自分の思い通りにならないとイライラする自己中心的な人です。

自分が思うようにいかなかったり、他人が自分の思い通りにしてくれないと機嫌を損ない気分が沈み、怒り出したり、感情を制御することができず、気分が極端に変わりがちです。

8. つねに誰かに気にかけて欲しい願望がある人

つねに誰かに気にかけて欲しい願望がある人

気分の起伏が激しい人の特徴として最後にあげられるのが、常に誰かに注目を浴びたかったり、気にかけて欲しい人です。

本人は意識していなくても無意識に注目してもらおうと感情を露わにし、気分の浮き沈みが激しくなるようです。

寂しがりやで構って欲しい人に多いと言えます。

意図的に気にかけて欲しいがためにそう言った行為を取るケースもありますが、無意識に注目を浴びたいがために感情をコントロールできず起伏が激しくなるけーすもあり、どちらにせよタチが悪いです。

まとめ

気分の浮き沈みが激しい人の特徴を8つ上げてきました。

ストレスからくるものや自己中心的なものが多い気がします。

男性と女性とでは女性の方が圧倒的に気分の浮き沈みが激しい人が多く感じられます。

生理前の女性は、ホルモンバランスが崩れて、気分の浮き沈みが激しいと聞きますが、それとは別に寂しがり屋でだれか構って欲しい、誰かに注目してされたい、感情を自分で抑えることができないと色々な理由から気分の浮き沈みが激しくなるようです。

男性は女性と違い、感情をあまり表に出しません。

逆な女性は感情表現豊かです表に感情を出すのが上手いです。

気分の浮き沈みが激しいのは女性が多い理由はそう言ったことだと言えます。

身近な人で浮き沈みの激しい家族や友人はいませんか?

ストレスなどから精神が安定せずに、気分の浮き沈みが激しい人は少なくありません。

今回はそんな浮き沈みが激しい人の特徴をみていきます。


すごくネガティブな人

気分の浮き沈みの激しい人の特徴として、第一にあげられるのはすごくネガティブな人です。

何をするにしてもマイナスなことしか言わず、物事が少しでも上手くいかないと自分のせいだと究極に落ち込み、立ち直るのに時間がかかります。

普通に接してると感じなくても、うまくいかないことが起こるとネガティブな人は、テンションがどん底まで落ちてしまい、浮き沈みが激しいです。

フォローを入れたところで、自分が納得するまでに時間がかかるのでそっとしておくのが一番。

落ち込んだ時の取り扱いは要注意です。

テンションが高い時と低い時の差がすごい人

楽しい時はものすごくハイテンションになり、周りを盛り上げてくれるのですが、反対にテンションが落ちると極端に気分の浮き沈みが激しくなる高低差が激しい人があげられます。

テンションが極端に変わるのでわかりやすいのですが、気分が沈んでしまうと通常のテンションに戻すのがなかなか大変です。

感情表現豊かな人

感情表現豊かな人は、気分がその時その時でコロコロ変わり、気分の浮き沈みが激しいです。

しかし、これまで2つほど特徴を上げてきたタイプと違って立ち直りは早いです。

感情がコロコロ変わり、目まぐるしく変わるので何を考えているか読み取りにくいですが、表情などをみるとすぐに機嫌がわかります。

言葉の通り、感情表現が豊かなので嬉しい時はすごく喜び、気分が沈んだ時はとことん落ち込みます。

しかし、後に引きずらないタイプなのでさぼど気に止めなくても大丈夫なタイプです。

ヒステリックな人

感情の浮き沈みの激しい人は、ヒステリックな人も多いです。

怒ると感情をむき出しにして人の制止を聞かずして、相手に言いたいことを何も考えずにどんどん言っていきます。

そして、我に帰った時にとても落ち込んだら反省したりします。

ヒステリックを起こす人はストレスからくることが多く、自分の感情をコントロールできずに起こってしまいます。

気分の浮き沈みも激しく、落ち着かせることが大切です。

忍耐力がない人

感情の浮き沈みが激しい人は、我慢が苦手です。

忍耐力がなく、我慢することにストレスを感じ、次第に自分の感情を抑えることが難しくなり、気分の浮き沈みが激しくなります。

忍耐力がある人は、自分の感情を上手にコントロールすることができるので、気分が沈んでたとしても他人に見せることはありません。

しかし、我慢が苦手で忍耐力のない人は感情が表に出てしまい、気分の浮き沈みが明らみになってしまいます。

ストレスを感じやすい人

仕事やプライベート、様々なストレスが考えられますが、ストレスを感じやすい人は気分の浮き沈みが激しいです。

ストレスを感じると気持ちのコントロールが難しくなり、イライラしがちになります。

ストレスが溜まっていくと、自分では意識していなくても気分がどんどん沈んでいき、どん底までさがっていきます。

ストレスを我慢していくと精神病にも関わってくるので、気分の浮き沈みが激しくなってきたら要注意です。

自己中心的な人

気分の浮き沈みが激しい人の特徴として次にあげられるのが、自分の思い通りにならないとイライラする自己中心的な人です。

自分が思うようにいかなかったり、他人が自分の思い通りにしてくれないと機嫌を損ない気分が沈み、怒り出したり、感情を制御することができず、気分が極端に変わりがちです。

つねに誰かに気にかけて欲しい願望がある人

気分の起伏が激しい人の特徴として最後にあげられるのが、常に誰かに注目を浴びたかったり、気にかけて欲しい人です。

本人は意識していなくても無意識に注目してもらおうと感情を露わにし、気分の浮き沈みが激しくなるようです。

寂しがりやで構って欲しい人に多いと言えます。

意図的に気にかけて欲しいがためにそう言った行為を取るケースもありますが、無意識に注目を浴びたいがために感情をコントロールできず起伏が激しくなるけーすもあり、どちらにせよタチが悪いです。

気分の浮き沈みが激しい人の特徴を8つ上げてきました。

ストレスからくるものや自己中心的なものが多い気がします。

男性と女性とでは女性の方が圧倒的に気分の浮き沈みが激しい人が多く感じられます。

生理前の女性は、ホルモンバランスが崩れて、気分の浮き沈みが激しいと聞きますが、それとは別に寂しがり屋でだれか構って欲しい、誰かに注目してされたい、感情を自分で抑えることができないと色々な理由から気分の浮き沈みが激しくなるようです。

男性は女性と違い、感情をあまり表に出しません。

逆な女性は感情表現豊かです表に感情を出すのが上手いです。

気分の浮き沈みが激しいのは女性が多い理由はそう言ったことだと言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-