【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180105165415.html
哀愁系女子の特徴

哀愁系女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
哀愁系女子の特徴

哀愁系女子はどこか古風で寂しい雰囲気のある30代や40代の女性を指すことがあります。

哀愁が漂うそのような女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。

  • いまだに携帯電話つまりガラケーを使っている
  • 器用ではないが一生懸命
  • 昭和のファッションセンス
  • 相手を緊張させない雰囲気
  • 寂しい女を演じる
  • 異性とのお付き合いがない
  • 男っぽさの中に時折見せる女らしさ
  • 傘を持とうとしない
  • まとめ

1. いまだに携帯電話つまりガラケーを使っている

いまだに携帯電話つまりガラケーを使っている

哀愁系女子は最先端技術のスマホを追い求めようとせずに、古風な携帯電話いわゆるガラケーを使っていたりします。

なんとなくそんな姿がとても哀愁漂う雰囲気であり、携帯にストラップをつけてさえいるかもしれません。

ちょっと不器用な感じで以前のものをそのまま使っている、それで十分とばかりに慎み深くしているそんな雰囲気の女性はまさに哀愁系女子であり、ちょっと切なくも見えます。

2. 器用ではないが一生懸命

器用ではないが一生懸命

もうすでにアラサーそしてアラフォーになってしまっているのに、必死に生きていて一生懸命な女性は決して器用な生き方ではないかもしれませんが、自分なりに精一杯頑張っているので、そんな姿はかわいらしく見えたりすることがあります。

またちょっと若づくりしたり、それが痛々しく見えるものの、見方によっては哀愁系のようにも見えるし、そんな独身女性の必死な姿というのは、なんだか異性からすると惹かれる気持ちになりやすいのです。

3. 昭和のファッションセンス

昭和のファッションセンス

哀愁系女子はセカンドハンズとかでかなり古い昭和に流行ったのでは、と思うようなかなり懐かしい雰囲気の洋服を探して普通に着ていることがあります。

デザインが明らかに古いし、生地もちょっと色あせているように見えるのですが、そんな古風な洋服を着こなしている女性というのは、哀愁が漂っていますし、ひょっとすると青春時代に流行った洋服をそのまま捨てずにずーっと着ているのかもしれません。

4. 相手を緊張させない雰囲気

相手を緊張させない雰囲気

哀愁系女子は年下男性からの注目の的だったりするのですが、それは年下の男性は年上の女性が好きであり、話しやすさがあるのでリラックスしやすいという点があります。

ついそんな雰囲気に甘えたくなるし、聞き上手なところがあり異性なのにいろいろなことを相談できたりして、緊張せずに自分を出せると感じる男性は少なくありません。

20代の男性にとって30代や40代の年上の女性で独身というのは、相手を緊張させない雰囲気とゆったりした気持ちの余裕を持っており、居心地の良さを求めてしまうのです。

5. 寂しい女を演じる

寂しい女を演じる

結婚相手が見つからない、彼氏がいない、そんな女性は自分が寂しい女であることを演じたりします。

それをさりげなくアピールしたり、ひとりで自分で作ってきた弁当をこっそりと食べたりしています。

デートをしてくれる相手がいないために本当に寂しそうにしているのであり、それほどルックスも悪くないし、スタイルもよいのに売れ残ってしまっている、そんな寂しい背中を見せるのです。

そんな背中を年下の男性が近づいて守ってあげたいという気持ちにさせることがあります。

6. 異性とのお付き合いがない

異性とのお付き合いがない

哀愁系女子は異性とのお付き合いが全くあるいはほとんどないアラサーやアラフォーの独身女性を示すことがあり、確かに恋愛に関しては奥手というか不器用さがあり、その年齢でも処女ということも少なくありません。

男性たちもそんな雰囲気にだいたい気がつくものですし、生涯自分は一人という雰囲気さえ出しているかもしれません。

そんな恋愛に未熟なところのある女性というのは不思議と哀愁が漂い、男性はアプロ—チをしてみたくなります。

7. 男っぽさの中に時折見せる女らしさ

男っぽさの中に時折見せる女らしさ

哀愁系女子の中にはその女性の雰囲気が全体的に男っぽいところがあってさっぱりした性格であったりします。

ですから話しやすさを持っているのですが、その女性を女として見ることがあまりできなかったりします。

それでも時折見せる女らしさというものがあり、それがちらっと見せる太ももや胸元だったりして実はきれいにお化粧してファッションセンスを磨いていけば驚くほど魅力的な女性になれるのではないかというスタイルの良さを持っている女性は哀愁系で、男性たちはその女性のたまに見せるセクシーな姿に大興奮してしまうのです。

8. 傘を持とうとしない

傘を持とうとしない

雨が降ってくると傘をさしますが、哀愁系女子はあえて傘を持ち歩くことはせずに雨に多少濡れてもいいと感じたりします。

駅から雨に濡れて会社まで走ってきたりして、その濡れた髪がとっても女性っぽくてドキドキさせられたりします。

特に年下の男性というのは年上女性の髪をかき上げるしぐさとか雨に濡れてしまったことで、ちょっと髪型を変えたりして雰囲気が変わると興奮したり魅力的に見えたりします。

まとめ

哀愁系女子はアラサーやアラフォーのちょっと古風な感じの雰囲気のする哀愁の漂う女性であり、独身で売れ残ってしまっていて寂しい背中をしていることが多いです。

とはいえそのような女性に魅力がないわけではなく、年下男性は年上のしっかりした女性を好み甘えたがるところがありますし、そんな寂しい姿は守ってあげたいという気持ちにさせるものですので、まだまだチャンスはあります。

哀愁系女子はどこか古風で寂しい雰囲気のある30代や40代の女性を指すことがあります。

哀愁が漂うそのような女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。


いまだに携帯電話つまりガラケーを使っている

哀愁系女子は最先端技術のスマホを追い求めようとせずに、古風な携帯電話いわゆるガラケーを使っていたりします。

なんとなくそんな姿がとても哀愁漂う雰囲気であり、携帯にストラップをつけてさえいるかもしれません。

ちょっと不器用な感じで以前のものをそのまま使っている、それで十分とばかりに慎み深くしているそんな雰囲気の女性はまさに哀愁系女子であり、ちょっと切なくも見えます。

器用ではないが一生懸命

もうすでにアラサーそしてアラフォーになってしまっているのに、必死に生きていて一生懸命な女性は決して器用な生き方ではないかもしれませんが、自分なりに精一杯頑張っているので、そんな姿はかわいらしく見えたりすることがあります。

またちょっと若づくりしたり、それが痛々しく見えるものの、見方によっては哀愁系のようにも見えるし、そんな独身女性の必死な姿というのは、なんだか異性からすると惹かれる気持ちになりやすいのです。

昭和のファッションセンス

哀愁系女子はセカンドハンズとかでかなり古い昭和に流行ったのでは、と思うようなかなり懐かしい雰囲気の洋服を探して普通に着ていることがあります。

デザインが明らかに古いし、生地もちょっと色あせているように見えるのですが、そんな古風な洋服を着こなしている女性というのは、哀愁が漂っていますし、ひょっとすると青春時代に流行った洋服をそのまま捨てずにずーっと着ているのかもしれません。

相手を緊張させない雰囲気

哀愁系女子は年下男性からの注目の的だったりするのですが、それは年下の男性は年上の女性が好きであり、話しやすさがあるのでリラックスしやすいという点があります。

ついそんな雰囲気に甘えたくなるし、聞き上手なところがあり異性なのにいろいろなことを相談できたりして、緊張せずに自分を出せると感じる男性は少なくありません。

20代の男性にとって30代や40代の年上の女性で独身というのは、相手を緊張させない雰囲気とゆったりした気持ちの余裕を持っており、居心地の良さを求めてしまうのです。

寂しい女を演じる

結婚相手が見つからない、彼氏がいない、そんな女性は自分が寂しい女であることを演じたりします。

それをさりげなくアピールしたり、ひとりで自分で作ってきた弁当をこっそりと食べたりしています。

デートをしてくれる相手がいないために本当に寂しそうにしているのであり、それほどルックスも悪くないし、スタイルもよいのに売れ残ってしまっている、そんな寂しい背中を見せるのです。

そんな背中を年下の男性が近づいて守ってあげたいという気持ちにさせることがあります。

異性とのお付き合いがない

哀愁系女子は異性とのお付き合いが全くあるいはほとんどないアラサーやアラフォーの独身女性を示すことがあり、確かに恋愛に関しては奥手というか不器用さがあり、その年齢でも処女ということも少なくありません。

男性たちもそんな雰囲気にだいたい気がつくものですし、生涯自分は一人という雰囲気さえ出しているかもしれません。

そんな恋愛に未熟なところのある女性というのは不思議と哀愁が漂い、男性はアプロ—チをしてみたくなります。

男っぽさの中に時折見せる女らしさ

哀愁系女子の中にはその女性の雰囲気が全体的に男っぽいところがあってさっぱりした性格であったりします。

ですから話しやすさを持っているのですが、その女性を女として見ることがあまりできなかったりします。

それでも時折見せる女らしさというものがあり、それがちらっと見せる太ももや胸元だったりして実はきれいにお化粧してファッションセンスを磨いていけば驚くほど魅力的な女性になれるのではないかというスタイルの良さを持っている女性は哀愁系で、男性たちはその女性のたまに見せるセクシーな姿に大興奮してしまうのです。

傘を持とうとしない

雨が降ってくると傘をさしますが、哀愁系女子はあえて傘を持ち歩くことはせずに雨に多少濡れてもいいと感じたりします。

駅から雨に濡れて会社まで走ってきたりして、その濡れた髪がとっても女性っぽくてドキドキさせられたりします。

特に年下の男性というのは年上女性の髪をかき上げるしぐさとか雨に濡れてしまったことで、ちょっと髪型を変えたりして雰囲気が変わると興奮したり魅力的に見えたりします。

哀愁系女子はアラサーやアラフォーのちょっと古風な感じの雰囲気のする哀愁の漂う女性であり、独身で売れ残ってしまっていて寂しい背中をしていることが多いです。

とはいえそのような女性に魅力がないわけではなく、年下男性は年上のしっかりした女性を好み甘えたがるところがありますし、そんな寂しい姿は守ってあげたいという気持ちにさせるものですので、まだまだチャンスはあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-