【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180111164705.html
リアクションが大きい人の特徴

リアクションが大きい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
リアクションが大きい人の特徴

誰の周りにもいるリアクションが大きい人は自分の印象を残しやすいので特徴もはっきりしています。

まとめてみましたのでどんな人なのか覗いてみてください。

  • 今の状況を盛り上げようとしている
  • 大げさで嘘っぽい人だと思われやすい
  • クールな人からは暑苦しいと嫌われることがある
  • その言動の面白さで人気者にもなれる
  • 自分のしたことが確実に伝わったと思わせることができる
  • サービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているかも
  • ちょっとからかい半分で聞いている
  • 周りが求める自分を予想して合わせている
  • まとめ

1. 今の状況を盛り上げようとしている

今の状況を盛り上げようとしている

リアクションが大きい人は今の状況を盛り上げようと頑張っているのだと考えられます。

だとしたら相手に好意があり気の利く優しい人だと言えます。

しらけた空気を変えるべく自らが恥をかいてでも盛り上がってくれればいいと思っており、好きな異性や我が子、親友のために笑わせたり驚いて見せてあげようと尽くします。

相手はウケたと感じて気分が良くなり、安心して一緒に盛り上がることができます。

2. 大げさで嘘っぽい人だと思われやすい

大げさで嘘っぽい人だと思われやすい

リアクションが大きい人に対して大げさだとか嘘っぽいと感じる人も多く、無意識でも意識的でも少なからず損をしている可能性もあります。

意識的にやっている場合は良かれと思ってやっているので大げさと言われてむっとしてしまいます。

時には相手をバカにするためにリアクションを大きくして攻撃することもあり、表情や言葉の言い回しに本音が出てしまうこともあります。

3. クールな人からは暑苦しいと嫌われることがある

クールな人からは暑苦しいと嫌われることがある

クールな人からは暑苦しいヤツだと嫌われてしまうこともあるのが特徴のひとつです。

大きいリアクションは声も手振りも大きくて見ているだけでおなかいっぱいになってしまいます。

大した話の内容ではなくても大きなことのように膨らまされるため、ネタを提供した側は大きなリアクションを見て恥ずかしく思うこともあります。

本人は大きなリアクションでサービスしているつもりである場合もあり、そんな時はしつこくこちらの反応をうかがってきてうざくなってしまいます。

4. その言動の面白さで人気者にもなれる

その言動の面白さで人気者にもなれる

リアクションが大きい人は見た目だけではなく言葉での返しもバツグンです。

そのため、その言動の面白さでクラスや職場、仲間内で人気者にもなれます。

話す側はどうせならつまらなそうに話を聞かれるより反応してくれる方が嬉しいと感じます。

わかりやすいリアクションが返ってくるとまたあの子に話したい、もっと大きな反応を見てみたいとどんどん期待が膨らんでいきます。

5. 自分のしたことが確実に伝わったと思わせることができる

自分のしたことが確実に伝わったと思わせることができる

リアクションが大きいことによって、相手に「確実に伝わっていますよ」というメッセージを送ることにもなるので安心させてあげることができます。

人は誰だって聞いてくれているのか不安な状態で話を続けたいとは思いません。

それに、自分の話がどんな風に伝わっているか気になりますし、どう感じたかわかりやすく表現してもらうことで改めて考え直したり参考にすることができます。

大きいリアクションはそんな風に相手を迷わせることなく相手を救うことにもなります。

6. サービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているかも

サービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているかも

いつも大きなリアクションをして見せるのはかなり疲れることでしょう。

しゃべる言葉が多いから、からだの動きで表現するからというばかりではありません。

リアクションが大きい人はサービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているのです。

リアクションをしてあげなければという使命感や義務感によって追い込まれ、精神的ストレスを抱えてしまうことがあります。

自分で自分を楽しめるくらいではないとなかなか長続きしないというのも特徴ではないでしょうか。

7. ちょっとからかい半分で聞いている

ちょっとからかい半分で聞いている

リアクションが大きい人を見ているとちょっとからかい半分で聞いているように思うことがあります。

それほどの話でもないのでそんなに反応されると相手は傷ついてしまうことがあるのです。

軽い話はさらっと流してくれた方が恥ずかしい思いをせず自然と次の話へ移ることができますが、いちいちリアクションをされて話が止まり、どこまで話したか、この後どんなテンションで話したらいいのか戸惑ってしまいます。

8. 周りが求める自分を予想して合わせている

周りが求める自分を予想して合わせている

「あの人ならいい反応をしてくれるだろう」とか「面白いリアクションが見れそう!」と求められてしまう人も中にはおり、周りが求める自分がきっとこんな感じだろうと先に予想して必要もないのに合わせてしまっているということもあります。

ピエロになれと言われていないのに自らピエロを演じてしまうということです。

そのせいで出しゃばりだとかやけにテンションの高い人と勘違いされることもあります。

まとめ

リアクションが大きいと話した方は自分の話題がウケたと感じて気分を良くすることが多いものです。

しかし、中には自分に自信がなく「何だよ嘘のくせに…」とますます落ち込んでしまうような人もいるので適度なリアクションは難しいと思っておきましょう。

相手が望むリアクションをしてあげるのが最も安全で喜ばれます。

時には反応を控えめにして聞き流してあげるべき内容の時もあります。

ただリアクションが大きいうるさいだけの人にはなりたくないですね。

誰の周りにもいるリアクションが大きい人は自分の印象を残しやすいので特徴もはっきりしています。

まとめてみましたのでどんな人なのか覗いてみてください。


今の状況を盛り上げようとしている

リアクションが大きい人は今の状況を盛り上げようと頑張っているのだと考えられます。

だとしたら相手に好意があり気の利く優しい人だと言えます。

しらけた空気を変えるべく自らが恥をかいてでも盛り上がってくれればいいと思っており、好きな異性や我が子、親友のために笑わせたり驚いて見せてあげようと尽くします。

相手はウケたと感じて気分が良くなり、安心して一緒に盛り上がることができます。

大げさで嘘っぽい人だと思われやすい

リアクションが大きい人に対して大げさだとか嘘っぽいと感じる人も多く、無意識でも意識的でも少なからず損をしている可能性もあります。

意識的にやっている場合は良かれと思ってやっているので大げさと言われてむっとしてしまいます。

時には相手をバカにするためにリアクションを大きくして攻撃することもあり、表情や言葉の言い回しに本音が出てしまうこともあります。

クールな人からは暑苦しいと嫌われることがある

クールな人からは暑苦しいヤツだと嫌われてしまうこともあるのが特徴のひとつです。

大きいリアクションは声も手振りも大きくて見ているだけでおなかいっぱいになってしまいます。

大した話の内容ではなくても大きなことのように膨らまされるため、ネタを提供した側は大きなリアクションを見て恥ずかしく思うこともあります。

本人は大きなリアクションでサービスしているつもりである場合もあり、そんな時はしつこくこちらの反応をうかがってきてうざくなってしまいます。

その言動の面白さで人気者にもなれる

リアクションが大きい人は見た目だけではなく言葉での返しもバツグンです。

そのため、その言動の面白さでクラスや職場、仲間内で人気者にもなれます。

話す側はどうせならつまらなそうに話を聞かれるより反応してくれる方が嬉しいと感じます。

わかりやすいリアクションが返ってくるとまたあの子に話したい、もっと大きな反応を見てみたいとどんどん期待が膨らんでいきます。

自分のしたことが確実に伝わったと思わせることができる

リアクションが大きいことによって、相手に「確実に伝わっていますよ」というメッセージを送ることにもなるので安心させてあげることができます。

人は誰だって聞いてくれているのか不安な状態で話を続けたいとは思いません。

それに、自分の話がどんな風に伝わっているか気になりますし、どう感じたかわかりやすく表現してもらうことで改めて考え直したり参考にすることができます。

大きいリアクションはそんな風に相手を迷わせることなく相手を救うことにもなります。

サービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているかも

いつも大きなリアクションをして見せるのはかなり疲れることでしょう。

しゃべる言葉が多いから、からだの動きで表現するからというばかりではありません。

リアクションが大きい人はサービス精神旺盛な自分にちょっと疲れているのです。

リアクションをしてあげなければという使命感や義務感によって追い込まれ、精神的ストレスを抱えてしまうことがあります。

自分で自分を楽しめるくらいではないとなかなか長続きしないというのも特徴ではないでしょうか。

ちょっとからかい半分で聞いている

リアクションが大きい人を見ているとちょっとからかい半分で聞いているように思うことがあります。

それほどの話でもないのでそんなに反応されると相手は傷ついてしまうことがあるのです。

軽い話はさらっと流してくれた方が恥ずかしい思いをせず自然と次の話へ移ることができますが、いちいちリアクションをされて話が止まり、どこまで話したか、この後どんなテンションで話したらいいのか戸惑ってしまいます。

周りが求める自分を予想して合わせている

「あの人ならいい反応をしてくれるだろう」とか「面白いリアクションが見れそう!」と求められてしまう人も中にはおり、周りが求める自分がきっとこんな感じだろうと先に予想して必要もないのに合わせてしまっているということもあります。

ピエロになれと言われていないのに自らピエロを演じてしまうということです。

そのせいで出しゃばりだとかやけにテンションの高い人と勘違いされることもあります。

リアクションが大きいと話した方は自分の話題がウケたと感じて気分を良くすることが多いものです。

しかし、中には自分に自信がなく「何だよ嘘のくせに…」とますます落ち込んでしまうような人もいるので適度なリアクションは難しいと思っておきましょう。

相手が望むリアクションをしてあげるのが最も安全で喜ばれます。

時には反応を控えめにして聞き流してあげるべき内容の時もあります。

ただリアクションが大きいうるさいだけの人にはなりたくないですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-