【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180105165533.html
大阪の女性の特徴

大阪の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
大阪の女性の特徴

住んでいる地域によって人間性は雰囲気は、違いがありますがその中でも分かりやすのは大阪ではないでしょうか。

そんな大阪の女性に多いイメージや性格的な特徴を紹介します。

  • 人懐っこい性格の人が多い
  • ボケようとすることがよくある
  • しゃべり方が馴れ馴れしい
  • 話し相手にもオチを求めようとする
  • ケチな人が多い
  • 服装が派手め
  • 口調がきつい
  • マナーや口が悪い
  • まとめ

1. 人懐っこい性格の人が多い

人懐っこい性格の人が多い

大阪の女性はすごく人懐っこい性格の人がおおいです。

1人より友達と一緒にいることが多くしゃべるのが好きな女性が多いです。

社交的なので初めて話をする人とでも、笑顔を向けているのでいろんな人と仲良くなりやすいです。

いつもニコニコとしている人は話しかけやすい雰囲気があり、いろいろな人と打ち解けるのが早いです。

ですから大阪の女性は明るく誰とでも気軽に話を出来る人が多いですので、人懐っこい性格の女性が多いです。

2. ボケようとすることがよくある

ボケようとすることがよくある

大阪の女性はノリとツッコミが話の中にたくさん出てきます。

なにか話をするときには、最後にボケたりしてツッコミ待ちをするぐらいですので、オチをつけてないと「それで?」と言われてしまうぐらいです。

ですので話しをするときには多少なりともオチをつけていることが多いです。

自分からボケたり相手にツッコミを入れたりして会話を楽しんでいる女性が多いです。

大阪の女性は自分からボケてでも場の雰囲気を盛り上がるようにする人が多いですので、ボケようとする人が多いです。

3. しゃべり方が馴れ馴れしい

しゃべり方が馴れ馴れしい

大阪の女性は初めて会った人にもタメ口のような馴れ馴れしい言葉遣いでしゃべる人が多いです。

先輩でも年上でもすぐに仲良よくなろうとしていて、友達と話をするように話しかけて楽しく会話を盛り上げようとしたがります。

友達の友達はもう自分も友達のように考えたり、1度会えばもう仲良しなんだと思って馴れ馴れしい感じで話しかけます。

さっそくあだ名で呼んだりと相手に合わせることなく、明るいノリで盛り上げて自分が話の中心にいようとする大阪の女性は馴れ馴れしいしゃべり方をする人が多いです。

4. 話し相手にもオチを求めようとする

話し相手にもオチを求めようとする

大阪の女性は笑えることが好きなので、普段から話しているときに相手にオチを求めています。

大阪の女性はオチのある話しかしないというようなイメージは冗談ではありません。

大阪の女性はオチがあるのが当たり前になっているので、相手が話しにオチをつけるのも当たり前のように思っています。

日常的にオチがない話はたくさんありますが、大阪の女性と話をするときにオチのない話をすると、ダメだしされることがあります。

ですので大阪の女性は話し相手にもオチを求めている女性が多いです。

5. ケチな人が多い

ケチな人が多い

大阪の女性は高い買い物や、人におごるなどにお金を使うのが嫌いな人が多いです。

人におごるためにお金を使うのは嫌でケチな人が多いです。

人におごっても自分は得にはならないと思っているので、食事の代金をおごったり、少し多めに出すのも嫌なので、きっちり割り勘をしたがります。

自分のお金で高いものを買ったり食べたりするのも嫌がるのでケチだと思われる人が多いです。

ですので大阪の女性はケチな人が多いです。

6. 服装が派手め

服装が派手め

大阪の女性はモノトーンの洋服よりも色があるものを着ている人が多いです。

派手な服装で目立ちたい人も多いですので、服装の色が鮮やかなものや目立つものを着て周りの人たちに注目されるのが好きな女性が多いです。

年齢とともに控えめな服装になることがあまりなく、歳を重ねても派手な服装をしている女性が多いです。

7. 口調がきつい

口調がきつい

家族や友達、仕事場など様々な場面で、言い方がきつい性格の女性が多いです。

相手の気持ちや性格を考えて様子を伺いながら話しかけることはありません。

自分の言いたいことは言って相手にもはっきりとした意見を求める人が多いです。

出来れば自分の考えを通したいので、話の内容に否定的だったり文句を言われたりすることを嫌がるので、強めに話して相手に威圧感を与えるように話すことがよくありますし、話し方自体がきついイメージを与えていることが多いですので、大阪の女性は口調がきつい人が多いです。

8. マナーや口が悪い

マナーや口が悪い

大阪の道路を車で走っていると、急に割り込みをされたり幅寄せされたり、後ろから煽られたりすることが多いです。

安全運転をしていると逆に危険を感じることがありますし、自転車や徒歩などの場合は、大声で怒鳴ってきたり文句を言う女性も少なくありません。

大阪弁は独特のイントネーションがありますし、普通にしゃべっているだけでもきつく感じられるときがありますので、それで大きい声でしゃべられると怒っているようにもとらえられます。

ですから大阪の女性マナーが悪くて口が悪いと思われる印象があります。

まとめ

大阪の女性は元気なイメージの人が多く、親しみやすくしゃべりやすい感じもありますが、感情が表に出やすいので初めてだと驚くこともたくさんあります。

慣れるとノリが面白いので仲良くなりやすいでしょう。

また、飴のことを飴ちゃんとちゃんづけするのも大阪人くらいでしょう。

助け合いの分化がまだ残っており、マンションなどのお隣さんとは仲良しになったら、塩を借りたりそれこそ味噌や醤油を借りたりする仲にもなります。

そんなお調子者でノリのいい大阪人と仲良くなるには、やはり内面的な面白さや大阪人のエネルギッシュな部分などを褒めるのがいいでしょう。

住んでいる地域によって人間性は雰囲気は、違いがありますがその中でも分かりやすのは大阪ではないでしょうか。

そんな大阪の女性に多いイメージや性格的な特徴を紹介します。


人懐っこい性格の人が多い

大阪の女性はすごく人懐っこい性格の人がおおいです。

1人より友達と一緒にいることが多くしゃべるのが好きな女性が多いです。

社交的なので初めて話をする人とでも、笑顔を向けているのでいろんな人と仲良くなりやすいです。

いつもニコニコとしている人は話しかけやすい雰囲気があり、いろいろな人と打ち解けるのが早いです。

ですから大阪の女性は明るく誰とでも気軽に話を出来る人が多いですので、人懐っこい性格の女性が多いです。

ボケようとすることがよくある

大阪の女性はノリとツッコミが話の中にたくさん出てきます。

なにか話をするときには、最後にボケたりしてツッコミ待ちをするぐらいですので、オチをつけてないと「それで?」と言われてしまうぐらいです。

ですので話しをするときには多少なりともオチをつけていることが多いです。

自分からボケたり相手にツッコミを入れたりして会話を楽しんでいる女性が多いです。

大阪の女性は自分からボケてでも場の雰囲気を盛り上がるようにする人が多いですので、ボケようとする人が多いです。

しゃべり方が馴れ馴れしい

大阪の女性は初めて会った人にもタメ口のような馴れ馴れしい言葉遣いでしゃべる人が多いです。

先輩でも年上でもすぐに仲良よくなろうとしていて、友達と話をするように話しかけて楽しく会話を盛り上げようとしたがります。

友達の友達はもう自分も友達のように考えたり、1度会えばもう仲良しなんだと思って馴れ馴れしい感じで話しかけます。

さっそくあだ名で呼んだりと相手に合わせることなく、明るいノリで盛り上げて自分が話の中心にいようとする大阪の女性は馴れ馴れしいしゃべり方をする人が多いです。

話し相手にもオチを求めようとする

大阪の女性は笑えることが好きなので、普段から話しているときに相手にオチを求めています。

大阪の女性はオチのある話しかしないというようなイメージは冗談ではありません。

大阪の女性はオチがあるのが当たり前になっているので、相手が話しにオチをつけるのも当たり前のように思っています。

日常的にオチがない話はたくさんありますが、大阪の女性と話をするときにオチのない話をすると、ダメだしされることがあります。

ですので大阪の女性は話し相手にもオチを求めている女性が多いです。

ケチな人が多い

大阪の女性は高い買い物や、人におごるなどにお金を使うのが嫌いな人が多いです。

人におごるためにお金を使うのは嫌でケチな人が多いです。

人におごっても自分は得にはならないと思っているので、食事の代金をおごったり、少し多めに出すのも嫌なので、きっちり割り勘をしたがります。

自分のお金で高いものを買ったり食べたりするのも嫌がるのでケチだと思われる人が多いです。

ですので大阪の女性はケチな人が多いです。

服装が派手め

大阪の女性はモノトーンの洋服よりも色があるものを着ている人が多いです。

派手な服装で目立ちたい人も多いですので、服装の色が鮮やかなものや目立つものを着て周りの人たちに注目されるのが好きな女性が多いです。

年齢とともに控えめな服装になることがあまりなく、歳を重ねても派手な服装をしている女性が多いです。

口調がきつい

家族や友達、仕事場など様々な場面で、言い方がきつい性格の女性が多いです。

相手の気持ちや性格を考えて様子を伺いながら話しかけることはありません。

自分の言いたいことは言って相手にもはっきりとした意見を求める人が多いです。

出来れば自分の考えを通したいので、話の内容に否定的だったり文句を言われたりすることを嫌がるので、強めに話して相手に威圧感を与えるように話すことがよくありますし、話し方自体がきついイメージを与えていることが多いですので、大阪の女性は口調がきつい人が多いです。

マナーや口が悪い

大阪の道路を車で走っていると、急に割り込みをされたり幅寄せされたり、後ろから煽られたりすることが多いです。

安全運転をしていると逆に危険を感じることがありますし、自転車や徒歩などの場合は、大声で怒鳴ってきたり文句を言う女性も少なくありません。

大阪弁は独特のイントネーションがありますし、普通にしゃべっているだけでもきつく感じられるときがありますので、それで大きい声でしゃべられると怒っているようにもとらえられます。

ですから大阪の女性マナーが悪くて口が悪いと思われる印象があります。

大阪の女性は元気なイメージの人が多く、親しみやすくしゃべりやすい感じもありますが、感情が表に出やすいので初めてだと驚くこともたくさんあります。

慣れるとノリが面白いので仲良くなりやすいでしょう。

また、飴のことを飴ちゃんとちゃんづけするのも大阪人くらいでしょう。

助け合いの分化がまだ残っており、マンションなどのお隣さんとは仲良しになったら、塩を借りたりそれこそ味噌や醤油を借りたりする仲にもなります。

そんなお調子者でノリのいい大阪人と仲良くなるには、やはり内面的な面白さや大阪人のエネルギッシュな部分などを褒めるのがいいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-