【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107133124.html
現実主義の女性の特徴

現実主義の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
現実主義の女性の特徴

夢や理想を追うよりも、現実をしっかりと見据えて生きている現実主義の女性の特徴を解説していきます。

  • 計画的に行動する
  • 感情的にならない
  • 金銭感覚がしっかりしている
  • リスクを嫌う
  • 気が小さい
  • 無茶な生き方をする人見下している
  • 家族の反面教師
  • 恋人選びは慎重
  • まとめ

1. 計画的に行動する

計画的に行動する

何をするにも行動を起こす前に、計画を立てるところから始めるのが特徴です。

旅行に行くにも、新しい事を始めるにも、予め下調べをしてスムーズに事を進めたいのです。

A型気質の几帳面さがあるので、細かいところまでキチキチと決めたがり、職場や友達の中に現実主義の女性がいれば、何をするにも心強いでしょう。

時間にも正確に動きたい性分なので、遅刻には無縁です。

ただし、突然のハプニングにはめっぽう弱いというデメリットもあります。

2. 感情的にならない

感情的にならない

感情のコントロールが上手いので、いつも冷静で感情的に怒る姿を人には見せません。

怒りがこみ上げてきても、「ここは人前だから怒ると周りに迷惑をかけてしまう」「今怒ったところで何も変わらない」など理性が怒りを押し込めてくれるのです。

理性的な性格のおかげで、周りには冷静な人、穏やかな人という好印象を与えます。

また、平常心でいられる為、仕事や勉強でもケアレスミスが少なく、成果を上げやすいのです。

3. 金銭感覚がしっかりしている

金銭感覚がしっかりしている

現実主義の女性は誰に教えられたわけでもなく、しっかりとした金銭感覚を持っています。

お給料をもらってすぐに浪費するなど、怖くて出来ません。

買いたいものがあったら、買いたいもの金額分のお金を用意出来てから買う習慣が身についているので、ふらっと出先で衝動買いをする事はまずありません。

お金を計画的に使う事が出来なければ、生活全ての計画を立てられなくなってしまいます。

お金の大切さをよく知っているので、結婚してから良き妻、良き母となって家庭を支えることが出来るでしょう。

4. リスクを嫌う

リスクを嫌う

ギャンブルなど、ハイリスクハイリターンな事を好みません。

リスクを冒してまで、大きなお金や、名誉を得ようという考えは持っておらず、地味でも地道でも良いから堅実な生活を望みます。

もし、何かを選択しなくてはならない場面では、迷わずリスクの少ない方を選ぶでしょう。

その分、リスクが少ない事をコツコツと地道にこなす忍耐力があり、地道な努力で仕事で成功を収めたり、周囲からも信頼を勝ち取ります。

5. 気が小さい

気が小さい

リスクを恐れ堅実な生活を望む裏には、気の弱い性格が関係しています。

何かを賭けて大きな事に挑戦しないのは、失敗や失うことを恐れて、チャレンジ精神にかけた性格の裏返しでもあります。

今ひとつ自分の持つ力や運を信じ切れずに、大胆な行動が取れないのです。

自分の意見を強く主張するのも、人と対立してしまう事が怖くて出来ません。

それが周囲からは控えめで協調性がある人に見え、人間関係をスムーズに築く事が出来るのです。

6. 無茶な生き方をする人見下している

無茶な生き方をする人見下している

現実主義者とは反対に、無計画に冒険的な生き方をする人バカな人と見下しているところがあります。

夢を持って大きな事にチャレンジする事で、もしかしたら、成功するかもしれない。

けれど、確率を考えると夢を叶えられる可能性は明らかに低く、そんな少ない可能性に賭けるなんてと、呆れかえってしまいます。

根拠や理屈、保証など、自分が安心する要素がない事は信じられない傾向があるので、無計画に行動する人、根拠のない自信を持っている人を見ると浅はかだと心の中では思っているのです。

7. 家族の反面教師

家族の反面教師

現実主義者の女性の多くは、家族の中にぶっ飛んだ価値観で、ファンキーな人物がいる環境で育っているケースが多いのです。

例えば、母親が派手好きで浪費グセがあったり、長男が夢ばかり追いかけるタイプだと、娘や妹は、その失敗する姿を見て反面教師にしようとするのです。

決して家族の事が嫌いなわけではないのですが、家族という小さな集団の中でもまとまりを保つには、誰かが冷静に現実を見据えざるを得ないのです。

8. 恋人選びは慎重

恋人選びは慎重

恋愛の始め方も、感情的にほだされる事なく、理性的に相手との事を考えてからスタートします。

特に恋人選びの条件として、重要視するのは相手の職業です。

大手メーカー、商社までは行かなくても、公務員など、安定した仕事についているかどうかを重視してお付き合いを決めます。

顔で恋人を選ぶよりも、優しい性格だとか常識のある人かなど、中身をみてパートナーにふさわしい人か、判断するのです。

基本的には、受け身の恋愛ですが、この人は逃しちゃいけない!と思うと、持ち前の計画性を武器に果敢にアタックをして、良い男性をゲットするでしょう。

まとめ

現実主義者も理想主義者も、正反対の性質ではありますが、それぞれの良いところがあります。

社会の中に、現実主義者も理想主義者の両方がいるからこそ上手く成り立っているのでしょう。

相性をみても、現実主義の同士であれば似た価値観で、同じ方向性の幸せを手に入れられます。

現実主義者と理想主義者のカップルでも、お互いを補い合う事が出来れば最高のパートナーとなるでしょう。

夢や理想を追うよりも、現実をしっかりと見据えて生きている現実主義の女性の特徴を解説していきます。


計画的に行動する

何をするにも行動を起こす前に、計画を立てるところから始めるのが特徴です。

旅行に行くにも、新しい事を始めるにも、予め下調べをしてスムーズに事を進めたいのです。

A型気質の几帳面さがあるので、細かいところまでキチキチと決めたがり、職場や友達の中に現実主義の女性がいれば、何をするにも心強いでしょう。

時間にも正確に動きたい性分なので、遅刻には無縁です。

ただし、突然のハプニングにはめっぽう弱いというデメリットもあります。

感情的にならない

感情のコントロールが上手いので、いつも冷静で感情的に怒る姿を人には見せません。

怒りがこみ上げてきても、「ここは人前だから怒ると周りに迷惑をかけてしまう」「今怒ったところで何も変わらない」など理性が怒りを押し込めてくれるのです。

理性的な性格のおかげで、周りには冷静な人、穏やかな人という好印象を与えます。

また、平常心でいられる為、仕事や勉強でもケアレスミスが少なく、成果を上げやすいのです。

金銭感覚がしっかりしている

現実主義の女性は誰に教えられたわけでもなく、しっかりとした金銭感覚を持っています。

お給料をもらってすぐに浪費するなど、怖くて出来ません。

買いたいものがあったら、買いたいもの金額分のお金を用意出来てから買う習慣が身についているので、ふらっと出先で衝動買いをする事はまずありません。

お金を計画的に使う事が出来なければ、生活全ての計画を立てられなくなってしまいます。

お金の大切さをよく知っているので、結婚してから良き妻、良き母となって家庭を支えることが出来るでしょう。

リスクを嫌う

ギャンブルなど、ハイリスクハイリターンな事を好みません。

リスクを冒してまで、大きなお金や、名誉を得ようという考えは持っておらず、地味でも地道でも良いから堅実な生活を望みます。

もし、何かを選択しなくてはならない場面では、迷わずリスクの少ない方を選ぶでしょう。

その分、リスクが少ない事をコツコツと地道にこなす忍耐力があり、地道な努力で仕事で成功を収めたり、周囲からも信頼を勝ち取ります。

気が小さい

リスクを恐れ堅実な生活を望む裏には、気の弱い性格が関係しています。

何かを賭けて大きな事に挑戦しないのは、失敗や失うことを恐れて、チャレンジ精神にかけた性格の裏返しでもあります。

今ひとつ自分の持つ力や運を信じ切れずに、大胆な行動が取れないのです。

自分の意見を強く主張するのも、人と対立してしまう事が怖くて出来ません。

それが周囲からは控えめで協調性がある人に見え、人間関係をスムーズに築く事が出来るのです。

無茶な生き方をする人見下している

現実主義者とは反対に、無計画に冒険的な生き方をする人バカな人と見下しているところがあります。

夢を持って大きな事にチャレンジする事で、もしかしたら、成功するかもしれない。

けれど、確率を考えると夢を叶えられる可能性は明らかに低く、そんな少ない可能性に賭けるなんてと、呆れかえってしまいます。

根拠や理屈、保証など、自分が安心する要素がない事は信じられない傾向があるので、無計画に行動する人、根拠のない自信を持っている人を見ると浅はかだと心の中では思っているのです。

家族の反面教師

現実主義者の女性の多くは、家族の中にぶっ飛んだ価値観で、ファンキーな人物がいる環境で育っているケースが多いのです。

例えば、母親が派手好きで浪費グセがあったり、長男が夢ばかり追いかけるタイプだと、娘や妹は、その失敗する姿を見て反面教師にしようとするのです。

決して家族の事が嫌いなわけではないのですが、家族という小さな集団の中でもまとまりを保つには、誰かが冷静に現実を見据えざるを得ないのです。

恋人選びは慎重

恋愛の始め方も、感情的にほだされる事なく、理性的に相手との事を考えてからスタートします。

特に恋人選びの条件として、重要視するのは相手の職業です。

大手メーカー、商社までは行かなくても、公務員など、安定した仕事についているかどうかを重視してお付き合いを決めます。

顔で恋人を選ぶよりも、優しい性格だとか常識のある人かなど、中身をみてパートナーにふさわしい人か、判断するのです。

基本的には、受け身の恋愛ですが、この人は逃しちゃいけない!と思うと、持ち前の計画性を武器に果敢にアタックをして、良い男性をゲットするでしょう。

現実主義者も理想主義者も、正反対の性質ではありますが、それぞれの良いところがあります。

社会の中に、現実主義者も理想主義者の両方がいるからこそ上手く成り立っているのでしょう。

相性をみても、現実主義の同士であれば似た価値観で、同じ方向性の幸せを手に入れられます。

現実主義者と理想主義者のカップルでも、お互いを補い合う事が出来れば最高のパートナーとなるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-