【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107132940.html
ネットゲームにはまりやすい人の特徴

ネットゲームにはまりやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ネットゲームにはまりやすい人の特徴

スマホ、PC、タブレットなどいろいろな端末でゲームが遊べるようになりました。

どんな人がネットゲームにのめりこんでしまうのでしょうか?

  • もともとゲームが好きな人
  • リアルが充実していない人
  • これといった趣味が今までなかった人
  • ストレス解消のために遊んでいる人
  • やりこむことが好きな人
  • 人の影響を受けやすい人
  • 難易度が低いためストレスも少ない
  • まとめ

1. もともとゲームが好きな人

もともとゲームが好きな人

まず、ネットゲームを始める人の大半は今までにゲームをやったことのある人、ゲームが好きな人が大半です。

このような人たちはネットゲームにはまるのは当然でしょう。

オフラインでゲームをするのとは違ってオンラインでゲームを遊ぶと別の楽しさを味わうことができるので生活時間を費やしてでも遊んでしまう人は多いです。

2. リアルが充実していない人

リアルが充実していない人

現実逃避の一種になりますが、現実の世界と違って優しい世界なのでインターネットの世界に逃げ込んでしまった人たちがネットゲーム依存になることはよくあることです。

また、ネット上では直接顔を合わせることがないために思い通りの自分を作り出すことができます。

そして現実の世界に戻ることができなくなってしまうほどネットゲームの世界の居心地がよくなりネットゲーム依存になってしまうということです。

また、一人暮らしなどで親しい人とのコミュニケーションがあまりなくなってしまった人たちもネットゲームの世界にやってきてしまいます。

3. これといった趣味が今までなかった人

これといった趣味が今までなかった人

趣味を始めようと思っても色々道具をそろえたり教室に通ったりするとお金がどうしてもかかってしまいます。

一方、ネットゲームは課金しなければ強くなったりアイテムを集めることができないといった問題点はあるものの基本的に無料であるので非常に始めやすく、インターネット環境さえそろっていれば無料で十分遊べるのではまってしまう人も多いです。

4. ストレス解消のために遊んでいる人

ストレス解消のために遊んでいる人

現代社会において、ストレスがないという人は少ないです。

そこでオンラインゲームをストレス解消に使うということです。

例えばシューティングゲームなどは大勢の敵を撃ち殺すことによってストレス解消のきっかけになります。

また、戦闘ゲームなども敵を倒すことでストレス解消になります。

そのほかスポーツゲームなどで相手を倒すことで爽快感を得ることができます。

これはオンラインゲームのような実際に人間相手に戦うことができるからストレス解消になるのであって、コンピュータ同士ではあまりストレスの解消になりません。

メッセージチャット機能などが付いたオンラインゲームで勝者が敗者を罵倒したりすることでストレスの解消になっているのです。

匿名であるということはなりたい自分になるということだけではなく、普段人に言えないようなことを強気で言うことが楽しくなってきてオンラインゲームをやめることができなくなってしまうのです。

5. やりこむことが好きな人

やりこむことが好きな人

ネットゲームは基本的に終わりがないためサービスが終了しなければいつまでも続いていきます。

ですが、どんなゲームにも終わりがないとわかっていながらも大金を課金するような人はいます。

そのような人たちはやりこむことが好きなのです。

例えば、ゲーム内アイテムのコレクションなどです。

集めたからと言って特に意味があるわけではありませんが集めることへの達成感を感じる人がいます。

これは男性に非常に多く収集を目的とする人の例です。

ゲーム内のやりこみ要素やレベル上げなど意味がなくてもそうしても続けてしまっている人はネットゲーム依存になりやすいです。

6. 人の影響を受けやすい人

人の影響を受けやすい人

ネットゲームを始めるきっかけは色々あると思いますが、友達に勧められたり友達がやっているのを見てはまったという人も多いでしょう。

周りがこういうことをやっているから自分もやってみよう、相手が課金しているから自分も課金しようなどと人に影響されやすい人です。

このような人たちは課金に歯止めが効かず、いつまでもお金を使ってしまいがちです。

ちょっとのつもりが離れられなくなってしまうのです。

また、家庭内で誰かがネットゲームをやっている人の場合も話題を共有していくうちにネットゲームの世界から抜け出せなくなってしまいます。

7. 難易度が低いためストレスも少ない

難易度が低いためストレスも少ない

昔のゲームなどは難しいものが多く、クリアしたひとが数えられるほどしかいないゲームもいくつかあります。

一方でネットゲームは難易度はそれほど高い物ではなくほかのプレイヤーとの協力や課金すればクリアできるといった点から暇つぶしのつもりが生活の一部になるということがあります。

誰にでも遊べるといった気軽さから依存してしまう人も多くなってしまうのです。

まとめ

ネットゲームにはまってしまう人の特徴をまとめてみましたが、共通している特徴として現実の世界とは違った自分になりたいということです。

ネットゲームの最大の利点でありこれが原因でネットにのめりこんでしまうのです。

ネットの世界も確かに楽しいですが、現実に目を向けてほどほどにしておくべきです。

それにネットゲーム以外にも楽しいことはあります。

行動力を活かしてネット以上に楽しい生活を送りましょう。

スマホ、PC、タブレットなどいろいろな端末でゲームが遊べるようになりました。

どんな人がネットゲームにのめりこんでしまうのでしょうか?


もともとゲームが好きな人

まず、ネットゲームを始める人の大半は今までにゲームをやったことのある人、ゲームが好きな人が大半です。

このような人たちはネットゲームにはまるのは当然でしょう。

オフラインでゲームをするのとは違ってオンラインでゲームを遊ぶと別の楽しさを味わうことができるので生活時間を費やしてでも遊んでしまう人は多いです。

リアルが充実していない人

現実逃避の一種になりますが、現実の世界と違って優しい世界なのでインターネットの世界に逃げ込んでしまった人たちがネットゲーム依存になることはよくあることです。

また、ネット上では直接顔を合わせることがないために思い通りの自分を作り出すことができます。

そして現実の世界に戻ることができなくなってしまうほどネットゲームの世界の居心地がよくなりネットゲーム依存になってしまうということです。

また、一人暮らしなどで親しい人とのコミュニケーションがあまりなくなってしまった人たちもネットゲームの世界にやってきてしまいます。

これといった趣味が今までなかった人

趣味を始めようと思っても色々道具をそろえたり教室に通ったりするとお金がどうしてもかかってしまいます。

一方、ネットゲームは課金しなければ強くなったりアイテムを集めることができないといった問題点はあるものの基本的に無料であるので非常に始めやすく、インターネット環境さえそろっていれば無料で十分遊べるのではまってしまう人も多いです。

ストレス解消のために遊んでいる人

現代社会において、ストレスがないという人は少ないです。

そこでオンラインゲームをストレス解消に使うということです。

例えばシューティングゲームなどは大勢の敵を撃ち殺すことによってストレス解消のきっかけになります。

また、戦闘ゲームなども敵を倒すことでストレス解消になります。

そのほかスポーツゲームなどで相手を倒すことで爽快感を得ることができます。

これはオンラインゲームのような実際に人間相手に戦うことができるからストレス解消になるのであって、コンピュータ同士ではあまりストレスの解消になりません。

メッセージチャット機能などが付いたオンラインゲームで勝者が敗者を罵倒したりすることでストレスの解消になっているのです。

匿名であるということはなりたい自分になるということだけではなく、普段人に言えないようなことを強気で言うことが楽しくなってきてオンラインゲームをやめることができなくなってしまうのです。

やりこむことが好きな人

ネットゲームは基本的に終わりがないためサービスが終了しなければいつまでも続いていきます。

ですが、どんなゲームにも終わりがないとわかっていながらも大金を課金するような人はいます。

そのような人たちはやりこむことが好きなのです。

例えば、ゲーム内アイテムのコレクションなどです。

集めたからと言って特に意味があるわけではありませんが集めることへの達成感を感じる人がいます。

これは男性に非常に多く収集を目的とする人の例です。

ゲーム内のやりこみ要素やレベル上げなど意味がなくてもそうしても続けてしまっている人はネットゲーム依存になりやすいです。

人の影響を受けやすい人

ネットゲームを始めるきっかけは色々あると思いますが、友達に勧められたり友達がやっているのを見てはまったという人も多いでしょう。

周りがこういうことをやっているから自分もやってみよう、相手が課金しているから自分も課金しようなどと人に影響されやすい人です。

このような人たちは課金に歯止めが効かず、いつまでもお金を使ってしまいがちです。

ちょっとのつもりが離れられなくなってしまうのです。

また、家庭内で誰かがネットゲームをやっている人の場合も話題を共有していくうちにネットゲームの世界から抜け出せなくなってしまいます。

難易度が低いためストレスも少ない

昔のゲームなどは難しいものが多く、クリアしたひとが数えられるほどしかいないゲームもいくつかあります。

一方でネットゲームは難易度はそれほど高い物ではなくほかのプレイヤーとの協力や課金すればクリアできるといった点から暇つぶしのつもりが生活の一部になるということがあります。

誰にでも遊べるといった気軽さから依存してしまう人も多くなってしまうのです。

ネットゲームにはまってしまう人の特徴をまとめてみましたが、共通している特徴として現実の世界とは違った自分になりたいということです。

ネットゲームの最大の利点でありこれが原因でネットにのめりこんでしまうのです。

ネットの世界も確かに楽しいですが、現実に目を向けてほどほどにしておくべきです。

それにネットゲーム以外にも楽しいことはあります。

行動力を活かしてネット以上に楽しい生活を送りましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-