【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162441.html
僻みっぽい人の特徴

僻みっぽい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
僻みっぽい人の特徴

ものごとを素直に受け取ることができず、ひねくれた見方や考え方をする人がいます。

ここでは、そのような僻みっぽい人に注目し、どんな性格や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。

  • 人から励まされたり同情されたりしたいと思っている
  • 自己愛が強い
  • マイナス思考
  • 人の幸せを喜べない
  • 向上心がない
  • 自分と人を比べ、人をうらやむ
  • まとめ

1. 人から励まされたり同情されたりしたいと思っている

人から励まされたり同情されたりしたいと思っている

僻みっぽい人は、心の中で僻んでいるだけでなく、それを口に出して人に伝えることが大変に多いものです。

いかに自分が良くない扱いをされているか、あるいはいかに自分はついていないかを、周囲の人に話すのが、僻みっぽい人の共通点と言っていいでしょう。

そこにあるのは、話をすることで、相手から励ましてもらいたい、同情してもらいたいという心理にほかなりません。

話を聞かされた人は、「それはひどい話だね」とか「それはついていなかったね」というように、励ましたり、同情したりすることが少なくないでしょう。

僻みっぽい人は、人からそうした言葉をかけてもらいたいがために、僻みっぽい話を人にするのです。

言い方を変えると、人にかまってほしいかまってちゃんなのが、僻みっぽい人の特徴ということになるでしょう。

2. 自己愛が強い

自己愛が強い

自己愛が強いというのが、僻みっぽい人の性格です。

僻みっぽい人は、卑屈なことを口にすることが少なくありません。

そのため、一見、自分のことがあまり好きではないように感じられるものですが、実は自分のことが人一倍好きという心理をもっていると考えていいでしょう。

自分のことが大好きだからこそ、少しでも自分が不当な扱いをされたように感じると、「許せない」と思い、僻んでしまうのです。

「ついていない」と思うことが、僻みっぽい人には多いものですが、そこには、「不運な自分がかわいそう」という心理があります。

そして、その心理を生むもとにあるのが、強い自己愛と言うことになるでしょう。

自分のことが好きなために、自分に対する同情心をもってしまい、それが僻みっぽさにつながっているわけです。

3. マイナス思考

マイナス思考

ものごとをネガティブにとらえてしまうというのも、僻みっぽい人の特徴であり、性格です。

僻みっぽい人は、人から褒められることがあっても、それをストレートに解釈することができません。

相手は心から褒めているにもかかわらず、「お世辞に決まってる」と考えます。

そこには、「自分はそんな褒められるような人間ではない」というネガティブな意識があるに違いありません。

たとえば、仕事中に上司と目が合ったとしましょう。

上司がすぐに目をそらした場合、「自分のことを悪く思っているに違いない」と考えてしまいます。

上司に他意はなく、特別な意識を持たずに目をそらした場合でも、そのようにネガティブに考えてしまうのが、僻みっぽい人の特徴なのです。

マイナス思考で、自己評価が低く、ネガティブになってしまうのが僻みっぽい人ということになるでしょう。

4. 人の幸せを喜べない

人の幸せを喜べない

親しい友達や家族などに、何か良いことが起こった場合、それを喜ぶのがふつうでしょう。

たとえば、婚活中の親友が婚約成立ということになったとします。

相手は親友なのですから、ふつうならわがことのように喜ぶにちがいありません。

しかし、僻みっぽい人は素直に喜ぶことができません。

自分がまだ結婚していない場合は、「先を越された」と悔しがりますし、自分が結婚している場合でも、親友の婚約者が自分のパートナーより魅力的なときは、妬ましく感じてしまうのです。

友達とのつきあいがありますから、口では「おめでとう」と言いますが、心の中では「ぜんぜんおめでたくない」と思ってしまうのが、僻みっぽい人ならではの心理的特徴ということになるでしょう。

5. 向上心がない

向上心がない

僻みっぽい人は、「どうせ自分なんて人から良く思われていない」とか、「自分はいつもついていない」と考えています。

そのように自分に対してネガティブな考え方をしている結果、生まれるのが「向上心がない」という特徴ということになるでしょう。

向上心というものは、自分をより高めようという前向きな気持ちがなければ生まれるものではありません。

僻みっぽい人は、そのような前向きな気持ちになることができないため、現状維持でとどまってしまいがちなのです。

「どうせ自分なんで」という意識が妨げになって、自分を高めようとしないというのが、僻みっぽい人の特徴といっていいでしょう。

6. 自分と人を比べ、人をうらやむ

自分と人を比べ、人をうらやむ

人のことをうらやむのが僻みっぽい人の特徴ですが、それは、すぐに自分と人を比べるためと考えていいでしょう。

「どうせ自分なんて」という意識を持っていると同時に、人のことが良く見えてしまうのも、僻みっぽい人に共通の意識です。

自分と人を比べて、「自分はこんな悪い扱いをされているのに、あの人はあんなに良い扱いをしてもらっている」と考え、妬ましい気持ちになるのです。

僻みっぽい人は、自分以外の人が良い思いをしているように感じられてなりません。

そして、「それに比べて自分は」という、卑屈な気持ちになってしまうのです。

それはすべて、自分と人を比べるところから生まれる心理と言っていいでしょう。

まとめ

僻みっぽい人の性格や特徴を、6種類紹介してきました。

身近に僻みっぽい人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

ものごとを素直に受け取ることができず、ひねくれた見方や考え方をする人がいます。

ここでは、そのような僻みっぽい人に注目し、どんな性格や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。


人から励まされたり同情されたりしたいと思っている

僻みっぽい人は、心の中で僻んでいるだけでなく、それを口に出して人に伝えることが大変に多いものです。

いかに自分が良くない扱いをされているか、あるいはいかに自分はついていないかを、周囲の人に話すのが、僻みっぽい人の共通点と言っていいでしょう。

そこにあるのは、話をすることで、相手から励ましてもらいたい、同情してもらいたいという心理にほかなりません。

話を聞かされた人は、「それはひどい話だね」とか「それはついていなかったね」というように、励ましたり、同情したりすることが少なくないでしょう。

僻みっぽい人は、人からそうした言葉をかけてもらいたいがために、僻みっぽい話を人にするのです。

言い方を変えると、人にかまってほしいかまってちゃんなのが、僻みっぽい人の特徴ということになるでしょう。

自己愛が強い

自己愛が強いというのが、僻みっぽい人の性格です。

僻みっぽい人は、卑屈なことを口にすることが少なくありません。

そのため、一見、自分のことがあまり好きではないように感じられるものですが、実は自分のことが人一倍好きという心理をもっていると考えていいでしょう。

自分のことが大好きだからこそ、少しでも自分が不当な扱いをされたように感じると、「許せない」と思い、僻んでしまうのです。

「ついていない」と思うことが、僻みっぽい人には多いものですが、そこには、「不運な自分がかわいそう」という心理があります。

そして、その心理を生むもとにあるのが、強い自己愛と言うことになるでしょう。

自分のことが好きなために、自分に対する同情心をもってしまい、それが僻みっぽさにつながっているわけです。

マイナス思考

ものごとをネガティブにとらえてしまうというのも、僻みっぽい人の特徴であり、性格です。

僻みっぽい人は、人から褒められることがあっても、それをストレートに解釈することができません。

相手は心から褒めているにもかかわらず、「お世辞に決まってる」と考えます。

そこには、「自分はそんな褒められるような人間ではない」というネガティブな意識があるに違いありません。

たとえば、仕事中に上司と目が合ったとしましょう。

上司がすぐに目をそらした場合、「自分のことを悪く思っているに違いない」と考えてしまいます。

上司に他意はなく、特別な意識を持たずに目をそらした場合でも、そのようにネガティブに考えてしまうのが、僻みっぽい人の特徴なのです。

マイナス思考で、自己評価が低く、ネガティブになってしまうのが僻みっぽい人ということになるでしょう。

人の幸せを喜べない

親しい友達や家族などに、何か良いことが起こった場合、それを喜ぶのがふつうでしょう。

たとえば、婚活中の親友が婚約成立ということになったとします。

相手は親友なのですから、ふつうならわがことのように喜ぶにちがいありません。

しかし、僻みっぽい人は素直に喜ぶことができません。

自分がまだ結婚していない場合は、「先を越された」と悔しがりますし、自分が結婚している場合でも、親友の婚約者が自分のパートナーより魅力的なときは、妬ましく感じてしまうのです。

友達とのつきあいがありますから、口では「おめでとう」と言いますが、心の中では「ぜんぜんおめでたくない」と思ってしまうのが、僻みっぽい人ならではの心理的特徴ということになるでしょう。

向上心がない

僻みっぽい人は、「どうせ自分なんて人から良く思われていない」とか、「自分はいつもついていない」と考えています。

そのように自分に対してネガティブな考え方をしている結果、生まれるのが「向上心がない」という特徴ということになるでしょう。

向上心というものは、自分をより高めようという前向きな気持ちがなければ生まれるものではありません。

僻みっぽい人は、そのような前向きな気持ちになることができないため、現状維持でとどまってしまいがちなのです。

「どうせ自分なんで」という意識が妨げになって、自分を高めようとしないというのが、僻みっぽい人の特徴といっていいでしょう。

自分と人を比べ、人をうらやむ

人のことをうらやむのが僻みっぽい人の特徴ですが、それは、すぐに自分と人を比べるためと考えていいでしょう。

「どうせ自分なんて」という意識を持っていると同時に、人のことが良く見えてしまうのも、僻みっぽい人に共通の意識です。

自分と人を比べて、「自分はこんな悪い扱いをされているのに、あの人はあんなに良い扱いをしてもらっている」と考え、妬ましい気持ちになるのです。

僻みっぽい人は、自分以外の人が良い思いをしているように感じられてなりません。

そして、「それに比べて自分は」という、卑屈な気持ちになってしまうのです。

それはすべて、自分と人を比べるところから生まれる心理と言っていいでしょう。

僻みっぽい人の性格や特徴を、6種類紹介してきました。

身近に僻みっぽい人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-