【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107090122.html
怒ると怖い女性の特徴

怒ると怖い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
怒ると怖い女性の特徴

大小の差こそあれ誰でも怒るとある程度の恐さを関係する人たちに与えるのは確かです。

とりわけ怒ると怖い女性がいますが、その女性はどのような行動をしてしまうからなのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。

  • ギャップが凄い
  • とにかく声が大きい
  • 怒っているはずなのに冷静である
  • 論理的に怒る女性
  • 物に当たる
  • 執念深い女性
  • 我慢の限界が来てしまった女性
  • いつまでも許さない女性
  • まとめ

1. ギャップが凄い

ギャップが凄い

怒ると怖い女性というのは普段はいつも優しくて笑顔を見せることが多く、親切であったりしますが、あまりに我慢ならないことがあるといきなり豹変して怒り狂うことがあったりします、そのギャップが凄すぎて何も言えなくなってしまうほどであり、普段優しくて穏やかな女性がこんなにも変わってしまうのかという点に怖さを感じます。

そうしたことがあるとその人の笑顔の中に隠された怖い部分がいつ出るのか、いつも不安になってしまうことでしょう。

2. とにかく声が大きい

とにかく声が大きい

怒りをぶちまけるかのように声を荒げて不満を口にする女性というのは怖いです。

その大声を上げているときというのは表情がとても険しいですし、その迫力に圧倒されてしまいます。

声が大きいだけではなく、早口だったり、何を言っても大きな声で返されてしまうと手がつけられないという気持ちになってしまうし、暴れ馬のようでとても怖いのです。

3. 怒っているはずなのに冷静である

怒っているはずなのに冷静である

キレて当然のような状況なのに冷静に話している姿の女性というのはとても怖さを感じます。

なぜ怒らないのか、どうして感情を出さないのか、それが逆に不自然であり、あり得ないし一体どんな展開になるのが予測がつかないゆえの怖さがあります。

怒りを露わにしていないものの、目や顔は明らかに不機嫌であり、なにをするのかわからない怖さがあるのです。

4. 論理的に怒る女性

論理的に怒る女性

怒るときに感情を出すことなくむしろ論理的に説明し戒めを与えるようなことをする女性は怖いです。

感情を出すことなく冷徹で冷めた目をして、あなたのなにがいけないのか、ということを尋ねたり、どうしてこういうことをしてしまうのか、などとにかく謝ればなんとかなるというタイプではありません。

徹底的に原因を追究するのであり、論理的に怒りを出されてしまうと、どのように答えればよいのかわからなくなってしまうために怖いのです。

逃げたくても逃げることができない、そんな恐怖に駆られます。

5. 物に当たる

物に当たる

感情的になりやすい女性は怒りだすと自分を制御することができなくなり、相手に物を投げつけたり、相手が大切にしているもの、例えば携帯電話なども叩き壊したりしてしまうことがあります。

特に妬みに駆られると我を失ってしまうような女性はなにをするのかわからないところがあり、周囲の人たちは怖くて近づけなくなります。

そのような女性と交際をするようなことがあれば、男性は生きた心地がしないでしょう。

6. 執念深い女性

執念深い女性

騙すとか騙されるというちょっとしたすれ違いで起こることはあるものですが、執念深い人は復讐しないと気がすみません。

絶対に許すことなどできないし、自分が受けた恥ずかしさや苦難と同じもの、あるいはそれ以上のものを与えたいという気持ちを持っていつもチャンスを伺うようになります。

それができるのであれば犯罪を犯しても構わないというくらいに執念深い女性と関わってしまうと大変なことになります。

7. 我慢の限界が来てしまった女性

我慢の限界が来てしまった女性

どんなつらいことがあったとしてもそれを口にすることなくじっとひたすら耐えることができる女性というのは強さがありますが、それも限界に達してしまうことがあります。

そしてその我慢の限界が来た時に一気にその今までの怒りが爆発するのであり、それはまるで火山が爆発したのと同じほどの大きな衝撃と迫力を与えることになるでしょう。

なにをされても絶対に怒らないはずの女性がついに怒ったということで大きなショックと、そしてその日以降その女性を見る周囲の目は変わることになるでしょう。

8. いつまでも許さない女性

いつまでも許さない女性

相手の間違いや失敗をいつまでも覚えていて決して忘れようとしない女性です。

その人は事あるたびにさりげなくその失敗に触れたりしていじめたりしますし、それを許して忘れようという気持ちがありません。

何月何日何時ころにこんなことをしたとか、あんなひどいことを言ったということをまるでメモに書いてしっかりと記憶しているかのようであり、そのような女性は怖いのです。

まとめ

女性は笑顔で優しいことが美しいのですが、時にどうしても怒らざるを得ないこともあります。

怒り狂うようなことを全く想像することができないような女性がふとしたことでキレてしまうことはあるものであり、人間それほど強くはないということなのかもしれません。

苦境でも自分を制するような強さを持ちたいものですが、女性のイメージは優しいというのがあるために、その怒りの表し方のギャップに驚いてしまうのです。

感情的になるとなにをするのかわからない怖さを持つ女性はいますし、それは瞬間湯沸かし器のようなものかもしれませんが、そのような女性と関わる場合にはかなり慎重であることが必要です。

大小の差こそあれ誰でも怒るとある程度の恐さを関係する人たちに与えるのは確かです。

とりわけ怒ると怖い女性がいますが、その女性はどのような行動をしてしまうからなのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。


ギャップが凄い

怒ると怖い女性というのは普段はいつも優しくて笑顔を見せることが多く、親切であったりしますが、あまりに我慢ならないことがあるといきなり豹変して怒り狂うことがあったりします、そのギャップが凄すぎて何も言えなくなってしまうほどであり、普段優しくて穏やかな女性がこんなにも変わってしまうのかという点に怖さを感じます。

そうしたことがあるとその人の笑顔の中に隠された怖い部分がいつ出るのか、いつも不安になってしまうことでしょう。

とにかく声が大きい

怒りをぶちまけるかのように声を荒げて不満を口にする女性というのは怖いです。

その大声を上げているときというのは表情がとても険しいですし、その迫力に圧倒されてしまいます。

声が大きいだけではなく、早口だったり、何を言っても大きな声で返されてしまうと手がつけられないという気持ちになってしまうし、暴れ馬のようでとても怖いのです。

怒っているはずなのに冷静である

キレて当然のような状況なのに冷静に話している姿の女性というのはとても怖さを感じます。

なぜ怒らないのか、どうして感情を出さないのか、それが逆に不自然であり、あり得ないし一体どんな展開になるのが予測がつかないゆえの怖さがあります。

怒りを露わにしていないものの、目や顔は明らかに不機嫌であり、なにをするのかわからない怖さがあるのです。

論理的に怒る女性

怒るときに感情を出すことなくむしろ論理的に説明し戒めを与えるようなことをする女性は怖いです。

感情を出すことなく冷徹で冷めた目をして、あなたのなにがいけないのか、ということを尋ねたり、どうしてこういうことをしてしまうのか、などとにかく謝ればなんとかなるというタイプではありません。

徹底的に原因を追究するのであり、論理的に怒りを出されてしまうと、どのように答えればよいのかわからなくなってしまうために怖いのです。

逃げたくても逃げることができない、そんな恐怖に駆られます。

物に当たる

感情的になりやすい女性は怒りだすと自分を制御することができなくなり、相手に物を投げつけたり、相手が大切にしているもの、例えば携帯電話なども叩き壊したりしてしまうことがあります。

特に妬みに駆られると我を失ってしまうような女性はなにをするのかわからないところがあり、周囲の人たちは怖くて近づけなくなります。

そのような女性と交際をするようなことがあれば、男性は生きた心地がしないでしょう。

執念深い女性

騙すとか騙されるというちょっとしたすれ違いで起こることはあるものですが、執念深い人は復讐しないと気がすみません。

絶対に許すことなどできないし、自分が受けた恥ずかしさや苦難と同じもの、あるいはそれ以上のものを与えたいという気持ちを持っていつもチャンスを伺うようになります。

それができるのであれば犯罪を犯しても構わないというくらいに執念深い女性と関わってしまうと大変なことになります。

我慢の限界が来てしまった女性

どんなつらいことがあったとしてもそれを口にすることなくじっとひたすら耐えることができる女性というのは強さがありますが、それも限界に達してしまうことがあります。

そしてその我慢の限界が来た時に一気にその今までの怒りが爆発するのであり、それはまるで火山が爆発したのと同じほどの大きな衝撃と迫力を与えることになるでしょう。

なにをされても絶対に怒らないはずの女性がついに怒ったということで大きなショックと、そしてその日以降その女性を見る周囲の目は変わることになるでしょう。

いつまでも許さない女性

相手の間違いや失敗をいつまでも覚えていて決して忘れようとしない女性です。

その人は事あるたびにさりげなくその失敗に触れたりしていじめたりしますし、それを許して忘れようという気持ちがありません。

何月何日何時ころにこんなことをしたとか、あんなひどいことを言ったということをまるでメモに書いてしっかりと記憶しているかのようであり、そのような女性は怖いのです。

女性は笑顔で優しいことが美しいのですが、時にどうしても怒らざるを得ないこともあります。

怒り狂うようなことを全く想像することができないような女性がふとしたことでキレてしまうことはあるものであり、人間それほど強くはないということなのかもしれません。

苦境でも自分を制するような強さを持ちたいものですが、女性のイメージは優しいというのがあるために、その怒りの表し方のギャップに驚いてしまうのです。

感情的になるとなにをするのかわからない怖さを持つ女性はいますし、それは瞬間湯沸かし器のようなものかもしれませんが、そのような女性と関わる場合にはかなり慎重であることが必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-