【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107133155.html
謝るのが下手な人の特徴

謝るのが下手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
謝るのが下手な人の特徴

すんなりと許してもらうには謝るのが上手な方がいいに決まっています。

謝り方が下手な人の特徴を見ながら自分はどうだろうかと考えてみましょう。

  • 声が小さくて何を言っているのか聞き取りにくい
  • 笑顔でごまかそうとしてしまう
  • 気持ちが顔に出てしまって本心がバレる
  • 最初に言い訳をして罪を軽くしようとしてしまう
  • 負けず嫌いなせいで相手の落ち度を探してしまう
  • 謝っても許してくれないだろうと早々に諦める
  • ただ「ごめんなさい」を連呼する
  • 怒られたショックで泣き出したまま泣き止まない
  • まとめ

1. 声が小さくて何を言っているのか聞き取りにくい

声が小さくて何を言っているのか聞き取りにくい

謝るときは相手に聞こえる声で伝えなければ意味がありません。

しかし、声が小さい人だと何を言っているのか聞き取りにくく、ただ黙っているように思われてしまいます。

また、小さい声でモジモジ対応することでさらに相手をイライラさせてしまいます。

しおらしい態度を見せているつもりで小さい声で謝る人もいますが、時にぶりっこをしているように感じさせてしまうので相手を見るようにしなければいけません。

2. 笑顔でごまかそうとしてしまう

笑顔でごまかそうとしてしまう

よく見かける謝るのが下手な人のパターンのひとつとして、「笑顔でごまかそうとしながら謝る」というものがあります。

これには「どうか笑ってほしい」というすがる様な思いや問題を大きくしたくないという逃げを感じます。

また、真剣に怒っている人をバカにしているようにも見えるため、たとえ無意識だとしても謝るという瞬間には自分の表情に失礼がないか気をつける必要があります。

美男美女だとたまにはこれで乗り切れることもあるので学習してしまっていますがいつでも通用はしません。

3. 気持ちが顔に出てしまって本心がバレる

気持ちが顔に出てしまって本心がバレる

気持ちが顔に出てしまい、「本当に反省しているのか!」とキレられることがある人は謝るのが下手な馬鹿正直者です。

「そこまで怒る?」とか「くだらない…」といううんざりな気持ちが顔に出てしまい、つい態度が悪くなってしまいます。

言いたくても言えないのでわざと態度でアピールしているなら相当気の強い人です。

無意識なら空気が読めないデリカシーのないタイプです。

正直過ぎるのも自分にとって不利な場面があると学ぶしかありません。

4. 最初に言い訳をして罪を軽くしようとしてしまう

最初に言い訳をして罪を軽くしようとしてしまう

これもよく見かけるパターンですが、「最初に言い訳をして罪をかるくしようとしてしまう」という人がいます。

もちろんこちらも言われっぱなしは気分が悪いですし、誤解されているならそれを解消する必要もあるでしょう。

ただ、謝るのが下手だと言われる人はそこばかり重要視して極端に言い訳を急いでしまいます。

早口で言い返したり逆ギレしてしまうことも多く、冷静な話し合いにも支障が出てしまいます。

5. 負けず嫌いなせいで相手の落ち度を探してしまう

負けず嫌いなせいで相手の落ち度を探してしまう

負けず嫌いな性格の人であれば言われることにだんだんイライラしてきます。

そして、「あんただって前にやったじゃない!」とか「そんな言い方はさすがに失礼でしょ!」などと相手の落ち度を探してはぶつかってしまうことになります。

そうすることで少しでも自分の憂さ晴らしをしようとしているのではないでしょうか。

嫌な怒り方をする人もいますが、冷静になれなければ自分も結局同じになってしまいます。

6. 謝っても許してくれないだろうと早々に諦める

謝っても許してくれないだろうと早々に諦める

相手の怒りっぷりにひるんでどうせ許してくれないだろうと早々に諦めてしまう気の弱い人も謝るのが下手なタイプです。

謝るのを諦めると「ごめんなさい」が出なくなり、ただ黙り込んでしまいます。

しかし、それでは問題から逃げようとしているように見えますし、相手もじれったくなってしまいます。

受け止めているつもりでもリアクションをしなければしっかりと思いは伝わりません。

厳しい状況でたとえ許してもらえないようなことでも謝る覚悟は必要です。

7. ただ「ごめんなさい」を連呼する

ただ「ごめんなさい」を連呼する

相手の迫力に負けてただ「ごめんなさい」を連呼する人もいますが、これは決して上手な謝り方とは言えないでしょう。

ワンパターンのセリフでは本当に反省しているのかその情熱がいまいちわからなくなってしまいます。

それに、怒っている側がいじめているように見られてしまい、「その辺にしておいてあげたら?」などと口を挟まれて気分が悪くなることだってあります。

やられているアピールをして周りに助けを求めたりするようなことは控えるようにするべきです。

8. 怒られたショックで泣き出したまま泣き止まない

怒られたショックで泣き出したまま泣き止まない

怒られたショックで泣き出してしまい、いつまでも泣き止まないということもあります。

これでは相手もそれ以上厳しくは言えず、かわいそうになってきて話半分で解決を諦めさせてしまうことにもなってしまいます。

特に男性は女性が泣き出すと弱い場合が多く、冷静ではいられないこともよくあります。

それをわかっていて泣いて逃れようとするずるい人は表で謝って心で泣くべきです。

まとめ

謝るのが下手な人にならないためにはいかに早く相手の怒りを静めるかを考える必要があります。

しかし、ただ躍起になるばかりでは相手の怒りにちゃんと向き合うことができず、解決への道のりに迷いが出てしまいます。

都合よく解釈して問題をこじらせたり、大げさに反省を見せて逆にイラつかせるようなことがないように相手のタイプを見極めながら精一杯の反省を見せましょう。

謝り上手なることができれば問題解決の後に絆が深まることも期待できます。

すんなりと許してもらうには謝るのが上手な方がいいに決まっています。

謝り方が下手な人の特徴を見ながら自分はどうだろうかと考えてみましょう。


声が小さくて何を言っているのか聞き取りにくい

謝るときは相手に聞こえる声で伝えなければ意味がありません。

しかし、声が小さい人だと何を言っているのか聞き取りにくく、ただ黙っているように思われてしまいます。

また、小さい声でモジモジ対応することでさらに相手をイライラさせてしまいます。

しおらしい態度を見せているつもりで小さい声で謝る人もいますが、時にぶりっこをしているように感じさせてしまうので相手を見るようにしなければいけません。

笑顔でごまかそうとしてしまう

よく見かける謝るのが下手な人のパターンのひとつとして、「笑顔でごまかそうとしながら謝る」というものがあります。

これには「どうか笑ってほしい」というすがる様な思いや問題を大きくしたくないという逃げを感じます。

また、真剣に怒っている人をバカにしているようにも見えるため、たとえ無意識だとしても謝るという瞬間には自分の表情に失礼がないか気をつける必要があります。

美男美女だとたまにはこれで乗り切れることもあるので学習してしまっていますがいつでも通用はしません。

気持ちが顔に出てしまって本心がバレる

気持ちが顔に出てしまい、「本当に反省しているのか!」とキレられることがある人は謝るのが下手な馬鹿正直者です。

「そこまで怒る?」とか「くだらない…」といううんざりな気持ちが顔に出てしまい、つい態度が悪くなってしまいます。

言いたくても言えないのでわざと態度でアピールしているなら相当気の強い人です。

無意識なら空気が読めないデリカシーのないタイプです。

正直過ぎるのも自分にとって不利な場面があると学ぶしかありません。

最初に言い訳をして罪を軽くしようとしてしまう

これもよく見かけるパターンですが、「最初に言い訳をして罪をかるくしようとしてしまう」という人がいます。

もちろんこちらも言われっぱなしは気分が悪いですし、誤解されているならそれを解消する必要もあるでしょう。

ただ、謝るのが下手だと言われる人はそこばかり重要視して極端に言い訳を急いでしまいます。

早口で言い返したり逆ギレしてしまうことも多く、冷静な話し合いにも支障が出てしまいます。

負けず嫌いなせいで相手の落ち度を探してしまう

負けず嫌いな性格の人であれば言われることにだんだんイライラしてきます。

そして、「あんただって前にやったじゃない!」とか「そんな言い方はさすがに失礼でしょ!」などと相手の落ち度を探してはぶつかってしまうことになります。

そうすることで少しでも自分の憂さ晴らしをしようとしているのではないでしょうか。

嫌な怒り方をする人もいますが、冷静になれなければ自分も結局同じになってしまいます。

謝っても許してくれないだろうと早々に諦める

相手の怒りっぷりにひるんでどうせ許してくれないだろうと早々に諦めてしまう気の弱い人も謝るのが下手なタイプです。

謝るのを諦めると「ごめんなさい」が出なくなり、ただ黙り込んでしまいます。

しかし、それでは問題から逃げようとしているように見えますし、相手もじれったくなってしまいます。

受け止めているつもりでもリアクションをしなければしっかりと思いは伝わりません。

厳しい状況でたとえ許してもらえないようなことでも謝る覚悟は必要です。

ただ「ごめんなさい」を連呼する

相手の迫力に負けてただ「ごめんなさい」を連呼する人もいますが、これは決して上手な謝り方とは言えないでしょう。

ワンパターンのセリフでは本当に反省しているのかその情熱がいまいちわからなくなってしまいます。

それに、怒っている側がいじめているように見られてしまい、「その辺にしておいてあげたら?」などと口を挟まれて気分が悪くなることだってあります。

やられているアピールをして周りに助けを求めたりするようなことは控えるようにするべきです。

怒られたショックで泣き出したまま泣き止まない

怒られたショックで泣き出してしまい、いつまでも泣き止まないということもあります。

これでは相手もそれ以上厳しくは言えず、かわいそうになってきて話半分で解決を諦めさせてしまうことにもなってしまいます。

特に男性は女性が泣き出すと弱い場合が多く、冷静ではいられないこともよくあります。

それをわかっていて泣いて逃れようとするずるい人は表で謝って心で泣くべきです。

謝るのが下手な人にならないためにはいかに早く相手の怒りを静めるかを考える必要があります。

しかし、ただ躍起になるばかりでは相手の怒りにちゃんと向き合うことができず、解決への道のりに迷いが出てしまいます。

都合よく解釈して問題をこじらせたり、大げさに反省を見せて逆にイラつかせるようなことがないように相手のタイプを見極めながら精一杯の反省を見せましょう。

謝り上手なることができれば問題解決の後に絆が深まることも期待できます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-