【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162412.html
負け惜しみを言う人の特徴

負け惜しみを言う人の特徴 | LADYCO

LADYCO
負け惜しみを言う人の特徴

「手伝ってもらわなくてもひとりで出来た」「体調がよければ走りきれた」のように負け惜しみのようなことを言いたくなることはでれでもあります。

しかし言ったところで何もかわらないのになぜ言いたくなるのでしょうか。

そんな負け惜しみを言う人の心理や特徴について紹介します。

  • 自分のしたことが正しかったと思いたい人
  • 心配事をごまかしたいときに
  • すぐ嫉妬してしまう人
  • プライドが高い人は負け惜しみを言う人が多い
  • 頑固な人
  • 失敗は他人や物せいにする
  • 努力をしない人が多い
  • まとめ

1. 自分のしたことが正しかったと思いたい人

自分のしたことが正しかったと思いたい人

負け惜しみを言う人は、あとになって自分がした行動や言った発言が間違っていなくて一番正しかったんだと言い聞かせたがります。

間違っていたり、失敗したとしても自分のせいではないと、他人に思わせたり自分自身を納得させたいときに、あとからいかにも正しいような言い訳をして落ち込まないようにしているのです。

自分に正しかったんだと言い聞かせることで傷つかないですむので、気持ちへのダメージを自分で緩和しているのです。

2. 心配事をごまかしたいときに

心配事をごまかしたいときに

負け惜しみを言うひとは、自分が正しかったと思えるように自分自身に言い聞かせているので、なにか悩んでいたり、心配なことがあったときにも、自分の都合の良いようにいう事によって心配なことを緩和させようとしていう時があります。

例えばテストの点数が悪かったり、就職活動の面接がうまく通るか心配だったりしたときに、思っていたようにならなかったことがあっても落ち込みすぎないように先に負け惜しみのようなことを言って自分の気持ちを守るためにごまかそうとしているのです。

3. すぐ嫉妬してしまう人

すぐ嫉妬してしまう人

よく嫉妬してしまう人は、他人の成功や勝利などにも負けたくない気持ちが強くてその気持ちが出て負け惜しみを言ってしまいます。

自分が一番になりたかったり、成功したいと思っている気持ちが強いですので、負け惜しみを言って自分にもできると思いたいのです。

みんなの注目をあびたり、リーダーシップをとっていきたいと思っている人が多いですので、人気者やリーダーになってみんなを引っ張っていっている人に対して、負け惜しみを言うことが多いです。

4. プライドが高い人は負け惜しみを言う人が多い

プライドが高い人は負け惜しみを言う人が多い

プライドが高い人は自分が大好きで自信をもっているタイプの人が多いです。

ですので自分がきずついたり、落ち込んだりすることをすごく嫌がります。

絶対に失敗はしたくないと思っているので、失敗につながりそうなことには手を出しませんが、もし失敗をしてしまったら人並み以上に落ち込んでしまいますので、そんなときの逃げ道として負け惜しみのようなことを言って自分のせいじゃないと思うようにしているのです。

ですのでプライドが高い人は負け惜しみを言うことが多いです。

5. 頑固な人

頑固な人

自分の間違いを認めたくない人は、自分が悪くても認めたくないので、負け惜しみお言う人が多いです。

自分のやったことが間違えていたなどと注意されたときに、悔しい気持ちになりますが反省しないといけません。

ですが頑固な人は、認めたくないですので間違えたところに理由をつけて、自分のやったことが間違えてはいないというふうに照明したがります。

ですから頑固な人は間違いを認めないためにも負け惜しみのようなことを言って自分が正しいと周りの人に思われたいのです。

6. 失敗は他人や物せいにする

失敗は他人や物せいにする

大人になるまで失敗や間違いをいたことがない人はいません。

それでも自分はいつも成功していたり失敗をしたことがないと思っている人は、失敗をしてしまったときに、だれかのせいにしたり、道具や物せいにしたりしていて自分でも気がついていないことが多いです。

自分のせいにはしたくないので「あの人のせいでうまくいかなかった」とか「この道具ははじめてだから使いにくかった」などと言い訳をして自分が悪かったんだとは全く思っていません。

周りの人たちには負け惜しみをいっているようにしか思われませんが、本人は認めたくない気持ちがあるので、負け惜しみを言って周りの意見には耳をかたむけていない人が多いです。

7. 努力をしない人が多い

努力をしない人が多い

努力しない人は、自分で工夫したり改善したりしようとしない人が多いです。

自分の出来ないことや苦手なことは努力しないといけないのでつらくてしんどいこともあります。

努力をしている人は、つらくてしんどい時期を乗り越えて苦手を克服したりできるようになっていったりしています。

ですが努力をしない人はつらくてしんどい思いをしたくないので、手をぬいたり頑張らなかったりしていて成長することがありません。

そのため言い訳をしてつづけたくないので負け惜しみのようなことを言って努力することをあきらめるのです。

まとめ

負け惜しみというのは、どんな人でもすこしぐらいは言ってしまうことがあります。

人にはやっぱり負けたくないとか認めたくない悔しいという気持ちがありますので、負け惜しみを言うことは悪いことではありません。

でもそれで無理矢理に自分を正当化したり、他人の悪口になってしまうようなことにはならないように気をつけなければなりません。

悔しい気持ちを持つこと自体は悪いことではなく、次回はもっと努力したいという思いになればそれでよいのであり。

嫉妬ではなく良い刺激を与えてくれる相手という目で接していくことができるかもしれません。

「手伝ってもらわなくてもひとりで出来た」「体調がよければ走りきれた」のように負け惜しみのようなことを言いたくなることはでれでもあります。

しかし言ったところで何もかわらないのになぜ言いたくなるのでしょうか。

そんな負け惜しみを言う人の心理や特徴について紹介します。


自分のしたことが正しかったと思いたい人

負け惜しみを言う人は、あとになって自分がした行動や言った発言が間違っていなくて一番正しかったんだと言い聞かせたがります。

間違っていたり、失敗したとしても自分のせいではないと、他人に思わせたり自分自身を納得させたいときに、あとからいかにも正しいような言い訳をして落ち込まないようにしているのです。

自分に正しかったんだと言い聞かせることで傷つかないですむので、気持ちへのダメージを自分で緩和しているのです。

心配事をごまかしたいときに

負け惜しみを言うひとは、自分が正しかったと思えるように自分自身に言い聞かせているので、なにか悩んでいたり、心配なことがあったときにも、自分の都合の良いようにいう事によって心配なことを緩和させようとしていう時があります。

例えばテストの点数が悪かったり、就職活動の面接がうまく通るか心配だったりしたときに、思っていたようにならなかったことがあっても落ち込みすぎないように先に負け惜しみのようなことを言って自分の気持ちを守るためにごまかそうとしているのです。

すぐ嫉妬してしまう人

よく嫉妬してしまう人は、他人の成功や勝利などにも負けたくない気持ちが強くてその気持ちが出て負け惜しみを言ってしまいます。

自分が一番になりたかったり、成功したいと思っている気持ちが強いですので、負け惜しみを言って自分にもできると思いたいのです。

みんなの注目をあびたり、リーダーシップをとっていきたいと思っている人が多いですので、人気者やリーダーになってみんなを引っ張っていっている人に対して、負け惜しみを言うことが多いです。

プライドが高い人は負け惜しみを言う人が多い

プライドが高い人は自分が大好きで自信をもっているタイプの人が多いです。

ですので自分がきずついたり、落ち込んだりすることをすごく嫌がります。

絶対に失敗はしたくないと思っているので、失敗につながりそうなことには手を出しませんが、もし失敗をしてしまったら人並み以上に落ち込んでしまいますので、そんなときの逃げ道として負け惜しみのようなことを言って自分のせいじゃないと思うようにしているのです。

ですのでプライドが高い人は負け惜しみを言うことが多いです。

頑固な人

自分の間違いを認めたくない人は、自分が悪くても認めたくないので、負け惜しみお言う人が多いです。

自分のやったことが間違えていたなどと注意されたときに、悔しい気持ちになりますが反省しないといけません。

ですが頑固な人は、認めたくないですので間違えたところに理由をつけて、自分のやったことが間違えてはいないというふうに照明したがります。

ですから頑固な人は間違いを認めないためにも負け惜しみのようなことを言って自分が正しいと周りの人に思われたいのです。

失敗は他人や物せいにする

大人になるまで失敗や間違いをいたことがない人はいません。

それでも自分はいつも成功していたり失敗をしたことがないと思っている人は、失敗をしてしまったときに、だれかのせいにしたり、道具や物せいにしたりしていて自分でも気がついていないことが多いです。

自分のせいにはしたくないので「あの人のせいでうまくいかなかった」とか「この道具ははじめてだから使いにくかった」などと言い訳をして自分が悪かったんだとは全く思っていません。

周りの人たちには負け惜しみをいっているようにしか思われませんが、本人は認めたくない気持ちがあるので、負け惜しみを言って周りの意見には耳をかたむけていない人が多いです。

努力をしない人が多い

努力しない人は、自分で工夫したり改善したりしようとしない人が多いです。

自分の出来ないことや苦手なことは努力しないといけないのでつらくてしんどいこともあります。

努力をしている人は、つらくてしんどい時期を乗り越えて苦手を克服したりできるようになっていったりしています。

ですが努力をしない人はつらくてしんどい思いをしたくないので、手をぬいたり頑張らなかったりしていて成長することがありません。

そのため言い訳をしてつづけたくないので負け惜しみのようなことを言って努力することをあきらめるのです。

負け惜しみというのは、どんな人でもすこしぐらいは言ってしまうことがあります。

人にはやっぱり負けたくないとか認めたくない悔しいという気持ちがありますので、負け惜しみを言うことは悪いことではありません。

でもそれで無理矢理に自分を正当化したり、他人の悪口になってしまうようなことにはならないように気をつけなければなりません。

悔しい気持ちを持つこと自体は悪いことではなく、次回はもっと努力したいという思いになればそれでよいのであり。

嫉妬ではなく良い刺激を与えてくれる相手という目で接していくことができるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-