【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180106140012.html
慎重な女性の特徴

慎重な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
慎重な女性の特徴

何をするにも慎重な女性がいます。

ここでは、慎重な女性に注目して、どんな性格や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。

「慎重」

引用元:
  • 仕事や家事のミスが少ない
  • マイナス思考で、常にリスクを考える
  • 恋愛は奥手で、自分からはアプローチしない
  • 自己愛が強く、失敗を恐れる
  • 何をするにも時間がかかる
  • イメチェンをしない
  • まとめ

1. 仕事や家事のミスが少ない

仕事や家事のミスが少ない

慎重な女性はものごとをいい加減にすませることができません。

用心深いので、何をやっても、必ずミスはないかを点検します。

たとえば、仕事で会議の資料を作成するとしましょう。

慎重な女性は資料を作成しながら、何度もチェックし、数字の間違いはないか、誤字や脱字、文字の変換ミスはないかを確かめます。

そして、資料が完成した後でも、複数回チェックしますので、ミスは極めて少なくなると考えていいでしょう。

家事をする際も同様です。

料理をするとしましょう。

はじめて作る料理の場合は、事前にレシピをしっかりチェックし、そのレシピ通りに料理を進めていきます。

調味料の分量などもきわめて正確に測り、きちんと味見もしますので、失敗することはありません。

また、包丁を使う際にも、じゅうぶんに気を付けて、注意深く使いますから、包丁で手を切るということもほとんどないのです。

つまり、仕事でも家事でも何かの作業でも、ふつうの人に比べてミスが少ないというのが、慎重な女性の特徴ということになるでしょう

2. マイナス思考で、常にリスクを考える

マイナス思考で、常にリスクを考える

マイナス思考になりやすいというのも、慎重な女性の性格でしょう。

何かをするとき、事前に細かくその行動をした際のことを考えるのが慎重な女性なのですが、その思考はどうしてもネガティブなものになってしまいがちなのです。

たとえば、転職を考えたとしましょう。

具体的に転職先の候補が上がった時、必ず「その仕事にはどんなリスクがあるのか。

その会社にはどんなマイナス点があるのか」
を、時間をかけて考察します。

そして、「給料はいいけれど、肉体的につらそう」とか、「楽な仕事のようだけれど、暇すぎて、かえって精神的につらいのではないか」などと、その企業や仕事の良くない点に目を向けてしまうのです。

ふつうなら、ある程度のところで折り合いをつけて転職先を決めますが、慎重な女性はそのようにネガティブな思考になってしまうために、結局転職を見送るということが少なくありません。

3. 恋愛は奥手で、自分からはアプローチしない

恋愛は奥手で、自分からはアプローチしない

慎重な女性は、恋愛に関しては奥手です。

恋をするにも慎重なために、なかなか一目ぼれすることはありません。

「いいな」と思った男性がいても、その人の人間性やさまざまな面を慎重に見極めようとします。

そのため、「最初はいいと思ってつきあったけれど、つきあってみたら嫌な面が目について、すぐに気持ちが冷めた」というようなことにはなりません。

交際するまでは時間がかかるものの、交際がスタートすると、けっこう長続きするのです。

男性のほうからアプローチされても、すぐにそれに応じようとしないのも、慎重な女性の恋愛の特徴でしょう。

デートに誘われても、即答は避けますし、デートをするようになってからも、すぐに次のステップに進むということはありません。

また、好きな男性がいても、自分からはなかなかアプローチしないというのも、慎重な女性の特徴といっていいでしょう。

4. 自己愛が強く、失敗を恐れる

自己愛が強く、失敗を恐れる

失敗をひどく恐れるというのも、慎重な女性の特徴です。

先ほど、会社での会議資料作成の例を挙げましたが、何度も何度もチェックし、ミスがないかを確かめるのは、人一倍ミスを恐れるからにほかなりません。

では、なぜそこまでミスを恐れてしまうのか。

そのもとにあるのは、強い自己愛と考えていいでしょう。

慎重な女性は自分のことが大好きなために、ミスをして自分が傷つくことをひどく恐れるのです。

会議資料に誤りがあれば、会議で恥をかくことになりますし、上司から叱責されることもあるでしょう。

そんなことになって自分が傷つくことを恐れるために、何度もミスがないかをチェックするのです。

5. 何をするにも時間がかかる

何をするにも時間がかかる

普通の人よりもミスが少ないのが慎重な女性の特徴ですが、その分、何をするにも時間がかかってしまいます。

先ほど料理の例をあげましたが、慎重な女性は、特に初めて作る料理の場合、事前にレシピのチェックを細かくしたり、準備をきちんとしないと気がすみません。

その分、ふつうの人よりも料理開始までに時間がかかると考えていいでしょう。

料理を開始してからも、調味料の量を正確に図ったり、レシピ通りになっているか確かめたり、何度も味見をするために、どうしても時間がかかってしまいます。

仕事の場合は、精度は高いけれど、締め切りに間に合わなくなることも少なくないのが、慎重な女性の特徴ということになるでしょう。

6. イメチェンをしない

イメチェンをしない

何か新しいことにチャレンジすることが苦手な慎重な女性は、イメチェンをすることがほとんどありません。

いつもきまった髪型で、同じような服を着て、似たようなタイプのアクセサリーやバッグを身に着けます。

「いつもと同じ」ということに安心感を得るために、「たまにはイメチェンしてみよう」というような気持にはならないのです。

友達といっしょに服を買いに行って、友達から「たまにはこういう色の服を着てみたら?」と勧められても、その勧めには応じず、いつもと同じようなタイプの服を選ぶのが、慎重な女性の特徴なのです。

まとめ

慎重な女性にはどんな性格や特徴があるのか、ここでは主なものを6種類紹介しました。

身近に慎重な女性がいるという方は、参考になさってください。

何をするにも慎重な女性がいます。

ここでは、慎重な女性に注目して、どんな性格や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。

「慎重」

引用元:

仕事や家事のミスが少ない

慎重な女性はものごとをいい加減にすませることができません。

用心深いので、何をやっても、必ずミスはないかを点検します。

たとえば、仕事で会議の資料を作成するとしましょう。

慎重な女性は資料を作成しながら、何度もチェックし、数字の間違いはないか、誤字や脱字、文字の変換ミスはないかを確かめます。

そして、資料が完成した後でも、複数回チェックしますので、ミスは極めて少なくなると考えていいでしょう。

家事をする際も同様です。

料理をするとしましょう。

はじめて作る料理の場合は、事前にレシピをしっかりチェックし、そのレシピ通りに料理を進めていきます。

調味料の分量などもきわめて正確に測り、きちんと味見もしますので、失敗することはありません。

また、包丁を使う際にも、じゅうぶんに気を付けて、注意深く使いますから、包丁で手を切るということもほとんどないのです。

つまり、仕事でも家事でも何かの作業でも、ふつうの人に比べてミスが少ないというのが、慎重な女性の特徴ということになるでしょう

マイナス思考で、常にリスクを考える

マイナス思考になりやすいというのも、慎重な女性の性格でしょう。

何かをするとき、事前に細かくその行動をした際のことを考えるのが慎重な女性なのですが、その思考はどうしてもネガティブなものになってしまいがちなのです。

たとえば、転職を考えたとしましょう。

具体的に転職先の候補が上がった時、必ず「その仕事にはどんなリスクがあるのか。

その会社にはどんなマイナス点があるのか」
を、時間をかけて考察します。

そして、「給料はいいけれど、肉体的につらそう」とか、「楽な仕事のようだけれど、暇すぎて、かえって精神的につらいのではないか」などと、その企業や仕事の良くない点に目を向けてしまうのです。

ふつうなら、ある程度のところで折り合いをつけて転職先を決めますが、慎重な女性はそのようにネガティブな思考になってしまうために、結局転職を見送るということが少なくありません。

恋愛は奥手で、自分からはアプローチしない

慎重な女性は、恋愛に関しては奥手です。

恋をするにも慎重なために、なかなか一目ぼれすることはありません。

「いいな」と思った男性がいても、その人の人間性やさまざまな面を慎重に見極めようとします。

そのため、「最初はいいと思ってつきあったけれど、つきあってみたら嫌な面が目について、すぐに気持ちが冷めた」というようなことにはなりません。

交際するまでは時間がかかるものの、交際がスタートすると、けっこう長続きするのです。

男性のほうからアプローチされても、すぐにそれに応じようとしないのも、慎重な女性の恋愛の特徴でしょう。

デートに誘われても、即答は避けますし、デートをするようになってからも、すぐに次のステップに進むということはありません。

また、好きな男性がいても、自分からはなかなかアプローチしないというのも、慎重な女性の特徴といっていいでしょう。

自己愛が強く、失敗を恐れる

失敗をひどく恐れるというのも、慎重な女性の特徴です。

先ほど、会社での会議資料作成の例を挙げましたが、何度も何度もチェックし、ミスがないかを確かめるのは、人一倍ミスを恐れるからにほかなりません。

では、なぜそこまでミスを恐れてしまうのか。

そのもとにあるのは、強い自己愛と考えていいでしょう。

慎重な女性は自分のことが大好きなために、ミスをして自分が傷つくことをひどく恐れるのです。

会議資料に誤りがあれば、会議で恥をかくことになりますし、上司から叱責されることもあるでしょう。

そんなことになって自分が傷つくことを恐れるために、何度もミスがないかをチェックするのです。

何をするにも時間がかかる

普通の人よりもミスが少ないのが慎重な女性の特徴ですが、その分、何をするにも時間がかかってしまいます。

先ほど料理の例をあげましたが、慎重な女性は、特に初めて作る料理の場合、事前にレシピのチェックを細かくしたり、準備をきちんとしないと気がすみません。

その分、ふつうの人よりも料理開始までに時間がかかると考えていいでしょう。

料理を開始してからも、調味料の量を正確に図ったり、レシピ通りになっているか確かめたり、何度も味見をするために、どうしても時間がかかってしまいます。

仕事の場合は、精度は高いけれど、締め切りに間に合わなくなることも少なくないのが、慎重な女性の特徴ということになるでしょう。

イメチェンをしない

何か新しいことにチャレンジすることが苦手な慎重な女性は、イメチェンをすることがほとんどありません。

いつもきまった髪型で、同じような服を着て、似たようなタイプのアクセサリーやバッグを身に着けます。

「いつもと同じ」ということに安心感を得るために、「たまにはイメチェンしてみよう」というような気持にはならないのです。

友達といっしょに服を買いに行って、友達から「たまにはこういう色の服を着てみたら?」と勧められても、その勧めには応じず、いつもと同じようなタイプの服を選ぶのが、慎重な女性の特徴なのです。

慎重な女性にはどんな性格や特徴があるのか、ここでは主なものを6種類紹介しました。

身近に慎重な女性がいるという方は、参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-