【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174523.html
横顔ブスの特徴

横顔ブスの特徴 | LADYCO

LADYCO
横顔ブスの特徴

綺麗な人だと思っていたのに、見慣れてくるというそうでもなかったと思う女性は、もしかしたら横顔ブスかも知れません。

ちょっと残念な横顔ブスの特徴をまとめてみました。

  • 出っ歯
  • 反対咬合
  • 鼻が低い
  • まぶたが腫れぼったい
  • 絶壁
  • 顎がない
  • たるんだ顔
  • 姿勢が悪い
  • 口呼吸をしている
  • まとめ

1. 出っ歯

出っ歯

歯が前に突き出た出っ歯の人は、軽度であれば正面から見たときにはさほど気になる事はありません。

しかし横を向いた瞬間、前に突き出た歯に視線が集中しています。

口を閉じていても、口元だけが尖って見えるので、鳥のくちばしの様な印象を受けます。

酷い出っ歯になると、歯が邪魔をして口が閉じられなくなり、いつも口が開いている状態で、真面目な表情を作らなくてはいけない時も、キリッとしない表情になってしまいます。

2. 反対咬合

反対咬合

噛み合わせが上下逆の反対咬合の人は、横から見ると、下顎が前に突き出していて、三日月の様な骨格が目立ってしまいます。

しゃくれている事をコンプレックスに感じている人も多く、口元を見られたくない事から、人前で話す事が苦手で消極的な性格になってしまう人もいます。

また、横向きだと受け口が目立ってしまう為、横から写真を撮られたり、隣に並ばれる事に苦手意識を持っています。

3. 鼻が低い

鼻が低い

正面から見て可愛い、写真写りも良い女性でも、鼻が低ければ横顔が野暮ったく見えてしまいます。

横顔が美しい人はEライン(エステティックライン)が整っていると言われています。

Eラインとは鼻が高く、口が引っ込んでいて、横から見たときにアルファベットのEの様な骨格を指します。

自分がEラインが整っているか確かめる方法は、まず人差し指を鼻の頭に置き、指を立てたまま顎まで指を下ろします。

Eラインが整っていれば、顎につく指が唇に触れず、触れた場合は口が顎より前に出ているので綺麗なEラインではない事が分かります。

4. まぶたが腫れぼったい

まぶたが腫れぼったい

まぶたが腫れぼったいと、正面から見たときに目つきが悪く見えるだけでなく、横を向いた時に目が飛び出たように見えます。

横から見たときに、目は鼻よりも引っ込んでいて、影が落ちるくらいが美しい横顔にみえるので、腫れぼったいまぶた、飛び出た目は、横顔の印象を残念にしてしまうのです。

骨格的にはどうしようもなくても、フェイスマッサージで顔をスッキリさせたり、ダイエットをして顔がシャープになると、まぶたのお肉も落ち、横顔の悩みを少し改善させる事が出来ます。

5. 絶壁

絶壁

横から見たときの印象を左右するのは、顔の作りだけではありません。

頭の形が真っ平らな絶壁だと、横顔から見たときに、前後のバランスがとれません。

流行りの髪型をしても、正面から見たときには素敵なヘアスタイルでも、全体的になかなか上手くキマらずに、立体感のない貧相な横顔になってしまうのです。

6. 顎がない

顎がない

下唇の線と首が一直線に繋がる、顎がない(顎のラインがハッキリしない)輪郭は、横顔をブスに見せてしまいます。

太っていて贅肉が顔に付いているわけでもないのに、顎のない輪郭は「アデノイド顔貌」かもしれません。

鼻の穴の奥と喉との境目には「アデノイド」と呼ばれるリンパ組織があり、アデノイドが大きくなりすぎると鼻から呼吸することが難しくなります。

慢性的に口呼吸になることで起こる特有な顔つきのことをアデノイド顔貌と呼び、顎がない輪郭が特徴です。

7. たるんだ顔

たるんだ顔

顔のたるみは横顔の美しさにも大きく関係します。

頬が垂れ下がり、唇の位置が本来の位置よりも下にきてしまう為、横から見たときの顔が理想的なEラインではなくなってしまうのです。

加齢や疲労が皮膚のたるみを引き起こすので、日頃からスキンケアでリフトアップさせる事と、フェイスマッサージで血行を良くする事で顔のたるみが軽減されます。

また、紫外線が皮膚の老化を加速させ、ハリを失わせるので、一年中紫外線対策を怠らないようにしましょう。

8. 姿勢が悪い

姿勢が悪い

悪い姿勢を続けると、全身の骨格を歪ませてしまい、顔の歪みまで引き起こしてしまいます。

現代人は特にスマホやパソコンの操作で下を向く姿勢をとる事が長くなり、猫背になりがちです。

猫背が習慣になると、本来の顔の筋肉が衰えてしまい、顔を支える骨に多く負担がかかってしまい、顔が曲がってしまったり、骨格に異常が出てしまいます。

同じ姿勢を取り続けることのないよう、スマホやパソコン操作をするときは、時々休憩を挟んで体を動かすようにしましょう。

9. 口呼吸をしている

口呼吸をしている

通常人は呼吸をするとき鼻を使って呼吸をしなければなりません。

しかし現代では、姿勢の問題、歯並びの問題を抱えていて正常に鼻呼吸が出来ず、口から息を吸って口から息を吐く口呼吸の若者が目立ちます。

先ほどお伝えしたよう、口呼吸をしているとアデノイド顔貌特有の顎が引っ込んだ輪郭になってしまうだけでなく、唇を自然に閉じる事が出来ずに、いつもポカンと開けっぱなしになってしまうので、いつみてもマヌケな横顔になってしまいます。

歯科や耳鼻科など、専門の医療機関で口呼吸の原因を突き止める事で、横顔ブスから脱却できる可能性があります。

まとめ

横顔ブスは生まれつきのものでは無く、毎日の生活習慣が横顔ブスにしている事が多いのです。

食事や姿勢、生活習慣など、今一度自分の生活を振り返ってみると、横顔ブスの原因が見つかるかもしれません。

良い生活習慣を取り入れて、綺麗な横顔を目指しましょう。

綺麗な人だと思っていたのに、見慣れてくるというそうでもなかったと思う女性は、もしかしたら横顔ブスかも知れません。

ちょっと残念な横顔ブスの特徴をまとめてみました。


出っ歯

歯が前に突き出た出っ歯の人は、軽度であれば正面から見たときにはさほど気になる事はありません。

しかし横を向いた瞬間、前に突き出た歯に視線が集中しています。

口を閉じていても、口元だけが尖って見えるので、鳥のくちばしの様な印象を受けます。

酷い出っ歯になると、歯が邪魔をして口が閉じられなくなり、いつも口が開いている状態で、真面目な表情を作らなくてはいけない時も、キリッとしない表情になってしまいます。

反対咬合

噛み合わせが上下逆の反対咬合の人は、横から見ると、下顎が前に突き出していて、三日月の様な骨格が目立ってしまいます。

しゃくれている事をコンプレックスに感じている人も多く、口元を見られたくない事から、人前で話す事が苦手で消極的な性格になってしまう人もいます。

また、横向きだと受け口が目立ってしまう為、横から写真を撮られたり、隣に並ばれる事に苦手意識を持っています。

鼻が低い

正面から見て可愛い、写真写りも良い女性でも、鼻が低ければ横顔が野暮ったく見えてしまいます。

横顔が美しい人はEライン(エステティックライン)が整っていると言われています。

Eラインとは鼻が高く、口が引っ込んでいて、横から見たときにアルファベットのEの様な骨格を指します。

自分がEラインが整っているか確かめる方法は、まず人差し指を鼻の頭に置き、指を立てたまま顎まで指を下ろします。

Eラインが整っていれば、顎につく指が唇に触れず、触れた場合は口が顎より前に出ているので綺麗なEラインではない事が分かります。

まぶたが腫れぼったい

まぶたが腫れぼったいと、正面から見たときに目つきが悪く見えるだけでなく、横を向いた時に目が飛び出たように見えます。

横から見たときに、目は鼻よりも引っ込んでいて、影が落ちるくらいが美しい横顔にみえるので、腫れぼったいまぶた、飛び出た目は、横顔の印象を残念にしてしまうのです。

骨格的にはどうしようもなくても、フェイスマッサージで顔をスッキリさせたり、ダイエットをして顔がシャープになると、まぶたのお肉も落ち、横顔の悩みを少し改善させる事が出来ます。

絶壁

横から見たときの印象を左右するのは、顔の作りだけではありません。

頭の形が真っ平らな絶壁だと、横顔から見たときに、前後のバランスがとれません。

流行りの髪型をしても、正面から見たときには素敵なヘアスタイルでも、全体的になかなか上手くキマらずに、立体感のない貧相な横顔になってしまうのです。

顎がない

下唇の線と首が一直線に繋がる、顎がない(顎のラインがハッキリしない)輪郭は、横顔をブスに見せてしまいます。

太っていて贅肉が顔に付いているわけでもないのに、顎のない輪郭は「アデノイド顔貌」かもしれません。

鼻の穴の奥と喉との境目には「アデノイド」と呼ばれるリンパ組織があり、アデノイドが大きくなりすぎると鼻から呼吸することが難しくなります。

慢性的に口呼吸になることで起こる特有な顔つきのことをアデノイド顔貌と呼び、顎がない輪郭が特徴です。

たるんだ顔

顔のたるみは横顔の美しさにも大きく関係します。

頬が垂れ下がり、唇の位置が本来の位置よりも下にきてしまう為、横から見たときの顔が理想的なEラインではなくなってしまうのです。

加齢や疲労が皮膚のたるみを引き起こすので、日頃からスキンケアでリフトアップさせる事と、フェイスマッサージで血行を良くする事で顔のたるみが軽減されます。

また、紫外線が皮膚の老化を加速させ、ハリを失わせるので、一年中紫外線対策を怠らないようにしましょう。

姿勢が悪い

悪い姿勢を続けると、全身の骨格を歪ませてしまい、顔の歪みまで引き起こしてしまいます。

現代人は特にスマホやパソコンの操作で下を向く姿勢をとる事が長くなり、猫背になりがちです。

猫背が習慣になると、本来の顔の筋肉が衰えてしまい、顔を支える骨に多く負担がかかってしまい、顔が曲がってしまったり、骨格に異常が出てしまいます。

同じ姿勢を取り続けることのないよう、スマホやパソコン操作をするときは、時々休憩を挟んで体を動かすようにしましょう。

口呼吸をしている

通常人は呼吸をするとき鼻を使って呼吸をしなければなりません。

しかし現代では、姿勢の問題、歯並びの問題を抱えていて正常に鼻呼吸が出来ず、口から息を吸って口から息を吐く口呼吸の若者が目立ちます。

先ほどお伝えしたよう、口呼吸をしているとアデノイド顔貌特有の顎が引っ込んだ輪郭になってしまうだけでなく、唇を自然に閉じる事が出来ずに、いつもポカンと開けっぱなしになってしまうので、いつみてもマヌケな横顔になってしまいます。

歯科や耳鼻科など、専門の医療機関で口呼吸の原因を突き止める事で、横顔ブスから脱却できる可能性があります。

横顔ブスは生まれつきのものでは無く、毎日の生活習慣が横顔ブスにしている事が多いのです。

食事や姿勢、生活習慣など、今一度自分の生活を振り返ってみると、横顔ブスの原因が見つかるかもしれません。

良い生活習慣を取り入れて、綺麗な横顔を目指しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-