【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109183027.html
黒髪美人になる方法

黒髪美人になる方法 | LADYCO

LADYCO
黒髪美人になる方法

黒髪美人は清楚できれいなイメージがあり、とても憧れます。

芸能人でも黒髪が似合う女性は人気がありますね。

日本女性で美人といったらきれいな黒髪です。

では黒髪が似合う女性の条件とは一体どういったものなのでしょうか。

それが解れば黒髪美人になれるかもしれません。

いくつかその特徴を考えて行きたいと思います。

  • 顔がアジア系、可愛いというより綺麗といった形容詞が当てはまる
  • 目鼻立ちがはっきりしている
  • 目の色が黒目がち
  • 髪質を柔らかくする
  • トータルコーディネートも考える
  • 髪型も重要
  • 地毛が黒いならニュアンスカラーでマニキュアを入れる
  • 髪のつやが綺麗
  • 地肌が清潔
  • まとめ

1. 顔がアジア系、可愛いというより綺麗といった形容詞が当てはまる

顔がアジア系、可愛いというより綺麗といった形容詞が当てはまる

そもそもの顔立ちが「綺麗」「美人」といいった形容詞が当てはまる人は黒髪が似合うといって良いでしょう。

日本美人という言葉もありますが、東洋系に多い顔立ちです。

涼しい顔立ちといったように言われることもあります。

ですから黒髪美人を目指したかったら、顔立ちも考慮にいれるべきです。

もしもご自身がこれに当てはまらない場合はメイクなどを研究して工夫しましょう。

ファンデーションの色、アイシャドウの色などです。

色白な人が似合う可能性が高いので美白も有効です。

黒髪の似合う芸能人を参考にしてみましょう。

2. 目鼻立ちがはっきりしている

目鼻立ちがはっきりしている

黒髪ということは、そこを誇張しています。

沖縄美人や秋田美人に代表されるように黒い髪色に負けない、顔のパーツのインパクトが大事です。

目が大きい、鼻が高い、唇が厚いなどです。

まだ全体的に身長が高くて骨格がしっかりしている人に似合い易いのでそういった人はチャレンジしやすいでしょう。

スポーツが得意だった人などは似合いそうですね。

3. 目の色が黒目がち

目の色が黒目がち

目の色とのコントラストが大事です。

瞳の色素が薄ければそれだけ茶髪の方が馴染みやすくなります。

自分の瞳が茶色いけれど、どうしても黒髪にしたい場合はコンタクトレンズなども便利です。

優しい眼差しをもっている人よりもクールな印象の方が似合います。

まつげに付けるマスカラはカラーの付いている色味のものよりも黒いものを。

凛とした目力が必要かもしれませんね。

4. 髪質を柔らかくする

髪質を柔らかくする

黒髪でも、剛毛で縮れ毛、手入れが行き届いていないといった風に、滑らかではない毛質ですとマイナスポイントです。

ストレートパーマや縮毛矯正などを利用して毛質を整えることも重要です。

またはウエーブの大きいパーマなど、重くならない工夫が必要です。

こういった技術を取り入れることで黒髪でも重くなりすぎず自然に仕上がります。

美容室でお気に入りの美容師さんに相談してみましょう。

5. トータルコーディネートも考える

トータルコーディネートも考える

髪の毛だけが黒いのも全体的に浮きやすいので注意です。

洋服の配色、靴の色などにも気を配りましょう。

黒は無彩色ですのでどの色でも相性が良いはずですが、全体的に上であるトップの部分が黒い訳ですからそこには重圧感があります。

同じく無彩色であるグレーや白を上手に使って、他の色と取り入れていくとバランス良く仕上がります。

6. 髪型も重要

髪型も重要

ショートカットやボブスタイルなら比較的誰にでも取り入れやすい黒髪スタイルです。

黒髪でロングですとその分のお手入れも大変。

しかもそれを怠ると不潔なイメージに繋がり兼ねません。

黒い部分を少なくすることでチャレンジしやすくなりますから、試してみましょう。

シャギーやレイヤーは軽くみせてくれるテクニックの一つですから是非活用してみましょう。

7. 地毛が黒いならニュアンスカラーでマニキュアを入れる

地毛が黒いならニュアンスカラーでマニキュアを入れる。<br><br>

からすの濡れ羽色といった言葉をご存じですか?

その意味合いは以外にも真っ黒では無くてブルーや緑がかっている黒の事も指します。

ですから、白髪がなくて地毛が黒い人はヘアダイではなくて、ヘアマニキュアを利用して「ブルーブラック」「グリーンブラック」で黒髪を演出することも視野に入れると良いでしょう。

8. 髪のつやが綺麗

髪のつやが綺麗

髪自体が健康でキューティクルが整っている人も似合うと言えるでしょう。

枝毛は大敵です。

日頃からトリートメントをしっかりして栄養を入れ込んでおくとスルスルときれいな黒髪になります。

また、パサつきや乾燥もいけません。

9. 地肌が清潔

地肌が清潔

きれいな黒髪を作るために、毛の方だけに意識が向きがちです。

しかし、その毛を作り出しているのは毛根がある頭皮です。

ですから、ヘアトニックなどで頭皮のマッサージも必要不可欠です。

シャンプーしている時も、毛だけ洗って頭皮はおざなりな人もいるようですがここも気を付けたいポイントです。

毛根に汚れがつまっていると、きれいな髪の毛が生えません。

毛髪の栄養になる食材なども調べてみても良いかもしれません。

まとめ

黒髪が似合う人というのはどうやら限られてくるようですね。

もって生まれたものを変えるのは大変です。

全体の雰囲気やイメージや髪型で印象は、がらっと変わります。

有名芸能人でも黒髪が似合って好評だった人、茶色い髪の方が評判な人がいるので一重に「その人の美しさ」と 該当するとは言えません。

自分に似合うか似合わないかを良く見極めて、吟味することが大切だと言えそうです。

黒髪美人は清楚できれいなイメージがあり、とても憧れます。

芸能人でも黒髪が似合う女性は人気がありますね。

日本女性で美人といったらきれいな黒髪です。

では黒髪が似合う女性の条件とは一体どういったものなのでしょうか。

それが解れば黒髪美人になれるかもしれません。

いくつかその特徴を考えて行きたいと思います。


顔がアジア系、可愛いというより綺麗といった形容詞が当てはまる

そもそもの顔立ちが「綺麗」「美人」といいった形容詞が当てはまる人は黒髪が似合うといって良いでしょう。

日本美人という言葉もありますが、東洋系に多い顔立ちです。

涼しい顔立ちといったように言われることもあります。

ですから黒髪美人を目指したかったら、顔立ちも考慮にいれるべきです。

もしもご自身がこれに当てはまらない場合はメイクなどを研究して工夫しましょう。

ファンデーションの色、アイシャドウの色などです。

色白な人が似合う可能性が高いので美白も有効です。

黒髪の似合う芸能人を参考にしてみましょう。

目鼻立ちがはっきりしている

黒髪ということは、そこを誇張しています。

沖縄美人や秋田美人に代表されるように黒い髪色に負けない、顔のパーツのインパクトが大事です。

目が大きい、鼻が高い、唇が厚いなどです。

まだ全体的に身長が高くて骨格がしっかりしている人に似合い易いのでそういった人はチャレンジしやすいでしょう。

スポーツが得意だった人などは似合いそうですね。

目の色が黒目がち

目の色とのコントラストが大事です。

瞳の色素が薄ければそれだけ茶髪の方が馴染みやすくなります。

自分の瞳が茶色いけれど、どうしても黒髪にしたい場合はコンタクトレンズなども便利です。

優しい眼差しをもっている人よりもクールな印象の方が似合います。

まつげに付けるマスカラはカラーの付いている色味のものよりも黒いものを。

凛とした目力が必要かもしれませんね。

髪質を柔らかくする

黒髪でも、剛毛で縮れ毛、手入れが行き届いていないといった風に、滑らかではない毛質ですとマイナスポイントです。

ストレートパーマや縮毛矯正などを利用して毛質を整えることも重要です。

またはウエーブの大きいパーマなど、重くならない工夫が必要です。

こういった技術を取り入れることで黒髪でも重くなりすぎず自然に仕上がります。

美容室でお気に入りの美容師さんに相談してみましょう。

トータルコーディネートも考える

髪の毛だけが黒いのも全体的に浮きやすいので注意です。

洋服の配色、靴の色などにも気を配りましょう。

黒は無彩色ですのでどの色でも相性が良いはずですが、全体的に上であるトップの部分が黒い訳ですからそこには重圧感があります。

同じく無彩色であるグレーや白を上手に使って、他の色と取り入れていくとバランス良く仕上がります。

髪型も重要

ショートカットやボブスタイルなら比較的誰にでも取り入れやすい黒髪スタイルです。

黒髪でロングですとその分のお手入れも大変。

しかもそれを怠ると不潔なイメージに繋がり兼ねません。

黒い部分を少なくすることでチャレンジしやすくなりますから、試してみましょう。

シャギーやレイヤーは軽くみせてくれるテクニックの一つですから是非活用してみましょう。

地毛が黒いならニュアンスカラーでマニキュアを入れる。<br><br>

からすの濡れ羽色といった言葉をご存じですか?

その意味合いは以外にも真っ黒では無くてブルーや緑がかっている黒の事も指します。

ですから、白髪がなくて地毛が黒い人はヘアダイではなくて、ヘアマニキュアを利用して「ブルーブラック」「グリーンブラック」で黒髪を演出することも視野に入れると良いでしょう。

髪のつやが綺麗

髪自体が健康でキューティクルが整っている人も似合うと言えるでしょう。

枝毛は大敵です。

日頃からトリートメントをしっかりして栄養を入れ込んでおくとスルスルときれいな黒髪になります。

また、パサつきや乾燥もいけません。

地肌が清潔

きれいな黒髪を作るために、毛の方だけに意識が向きがちです。

しかし、その毛を作り出しているのは毛根がある頭皮です。

ですから、ヘアトニックなどで頭皮のマッサージも必要不可欠です。

シャンプーしている時も、毛だけ洗って頭皮はおざなりな人もいるようですがここも気を付けたいポイントです。

毛根に汚れがつまっていると、きれいな髪の毛が生えません。

毛髪の栄養になる食材なども調べてみても良いかもしれません。

黒髪が似合う人というのはどうやら限られてくるようですね。

もって生まれたものを変えるのは大変です。

全体の雰囲気やイメージや髪型で印象は、がらっと変わります。

有名芸能人でも黒髪が似合って好評だった人、茶色い髪の方が評判な人がいるので一重に「その人の美しさ」と 該当するとは言えません。

自分に似合うか似合わないかを良く見極めて、吟味することが大切だと言えそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-