【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108115524.html
一人でしゃべり続ける人の特徴

一人でしゃべり続ける人の特徴 | LADYCO

LADYCO
一人でしゃべり続ける人の特徴

一度話し始めたら止まらず、相手の反応も気にせず延々と話し続ける人がいます。

どうしてそんなに話し続けられるのか不思議ですよね。

今回はそんな一人でしゃべり続ける人の心理をご紹介します。

  • 寂しがりやである
  • 気を遣っている
  • 気分が良い
  • 自分をアピールしたい
  • 頭の回転が早い
  • 相手が黙っていることに耐えられない
  • 言葉を頼っている
  • 批判する事で安心したい
  • 自己顕示欲が強い
  • 認められたい
  • ネガティブすぎる
  • まとめ

1. 寂しがりやである

寂しがりやである

自分が常に話し続けることで、常に誰かに構ってもらおうとしています。

話し続けていないと落ち着かず、不安な気持ちになってしまうのです。

沈黙を何よりも恐れ、自分の存在を忘れられないようにしたいという心理から、止まることなく話し続けるのです。

2. 気を遣っている

気を遣っている

しゃべり続ける人というのは自分の事しか考えていないようにも見えますが、逆の場合もあるのです。

その人なりに気を遣い、場の空気を保つためにしゃべり続けるのです。

自分が主催した集まりやお祝い事の場など、その場の空気を落とすわけにはいかない、盛り上げなければいけないといった状況だと過剰に気を遣ってしまうのも納得がいきます。

気を遣って空回りしてしまうタイプだといえるでしょう。

3. 気分が良い

気分が良い

何か良い事があった時、テンションが上がっている時などは口が達者になるものです。

その時のテンションと勢い任せで言葉を発し続けることがあるのです。

今日はよくしゃべるなと思った時は、もしかしたらその人の身に良い事があったのかもしれません。

あくまでも一時的に口が達者になっているだけなので、しばらくすればいつも通りに戻るでしょう。

4. 自分をアピールしたい

自分をアピールしたい

自分の事を知ってほしいという心理からしゃべり続けているのかもしれません。

自分に自信を持っていたり、自慢したいことをたくさん抱えていると他人に話したくて仕方ない気持ちになるのです。

自慢話を聞いてくれる人が周りにいたという環境であれば、話を聞いてもらう事が当たり前になっている可能性もあります。

5. 頭の回転が早い

頭の回転が早い

喋り続けられる人というのは話題を豊富に持っており、たくさんの言葉の表現を知り使うタイミングも熟知しているということです。

司会者やお笑い芸人をイメージするとわかりやすいでしょう。

サービス精神が旺盛なのです。

この頭の回転が早いタイプは周りを楽しませようとしている事も多いので、ユニークで面白い人が多いです。

6. 相手が黙っていることに耐えられない

相手が黙っていることに耐えられない

相手が黙っていると不安になってしまい、何とか会話を弾ませようと頑張っている可能性があります。

相手が心を開き、自然に口を開くことを待つことができないのです。

相手に話をしてもらいたくて質問を矢継ぎ早にしたり、話題を提供しようとしゃべり続け、結果的に相手は聞き役になり自分だけがしゃべり続けているという状態になるのです。

7. 言葉を頼っている

言葉を頼っている

言葉を交わす事だけが唯一コミュニケーションを取れる方法だと思い込んでいます。

言葉以外でコミュニケーションを取る事が得意ではなく、言葉で心を繋ごうとします。

心の触れ合いが充分に足りていなかったり、言葉以外で他人の気持ちを汲むことが苦手な人は言葉に頼り切りよくしゃべる傾向があるようです。

8. 批判する事で安心したい

批判する事で安心したい

他人の悪口や批判ばかりをしゃべり続ける人もいます。

こういった人は自分自身が周囲に批判されてきたが故に、逆に他人を批判することで安心感を得ているのです。

自分が否定されるのではないかという不安を常に抱えており、自分が攻撃される前に攻撃しようという気持ちが強いので、他人への批判だけでしゃべり続けられます。

9. 自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

人の話をあまり聞かないのに、自分の話は延々とするというタイプの人は自己顕示欲が強いでしょう。

目立ちたいという気持ちが常にあり、自分をよく見せようと必死にアピールしているのです。

ありのままの自分を受け入れてほしいと考えていて、自分に自信が持てないといった心理が隠されています。

10. 認められたい

認められたい

よくしゃべる人は自分自身の情報を特に意図もなく相手に伝えようとします。

話す事で何かを求めているわけではなく、ただ自分のことを話したいだけ、自己開示したいだけなのです。

このタイプは承認欲求が強く、とにかく他人から認められたいという気持ちが強いです。

たくさん自分の情報を与え、自分を理解してもらい認めてもらおうとするのでとにかく自分のことを話すのです。

このタイプはいくら周りが同意しようと、認めてくれようとも、そもそも自分が自分を認めていないので安心することはできないでしょう。

しゃべりすぎることを直すことも困難でしょう。

11. ネガティブすぎる

ネガティブすぎる

ポジティブな話がほとんどなく、悩み事や心配事で頭がいっぱいな人も心を開いている相手に対してはよくしゃべります。

何とかそのマイナスな思考を解消しようと、誰かに話すのですが、たいていはきちんとした解決にはなりません。

根本的には何も解決しませんが、誰かに話す事で一時的に楽になる可能性があるのでついついしゃべりすぎてしまうのです。

まとめ

よくしゃべる人にも色々な深層心理が隠れていることがわかりましたね。

よくしゃべるという点だけに目がいきやすいですが、何故そんなにしゃべるのかを知ればよりよい対人関係を築けるでしょう。

一度話し始めたら止まらず、相手の反応も気にせず延々と話し続ける人がいます。

どうしてそんなに話し続けられるのか不思議ですよね。

今回はそんな一人でしゃべり続ける人の心理をご紹介します。


寂しがりやである

自分が常に話し続けることで、常に誰かに構ってもらおうとしています。

話し続けていないと落ち着かず、不安な気持ちになってしまうのです。

沈黙を何よりも恐れ、自分の存在を忘れられないようにしたいという心理から、止まることなく話し続けるのです。

気を遣っている

しゃべり続ける人というのは自分の事しか考えていないようにも見えますが、逆の場合もあるのです。

その人なりに気を遣い、場の空気を保つためにしゃべり続けるのです。

自分が主催した集まりやお祝い事の場など、その場の空気を落とすわけにはいかない、盛り上げなければいけないといった状況だと過剰に気を遣ってしまうのも納得がいきます。

気を遣って空回りしてしまうタイプだといえるでしょう。

気分が良い

何か良い事があった時、テンションが上がっている時などは口が達者になるものです。

その時のテンションと勢い任せで言葉を発し続けることがあるのです。

今日はよくしゃべるなと思った時は、もしかしたらその人の身に良い事があったのかもしれません。

あくまでも一時的に口が達者になっているだけなので、しばらくすればいつも通りに戻るでしょう。

自分をアピールしたい

自分の事を知ってほしいという心理からしゃべり続けているのかもしれません。

自分に自信を持っていたり、自慢したいことをたくさん抱えていると他人に話したくて仕方ない気持ちになるのです。

自慢話を聞いてくれる人が周りにいたという環境であれば、話を聞いてもらう事が当たり前になっている可能性もあります。

頭の回転が早い

喋り続けられる人というのは話題を豊富に持っており、たくさんの言葉の表現を知り使うタイミングも熟知しているということです。

司会者やお笑い芸人をイメージするとわかりやすいでしょう。

サービス精神が旺盛なのです。

この頭の回転が早いタイプは周りを楽しませようとしている事も多いので、ユニークで面白い人が多いです。

相手が黙っていることに耐えられない

相手が黙っていると不安になってしまい、何とか会話を弾ませようと頑張っている可能性があります。

相手が心を開き、自然に口を開くことを待つことができないのです。

相手に話をしてもらいたくて質問を矢継ぎ早にしたり、話題を提供しようとしゃべり続け、結果的に相手は聞き役になり自分だけがしゃべり続けているという状態になるのです。

言葉を頼っている

言葉を交わす事だけが唯一コミュニケーションを取れる方法だと思い込んでいます。

言葉以外でコミュニケーションを取る事が得意ではなく、言葉で心を繋ごうとします。

心の触れ合いが充分に足りていなかったり、言葉以外で他人の気持ちを汲むことが苦手な人は言葉に頼り切りよくしゃべる傾向があるようです。

批判する事で安心したい

他人の悪口や批判ばかりをしゃべり続ける人もいます。

こういった人は自分自身が周囲に批判されてきたが故に、逆に他人を批判することで安心感を得ているのです。

自分が否定されるのではないかという不安を常に抱えており、自分が攻撃される前に攻撃しようという気持ちが強いので、他人への批判だけでしゃべり続けられます。

自己顕示欲が強い

人の話をあまり聞かないのに、自分の話は延々とするというタイプの人は自己顕示欲が強いでしょう。

目立ちたいという気持ちが常にあり、自分をよく見せようと必死にアピールしているのです。

ありのままの自分を受け入れてほしいと考えていて、自分に自信が持てないといった心理が隠されています。

認められたい

よくしゃべる人は自分自身の情報を特に意図もなく相手に伝えようとします。

話す事で何かを求めているわけではなく、ただ自分のことを話したいだけ、自己開示したいだけなのです。

このタイプは承認欲求が強く、とにかく他人から認められたいという気持ちが強いです。

たくさん自分の情報を与え、自分を理解してもらい認めてもらおうとするのでとにかく自分のことを話すのです。

このタイプはいくら周りが同意しようと、認めてくれようとも、そもそも自分が自分を認めていないので安心することはできないでしょう。

しゃべりすぎることを直すことも困難でしょう。

ネガティブすぎる

ポジティブな話がほとんどなく、悩み事や心配事で頭がいっぱいな人も心を開いている相手に対してはよくしゃべります。

何とかそのマイナスな思考を解消しようと、誰かに話すのですが、たいていはきちんとした解決にはなりません。

根本的には何も解決しませんが、誰かに話す事で一時的に楽になる可能性があるのでついついしゃべりすぎてしまうのです。

よくしゃべる人にも色々な深層心理が隠れていることがわかりましたね。

よくしゃべるという点だけに目がいきやすいですが、何故そんなにしゃべるのかを知ればよりよい対人関係を築けるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-