【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109132752.html
ポーカーフェイスの人の特徴

ポーカーフェイスの人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ポーカーフェイスの人の特徴

感情を表情に出さない人をポーカーフェイスといいます。

感情が表情に表れていないと何を考えているのかわからなくて不思議になることもあるでしょう。

どうして表情をあまり変えないのでしょう。

今回はポーカーフェイスの人の特徴をご紹介します。

  • 自尊心が強い
  • やせ我慢をする
  • 大人に見られたい
  • 知的でクールな自分が好き
  • 相手の事を思いやっている
  • 心を開けない
  • トラウマがある
  • 一匹狼
  • トラブルを避けたい
  • まとめ

1. 自尊心が強い

自尊心が強い

ポーカーフェイスの人は自分の弱みを見せる事を嫌がります。

何か困った事や辛い事があっても表に出したくないのです。

弱みを見せたら負けだと考えており、辛い時でも涼しい顔をすることで自尊心を満たそうとしています。

2. やせ我慢をする

やせ我慢をする

辛い時に辛い表情をしないため、人に助けてもらったり励ましてもらえることはとても少ないでしょう。

周囲に上手く伝えられない分、心身の痛みや辛さを自分の中に溜めこんで耐え続けてしまいます。

それによってますますポーカーフェイスの人はストレスを感じる機会も多く、溜め込んでしまったストレスの発散をいつまで経っても上手くできないのです。

他人に話す事で多少のストレスは緩和されるのですが、それができないのはプライドの高さも原因でしょう。

3. 大人に見られたい

大人に見られたい

ポーカーフェイスで子供っぽいという人はいないのではないでしょうか。

表情の乏しい子はいますが、全く表情を変えないポーカーフェイスな子供はほぼいないでしょう。

精神的に大人でなければポーカーフェイスにはなれないのです。

それをポーカーフェイスの人はよく知っています。

感情をストレートに出す事は子供のすることだと思い、喜怒哀楽の表情が豊かな人は子供っぽいと思っています。

感情をあまり表情に出さないのは、子供に見られたくないと思っているからかもしれません。

4. 知的でクールな自分が好き

知的でクールな自分が好き

自分のことを知的でクールな大人と考えていることも特徴です。

そう考える事で自尊心を満たし、プライドも満足させられるのです。

実際、感情を全てコントロールできるということは精神的に成熟していて大人なのでしょう。

ポーカーフェイスの人はそんな自分が好きなのです。

5. 相手の事を思いやっている

相手の事を思いやっている

相手を傷つけたくないという気持ちからあえて無表情でいるのかもしれません。

何か失敗をしたり、おかしな言動をしてしまった時に、相手に笑われてしまうと傷つく人が多いでしょう。

自分の反応で相手が傷つく事を避けようとしているのです。

とても不器用ですが、優しさ故の無表情なのです。

6. 心を開けない

心を開けない

警戒心がとても強く、心を開きにくいタイプが多いです。

自分が心を開く事も、相手に踏み込み過ぎない事も警戒しています。

誰にでも心を開き感情を表に出す事は悪い事だと考えており、一定の距離を保つためにポーカーフェイスになっているのです。

こういったタイプは少しづつ時間をかけて仲良くなるにつれ、表情に感情が出てくるでしょう。

無理に距離を詰めるのではなく、あくまでも自然に距離が近づいていくことを理想としているので慎重に接していくことが必要です。

7. トラウマがある

トラウマがある

もしかすると幼少期に強いトラウマを抱えてしまったのかもしれません。

幼い頃から感情を出す事で怒られ続けてきた人は、感情を出す事が悪い事だと思い込み、トラウマになってしまいます。

そういった人は表情を出さないのではなく、表情の出し方がわからず苦手に感じているのです。

本人にとってはなりたくもなかったポーカーフェイスになってしまっている可能性があるので、あまり詮索することはやめましょう。

8. 一匹狼

一匹狼

大勢でわいわいしたり、周りに合わせる事が苦手な人が多いです。

本音で話せる友人が数人いれば良いと考えているので、自分から誰かと仲良くなろうと行動を起こしたりはしません。

特に職場では、ただ一緒に仕事をする人と割り切ってしまっているので、仲良くなるのはかなり難しいでしょう。

一人でいることが多いと誰にも合わせなくて良い環境が続き、表情にあまり変化がなくなってしまいます。

このタイプの人達は周りの人が嫌いというわけではなく、一人で問題ないから一人でいるというだけなので、機会があれば話しかけてみると良いでしょう。

9. トラブルを避けたい

トラブルを避けたい

ポーカーフェイスの人は騙されたり、言いがかりをつけられたりといったトラブルには巻き込まれにくいです。

常にニコニコしていたり、誰にでも愛想が良い人の方がトラブルに巻き込まれやすいのです。

顔に表情が出ていないと独特の近寄りがたさがあり、厄介な人から狙われにくいのでしょう。

狙われたとしてもますます無表情になっていくので、自然と相手の方が諦めていきます。

まとめ

ポーカーフェイスは悪いイメージを持たれる事も多いですが、実はそうでもありません。

一つの個性であるだけなのです。

表情に出ないだけで感情は他の人達と変わらないのですから、偏見を持たずに気楽に付き合ってみてください。

思っているより自分と変わらないんだなという事に気付くはずです。

もし自分自身がポーカーフェイスであると自覚している人は、上記を読んでコンプレックスに感じる必要もありませんし、そういった自分の個性を大切にすることを考えて良いでしょう。

感情を表情に出さない人をポーカーフェイスといいます。

感情が表情に表れていないと何を考えているのかわからなくて不思議になることもあるでしょう。

どうして表情をあまり変えないのでしょう。

今回はポーカーフェイスの人の特徴をご紹介します。


自尊心が強い

ポーカーフェイスの人は自分の弱みを見せる事を嫌がります。

何か困った事や辛い事があっても表に出したくないのです。

弱みを見せたら負けだと考えており、辛い時でも涼しい顔をすることで自尊心を満たそうとしています。

やせ我慢をする

辛い時に辛い表情をしないため、人に助けてもらったり励ましてもらえることはとても少ないでしょう。

周囲に上手く伝えられない分、心身の痛みや辛さを自分の中に溜めこんで耐え続けてしまいます。

それによってますますポーカーフェイスの人はストレスを感じる機会も多く、溜め込んでしまったストレスの発散をいつまで経っても上手くできないのです。

他人に話す事で多少のストレスは緩和されるのですが、それができないのはプライドの高さも原因でしょう。

大人に見られたい

ポーカーフェイスで子供っぽいという人はいないのではないでしょうか。

表情の乏しい子はいますが、全く表情を変えないポーカーフェイスな子供はほぼいないでしょう。

精神的に大人でなければポーカーフェイスにはなれないのです。

それをポーカーフェイスの人はよく知っています。

感情をストレートに出す事は子供のすることだと思い、喜怒哀楽の表情が豊かな人は子供っぽいと思っています。

感情をあまり表情に出さないのは、子供に見られたくないと思っているからかもしれません。

知的でクールな自分が好き

自分のことを知的でクールな大人と考えていることも特徴です。

そう考える事で自尊心を満たし、プライドも満足させられるのです。

実際、感情を全てコントロールできるということは精神的に成熟していて大人なのでしょう。

ポーカーフェイスの人はそんな自分が好きなのです。

相手の事を思いやっている

相手を傷つけたくないという気持ちからあえて無表情でいるのかもしれません。

何か失敗をしたり、おかしな言動をしてしまった時に、相手に笑われてしまうと傷つく人が多いでしょう。

自分の反応で相手が傷つく事を避けようとしているのです。

とても不器用ですが、優しさ故の無表情なのです。

心を開けない

警戒心がとても強く、心を開きにくいタイプが多いです。

自分が心を開く事も、相手に踏み込み過ぎない事も警戒しています。

誰にでも心を開き感情を表に出す事は悪い事だと考えており、一定の距離を保つためにポーカーフェイスになっているのです。

こういったタイプは少しづつ時間をかけて仲良くなるにつれ、表情に感情が出てくるでしょう。

無理に距離を詰めるのではなく、あくまでも自然に距離が近づいていくことを理想としているので慎重に接していくことが必要です。

トラウマがある

もしかすると幼少期に強いトラウマを抱えてしまったのかもしれません。

幼い頃から感情を出す事で怒られ続けてきた人は、感情を出す事が悪い事だと思い込み、トラウマになってしまいます。

そういった人は表情を出さないのではなく、表情の出し方がわからず苦手に感じているのです。

本人にとってはなりたくもなかったポーカーフェイスになってしまっている可能性があるので、あまり詮索することはやめましょう。

一匹狼

大勢でわいわいしたり、周りに合わせる事が苦手な人が多いです。

本音で話せる友人が数人いれば良いと考えているので、自分から誰かと仲良くなろうと行動を起こしたりはしません。

特に職場では、ただ一緒に仕事をする人と割り切ってしまっているので、仲良くなるのはかなり難しいでしょう。

一人でいることが多いと誰にも合わせなくて良い環境が続き、表情にあまり変化がなくなってしまいます。

このタイプの人達は周りの人が嫌いというわけではなく、一人で問題ないから一人でいるというだけなので、機会があれば話しかけてみると良いでしょう。

トラブルを避けたい

ポーカーフェイスの人は騙されたり、言いがかりをつけられたりといったトラブルには巻き込まれにくいです。

常にニコニコしていたり、誰にでも愛想が良い人の方がトラブルに巻き込まれやすいのです。

顔に表情が出ていないと独特の近寄りがたさがあり、厄介な人から狙われにくいのでしょう。

狙われたとしてもますます無表情になっていくので、自然と相手の方が諦めていきます。

ポーカーフェイスは悪いイメージを持たれる事も多いですが、実はそうでもありません。

一つの個性であるだけなのです。

表情に出ないだけで感情は他の人達と変わらないのですから、偏見を持たずに気楽に付き合ってみてください。

思っているより自分と変わらないんだなという事に気付くはずです。

もし自分自身がポーカーフェイスであると自覚している人は、上記を読んでコンプレックスに感じる必要もありませんし、そういった自分の個性を大切にすることを考えて良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-