【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180106140033.html
優しそうに見える顔の特徴

優しそうに見える顔の特徴 | LADYCO

LADYCO
優しそうに見える顔の特徴

顔を見ただけですごくやさしい雰囲気をかもし出していて、話したことがない人でも優しいと思ったり、話しかけやすそうな人に会ったことはないでしょうか。

優しい性格に見える顔の人にはどのような特徴があるのか紹介します。

  • 少したれ目
  • 眉尻が下がっている
  • 口角が上がっている
  • いつも笑顔
  • ほっぺたがふわふわしている
  • 八重歯が少し出ている
  • 前髪を下ろしている
  • 目が大きすぎない
  • まとめ

1. 少したれ目

少したれ目

目尻が少し下がっているたれ目の人は、つり上がっている人に比べてかなり優しそうに見えます。

人は怒っているときやイライラしているときには、自然と目に力が入って目尻が少し上がりやすくこわい顔になりますが、元から目尻が下がっていると少しぐらいつり上がってもつり目にならないので、いつ見ても笑っているような穏やかな雰囲気に感じられます。

目尻が下がって笑っている時のような表情をキープできるので、少したれ目の人は優しそうな顔に見えます。

2. 眉尻が下がっている

眉尻が下がっている

眉尻が下がっていると困ったような顔の印象になりますので、きつい感じの顔には見えませんので優しそうに見えます。

穏やかそうで怒ることがなさそうに見えますし、怒っても恐くなさそうな印象を受けます。

目の印象がきつい人でも眉尻が下がっていれば、きつく感じる目の印象もやわらいで、少し優しく見える顔になれるでしょう。

眉毛がつり上がった角度の人は、話し方が優しくても顔の印象できつい性格に見えるので、水平ぐらいか少し下がっている眉の人は優しそうに見えます。

3. 口角が上がっている

口角が上がっている

口角が上がっていると意識していなくても笑っているように見えます。

たとえば無表情の場合だったとしても、口角が上がっていれば優しく見えます。

笑っていない状態で口角が上がっている人は、いつ誰に見られても笑顔の顔しか見られることがないため、怒ったときの顔をイメージすることが出来ません。

ですからいつも笑っているから恐くないんだという印象がついて優しそうな性格に見えます。

口角が上がっているだけで表情が笑顔になるので優しい顔に見えます。

4. いつも笑顔

いつも笑顔

常日頃から笑顔を崩さないようにしている人は優しい性格のように感じます。

体調が悪い時や疲れているときでも、自分で意識して笑顔を作っている人は、周りから見たらいつも笑顔でいる印象が与えられます。

いつも笑顔だと性格は優しいというイメージがつきます。

イライラすることがあったり、嫌なことがあったときにも笑顔を崩さずに、感情を表に出さない人は怒った表情を周りの人たちに知られることがないので優しそうに見える顔をしています。

5. ほっぺたがふわふわしている

ほっぺたがふわふわしている

ほっぺたがふわふわしていて柔らかそうな顔の人は、性格もやわらかい優しい印象に感じられます。

輪郭がふわっとしていてぼやけているとシャープな印象がなく性格が丸いというようなイメージから優しく見えます。

輪郭だけではなくて顔の中心に近いところのほっぺたがぷっくりしている顔立ちの人も、見た目の印象が丸く感じられるので優しく見えます。

顔がほっそりしていたり、あごがシャープでやせているとクールな印象に見えてしまうので、ふわふわして丸みのある骨格のほうが優しそうに見えます。

6. 八重歯が少し出ている

八重歯が少し出ている

八重歯が出ていると自然と口角が上がって見えるので、優しい印象になりやすいです。

八重歯の見え方にもよりますが、たいてい口角の少し内側に出ている人が多く、歯で下の唇を少しかんでいる状態になります。

そうすると口角の少し内側がいったん下がるので、端っこの口角の辺りが反対に上がっているように見えるので、勝手に笑顔のように見えます。

八重歯が少し出ていると笑顔になりやすいですので、優しく見える顔になります。

7. 前髪を下ろしている

前髪を下ろしている

前髪を下ろしていると眉の形が見えにくくなり表情の変化が分かりにくくなりますので、イライラが少し顔に出たとしても気づかれにくいですし、目がきつい印象の人は前髪を下ろして少しかくれるようにすれば優しい口調で話していれば優しい印象を与えることが出来ます。

おでこを全部出している人は威圧感がありますし、強い印象になりがちですので、少しでも前髪を下ろしていれば優しい印象に見せやすいです。

8. 目が大きすぎない

目が大きすぎない

目の大きさは大きすぎても小さすぎても、優しいようには見えません。

大きすぎると迫力があって優しいという印象は受けませんし、小さすぎたり細すぎても目が合ったときに睨まれているように感じられてしまうときがあります。

ですから目は大きすぎず小さすぎずで、さらに二重の幅が広めの人のほうが優しい表情に見えます。

アイプチなどで無理矢理作った二重まぶたではなく、元からの二重まぶたの人のほうが自然で優しい印象になります。

まとめ

笑顔でいることが優しそうに見えるための簡単な方法です。

笑顔が他人に与える印象は、怒らなさそうだったり話がしやすそうな感じですので、優しそうな性格に見てもらいたい場合は笑顔を意識することです。

顔の骨格などにかかわらず誰にでも実践できる笑顔は、優しい印象にするのにとてもいい方法です。

顔を見ただけですごくやさしい雰囲気をかもし出していて、話したことがない人でも優しいと思ったり、話しかけやすそうな人に会ったことはないでしょうか。

優しい性格に見える顔の人にはどのような特徴があるのか紹介します。


少したれ目

目尻が少し下がっているたれ目の人は、つり上がっている人に比べてかなり優しそうに見えます。

人は怒っているときやイライラしているときには、自然と目に力が入って目尻が少し上がりやすくこわい顔になりますが、元から目尻が下がっていると少しぐらいつり上がってもつり目にならないので、いつ見ても笑っているような穏やかな雰囲気に感じられます。

目尻が下がって笑っている時のような表情をキープできるので、少したれ目の人は優しそうな顔に見えます。

眉尻が下がっている

眉尻が下がっていると困ったような顔の印象になりますので、きつい感じの顔には見えませんので優しそうに見えます。

穏やかそうで怒ることがなさそうに見えますし、怒っても恐くなさそうな印象を受けます。

目の印象がきつい人でも眉尻が下がっていれば、きつく感じる目の印象もやわらいで、少し優しく見える顔になれるでしょう。

眉毛がつり上がった角度の人は、話し方が優しくても顔の印象できつい性格に見えるので、水平ぐらいか少し下がっている眉の人は優しそうに見えます。

口角が上がっている

口角が上がっていると意識していなくても笑っているように見えます。

たとえば無表情の場合だったとしても、口角が上がっていれば優しく見えます。

笑っていない状態で口角が上がっている人は、いつ誰に見られても笑顔の顔しか見られることがないため、怒ったときの顔をイメージすることが出来ません。

ですからいつも笑っているから恐くないんだという印象がついて優しそうな性格に見えます。

口角が上がっているだけで表情が笑顔になるので優しい顔に見えます。

いつも笑顔

常日頃から笑顔を崩さないようにしている人は優しい性格のように感じます。

体調が悪い時や疲れているときでも、自分で意識して笑顔を作っている人は、周りから見たらいつも笑顔でいる印象が与えられます。

いつも笑顔だと性格は優しいというイメージがつきます。

イライラすることがあったり、嫌なことがあったときにも笑顔を崩さずに、感情を表に出さない人は怒った表情を周りの人たちに知られることがないので優しそうに見える顔をしています。

ほっぺたがふわふわしている

ほっぺたがふわふわしていて柔らかそうな顔の人は、性格もやわらかい優しい印象に感じられます。

輪郭がふわっとしていてぼやけているとシャープな印象がなく性格が丸いというようなイメージから優しく見えます。

輪郭だけではなくて顔の中心に近いところのほっぺたがぷっくりしている顔立ちの人も、見た目の印象が丸く感じられるので優しく見えます。

顔がほっそりしていたり、あごがシャープでやせているとクールな印象に見えてしまうので、ふわふわして丸みのある骨格のほうが優しそうに見えます。

八重歯が少し出ている

八重歯が出ていると自然と口角が上がって見えるので、優しい印象になりやすいです。

八重歯の見え方にもよりますが、たいてい口角の少し内側に出ている人が多く、歯で下の唇を少しかんでいる状態になります。

そうすると口角の少し内側がいったん下がるので、端っこの口角の辺りが反対に上がっているように見えるので、勝手に笑顔のように見えます。

八重歯が少し出ていると笑顔になりやすいですので、優しく見える顔になります。

前髪を下ろしている

前髪を下ろしていると眉の形が見えにくくなり表情の変化が分かりにくくなりますので、イライラが少し顔に出たとしても気づかれにくいですし、目がきつい印象の人は前髪を下ろして少しかくれるようにすれば優しい口調で話していれば優しい印象を与えることが出来ます。

おでこを全部出している人は威圧感がありますし、強い印象になりがちですので、少しでも前髪を下ろしていれば優しい印象に見せやすいです。

目が大きすぎない

目の大きさは大きすぎても小さすぎても、優しいようには見えません。

大きすぎると迫力があって優しいという印象は受けませんし、小さすぎたり細すぎても目が合ったときに睨まれているように感じられてしまうときがあります。

ですから目は大きすぎず小さすぎずで、さらに二重の幅が広めの人のほうが優しい表情に見えます。

アイプチなどで無理矢理作った二重まぶたではなく、元からの二重まぶたの人のほうが自然で優しい印象になります。

笑顔でいることが優しそうに見えるための簡単な方法です。

笑顔が他人に与える印象は、怒らなさそうだったり話がしやすそうな感じですので、優しそうな性格に見てもらいたい場合は笑顔を意識することです。

顔の骨格などにかかわらず誰にでも実践できる笑顔は、優しい印象にするのにとてもいい方法です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-