【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108145105.html
字が汚い人に多い性格

字が汚い人に多い性格 | LADYCO

LADYCO
字が汚い人に多い性格

字が綺麗がそうではないかでその人を判断することは難しいですが、字が汚くなってしまう人というのは幾つかの共通する性格がありますのでその中から10ほどを取り上げてみましょう。

  • 現実主義な人が多い
  • 手先の器用ではない人
  • パソコンばかり使っている人
  • 頭がいいのにそれを見せたがらない人
  • 大学受験で失敗し浪人した人
  • いい加減でルーズなところがある
  • 綺麗に書くことに価値を見いだせない人
  • 見た目よりも中身で勝負したいという気持ち
  • せっかちで書くことが嫌いな人
  • 個性的で人と違っていたいタイプ
  • まとめ

1. 現実主義な人が多い

現実主義な人が多い

字が汚い人は本当に書く必要を感じたときだけ書くということが習慣になっていて、あまり書くことをしてこなかったとか、あるいは書く必要を感じる時には急いで書くのでどうしても綺麗に書くことはできません。

そして書いて読めればそれでいいし十分であるという思考があるために、綺麗に書く必要をあまり感じないということもあります。

とても現実的であり、綺麗な字への思いはあまりありません。

2. 手先の器用ではない人

手先の器用ではない人

手先の器用な人は全体的に鉛筆やボールペンを綺麗に操ることができるために綺麗に書くことのできるスキルがあります。

そしてそのような人は絵もなかなか上手に書くことができたりして手先が器用な人は得なことが多いです。

一方で手先が器用ではないと字も綺麗に書くことができず、それは能力的なことが関係してきます。

3. パソコンばかり使っている人

パソコンばかり使っている人

パソコンばかり使っている人は字を書くことがほとんどないために綺麗に書くことができなくなることがあります。

以前は綺麗に書けていたのにパソコンを使うようになったことで雑な字になってしまったという人もいます。

書くという習慣を止めてしまうと上手に書くことが難しくなることがあります。

4. 頭がいいのにそれを見せたがらない人

頭がいいのにそれを見せたがらない人

字が汚い人というのは頭の良い人が多いと言われることがありますが、学生時代の時には頭がいいと思われるのが嫌で、あるいは勉強していることを周囲の人に悟られるのが嫌で字を汚くする人がいます。

その人しか読めないような感じで字が崩れているのですが、そのような人がいつもテストでは高得点を出すことが多く、字が汚いけど成績優秀というタイプの人がいます。

5. 大学受験で失敗し浪人した人

大学受験で失敗し浪人した人

目指している大学がありそれに向かって努力していたのに受験で失敗してしまった人は、翌年再チャレンジするために猛勉強をします。

覚えるためにとにかく書く必要があると感じた人は書くことで覚えたいというのがあるために走り書きのような感じが多くなるし、綺麗に書くよりも多く書いてその書いた内容を頭に入れることが重要であるために、字は汚くなってしまいます。

6. いい加減でルーズなところがある

いい加減でルーズなところがある

字が汚い人というのは全体的にいい加減で時間にルーズだったりするところがあるかもしれません。

字が綺麗な人はきっちりとしていて細かい部分を気にしたりするものですが、字が汚い人はあまり細かな部分を気にすることなく大きな器を持っていたりします。

7. 綺麗に書くことに価値を見いだせない人

綺麗に書くことに価値を見いだせない人

字を綺麗に書いてもあまりメリットを感じない、自分がわかることが大切であって誰かに見せるわけでもない、そんな感じの思考の人は字を綺麗に書くという思いになりません。

むしろ字は大切なことを聞き漏らすことなくメモすることであり、綺麗に書こうとすると時間をロスしてしまうゆえにそれをしないのです。

8. 見た目よりも中身で勝負したいという気持ち

見た目よりも中身で勝負したいという気持ち

見た目をかっこよくあるいは綺麗にすることで自分をアピールすることにあまり関心がなく、むしろ中身の自分の人間性や能力や特質などそのようなもので自分の魅力を出していきたいと思っている人は字を綺麗に書こうという気持ちがあまりありません。

普通かそれ以下でも構わないという気持ちになっています。

9. せっかちで書くことが嫌いな人

せっかちで書くことが嫌いな人

字を書くというのは疲れる作業であり面倒であると感じている人は字も汚くなるし、そのような書くという作業はとっとと終わらせたい気持ちが強くせっかちな気質を示していると言えるでしょう。

急いで書いて終わらせるのでどうしても字は汚くなるし、それでもいいと思っています。

綺麗に書こうとすると時間がかかるのでばかばかしい気持ちになってくるし、他のことにもっと時間を使いたくなってしまいます。

10. 個性的で人と違っていたいタイプ

個性的で人と違っていたいタイプ

字が汚い人は批判的になったり個性的でオリジナルな行動を好む傾向を持っていることがあります。

綺麗に書くという体裁にこだわることがなく、ちょっと悪ぶった感じを出したいとか、字にそうした性格が出てしまうことがあります。

まとめ

字が上手い下手という問題もありますので、字を綺麗に書くことができないという能力的な問題も関係することがあります。

とはいえ字が汚い人というのは、自分の個性を主張したり自分らしさを大切にしていて型にはまるような生き方をあまり好まない傾向があったりします。

また有名大学を出て資格と持つ教師や医師や薬剤師などの高い身分の人も字を綺麗に書くことが苦手だったりします。

綺麗に書くに越したことはありませんが、それをすると時間がかかるし、書くことをまとめようとする労力がいるので、あえてそうしない人も少なくありません。

字が綺麗がそうではないかでその人を判断することは難しいですが、字が汚くなってしまう人というのは幾つかの共通する性格がありますのでその中から10ほどを取り上げてみましょう。


現実主義な人が多い

字が汚い人は本当に書く必要を感じたときだけ書くということが習慣になっていて、あまり書くことをしてこなかったとか、あるいは書く必要を感じる時には急いで書くのでどうしても綺麗に書くことはできません。

そして書いて読めればそれでいいし十分であるという思考があるために、綺麗に書く必要をあまり感じないということもあります。

とても現実的であり、綺麗な字への思いはあまりありません。

手先の器用ではない人

手先の器用な人は全体的に鉛筆やボールペンを綺麗に操ることができるために綺麗に書くことのできるスキルがあります。

そしてそのような人は絵もなかなか上手に書くことができたりして手先が器用な人は得なことが多いです。

一方で手先が器用ではないと字も綺麗に書くことができず、それは能力的なことが関係してきます。

パソコンばかり使っている人

パソコンばかり使っている人は字を書くことがほとんどないために綺麗に書くことができなくなることがあります。

以前は綺麗に書けていたのにパソコンを使うようになったことで雑な字になってしまったという人もいます。

書くという習慣を止めてしまうと上手に書くことが難しくなることがあります。

頭がいいのにそれを見せたがらない人

字が汚い人というのは頭の良い人が多いと言われることがありますが、学生時代の時には頭がいいと思われるのが嫌で、あるいは勉強していることを周囲の人に悟られるのが嫌で字を汚くする人がいます。

その人しか読めないような感じで字が崩れているのですが、そのような人がいつもテストでは高得点を出すことが多く、字が汚いけど成績優秀というタイプの人がいます。

大学受験で失敗し浪人した人

目指している大学がありそれに向かって努力していたのに受験で失敗してしまった人は、翌年再チャレンジするために猛勉強をします。

覚えるためにとにかく書く必要があると感じた人は書くことで覚えたいというのがあるために走り書きのような感じが多くなるし、綺麗に書くよりも多く書いてその書いた内容を頭に入れることが重要であるために、字は汚くなってしまいます。

いい加減でルーズなところがある

字が汚い人というのは全体的にいい加減で時間にルーズだったりするところがあるかもしれません。

字が綺麗な人はきっちりとしていて細かい部分を気にしたりするものですが、字が汚い人はあまり細かな部分を気にすることなく大きな器を持っていたりします。

綺麗に書くことに価値を見いだせない人

字を綺麗に書いてもあまりメリットを感じない、自分がわかることが大切であって誰かに見せるわけでもない、そんな感じの思考の人は字を綺麗に書くという思いになりません。

むしろ字は大切なことを聞き漏らすことなくメモすることであり、綺麗に書こうとすると時間をロスしてしまうゆえにそれをしないのです。

見た目よりも中身で勝負したいという気持ち

見た目をかっこよくあるいは綺麗にすることで自分をアピールすることにあまり関心がなく、むしろ中身の自分の人間性や能力や特質などそのようなもので自分の魅力を出していきたいと思っている人は字を綺麗に書こうという気持ちがあまりありません。

普通かそれ以下でも構わないという気持ちになっています。

せっかちで書くことが嫌いな人

字を書くというのは疲れる作業であり面倒であると感じている人は字も汚くなるし、そのような書くという作業はとっとと終わらせたい気持ちが強くせっかちな気質を示していると言えるでしょう。

急いで書いて終わらせるのでどうしても字は汚くなるし、それでもいいと思っています。

綺麗に書こうとすると時間がかかるのでばかばかしい気持ちになってくるし、他のことにもっと時間を使いたくなってしまいます。

個性的で人と違っていたいタイプ

字が汚い人は批判的になったり個性的でオリジナルな行動を好む傾向を持っていることがあります。

綺麗に書くという体裁にこだわることがなく、ちょっと悪ぶった感じを出したいとか、字にそうした性格が出てしまうことがあります。

字が上手い下手という問題もありますので、字を綺麗に書くことができないという能力的な問題も関係することがあります。

とはいえ字が汚い人というのは、自分の個性を主張したり自分らしさを大切にしていて型にはまるような生き方をあまり好まない傾向があったりします。

また有名大学を出て資格と持つ教師や医師や薬剤師などの高い身分の人も字を綺麗に書くことが苦手だったりします。

綺麗に書くに越したことはありませんが、それをすると時間がかかるし、書くことをまとめようとする労力がいるので、あえてそうしない人も少なくありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-