【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180106135943.html
行き当たりばったりな人の特徴

行き当たりばったりな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
行き当たりばったりな人の特徴

行き当たりばったりな人というと、あまり良いイメージはないのではないでしょうか。

では具体的にどういった人の事を指すのでしょう。

特徴をいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。

  • 計画性が全くないので融通が利く
  • 成り行き任せ
  • 最善よりも最低限を取る
  • ポジティブでおおらかな人が多い
  • 職場の雰囲気を悪くしてしまう事もある
  • 深く考える事ができない
  • 気分屋
  • 金銭面がだらしない
  • リスク回避ができない
  • まとめ

1. 計画性が全くないので融通が利く

計画性が全くないので融通が利く

全く下準備をせずに物事に臨んだり、予定を立てずに旅行に出かけたりする人がいます。

そういった人は仕事であれプライベートであれ、計画をきちんと立てずにその場その場で対処していくタイプです。

物事の優先順位を決めることが苦手で、予定を立てて下準備をすることができないのです。

全て計画性を持って行動するより、起こったことをその場で楽しめる人なのでこちらの急なお願いも快く聞いてくれたりします。

一緒にいて楽しめる事も多いでしょう。

ですが、常にそういった行動を取っていると周囲の人からすると行き当たりばったりな人だと印象を持ってしまうようです。

2. 成り行き任せ

成り行き任せ

成り行き任せとはなにもしないというわけではありません。

何かが起こった時にそれを受け止めて、自分にできることはした後に見守るのです。

基本は黙って流される人が多く周囲に流され続けてる姿から、自分の意思決定力が乏しい行き当たりばったりな人に見られることが多いようです。

3. 最善よりも最低限を取る

最善よりも最低限を取る

行き当たりばったりの人は無計画なので、最善の結果よりも最低限の結果でいいやと妥協をしてしまうという特徴があります。

最善の結果を得るためには計画的に準備をすることが必要になるケースがほとんどです。

行き当たりばったりな人はその場で決めてしまうので、最低限の結果でもいいやと納得してしまいます。

建設的ではないといえるでしょう。

4. ポジティブでおおらかな人が多い

ポジティブでおおらかな人が多い

基本的に楽観的な人が多いです。

なんとかなるからとりあえずやってみようと考える人が多いのです。

とてもプラス思考なので一緒にいるとひぱってもらえる事もあるでしょう。

こういう人は神経がかなり太いので、くよくよすることもありません。

ストレスも感じにくいです。

そういった面から、周囲はその人と一緒にいて楽だと感じることができるのでしょう。

5. 職場の雰囲気を悪くしてしまう事もある

職場の雰囲気を悪くしてしまう事もある

行き当たりばったりな人とは逆に、日頃からきちんと計画を立ててしっかりと下準備をし物事に臨む人がいたとします。

行き当たりばったりな人はその人が緻密に練ってきた計画を一言でめちゃくちゃにしてしまうことがあるのです。

時間をかけて計画を練ってきた方からすればショックな出来事です。

人には人のやり方があるので、全く真逆のタイプの人同士でもお互いの気持ちを尊重することが大切でしょう。

6. 深く考える事ができない

深く考える事ができない

考え方がそもそも浅はかであることも特徴の一つです。

物事を深く考えないので、何をするにしても中途半端な結果に終わってしまいます。

たまに成功したとしても、それはたまたま成功したにしか過ぎないのです。

深く考えないのでそれがたまたまだということにも気づけず、反省したり失敗した理由を考えて次に活かすことができません。

こういった人はまず、失敗してしまった時は何故失敗してしまったのかしっかり考えてみるという習慣をつけた方が良いでしょう。

7. 気分屋

気分屋

その場で思った事を言ったり行動したりするので、その時の自分のテンションで言動と行動が変わります。

AとBがあって、昨日はAがいいねと言っていたのに、今日になって突然やっぱりBがいいねと言い出すのです。

職場でこういったことをしてしまうと、しっかりとした意見を言ったわけではなく思い付きで軽く考えているんだと周囲に思われてしまいます。

今後の言動の信用性も掛けてしまいます。

この行動は行き当たりばったりだと言えるでしょう。

8. 金銭面がだらしない

金銭面がだらしない

周囲から見て心配になってしまうようなお金の使い方をする人が多いです。

大丈夫か尋ねたところで、どうにかなるとしか言わず、実際は何の計画もなく根拠すらないのです。

手持ちのお金がなくなってしまったら、返せばいいから大丈夫と消費者金融に手を出すことも少なくはありません。

取り返しがつかないこともあるということを本当に理解できていないのです。

9. リスク回避ができない

リスク回避ができない

この行動を起こすことによってどんなことが起こるか全く考えずに行動するので、当然悪い結果になってしまうことが多いです。

予定をダブルブッキングさせてしまうことも多いでしょう。

同時に予定をこなすことができなかった場合、相手に迷惑がかかるといった想像ができないためにそういったミスが起こるのです。

まとめ

行き当たりばったりという言葉自体は、「一貫した計画や予定がなく、その場その場の成り行きに任せる事」という意味です。

まさにこの言葉通りの特徴が挙がってきたのではないでしょうか。

たまには行き当たりばったりな行動も大切ですが、常に周囲を巻き込んで迷惑をかけてしまうのは程々にした方が良いでしょう。

この特徴が良い方向に転べば、いつもポジティブで行動力があり、ムードメーカーのような存在になることができます。

人には誰しも良いところ、悪いところがあるので上手に付き合っていけたら良いですね。

行き当たりばったりな人というと、あまり良いイメージはないのではないでしょうか。

では具体的にどういった人の事を指すのでしょう。

特徴をいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。


計画性が全くないので融通が利く

全く下準備をせずに物事に臨んだり、予定を立てずに旅行に出かけたりする人がいます。

そういった人は仕事であれプライベートであれ、計画をきちんと立てずにその場その場で対処していくタイプです。

物事の優先順位を決めることが苦手で、予定を立てて下準備をすることができないのです。

全て計画性を持って行動するより、起こったことをその場で楽しめる人なのでこちらの急なお願いも快く聞いてくれたりします。

一緒にいて楽しめる事も多いでしょう。

ですが、常にそういった行動を取っていると周囲の人からすると行き当たりばったりな人だと印象を持ってしまうようです。

成り行き任せ

成り行き任せとはなにもしないというわけではありません。

何かが起こった時にそれを受け止めて、自分にできることはした後に見守るのです。

基本は黙って流される人が多く周囲に流され続けてる姿から、自分の意思決定力が乏しい行き当たりばったりな人に見られることが多いようです。

最善よりも最低限を取る

行き当たりばったりの人は無計画なので、最善の結果よりも最低限の結果でいいやと妥協をしてしまうという特徴があります。

最善の結果を得るためには計画的に準備をすることが必要になるケースがほとんどです。

行き当たりばったりな人はその場で決めてしまうので、最低限の結果でもいいやと納得してしまいます。

建設的ではないといえるでしょう。

ポジティブでおおらかな人が多い

基本的に楽観的な人が多いです。

なんとかなるからとりあえずやってみようと考える人が多いのです。

とてもプラス思考なので一緒にいるとひぱってもらえる事もあるでしょう。

こういう人は神経がかなり太いので、くよくよすることもありません。

ストレスも感じにくいです。

そういった面から、周囲はその人と一緒にいて楽だと感じることができるのでしょう。

職場の雰囲気を悪くしてしまう事もある

行き当たりばったりな人とは逆に、日頃からきちんと計画を立ててしっかりと下準備をし物事に臨む人がいたとします。

行き当たりばったりな人はその人が緻密に練ってきた計画を一言でめちゃくちゃにしてしまうことがあるのです。

時間をかけて計画を練ってきた方からすればショックな出来事です。

人には人のやり方があるので、全く真逆のタイプの人同士でもお互いの気持ちを尊重することが大切でしょう。

深く考える事ができない

考え方がそもそも浅はかであることも特徴の一つです。

物事を深く考えないので、何をするにしても中途半端な結果に終わってしまいます。

たまに成功したとしても、それはたまたま成功したにしか過ぎないのです。

深く考えないのでそれがたまたまだということにも気づけず、反省したり失敗した理由を考えて次に活かすことができません。

こういった人はまず、失敗してしまった時は何故失敗してしまったのかしっかり考えてみるという習慣をつけた方が良いでしょう。

気分屋

その場で思った事を言ったり行動したりするので、その時の自分のテンションで言動と行動が変わります。

AとBがあって、昨日はAがいいねと言っていたのに、今日になって突然やっぱりBがいいねと言い出すのです。

職場でこういったことをしてしまうと、しっかりとした意見を言ったわけではなく思い付きで軽く考えているんだと周囲に思われてしまいます。

今後の言動の信用性も掛けてしまいます。

この行動は行き当たりばったりだと言えるでしょう。

金銭面がだらしない

周囲から見て心配になってしまうようなお金の使い方をする人が多いです。

大丈夫か尋ねたところで、どうにかなるとしか言わず、実際は何の計画もなく根拠すらないのです。

手持ちのお金がなくなってしまったら、返せばいいから大丈夫と消費者金融に手を出すことも少なくはありません。

取り返しがつかないこともあるということを本当に理解できていないのです。

リスク回避ができない

この行動を起こすことによってどんなことが起こるか全く考えずに行動するので、当然悪い結果になってしまうことが多いです。

予定をダブルブッキングさせてしまうことも多いでしょう。

同時に予定をこなすことができなかった場合、相手に迷惑がかかるといった想像ができないためにそういったミスが起こるのです。

行き当たりばったりという言葉自体は、「一貫した計画や予定がなく、その場その場の成り行きに任せる事」という意味です。

まさにこの言葉通りの特徴が挙がってきたのではないでしょうか。

たまには行き当たりばったりな行動も大切ですが、常に周囲を巻き込んで迷惑をかけてしまうのは程々にした方が良いでしょう。

この特徴が良い方向に転べば、いつもポジティブで行動力があり、ムードメーカーのような存在になることができます。

人には誰しも良いところ、悪いところがあるので上手に付き合っていけたら良いですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-