【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108115455.html
セクハラ被害に合いにくい女性の特徴

セクハラ被害に合いにくい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
セクハラ被害に合いにくい女性の特徴

セクハラ被害に合いにくい女性とはどんな女性なのか特徴をまとめてみました。

  • 気が強そうな女性
  • NO!とハッキリ言える女性
  • 社長と仲良くしている女性
  • おしゃべりな女性
  • ガードが固い女性
  • 無表情な女性
  • 気持ちの悪い女性
  • かわすのが上手い女性
  • 自分の事を明らかに嫌っている女性
  • まとめ

1. 気が強そうな女性

気が強そうな女性

セクハラをするような卑怯な男性は、自分の立場と対等、或いは上と思っている女性には手を出してきません。

気が強い女性には、手を出して怒られたり、反撃される恐れがあるので、絶対にターゲットにする事はありません。

セクハラは小心者の男性がする事です。

体を触っても反撃される事のないよう、おとなしい女性をターゲットにするのです。

2. NO!とハッキリ言える女性

NO!とハッキリ言える女性

万が一体を触られても、一度ハッキリとNO!と言えれば、それ以降、体を触ってくる事はありません。

体を触らせない事で、会社での立場が不利になると脅されても、動じずに、堂々とした姿勢を貫くのがセクハラ男には1番有効なのです。

脅しのようなセリフも、自分の欲望を満たす為のハッタリなので、パニックに陥って弱みを見せてはいけません。

これからの女性は、悪い事は悪いとハッキリ言える人でなくてはいけません。

3. 社長と仲良くしている女性

社長と仲良くしている女性

自分のしている悪事が自分の上司に知れたら... 社長の耳に入ったら... そんな事を考えると怖くて、社長と仲良くしている社員にはセクハラなんて出来ません。

自分の仕事や出世への影響を考えると、理性が働いて、体を触る気持ちも起きないのです。

部下には横柄な態度をとり、上司にはペコペコするあざとさがセクハラ男にはあるので、社内の権力者を味方につける事も、身を守る手段になります。

4. おしゃべりな女性

おしゃべりな女性

誰にでもペラペラとうわさ話を流すおしゃべりな女性は、セクハラ男の天敵です。

もしも、おしゃべりな女性の体を触ってしまったら、明日からセクハラ男の居場所は会社になくなってしまいます。

もちろん、仕事を失う決意をしてセクハラ行為をするわけではないので、自分の悪い評価が社内の人間に広まる事を恐れて、ターゲットを選んでいます。

良くも悪くも、持ち前の社交性で無意識にセクハラ男を遠ざけているのです。

5. ガードが固い女性

ガードが固い女性

触る隙を与えないほど、完璧なガードをする女性は、触る前から諦めを感じさせます。

セクハラされやすい女性は、人懐こい性格の人が多く、仕事中に肩を触っても嫌な顔をしません。

肩に手が触れただけで、怪訝な表情を浮かべたり、強烈に近づくなオーラ発している女性には、近づくとプライドが傷付けられそうで、側に寄るのも躊躇ってします。

この際、あなたの事が嫌いです??というオーラを放つのも良いでしょう。

6. 無表情な女性

無表情な女性

無表情で何を考えているか、分からない女性は、周囲からの人気もない分、セクハラ男からの人気もありません。

体を触って怒り出すのか、泣き出すのか、反応が未知数な分、触る勇気が持てないのです。

セクハラ男は、女性の嫌がっている仕草や困った顔が大好物なのです。

仮に何の反応を示さなくても、女性の体を触った時のドキドキ感は味わえなさそうなので、やめておこう. となるのです。

セクハラ男には、無表情・無感情・無関心である事を強くアピールしていきましょう。

7. 気持ちの悪い女性

気持ちの悪い女性

生理的に受け付けない女性の体は、チャンスがあっても触りたくないというのが男性の本音です。

逆にタイプ過ぎる女性や、美人すぎる女性も、尻込みしてしまい、セクハラの対象外になります。

1番セクハラしやすい容姿は、普通?少し可愛いくらいの女性で、失礼ながら、見た目にもまずまずの満足感とお手頃感を感じさせる女性を狙います。

男性が見て、全く興味をそそられない、気持ちの悪い女性は、セクハラの魔の手から逃れる事が出来るのです。

8. かわすのが上手い女性

かわすのが上手い女性

しっかりとした大人の女性は、セクハラ男の攻撃を見事にかわして相手にしません。

見ただけで関わってはいけない危険なオーラを察知して、自分のパーソナルスペースにセクハラ男が進入させないように、なるべく距離を置くようにしています。

もしも、セクハラ男がパーソナルスペースに進入してきても、接近間近でサッと席を立つなど、仕事をするフリをして軽やかにセクハラをかわします。

仕事上は問題なくコミュニケーションを取りますが、笑顔で業務以外の接近を断るかしこさを身につけたいものです。

9. 自分の事を明らかに嫌っている女性

自分の事を明らかに嫌っている女性

セクハラをする男性は、少なからず自分への好意を感じる女性に、ちょっとずつ触れて反応を見ながら、大胆なセクハラを仕掛けてきます。

1度も話した事のない職場の女性の体をいきなり触る事もありません。

ましてや、自分の事を明らかに嫌っていると知っていて女性の体を触る事など、絶対に出来ません。

社内でセクハラのうわさがある男性社員には、警戒心を丸出しにして、「あなたの事が嫌いです!」「触らないでくださいね!」という意識で接していると、抱いている嫌悪感は自然と相手に伝わるものです。

まとめ

セクハラをする男性は、気の小さい男ばかりです。

セクハラ男の弱点を覚えておけば、いざという時、自分の力で撃退する事が出来ます。

セクハラに屈する事なく、自らの手で働きやすい環境と、自分自身を護る術を身に付けましょう。

セクハラ被害に合いにくい女性とはどんな女性なのか特徴をまとめてみました。


気が強そうな女性

セクハラをするような卑怯な男性は、自分の立場と対等、或いは上と思っている女性には手を出してきません。

気が強い女性には、手を出して怒られたり、反撃される恐れがあるので、絶対にターゲットにする事はありません。

セクハラは小心者の男性がする事です。

体を触っても反撃される事のないよう、おとなしい女性をターゲットにするのです。

NO!とハッキリ言える女性

万が一体を触られても、一度ハッキリとNO!と言えれば、それ以降、体を触ってくる事はありません。

体を触らせない事で、会社での立場が不利になると脅されても、動じずに、堂々とした姿勢を貫くのがセクハラ男には1番有効なのです。

脅しのようなセリフも、自分の欲望を満たす為のハッタリなので、パニックに陥って弱みを見せてはいけません。

これからの女性は、悪い事は悪いとハッキリ言える人でなくてはいけません。

社長と仲良くしている女性

自分のしている悪事が自分の上司に知れたら... 社長の耳に入ったら... そんな事を考えると怖くて、社長と仲良くしている社員にはセクハラなんて出来ません。

自分の仕事や出世への影響を考えると、理性が働いて、体を触る気持ちも起きないのです。

部下には横柄な態度をとり、上司にはペコペコするあざとさがセクハラ男にはあるので、社内の権力者を味方につける事も、身を守る手段になります。

おしゃべりな女性

誰にでもペラペラとうわさ話を流すおしゃべりな女性は、セクハラ男の天敵です。

もしも、おしゃべりな女性の体を触ってしまったら、明日からセクハラ男の居場所は会社になくなってしまいます。

もちろん、仕事を失う決意をしてセクハラ行為をするわけではないので、自分の悪い評価が社内の人間に広まる事を恐れて、ターゲットを選んでいます。

良くも悪くも、持ち前の社交性で無意識にセクハラ男を遠ざけているのです。

ガードが固い女性

触る隙を与えないほど、完璧なガードをする女性は、触る前から諦めを感じさせます。

セクハラされやすい女性は、人懐こい性格の人が多く、仕事中に肩を触っても嫌な顔をしません。

肩に手が触れただけで、怪訝な表情を浮かべたり、強烈に近づくなオーラ発している女性には、近づくとプライドが傷付けられそうで、側に寄るのも躊躇ってします。

この際、あなたの事が嫌いです??というオーラを放つのも良いでしょう。

無表情な女性

無表情で何を考えているか、分からない女性は、周囲からの人気もない分、セクハラ男からの人気もありません。

体を触って怒り出すのか、泣き出すのか、反応が未知数な分、触る勇気が持てないのです。

セクハラ男は、女性の嫌がっている仕草や困った顔が大好物なのです。

仮に何の反応を示さなくても、女性の体を触った時のドキドキ感は味わえなさそうなので、やめておこう. となるのです。

セクハラ男には、無表情・無感情・無関心である事を強くアピールしていきましょう。

気持ちの悪い女性

生理的に受け付けない女性の体は、チャンスがあっても触りたくないというのが男性の本音です。

逆にタイプ過ぎる女性や、美人すぎる女性も、尻込みしてしまい、セクハラの対象外になります。

1番セクハラしやすい容姿は、普通?少し可愛いくらいの女性で、失礼ながら、見た目にもまずまずの満足感とお手頃感を感じさせる女性を狙います。

男性が見て、全く興味をそそられない、気持ちの悪い女性は、セクハラの魔の手から逃れる事が出来るのです。

かわすのが上手い女性

しっかりとした大人の女性は、セクハラ男の攻撃を見事にかわして相手にしません。

見ただけで関わってはいけない危険なオーラを察知して、自分のパーソナルスペースにセクハラ男が進入させないように、なるべく距離を置くようにしています。

もしも、セクハラ男がパーソナルスペースに進入してきても、接近間近でサッと席を立つなど、仕事をするフリをして軽やかにセクハラをかわします。

仕事上は問題なくコミュニケーションを取りますが、笑顔で業務以外の接近を断るかしこさを身につけたいものです。

自分の事を明らかに嫌っている女性

セクハラをする男性は、少なからず自分への好意を感じる女性に、ちょっとずつ触れて反応を見ながら、大胆なセクハラを仕掛けてきます。

1度も話した事のない職場の女性の体をいきなり触る事もありません。

ましてや、自分の事を明らかに嫌っていると知っていて女性の体を触る事など、絶対に出来ません。

社内でセクハラのうわさがある男性社員には、警戒心を丸出しにして、「あなたの事が嫌いです!」「触らないでくださいね!」という意識で接していると、抱いている嫌悪感は自然と相手に伝わるものです。

セクハラをする男性は、気の小さい男ばかりです。

セクハラ男の弱点を覚えておけば、いざという時、自分の力で撃退する事が出来ます。

セクハラに屈する事なく、自らの手で働きやすい環境と、自分自身を護る術を身に付けましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-